PayPay100億円キャンペーンを口コミで振り返る|感想とレビューも

  • 2019年5月23日
  • by.bebe

4abc06bc26fd91baabc555ca741c3921_m

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

第1弾キャンペーンで全額キャッシュバックの恩恵を受けれた

paypay

画像引用元:itunes

  • 40歳
  • 男性
  • 現在利用している携帯会社:Y!mobile
  • お手持ちのスマホの機種名:iPhone SE
  • よく使うスマホ決済アプリ:PayPay
  • いつから使っているか:3ヶ月前

100億円キャンペーンで有名になった PayPayを使用しています。

第1弾のキャンペーンでは、コンビニで使用した金額が全額キャッシュバックとなり恩恵を受けることができました。

支払いは簡単でPayPayアプリを開き、画面上のバーコードを定員さんのバーコードリーダーに読み取ってもらうだけです。

その逆で、スマホのカメラで店舗側のQRコードを読み取る場合もあるそうです。

PayPayの初回登録時に500円が付与されるので、すぐに使用することが出来ます。

さらに、ソフトバンクかY!mobileユーザーは、初回登録でさらに500円もらえるキャペーンもありお得感が増します。

アプリは、起動時に指紋認証があり本人以外がアプリを起動することは難しくセキュリティも十分であると思います。

主な使用場所は、ファミリーマートやミニストップのようなコンビニです。

セブンイレブンやローソンでの使用は不可能ですので注意が必要です。

取り扱い店でドラックストアーやスーパーのような日用品をあつかっている店舗が増えてくれると使用頻度は上がるように感じます。

アプリ内で取り扱い店舗を表示することができ、マップ形式で近くの取扱店を調べられるのは便利です。

残高もアプリ内で確認ができ、しかも使用履歴も表示できるので使いすぎ防止にも役立っています。

現在は第2弾の100億円キャンペーンを実施しいるため使用頻度も高くなっています。

便利なのは、モバイルTカードを連携できることです。

わざわざモバイルTカードのアプリを開くことなくTポイントを貯めることができて非常に便利な機能です。

第1弾のキャンペーンでは公平性がないのと不正利用等のトラブルがあり印象を悪くした感じが正直ありました。

でも、その後対策の成果か非常に気持ちよく使用しています。

個人的に良いと感じるところは、PayPayというネーミングです。

センスの悪いネーミングに思えますが意外に発音しやすく会話のなかにすんなり溶け込んできます。

新しい言葉なのに言っていて違和感がありません。親やすく、絶妙なネーミングだと思います。

第2弾はコンビニでの買い物がハッピーに

  • 42歳・自営業
  • 女性
  • 現在利用している携帯会社:ドコモ
  • お手持ちのスマホの機種名:Xperia XZ Premium SO-04J
  • よく使うスマホ決済アプリ:Pay Pay
  • いつから使っているか:2018年12月

私が普段使っているスマホ決済アプリはPayPayです。

2018年12月の第1弾100億円キャンペーンをきっかけに使い始めました。

第1弾の時は1回の支払いに付与されるPayPayボーナス還元が魅力的だったことが一番の理由です。

また、個人的にYahoo!JAPANカードを利用していたこともPayPay利用の後押しとなりました。

Yahoo! JAPANカードはPayPay残高にチャージできますし、ポイント還元もあります。

第2弾キャンペーンでもYahoo! JAPANカード利用者はPayPay残高付与の条件などが優遇されました。

現在は他にも色々なスマホ決済サービスが登場してします。

ただ私の場合、PayPayを利用するのに最も都合が良いクレジットカードが自分のメインカードだったので、現在もPayPayのみ使用しています。

PayPayはソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の共同出資会社です。

なので、ソフトバンクユーザーやYahoo!JAPANカード・Yahoo!ショッピング利用者にとってはサービス面でもメリットが大きいスマホ決済になっています。

よく使う場所はファミリーマート、ドラックストア(ゲンキー・Vドラック)、家電量販店(ジョーシン・ケーズデンキ)などです。

第2弾のようなPayPayボーナス還元の上限が1,000円程のキャンペーンがある時は、特にコンビニやドラックストアでの買い物がお得かなと思います。

週に何度も利用する店で買い物をした際に、数百円のボーナス還元はとても嬉しく感じます。

当たったPayPay残高があるから、ちょっとコーヒーやお菓子でも買おうかなという気分になります。

デメリットは、支払い時の利便性が以前利用していたおサイフケータイに比べて良くない点です。

読み取り機にかざすだけで支払いが済んでいたおサイフケータイ。

それに対し、PayPayはアプリを起動してバーコードを読み取ってもらうか自分でお店のQRコードをスキャンして支払う必要があります。

この手間がとても面倒に感じてしまいます。

また、PayPayに限ったことではありませんが、スマホ決済が気軽過ぎてチャージしすぎてしまう点もデメリットの1つでしょうか。

私は毎週PayPayにチャージした分だけ現金を専用の袋に入れるようにしています。

PayPayで使う予算を決めて月初にまとめてチャージするのもいいかもしれません。

※実際の利用者の声をそのまま掲載しています。

アップルストア グーグルプレイ

編集部まとめ


PayPayの100億円キャンペーンや、PayPayを実際に使ってみたメリット・デメリットについて口コミを聞いてきました。

第1弾の高額キャッシュバックで話題を呼び、第2弾でスマホ決済を日常使いとして定着させようとしたPayPayの100億円キャンペーン。

今後も話題を呼びそうなPayPayのキャンペーンの動向をぜひチェックし続けてみてはいかがでしょうか。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
bebe
bebe
東京出身の平成8年生まれ。学生時代は軽音サークルに所属。現在は会社の偉い人に誘われるまま、右も左も分からないジャズの道に。スマホはiPhoneでタブレットはiPad。家にはAmazon EchoとFire TV Stick。AppleとAmazonにおんぶに抱っこの生活。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ