PayPay残高のチャージ方法|銀行口座とYahoo!JAPANカードどっちがお得?

  • 2020年1月9日
  • by.ssisdk

paypayのロゴが入った画像

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホ決済サービス『PayPay』は、事前に登録したクレジットカードか銀行口座からチャージ(入金)を行い、店頭で決済するサービスです。

PayPay残高にチャージする方法
  • Yahoo!ウォレットに登録した銀行口座
  • Yahoo!JAPANが発行しているYahoo!JAPANカード
  • Yahoo!JAPAN以外のその他のクレジットカード

銀行口座とYahoo!JAPANカードとその他のクレジットカード、どの方法でチャージするのがお得か気になりますよね。

そこで今回はどの方法でPayPayにチャージするのが一番お得なのか、メリットも含めて詳しく解説します。

画像引用元:PayPay

PayPay残高にチャージするやり方

PayPay残高にチャージするやり方は初期設定とYahoo!マネー/ウォレットの登録後、下記5ステップで完了します。

注意点として銀行口座経由のチャージは、Yahoo!JAPAN IDとの連携を行っておいて下さい。

画像引用元:PayPay残高にチャージする – PayPay

  1. ホーム画面の[チャージ]を選択
    PayPay残高にチャージする手順①
  2. [チャージ方法]を選択
    PayPay残高にチャージする手順②
  3. チャージ方法を選択
    PayPay残高にチャージする手順③
  4. チャージしたい金額を入力して[チャージする]を選択
    PayPay残高にチャージする手順④
  5. チャージ完了
    PayPay残高にチャージする手順⑤

前述しましたがPayPay残高にチャージする方法は、銀行口座・Yahoo!JAPANカード・その他のクレジットカードのどれでも変わりません。

しかしチャージ方法に差は無くても、お得なチャージ先は実は決まっています。

PayPayの支払い・決済方法|QRかバーコードかお店によって違う

PayPay残高のチャージにはYahoo!JAPANカードがおすすめ

Yahoo!JAPANカードの画像

画像引用元:Yahoo!カード – 【公式】

結論から言うと最初に紹介した3つのチャージ方法の内、一番お得なのはYahoo!JAPANカードです。

Yahoo!JAPANカードからチャージするメリット
  • Tポイントが100円につき1ポイント還元される
  • カードの請求先を銀行口座にすれば取引件数も増やせる

Yahoo!JAPANカード&銀行口座&その他のクレジットカードの順にお得になります。

ではなぜYahoo!JAPANカードがお得になるのか、その背景を見てみましょう。

Yahoo!JAPANカードがお得な理由はTポイント還元

Yahoo!JAPANカードは100円につき1ポイントのTポイントが還元されるというメリットがあります。

銀行口座からPayPayに入金したのであれば、ただ銀行口座からお金が減るだけですがYahoo!JAPANカード経由であればTポイントも一緒に付与されるのです。

結果としてTポイント還元がある分、銀行口座からPayPayにチャージするよりYahoo!JAPANカードの方がお得になります。

取引件数が目的ならカードの請求先を銀行口座に

銀行口座によっては振込みや入金等の取引件数の数によって、特典を設けている銀行もあります。

その銀行の取引件数を増やす為にPayPayへの入金を銀行口座経由で行う方もいますが、Yahoo!JAPANカードの請求先を銀行口座に設定するという手もあります。

Yahoo!JAPANカードからの入金なのでTポイント還元も行われ、Yahoo!JAPANカードの請求は銀行口座に行くので取引件数を増やす事も出来ます。

銀行口座からチャージするメリットももちろんある

銀行口座とYahoo!JAPANカードどちらがお得かという観点から言うと、Tポイント還元がある分Yahoo!JAPANカードに軍配が上がります。

銀行口座からチャージするメリット
  • クレジットカード不所持でもチャージ可能
  • Yahoo!ウォレットの銀行口座をそのまま利用できる

しかし銀行口座からチャージするのはメリットが無いのかというとそうではなく、クレジットカードにはないメリットが2点あります。

クレジットカード不所持でもチャージ可能

銀行口座からチャージするメリットは、クレジットカードを持っていない人でもチャージできるというメリットが挙げられます。

人によってはクレジットカードを持ちたくない、あるいは年齢や収入の関係でクレジットカードを持つことが出来ない方もいます。

そのような方でも銀行口座経由でチャージでき、Tポイント還元を重視しないなら銀行口座とYahoo!JAPANカードによる特典の差はほぼ無いです。

Yahoo!ウォレットの銀行口座をそのまま利用できる

銀行口座でチャージする場合、事前にYahoo!JAPAN IDの連携とYahoo!JAPAN IDに登録した銀行口座(Yahoo!ウォレット)の登録が必要です。

Yahoo!ウォレットに登録しておけばPayPayへの登録時にも銀行口座の情報をそのまま使用できます

そのため、銀行口座の方がPayPayの初期設定が楽というメリットがあります。

Yahoo!JAPANカード以外のクレジットカードは旨味が最も少ない

Yahoo!JAPANカードを持っていない方は、新規にYahoo!JAPANカードを申し込むのは少し面倒ですよね。

しかしYahoo!JAPANカードとその他のクレジットカードを比較すると、その他のクレジットカードは旨味が少ないと言わざるを得ません。

何故その他のクレジットカードを使ってPayPayにチャージすると旨味が少ないのか解説します。

高還元・高付与のキャンペーンが対象外になる

旨味が無い大きな理由として、高還元・高付与のキャンペーンが対象外になることが挙げられます。

現在実施中で対象外のキャンペーン
  • 「やたら当たる!お得っくじ」キャンペーンが対象外
  • 「まちかどペイペイ」キャンペーンが対象外

上記が2019年12月現在に実施中で、Yahoo!JAPANカード以外のクレジットカードが対象外になる主なキャンペーンです。

キャンペーンの概要を下表にまとめてみました。

項目第3弾「やたら当たる!お得っくじ」第2弾「まちかどペイペイ」キャンペーン
期間2019年12月1日(日)~
2020年1月15日(水)
2019年12月1日(日)~
2020年1月31日(金)
対象PayPay残高
Yahoo! JAPANカード
PayPay残高
Yahoo! JAPANカード
特典内容2回に1回の確率でPayPayによる決済金額の
3.5%/10%/20%/
50%/100%いずれか相当分のPayPayボーナス
消費者還元事業から5%
+
20回に1回の確率で
1,000円相当還元
または
PayPay利用特典1.5%還元
上限金額10,000円1回:1,000円
月間:5,000円

このようなPayPayのセールスポイントである高還元・高付与の特典が受けられないのは、非常に損だと言えます。

PayPay残高へのチャージで最もお得なのはYahoo!JAPANカード

PayPay残高へのチャージ方法と、PayPayにチャージするにあたって最もお得なチャージ先を解説しました。

PayPayのチャージ方法はYahoo!JAPANカードがお得
  • PayPayにチャージする際はTポイントが貯まるYahoo!JAPANカードがお得
  • 銀行口座に取引件数が欲しいならYahoo!JAPANカードの請求先に設定しよう
  • Yahoo!JAPAN以外のクレジットカードは旨味が少ないのでおすすめしない

現状、Yahoo!JAPANカードが最もお得なチャージ先です。

ただYahoo!JAPANカードと銀行口座を比較するとTポイントを重視するか否かで評価が変わります。

Tポイントが欲しいならお得なのはYahoo!JAPANカード、Tポイントを重視しないなら銀行口座と好みで選ぶ事になるでしょう。

PayPay(ペイペイ)で使えるクレジットカードと支払うまでの流れを解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ