【P30 lite Premium VS arrows Be3】徹底比較|どっちが買いか?その理由

【P30 lite Premium VS arrows Be3】徹底比較|どっちが買いか?その理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回は、P30 lite Premiumとarrows Be3の夏モデル注目エントリーモデル2機種を徹底比較していきます。

いずれも5万円以下と手頃な価格設定ながら、普段使いには十分なスペックを備えています。

最近のスマホは高性能化が進んでおり、本体価格もどんどん高くなっています。

ハイエンドスマホはオーバースペックだと感じる人も少なくはないかもしれません。

そんな人にもおすすめしたいのが、今回紹介するP30 lite Premiumとarrows Be3です。

P30 lite Premiumとarrows Be3を徹底比較したら
  • お手頃価格で購入できるP30 lite Premiumとarrows Be3
  • スペックで選ぶならP30 lite Premium
  • 安心面で選ぶならarrows Be3

トップ画像引用元:HUAWEI P30 lite , スリムデザインにトリプルカメラ、どんなシーンでも思いのままに。 | HUAWEI Japan

P30 lite Premiumとarrows Be3のスペック比較

アローズビースリー

まず最初にP30 lite Premiumとarrows Be3のスペックを比較してみましょう。

項目P30 lite Premiumarrows Be3
OSAndroid9.0Android9.0
チップセットKirin 710Snapdragon450
RAM/ROM4GB/128GB3GB/32GB
ディスプレイ約6.1インチ
(フルHD+)
約5.6インチ
有機EL
(フルHD+)
メインカメラ標準レンズ
:約2,400万画素
(F値/1.8)
広角レンズ
:約800万画素
(F値/2.4)
被写界深度レンズ
:約200万画素
(F値/2.0)
約1,220万画素
(F値/1.9)
サブカメラ約2,400万画素約810万画素
バッテリー
容量
3,340mAh2,780mAh
防水防塵非対応IP68
おサイフ
ケータイ
非対応対応
キャリアau公式ショップドコモ公式ショップ

スペックを見たところ全体的にP30 lite Premiumが一枚上手でしょうか。

arrows Be3と比較して、ストレージ容量やカメラ機能といったスマホの肝とも言える部分において、P30 lite Premiumが優位な結果となっています。

それに対して、arrows Be3はおサイフケータイや防水機能といった、日本国内のユーザーが安心して使用できる機能が充実しています。

それでは、P30 lite Premiumとarrows Be3の違いを踏まえた上で、それぞれの機種の機能や特長について解説していきます。

P30 lite Premiumの特長

HUAWEI P30 lite Premium

画像引用元:HUAWEI P30 lite , スリムデザインにトリプルカメラ、どんなシーンでも思いのままに。 | HUAWEI Japan

P30 lite Premiumはau専売モデルとなっており、通常のSIMフリーで販売されているP30 liteのストレージ容量を、64GBから128GBに増量したモデルとなっています。

ストレージ容量以外の機能やスペックは、通常のP30 liteと変わらず販売価格についても大きな違いはありません。

P30 lite Premiumの特長をまとめると次の4つが挙げられます。

P30 lite Premiumの特長

  • 128GBの大容量ストレージ
  • AI搭載のトリプルレンズカメラ
  • 6.1インチフルHD+ディスプレイを搭載
  • スリムな3D湾曲デザイン

このようにP30 lite Premiumは、その特長だけ見ればハイエンドスマホかと思ってしまうような高機能のスマホとなっています。

では、P30 lite Premiumの特長について詳しくみていきましょう。

128GBの大容量ストレージ

P30 lite Premium最大の特徴は、通常版のP30 liteと比較して増量されたストレージ容量です。

128GBと現在販売されているAndroidスマホの中では、最大級の容量となっています。

写真や動画はもちろん、ゲームなどのアプリも十分に入れられるだけの容量があるので、スマホをとことん使い込んでる人も安心して使用することができます。

最近のゲームアプリはかなりの容量を必要とするものが多く、追加データなどをインストールしていくと、1本で3GBを超えるような場合も少なくはありません。

写真や動画であれば、SDカードにデータを移せば本体のストレージは節約することができますが、アプリのデータはSDカードに移すということができません。

本体のストレージ容量が少ないと、アプリをインストールするために他のアプリを削除しないといけない場合があったりと、アプリを多く入れたい人には少し不便になります。

その点、P30 lite Premiumなら128GBもあるので、まず容量不足に悩まされるということはないでしょう。

AI搭載のトリプルレンズカメラ

続いて、P30 lite Premiumの特長はカメラです。

メインカメラにはトリプルレンズカメラを搭載しており、高画質なだけでなく様々な撮影モードによって綺麗な写真を撮影することができます。

P30 lite Premiumのトリプルレンズカメラの構成は以下の通りです。
標準レンズ:約2,400万画素(F値/1.8)
広角レンズ:約800万画素(F値/2.4)
被写界深度レンズ:約200万画素(F値/2.0)

これまでも、HUAWEIスマホのカメラは綺麗に撮影することができると高い評価を得ていましたが、今回のP30 lite Premiumも申し分のない性能となっています。

3つのカメラが標準・広角・被写界深度測定とそれぞれの働きをすることによって、これまでのスマホカメラとは一味違った写真を撮影することができます。

広角レンズによってこれまで以上に画角の広い写真を撮影することができたり、被写界深度レンズによって背景にボケのある写真を撮影することができたりと、撮影の幅が広がります。

また、P30 lite PremiumのカメラにはAIアシスタント機能が搭載されています。

AIアシスタント機能では、カメラを向けた被写体を自動で認識し、被写体に合わせたベストな補正を自動でかけてくれます。

メインカメラでは、人物や食べ物など合計22種類のシーンを自動でAIが判断します。

また、AIアシスタントはメインカメラだけでなくサブカメラにも搭載されています。

サブカメラでは8種類のシーンを認識することで、より印象的なセルフィーの撮影が可能にります。

P30 lite Premiumのカメラは、まるでハイエンドスマホのような高度な撮影を可能にしてくれるので、カメラにこだわりがある人にもおすすめです。

6.1インチフルHD+ディスプレイを搭載

P30 lite Premiumのディスプレイは6.1インチと、arrows Be3の5.6インチと比較しても大画面のディスプレイとなっています。

最近のスマホでは多くなったフルディスプレイのデザインに加えて、画面上部に備えたノッチを水滴型の小さなノッチにすることで、画面占有率を高めています。

P30 lite Premiumの画面占有率は84.2%となっており、同じくフルディスプレイのiPhone XSが81.1%であることと比較しても、いかに画面占有率が高いかわかるでしょう。

画面占有率が高ければ高いほど、フレームなど無駄な部分が少なくなっています。

なので、ディスプレイサイズの割に本体自体はそこまで大きく感じさせず、手のひらに収まる大画面スマホといった印象です。

また、フルHD+と解像度も高いので、動画サイトなどで映像を楽しむにもぴったりです。

スリムな3D湾曲デザイン

P30 lite Premiumのデザインは、背面が湾曲しており手に取った時に手のひらにフィットするような作りになっています。

先ほど画面占有率が高いということを紹介しましたが、それだけでなくこういった設計によっても大きさを感じさせないように作られています。

また、カラーバリエーションは単色のミッドナイトブラックとパールホワイトの他に、グラデーションカラーが鮮やかなピーコックブルーの3色展開となっています。

グラデーションカラーは、光の当たり方によって色味が変わる見た目にも楽しめるデザインとなっていておすすめです。

HUAWEI P30シリーズ徹底比較!lite premium、Pro正解はどれ?

次のページでは、P30 lite Premiumの気になる点について解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ