【2019年版】防水スマホおすすめ人気ランキング|海・プールで活躍するのは!?

【2019年版】防水スマホおすすめ人気ランキング|海・プールで活躍するのは!?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

いよいよ2019年の夏も迫ってきており、今年の夏に海やプールで泳いだり、川で渓流釣りを楽しもうと予定を組んでいる方も多いかと思います。

最近ではアウトドアYouTuberも増え、彼らに影響されて、アウトドア動画を撮影したいという方もいるでしょう。

そこで今回は、2019年版の川や海、プールで活躍する防水スマホを紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

2019年版防水スマホおすすめ
  • 大手キャリアなら『Xperia 1』と『Galaxy S10+』がおすすめ
  • 8月下旬以降ならアウトドアスマホの『TORQUE G04』も狙い目
  • SIMフリーなら『Google Pixel 3』や『AQUOS sense2 SH-M08』がおすすめ
最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2020年】

海やプール、川で活躍するスマホの特徴は4つ

海やプール、川で活躍するスマホには、以下の4つの特徴のうち、より多く兼ね備えているの良いです。

  • 防水・防塵機能を搭載
  • AIカメラ等の高性能なカメラ
  • バッテリー容量が多く持ちが良い
  • ワンセグに対応している

防水防塵とカメラ性能は必須条件、バッテリー容量やワンセグはユーザー次第なので重要度は低くなりますが、出来れば搭載しておきたい所です。

何故これらの機能が、海や川やプールで必要なのかを説明していきます。

防水・防塵機能を搭載

防水・防塵機能を搭載している事は、海やプールや川などのアウトドアで使うスマホには必須条件となっております。

防水・防塵機能の無いアウトドア向けスマホは無いと言っても過言ではないので、水辺などのアウトドアでは防水・防塵機能は必須です。

ただし、防水機能があるからといって長時間水に浸すのは非推奨で、特に海水に浸すのは厳禁です。

今回ランキング形式で紹介するスマホは、全て防水・防塵機能を搭載したスマホとなっています。

AIカメラを搭載

海やプールに行って泳いだり釣った魚を撮影したりと、スマホのカメラも高性能なのがアウトドアでは求められます。

特に最近ではユーザーが細かい設定をしなくても、スマホが被写体と撮影シーンを判断し、高画質な写真撮影が出来るAIカメラがアウトドアでは必須になってきました。

川や海だと夕暮れ以降は光源が急激に少なくなるので、夜景に適したモードや、暗所に強いカメラを搭載しているのを選ぶと良いでしょう。

バッテリー持ちの良さ

海、川、プール等ではコンセントが自由に使える環境ではないので、長時間利用出来るスマホのバッテリー持ちの良さも重視されます。

ユーザー側も予備のモバイルバッテリーを持っていく事で対処は可能ですが、荷物が多くなりますし、可能な限りバッテリー容量の多いスマホを選ぶべきでしょう。

現在のスマホは大体3,000mAhのバッテリーが平均なので、3,000mAh以上の物を選びたい所です。

ワンセグによるテレビ視聴が可能

海辺や川でキャンプを楽しんだり、プールサイドで一息ついている時に、ワンセグでテレビ視聴を楽しめる機能も搭載していると嬉しいです。

テレビを見ないという方も少なくありませんが、テレビは緊急時の情報取得手段にもなりますので、非常時の為にもあった方が便利です。

必ずしもいるわけではないので優先度は低めなので、今回のランキングではワンセグ非対応のスマホもランクインしています。

おすすめの防水スマホをランキングで紹介

ここからは、ドコモ、au、ソフトバンク3社で取り扱っている2019年版の人気の防水スマホや、SIMフリー防水スマホをランキング形式で紹介したいと思います。

毎年夏モデルにはアウトドア向けの防水スマホが出てくるのが恒例ですが、今年はどのようになったのでしょうか?

ドコモ、au、ソフトバンク共通でおすすめは『Xperia 1』

エクスペリアワン

画像引用元:Xperia(エクスペリア) 1 | ソニーモバイル公式サイト

スペック名内容
機種名Xperia 1
メーカー名ソニー
防水・防塵機能
AIカメラ
バッテリー容量3,200mAh
ワンセグ機能
発売日2019年6月14日
価格103,032円~136,320円
取扱いキャリアドコモ公式ショップ
au公式ショップ
ソフトバンク公式ショップ

ドコモ、au、ソフトバンクが取り扱う防水スマホで最も人気なのが『Xperia 1』で、ソニーが発売した国産防水ハイクラススマホです。

毎度国産ハイクラススマホの代名詞とも言えるXperiaですが、新世代のXperiaと銘打ちつつ、従来のXperiaシリーズの良い所はそのまま伸ばしたモデルです。

3社共通で取り扱っているので入手が容易

Xperia 1は、2019年夏モデルの中ではドコモ、au、ソフトバンクの3社全てで取り扱っているモデルなので、入手が容易な点が大きく高評価です。

夜景に強い撮影モードを防水スマホに搭載

Xperia 1は国産防水ハイクラススマホと呼ぶだけあって、お値段も高めですが、アウトドアに求められる機能を全て搭載しています。

  • トリプルカメラレンズ
  • 瞳オートフォーカス機能
  • 動く被写体に自動的にフォーカスを合わせる機能

など、カメラの性能や機能の多彩さでは、2019年夏モデルの時点ではトップクラスです。

アウトドア向けの機能だけでなく、画面の美麗さやスペックの高さから、普段使いの場面でも高性能なスペックを生かして活躍してくれます。

Xperia 1レビュー|シネマワイドディスプレイ搭載の最強フラグシップ!

引き続き、次の章でもおすすめの防水スマホを紹介します。

au・ドコモユーザーなら『Galaxy S10+』

ギャラクシーエステンプラス

画像引用元:Galaxy S10 and S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

スペック名内容
機種名Galaxy S10+
メーカー名Samsung
防水・防塵機能
AIカメラ
バッテリー容量4,000mAh
ワンセグ機能
発売日2019年5月23日
価格89,424円~114,960円
取扱いキャリアドコモ公式ショップ
au公式ショップ

ドコモ、au、ソフトバンクの3社共通でおすすめできるのがXperia 1に対し、au、ドコモユーザー限定でおすすめできるGalaxy S10+が第2位です。

ソフトバンクで取り扱っていないので順位を落としてしまったものの、スペック面ではXperia 1に比肩するスマホです。

Xperia 1と同じく海辺で活躍できる機能を備えたスマホ

Galaxy S10+も、Xperia 1と同じくアウトドア向けの機能を全て搭載したハイクラススマホの1台なので、スペックはXperia 1には決して劣っている訳ではありません。

高性能なCPU搭載や高い処理能力を持っているのも同じなので、Galaxy S10+もアウトドア場面の他に普段使いの場面でも活躍してくれるスペックです。

バッテリー容量が4,000mAhなので電池持ちが良い

Xperia 1の3,200mAhのバッテリー容量と比較すると、Galaxy S10+は4,000mAhなので、バッテリーの持ちはGalaxy S10+の方が優れております

バッテリーの持ちの良さを重視する、au、ドコモユーザーはXperia 1ではなく、敢えてGalaxy S10+を選ぶのも1つの選択肢と言えるのではないでしょうか。

ソフトバンクユーザーなら『Xperia XZ3』もおすすめ

エクスペリアエックスゼット3

画像引用元:Xperia(エクスペリア) XZ3 ソフトバンク | ディスプレイ | ソニーモバイル公式サイト

スペック名内容
機種名Xperia XZ3
メーカー名ソニー
防水・防塵機能
AIカメラ
バッテリー容量3,200mAh
ワンセグ
発売日2018年11月9日
価格64,800円
取扱いキャリアドコモ公式ショップ
au公式ショップ
ソフトバンク公式ショップ

ソフトバンクユーザーなら、Xperia 1の前機種に当たる『Xperia XZ3』も候補に挙がり、auやドコモでも購入可能な点から第3位にランクインしました。

2019年版夏モデルではないものの、スペックを見てみると実は海や川、プールといったアウトドア場面でも活躍が見込めます。

Xperia 1の半額で購入可能

機種名価格
Xperia XZ364,800円
Xperia 1136,320円

Xperia XZ3のメリットは価格の安さで、ソフトバンクだとXperia 1の約半額で、Xperia XZ3を購入できるのが大きな評価点です。

価格は半額なものの2018年冬モデルとあって、決してスペックは劣っている訳ではないので、「Xperia 1は価格が…」と躊躇している方は敢えてXperia XZ3を選ぶのもアリです。

Xperia 1が出た事でXperia XZ3が型落ちモデルとなり、キャンペーン等で格安で入手できるチャンスも増えたので、価格の安い防水スマホならXperia XZ3がおすすめです。

Xperia 1と同じAIカメラ機能を搭載

Xperia XZ3のスペックは、防水スマホとして求められる機能を一通り兼ね備えており、更にAIカメラはXperia 1と同じプレミアムおまかせオートを搭載しております。

カメラのレンズ数や画素数、撮影機能の多彩さではXperia 1に劣りますが、お手軽にAIカメラで高画質な写真を撮影したいなら、Xperia XZ3がおすすめです。

SIMフリーなら『Pixel 3』

グーグルピクセル3

画像引用元:Google Pixel 3 – 日本 – ナイトサイトで光を見る – Google Store

スペック名内容
機種名Pixel 3
メーカー名Android
防水・防塵機能
AIカメラ
バッテリー容量2,915mAh
ワンセグ×
発売日2018年11月1日
価格95,000円
取扱いキャリアドコモ公式ショップ
ソフトバンク公式ショップ
Google ストア

ドコモ、au、ソフトバンク以外の格安MVNO業者でも使えるSIMフリー防水スマホなら、『Pixel 3』がランキング第4位として候補に挙がります。

Pixel 3は、Androidを提供しているGoogleが販売しているスマホで、ドコモとソフトバンクでも取り扱っています。

Android屈指のカメラ性能と防水機能が売り

Pixel 3は、全てのAndroidの中でも屈指のカメラ性能を持っており、暗所での撮影が強く、光源の少ない夜の海岸やキャンプ場でも撮影が可能です。

防水機能も持っているので、川辺や海の美しい風景写真やナイトプールで撮影するにはうってつけのスマホです。

ワンセグ機能が無いのが玉に瑕ですが、ワンセグを見ないという人や、高性能なSIMフリーの防水スマホを探している方はPixel 3が選択肢になります。

廉価版『Pixel 3a』には防水機能は表記されていないので注意

Pixel 3には、価格とスペックを落としたPixel 3aというモデルがありますが、こちらは防水機能に対応している旨が公式で表記されておりません。

防滴性能程度ならあるのではという情報もありますが、公式で表記されていない以上、Pixel 3aには防水機能は無いと見ても差し支えないかと思います。

海や川やプールといった水場で使用するなら、Pixel 3aではなく防水機能のあるPixel 3を選ぶ方が無難です。

Google Pixel3レビュー|超シンプルなピュアAndroidの真価とは?

引き続き、次の章でもおすすめの防水スマホを紹介します。

価格の安さなら『AQUOS sense2 SH-M08』

アクオスセンス2

画像引用元:AQUOS sense2 SH-M08 のユーザビリティ|AQUOS:シャープ

スペック名内容
機種名AQUOS sense2 SH-M08
メーカー名シャープ
防水・防塵機能
AIカメラ
バッテリー容量2,700mAh
ワンセグ機能×
発売日2018年12月27日
価格5,800円~36,000円
取扱いキャリアmineo公式サイト
LINEモバイル公式ショップ
BIGLOBEモバイル公式ショップ

価格の安いSIMフリー防水スマホなら、シャープが開発・販売している『AQUOS sense2 SH-M08』が、5位にランクインしておりおすすめです。

AQUOSブランドという事で、液晶の美麗さに定評のあるSIMフリースマホですが、やはり何と言っても価格の安さが目に付きます。

AQUOS sense2 SH-M08は、2019年版夏モデルではなく、エントリーモデル級のスペックなので価格が非常に安いのが特徴となっています。

価格の安い国産SIMフリースマホ

AQUOS sense2 SH-M08は、価格が2019年6月19日時点で5,800円~30,000円台後半と、非常に格安で入手できる国産SIMフリースマホです。

「とにかく安い防水スマホが欲しい」というユーザーや、格安SIMを契約予定のユーザーなら購入するのもおすすめです。

AIカメラも搭載しておりますので、それなりに高画質な写真撮影も行う事ができます。

AQUOS sense2 SH-M08は、価格が安い分スペックは抑えめ

AQUOS sense2 SH-M08は、5,800円~30,000円台で入手できる格安スマホですが、格安な分スマホのスペックは抑えられております。

バッテリー容量は2,700mAhと、平均的なAndroidより若干少なめで、CPUによる処理性能も価格相応なので基本スペックは高いとは言えません。

ワンセグも非搭載なので、AQUOS sense2 SH-M08は価格の安さを第1に考えるユーザーにおすすめの防水スマホと言えるでしょう。

惜しくもランキング入りを逃した『TORQUE G04』

堅牢性の高いスマホのTORQUE G04

画像引用元:TORQUE® G04 | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

スペック名内容
機種名TORQUE G04
メーカー名京セラ
防水・防塵機能
AIカメラ
バッテリー容量2,940mAh
ワンセグ機能×
発売日2019年8月下旬予定
価格未定
取扱いキャリアau公式ショップ

今回のランキング入りを逃してしまいましたが、掲載しないのは惜しいので『TORQUE G04』をピックアップで紹介します。

堅牢性を高めたアウトドアスマホ

TORQUE G04は見た目通り非常に堅牢性が高く、防水・防塵機能だけでなく、耐衝撃性や低温・高温時にも耐えうる強固な国産スマホです。

元々アウトドアスマホとして売り出しているだけあって、様々なアウトドアスポーツの場面で活用される等、海や川、プールでの使用に適性の高いスマホです。

水中撮影も可能なカメラ機能を搭載

TORQUE G04は高い堅牢性を生かし、全てのスマホでも珍しい水中撮影用のカメラモードを搭載しているのが特徴です。

防水機能だけでなく浸水耐性も持っているので、水中での撮影にも使えるタフネススマホとなっています。

発売時期が8月下旬なのでプールや海では活躍期間が短いのでランキング外

これほどの堅牢性とアウトドア向けスマホなのに何故ランキング入りを逃してしまったのかというと、発売日が8月下旬なので海やプールのピークを過ぎている点です。

沖縄や海外等の9月以降も海水浴シーズンな地域や、9月以降の気候次第では充分活用できると思いますが、冷夏なら海やプールでTORQUE G04が活躍するのは少し遅いかもしれません。

秋以降のキャンプや川での渓流釣り、登山といった山場では、TORQUE G04が活躍する場面と言えるでしょう。

海やプールで使うには防水機能を持ったスマホを選ぼう

ここまで、海や川やプールで利用する際のスマホに求められる機能と、2019年版おすすめ防水スマホをランキング形式で紹介してきました。

2019年版防水スマホおすすめ
  • 大手キャリアなら『Xperia 1』と『Galaxy S10+』がおすすめ
  • 8月下旬以降ならアウトドアスマホの『TORQUE G04』も狙い目
  • SIMフリーなら『Google Pixel 3』や『AQUOS sense2 SH-M08』がおすすめ

海やプールといった水場でスマホを使う場合は、落下時の水没による故障を防ぐ為に、防水機能を持ったスマホを選ぶのがベターです。

今夏にアウトドアで海や川やプールに行く場合は、是非今回の記事を参考に防水スマホの購入を検討してみて下さい。

【2019年版】防水タブレットおすすめ人気ランキング|お風呂や料理中もOK!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ