Palm Phone驚異の3.3インチスマホ !小さいけどスペックと価格は?

Palm Phone驚異の3.3インチスマホ !小さいけどスペックと価格は?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

現在のスマホは高機能化と本体の巨大化がトレンドで、どれだけハイスペックなのか、どんな特殊機能があるかをアピールするのが主流になっています。

そんなスマホの巨大化が流行となっている2019年4月、その流れに一石を投じるAndroid『Palm Phone』が発売されました。

Palm Phoneは液晶画面3.3インチで手のひらに収まる程のミニサイズが特徴で、そのインパクトから多くの業界関係者の注目を集めています。

そこで今回は、

  • 小さいだけではないか
  • 役に立つのか
  • スペックはどのくらいあるのか
  • 価格はいくらでどこで購入できるのか

などと、Palm Phoneの気になるポイントをまとめてみました。

Palm Phoneのスペック・価格・使える回線
  • スペックは低価格帯スマホ並みのスペック
  • 価格は約44,800円前後
  • 使える回線はソフトバンク回線(を利用する格安SIM)
  • 外出時に真価を発揮するアクティブ派におすすめのスマホ

トップ画像引用元:Palm | Accessories

1 液晶サイズ3.3インチという超ミニサイズのPalm Phoneがデビュー

Palm Phone

画像引用元:Palm | Home

Palm PhoneはアメリカのPalm社製のSIMフリースマホで、2019年4月から日本でも発売された超ミニサイズのAndroidとなっております。

『The perfect sized smartphone.』のキャッチコピーで売り出しており、最大の特徴は液晶画面3.3インチ(本体サイズは3.8インチ)の本体サイズです。

Palm Phoneはアクティブ派や外出先での利用を想定して作られており、様々な機能を持っておりますがそれらの特徴やスペックを見ていきましょう。

1-1 Palm Phoneのスペック紹介

Palm Phoneのスペックは下記の通りとなります。

項目内容
メーカー名PALM
OSAndroid OS Oreo 8.1
CPUQualcomm Snapdragon 435(MSM8940)
SIMシングルSIM(nano-SIM)
大きさ
(幅×長さ×厚さ)
50.6×96.6×7.4mm
重量62.5g
ディスプレイ画素数1280×720 ピクセル(3.3インチHD液晶)
内蔵RAM/ROM3GB/32GB
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n(2.4GHzのみ)
BluetoothBluetooth 4.2 Low Energy
カメラ画素数リアカメラ1,200万画素
フロントカメラ 800万画素
バッテリー容量Li-Ion 800mAh
(連続通話時間:最大3時間20分
/連続待受時間:約72時間)
充電時間約31分で50%、約68分で100%
対応周波数2G GSM 850/900/1800/1900
3G UMTS B1/2/5/8
4G FDD B1/3/7/8/20
※ソフトバンク回線SIMに対応
防水・防塵IP68対応
価格44,801円

Palm Phoneのスペックを見ると低価格帯スマホの機能相応になっており、価格や本体サイズの見た目通り手の出しやすいスマホと言えます。

1-2 クレジットカードとほぼ同じサイズ

Palm Phoneの本体サイズは長さ96.6mm×幅50.6mmで、これはクレジットカードのサイズ(長さ85.60mm×幅53.98mm)とほぼ同じサイズになっております。

Palm Phoneの最大の特徴はここにあり、本体サイズの小ささを生かしてアウトドアや外出先での利用に重点を置いたスマホになっております。

重量も62.5gと非常に軽くて持ち運びがしやすく、クレジットカード程度の大きさなので「大きくなった最近のスマホでは服の胸ポケットに入らない…」と、いう事はまず起こらないでしょう。

1-3 防水・防塵に対応

キッチンの水回り

Palm Phoneを作っているメーカー『Palm』はアメリカに本社を置くスマホメーカーですが、海外製スマホに搭載される事が滅多にないIP68の防水・防塵規格に対応しているのが特徴です。

Palm Phoneは外出先でアクティブに利用する人を想定しているので、外出先で雨や汗に濡れても動作してくれる防水・防塵機能の搭載は評価できるポイントです。

1-4 Palm Phoneの特徴3:価格は約44,800円前後

Palm Phoneの価格面の特徴として、販売会社によるものの概ね44,800円前後に収まっており低価格帯スマホなので、初めての人でも手を出しやすいと言えます。

海外製で極端なデザインや機能を搭載したスマホは価格も極端になる傾向が強いのですが、Palm Phoneは良心的な価格なので安心と言えるでしょう。

1-5 Palm Phoneの特徴4:使える回線はソフトバンク回線

ソフトバンク

画像引用元:海外で使う | モバイル | ソフトバンク

Palm Phoneの使える回線ですが、ソフトバンク回線の電波帯に対応しているので、音声通話SIMを契約する際はソフトバンク回線の格安MVNO業者を選ぶ必要があります。

一例を挙げるならワイモバイルやLINEモバイル、mineoがありますが、SIMはnanoSIMシングルなのでデュアルSIMに対応していない点にご注意下さい。

ソフトバンク回線の格安SIMで速度が速いのは?MVNO通信速度比較【2019】

次のページでは、Palm Phoneはどんな人におすすめできるスマホなのかについて解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ