WiMAXの乗り換え|お得にプロバイダを変更する方法とタイミング

  • 2019年8月6日
  • by.a-sato

WiMAXのモバイルルーターWX05

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

WiMAXとは、UQ WiMAXが運営している持ち運び型のWi-Fiルーターのサービスです。

どこにでも持ち歩くことができ、尚且つ料金も安いことから、老若男女問わず多くの人に重宝されています。

そのため、持ち運び型のWi-Fiルーターの中でも大手のブランドであり、高いシェアを占めています。

そんなWiMAXは、UQ WiMAXだけでなくさまざまなプロバイダがWiMAXとして通信サービスを運営しています。

WiMAXを乗り換える時のポイント
  • 現時点で乗り換えにどれだけの費用がかかるか確認する
  • WiMAXはどのプロバイダを選んでも通信品質はほぼ変わらない
  • 通信品質が変わらないからこそ料金やサービスを重視するべき
  • 違約金負担などお得なキャンペーンがあるプロバイダもおすすめ

今回は、WiMAXを乗り換えるメリットやデメリット、お得に乗り換える方法などについて解説します。

WiMAXはプロバイダによって通信品質があまり変わりません。

料金やキャンペーンのお得さ重視で選びましょう。

トップ画像引用元:Speed Wi-Fi NEXT WX05 クレードルセット | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

WiMAXを乗り換えるメリット

まず、WiMAXを乗り換えるメリットについて解説します。

WiMAXはプロバイダによって通信品質が大きく異なるわけではありません

そのため、月額料金の安さやキャンペーン内容を重視して選ぶことができます。

月額料金が安くなる

WiMAXは、プロバイダによって月額料金が大きく異なります

同じWiMAXというサービスを扱っていながら、どのプロバイダも月額料金が異なるので、「あれ、何でこんなに他のプロバイダだと安いんだろう?」と思うこともあると思います。

WiMAXのプロバイダを乗り換えることによって、よりリーズナブルな月額料金でWiMAXを使えるようになるかもしれません。

月額料金だけでなく、事務手数料などの初期費用に関しても、より安いプロバイダを探すことができます。

キャッシュバックや割引などお得なキャンペーンが利用できる

プロバイダによっては、乗り換える時に発生する違約金などを還元するキャッシュバックキャンペーンを行っている場合もあります。

また、契約後数ヶ月間は月額料金に割引が適用されるキャンペーンなどもあります。

本体代金が分割支払いではなく一括0円というプロバイダもありますね。

キャンペーンは時期によって内容が大きく異なるので、常に複数のプロバイダのキャンペーンをチェックしてお得なキャンペーンがないか把握しておくと良いでしょう。

プロバイダによって通信品質はほぼ変わらないので純粋にお得なプロバイダを選べる

料金もサービス内容も大きく異なるWiMAXだからこそ、「プロバイダによって通信の品質が異なるのでは?」と懸念する人も多いと思います。

フレッツ光の回線を借りて通信サービスを運営しているコラボ光は、やはり本家であるフレッツ光と比べて通信品質が落ちる傾向にあります。

安定した通信品質は本家だからこそのメリットとも言えますよね。

格安SIMでも同じことが言えます。

一方でWiMAXは、本家のUQ WiMAXでもサービスを借りている他のプロバイダでも、通信品質がほぼ同じということがわかりました。

詳しく見ていくと、僅かながら差はあるようですが、普段使う上では気にならない程度の差だそうです。

そのため、WiMAXは本家など関係なくどのプロバイダも、ほぼ同じ通信品質と捉えて良いでしょう。

このように、どこで契約しても通信品質は同じだからこそ、より料金面やサービス面、キャンペーンなどを重視して乗り換えることが可能なのです。

「安いけどやっぱり通信品質がなぁ…」と、品質と安さのどちらかを選ぶ必要は一切ありません。

WiMAXを乗り換えるデメリット

次に、WiMAXを乗り換えるデメリットについて解説します。

今契約しているWiMAXの契約状況によっては、乗り換える時にかなり初期費用がかかってしまう場合があります。

違約金がかかる

WiMAXのプロバイダの多くは、2年または3年間の契約の縛りがあります。

一般的なプロバイダのほとんどが、

  • 1年未満だと19,000円
  • 2年未満だと14,00円
  • 2年以降だと9,500円

というように、解約するタイミングによって違約金が異なります

携帯電話と同じように、契約の途中で解約をしようとすると違約金が発生してしまうんですよね。

しかも時期によって大きく変動するので、サービスが合わないと感じて1年未満で解約をしてしまうと、かなり高い違約金を払わざるを得ません。

上記の違約金はあくまで一般的な相場ですが、WiMAXの中にはさらに違約金が高いプロバイダもあるようです。

月々の料金はもちろんですが、違約金が一般的な相場かどうかチェックするのも大事ですね。

本体代金の分割支払いが残っている

違約金もそうですが、WiMAXの機種を分割で購入している場合だと、解約する時点で本体代金の支払いが残っている可能性もあります。

携帯電話だと解約してからも同じように分割で支払うことが可能ですが、WiMAXの場合は一括支払いを求められるケースも少なくないようです。

上記の違約金と本体代金の残りを考えると、乗り換える時に初期費用でかなりの金額になってしまう恐れがあります。

月額料金が安いから・キャンペーンがお得だからといっても、初期費用や年間のコストを合算して、確実に今のプロバイダを使い続けるよりも安くなるかどうか計算することをおすすめします。

WiMAXを乗り換えるメリット・デメリット
  • 月額料金が安くなる
  • 違約金負担などのキャッシュバックのキャンペーンを受けられる
  • 契約後数ヶ月間は割引が適用されるなどのお得な割引キャンペーンがあることも
  • プロバイダによって通信速度はほぼ変わらないのでサービスや価格重視で選べる
  • 乗り換えのタイミングでは違約金が発生したり本体代金の支払いが残っていることも

次の章では、お得にWiMAXのプロバイダを変更する方法を解説します。

お得にWiMAXのプロバイダを変更する方法

WiMAXのプロバイダをお得に変更する手順は下記の通りです。

  1. 乗り換えにかかる費用を計算する
  2. 違約金負担やキャッシュバックを行っているプロバイダを探す
  3. 複数のプロバイダをチェックして1番お得なプロバイダを選ぶ

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

乗り換えにかかる費用を計算する

前章で述べた通り、今使っているプロバイダを乗り換えようとすると、違約金が発生したり本体代金の支払いが残っている可能性があります。

そのため、まずは乗り換えにかかる費用を細かく計算しましょう。

現時点での違約金がいくらなのか、本体代金の残りの金額がいくらなのか明確にわからない場合は、WiMAXのプロバイダのコールセンターに連絡をしましょう。

「今解約したらどれだけの費用がかかるのか知りたい」と言えば、詳しく発生する費用について案内してくれるはずです。

まずは、自分が乗り換える時にどれだけの費用がかかるのかしっかりと確認しましょう。

違約金負担やキャッシュバックを行っているプロバイダを探す

画像引用元:Speed Wi-Fi NEXT W06|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

乗り換える時にかかる費用を把握した上で、次に違約金負担やキャッシュバックなどのキャンペーンを行っているプロバイダを探しましょう。

違約金負担の場合は、文字通り違約金のみ還元されることが多いので、本体代金の支払いが残っている場合はキャッシュバックのキャンペーンを行っているプロバイダを探すことをおすすめします。

WiMAXのプロバイダの数はかなり多いですし、どこも顧客獲得に必死な状態なので、違約金負担など乗り換えのハードルを下げるキャンペーンは多いようです。

決して1つのプロバイダで決めるのではなく、複数のプロバイダをチェックしてサービスや料金、キャンペーン内容を比較してみてください。

複数のプロバイダをチェックして1番お得なプロバイダを選ぶ

前章で複数のプロバイダをチェックすることをおすすめしたように、料金やサービス、キャンペーン内容などを複数のプロバイダで比較しましょう。

料金に関しては、乗り換えで発生する初期費用と年間のトータルコストを合算して、今のまま使い続ける方がお得なのか損なのか比べてみると良いでしょう。

キャンペーンに関しては、純粋にキャッシュバックの金額や違約金負担などのキャンペーン内容で比べてください。

尚、キャンペーンには一定の条件があるので、条件を確認することが必要です。

サービスについては、故障時の対応などのアフターケアはどのようになっているのかチェックしてください。

もちろん、アフターケアを重視していないという人は、そこまで気にする必要もありません。

そして、比較した結果、1番自分に合っているお得なプロバイダを乗り換え先として選びましょう。

WiMAXギガ放題プランを比較|制限・月額料金・通信速度の評判を調査

お得にWiMAXを乗り換えるタイミングは?

次に、お得にWiMAXを乗り換えるタイミングについて解説します。

契約期間や本体代金の支払いが伴うWiMAXでは、やはり契約更新月や本体代金の完済時を狙うのが1番でしょう。

契約更新月

2年または3年後の契約更新月は、唯一違約金無料で解約できる期間です。

そのため、なるべく初期費用を抑えて乗り換えをしたい場合は、契約更新月のチェックが大きな鍵となります。

契約した時にもらっている書面に記載されていると思いますが、もしわからない場合はコールセンターで契約更新月がいつなのか聞きましょう。

契約更新月を過ぎると、自動更新で2年または3年契約が継続されます。

そうなると、再び次の契約更新月まで違約金がかかってしまうようになります。

忘れていて契約更新月が過ぎてしまったということを防ぐためにも、スマホのカレンダーアプリなどに契約更新月をメモしておくのもおすすめです。

また、解約する場合は『解約する月の○日前までに申請する』必要があるプロバイダもあるので、解約時のフローもしっかり把握しておきましょう。

WiMAXの本体代金を完済した時

WiMAX

画像引用元:Speed Wi-Fi NEXT WX05(スピード ワイファイ ネクスト ダブルエックスゼロゴ) | データ通信端末 | au

WiMAXには、本体代金が無料のプロバイダもありますが、分割で月々の料金に組み込まれているプロバイダもあります。

本体代金の負担が実質0円ということで、本体代金が含まれていることを忘れてしまうケースも少なくありません。

自分の契約が分割で本体代金が発生しているのか、今一度確認しましょう。

分割支払いをしている場合は、いつ支払いを終えるのかもしっかり確認してください。

3年契約のWiMAXでも、本体代金の支払いが2年で終わるケースも珍しくありません。

2年契約なのに、本体代金は3年間の支払いになっている場合もあります。

本体代金を完済している場合は、残りの本体代金を一括で支払う必要もないので、乗り換え時の費用が安くなります。

他社プロバイダでお得なキャンペーンを実施している時

契約更新月でもない・本体代金も支払いしている最中でも、乗り換え先のプロバイダのキャンペーン次第ではお得になるケースもあります。

乗り換える時にかかる初期費用を相殺してくれるようなキャンペーンを開催しているプロバイダがないか、是非チェックしてみてください。

本体代金まで負担というケースは少ないかもしれませんが、高額キャッシュバックや違約金負担などのキャンペーンはあるはずです。

月額料金が安くなるのも含めて、初期費用が高くなっても将来的に得になるかどうかを重視するのが大切です。

お得にWiMAXのプロバイダを変更する方法・タイミング
  • 乗り換えにかかる費用をしっかりと把握する
  • 違約金負担やキャッシュバックなどのキャンペーンを行っているプロバイダを探す
  • 複数のプロバイダをピックアップして比較し最適な1社を見つける
  • 契約更新月や本体代金完済後が狙い目
  • 契約更新月ではない場合や本体代金完済前でも、他社プロバイダでお得なキャンペーンを実施している時がチャンス

次の章では、WiMAXのプロバイダのお得な選び方について解説します。

WiMAXのプロバイダのお得な選び方

前述の通り、WiMAXはプロバイダによって通信品質が大きく変わるわけではないので、料金やサービスを重視して選びましょう

月々の料金が安いプロバイダ

毎月のランニングコストが安いに越したことはありません。

プロバイダによって月額料金も異なるので、是非よりお得なプロバイダを探してください。

WiMAXの基本的な料金プランは、

  • 使い放題プラン
  • 7GBなどの小容量プラン

の2種類です。

これはどのプロバイダもほとんど同じです。

使い放題も7GBもそこまで大きく金額が変わるわけではないので、ある程度ネットを使うのであれば使い放題を選ぶことをおすすめします。

契約後3ヶ月間など一定の期間中は、使い放題の月額料金から割引が発生する場合もあるので、割引期間中は使い放題にしてその後は7GBにするというのも1つの方法です。

本体代金0円のプロバイダ

WiMAX端末代金

画像引用元:全端末0円キャンペーン | 【公式】Broad WiMAX

WiMAXの本体代金は基本的に料金プランに分割で組み込まれています。

本体代金の分割の金額と同額の割引が入ることによって、「本体代金実質0円」で使えるプロバイダも少なくありません。

しかし、実際には分割が組まれている状態なので、利用中は本体代金がかかっていないように思えますが、解約する時に残りの本体代金を支払わなければいけません

今後契約途中に解約する可能性を考えると、本体代金0円のプロバイダを選ぶ方が無難です。

中には契約期間は2年なのに本体代金の支払いが3年なので、本体代金を完済して違約金を支払わずに解約するなら、4年使わないといけないというプロバイダもあります。

違約金負担などのお得なキャンペーンを開催しているプロバイダ

違約金を負担してくれたり、キャッシュバックや割引などお得なキャンペーンを開催しているプロバイダを選ぶべきです。

どのプロバイダも顧客獲得に必死なので、何かしらキャンペーンを開催していることは間違いありませんが、内容はプロバイダによって大きく異なります。

初期費用を相殺してくれるようなプロバイダはもちろん、契約することでキャッシュバックがもらえるプロバイダも得した気分になれます。

一気にまとまったお金をもらえるのではなく、毎月の割引として還元することで月々の料金が安くなるプロバイダもおすすめです。

自分に合ったキャンペーンを行っているプロバイダを選びましょう。

WiMAXのプロバイダは料金・サービス・キャンペーン重視で選ぼう!

最後に、WiMAXのプロバイダのお得な選び方についてまとめます。

WiMAXのプロバイダのお得な選び方
  • 通信品質はどのプロバイダも変わらないので料金・サービス重視でOK
  • 月額料金が安いプロバイダ
  • 本体代金が0円のプロバイダ
  • 違約金負担などのキャンペーンがあるプロバイダ

WiMAXは、数多くのプロバイダがWiMAXとして通信サービスを運営していますが、それぞれのプロバイダの通信品質は大きく変わりません。

どのプロバイダを使っても使い心地が同じということなら、より安く・よりお得なプロバイダを選ぶべきでしょう。

是非たくさんのプロバイダの料金やキャンペーンをチェックして、自分にとって1番お得なWiMAXのプロバイダを見つけてくださいね。

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ