auで親にスマホを持たせたい!おすすめは大画面でコスパ抜群機種

auで親にスマホを持たせたい!おすすめは大画面でコスパ抜群機種

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

親に「そろそろスマホを持たせたい」と考える人も多いのではないでしょうか。

これは、LINEが使えるスマホの方が連絡が簡単だからという理由もありますが、中には親から「スマホが欲しい」と相談されることもあるでしょう。

しかし、今までケータイを使っていた親に対し、「本当にスマホを使いこなせるのだろうか」と不安になる人も多いと思います。

では、親にスマホを持たせるのなら一体どのようなスマホがおすすめなのでしょうか。

今回は、auで親にスマホを持たせたい時におすすめの機種を6つピックアップしました。

それぞれの機種のスペックと特長について詳しく紹介していきます。

また、親に持たせるスマホの選び方についても解説するので、是非参考にしてください。

auで親に持たせる時にぴったりなスマホ
  • Galaxy A20 SCV46
  • Xperia 8 SOV42
  • AQUOS sense3 SHV45
  • AQUOS sense3 plus サウンド SHV46
  • Galaxy A30 SCV43
  • BASIO4

親にスマホを持たせたい時におすすめ!auスマホ6選

エーユーのギャラクシーエートゥエンティ

画像引用元:Galaxy A20(ギャラクシー エートゥエンティ)SCV46 | スマートフォン(Android スマホ) | au

親にスマホを持たせたい時に1番に考えるのはコスパではないでしょうか。

初めてスマホを使う親に対して、

  • ケータイに戻したいと言い出したらどうしよう
  • あまり高い機種を買っても、使いこなせなかったらもったいない

と、考えると思います。

また、スマホを使う親本人も同じことを考えているかもしれません。

そこで、今回はauのスマホの中でも6万円以下で購入でき、扱いやすいスペック・特長の6つの機種をピックアップしました。

親のスマホの購入を検討している人は是非チェックしてください。

画像引用元:BASIO(ベイシオ) | スマートフォン(Android スマホ) | 京セラ

Galaxy A20 SCV46

auのGalaxy A20

画像引用元:Galaxy A20 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy A20 SCV46は、サムスンから発売されたリーズナブルなモデルです。

通常、Galaxyは10万円超えの高性能スマホのイメージがありますが、Galaxy A20は2万円台で購入できるリーズナブルなスマホです。

項目Galaxy A20
発売日2019年10月25日
価格25,920円
サイズ約71×150×8.1mm
約151g
ディスプレイ5.8インチ
OSAndroid 9.0
CPUExynos 7884B
RAM / ROM3GB / 32GB
バッテリー容量3,000mAh
アウトカメラ800万画素
インカメラ500万画素
防水防塵
生体認証顔認証

下記にて、Galaxy A20の特長について見ていきましょう。

横幅が狭く軽量で持ちやすいサイズ感

Galaxy A20は5.6インチと大画面ですが、両サイドのフレームの幅がかなり狭くなっており、横幅がスリムになっています。

片手でも持ちやすいコンパクトなサイズ感なので、女性の小さな手でも扱いやすいでしょう。

握力が弱くなってきているシニア層の人にもぴったりです。

かんたんモード搭載で初めてスマホを使う人にもおすすめ

Galaxy A20には、初心者向けのかんたんモードも搭載されています。

シンプルなデザインのホーム画面に、自分がよく使うアプリを配置することができます。

大きなアイコンなので非常に見やすく、よく使うものしか置かないので操作に困ることもありません。

また、自動的にアプリの長押しの時間が長くなるので、誤った操作によるアプリ消去を防ぐことが可能です。

よく電話をかける人を登録すれば、ホーム画面を左スクロールするだけで連絡先を表示できます。

スマホを初めて使う人が最初に壁にぶつかりやすい電話の操作も、かんたんモードで迷うことなく利用できます。

auでGalaxy A20に機種変更|お得に購入する完全ガイド
ドコモキャンペーンバナー

Xperia 8 SOV42

Xperia8

画像引用元:Xperia 8(エクスペリア エイト)| ソニーモバイル公式サイト

Xperia 8 SOV42は、SONYから発売されているXperiaの最新モデルです。

同時期に発売となったXperia 5の廉価モデルであり、5万円台で購入できます。

項目Xperia 8
発売日2019年10月25日
価格59,040円
サイズ約69×158×8.1mm
約170g
ディスプレイ6.0インチ
OSAndroid 9.0
CPUQualcomm Snapdragon 630
RAM / ROM4GB / 64GB
バッテリー容量2,760mAh
アウトカメラ1,200万画素
800万画素
インカメラ800万画素
防水防塵
生体認証指紋認証

従来の10万円を超えるXperiaと比べるとスペックは劣りますが、初めてスマホを使う人にとっては申し分ない性能が備わっています。

下記にて、Xperia 8の特長を解説していきます。

映画のスクリーンと同じ画面比率である21:9のスマホ

最近のXperiaスマホの大きな特長は、画面比率が21:9と映画のスクリーンと同じです。

画面サイズは6.0インチと数あるスマホの中でも大きく、映画のスクリーンと同じ画面比率と大画面で迫力のある映画を楽しむことができます。

また、縦長サイズなので画面に表示される情報量も多く、より効率的に情報を収集することが可能です。

スマホの横幅も約69mmと細めなので、手のひらにすっぽりと収まります。

デュアルカメラ搭載で背景をぼやけさせた写真が撮れる

Xperia 8は6万円以下で購入できるスマホでありながら、1,200万画素と800万画素のデュアルカメラ仕様です。

光学2倍ズームにも対応しているので、2倍までは画質を落とすことなく遠くの被写体をズームすることが可能です。

さらに、背景をぼかして被写体を際立たせるポートレート撮影にも対応しているので、よりクオリティの高い写真を撮ることができます。

スマホのカメラで綺麗に写真が撮りたいという親のリクエストにも応えることができます。

Xperia 8実機レビュー|Xperia初のデュアルカメラ搭載モデル

AQUOS sense3 SHV45

aquos sense3

画像引用元:AQUOS sense3 SHV45 auの特長|AQUOS:シャープ

AQUOS sense3 SHV45は、SHARPから販売されているスマホです。

項目AQUOS sense3
発売日2019年11月2日
価格36,720円
サイズ約70×147×8.9mm
約167g
ディスプレイ5.5インチ
OSAndroid 9.0
CPUQualcomm Snapdragon 630
RAM / ROM4GB / 64GB
バッテリー容量4,000mAh
アウトカメラ1,200万画素
1,200万画素
インカメラ800万画素
防水防塵
生体認証指紋・顔認証

AQUOSスマホはこれまでも、価格がリーズナブルで使いやすいスマホとして人気がありました。

今回のAQUOS sense3も価格がリーズナブルであることに加えて、簡単な操作ができるよう初心者向け機能が充実しています。

親が初めてスマホを使う場合も安心してすすめることができます。

消費電力が節約できる省エネディスプレイ「IGZO」搭載

AQUOS sense3には、IGZOと呼ばれるディスプレイが搭載されています。

IGZOディスプレイは、高精細な画質と省エネ効果が期待でき、AQUOSシリーズのどのスマホにも搭載されています。

鮮やかな画質で画像や映像を楽しめるだけでなく、バッテリーの消耗を抑えることもできるので、長時間充電することなく使えます。

一度充電をしたら1週間は持続して使えるケータイを今まで使っていた人も、バッテリーの持ちが良いAQUOS sense3なら快適に使えるのではないでしょうか。

初心者でも操作しやすい「かんたんモード」
  • 最低限必要なアプリのみ表示されたホーム画面
  • 登録した相手にすぐに発信できる「楽ともリンク」
  • 縦スクロールだけで基本操作が可能
  • コントラストや彩度を調整してより見やすくできる

このように、初心者でもわかりやすい仕様となっています。

もちろん、かんたんモードと通常のホーム画面を切替えることができます。

最初はかんたんモードを使い、慣れてきたら通常のホーム画面に切替えて使ってみるという方法も可能です。

auでAQUOS sense3に機種変更|お得に購入する完全ガイド

AQUOS sense3 plus サウンド SHV46

AQUOS sense3 plus サウンド

画像引用元:AQUOS sense3 plus サウンド SHV46 auの特長|AQUOS:シャープ

AQUOS sense3 plus サウンド SHV46は、SHARPから2019年12月以降に発売予定の最新モデルです。

既に発売されているAQUOS sense3の上位モデルだと思ってください。

項目AQUOS sense3 plus サウンド
発売日2019年12月上旬以降
価格46,080円
サイズ約75×160×8.7mm
約175g
ディスプレイ6.0インチ
OSAndroid 9.0
CPUQualcomm Snapdragon 636
RAM / ROM6GB / 64GB
バッテリー容量4,000mAh
アウトカメラ1,310万画素
1,220万画素
インカメラ800万画素
防水防塵
生体認証指紋・顔認証

搭載されているRAMが6GBと、高性能と呼ばれるスマホと遜色ないスペックを兼ね備えています。

それでいて価格は5万円以下なので、非常にコスパの高い機種だといえます。

音響技術Dolby Atmos対応のステレオスピーカーが搭載された高音質スマホ

AQUOS sense3 plus サウンドには、立体音響方式の中でも代表的な技術であるDolby Atmos対応のイヤフォンが同梱されています。

また、本体にもステレオスピーカーが搭載されておりDolby Atmosにも対応しています。

Dolby Atmosは簡単に言うと、前後左右だけでなく頭上の音も再現可能な立体的な音響技術のことです。

例えば、ヘリコプターや飛行機が実際に頭上を通り過ぎたような感覚を味わえるというものです。

スマホで映画やドラマを観たいという人も、より作品への没入感を味わえるでしょう。

実物に近い色味で表現できるカラーマッピング技術搭載

6.0インチの大画面ディスプレイには、AQUOS sense3と同じくIGZOが搭載されています。

さらに、カラーマッピング技術である「リッチカラーテクノロジーモバイル」が搭載されており、実物に近い色味を表現することができます。

そのため、よりリアルな映像をスマホで楽しむことが可能です。

親にスマホを持たせるならおすすめはコレ!全キャリアまとめ

次のページでもGalaxy A30を紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ