「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」が表示された場合の対処法8つ

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」初期化に失敗する原因として、空き容量の不足や、PC内部の故障が疑われます。周辺機器や空き容量を確保することで、問題を解決できる場合もありますが、内蔵ストレージが故障している場合は個人で対処することはほとんど不可能です。まずは原因から障害を見極め、状態の悪化を防ぐようにしましょう。
  • 2022年11月10日
  • by.bitdds

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

PC(パソコン)を初期化する際に「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」と、ブルースクリーンと共にエラーメッセージが表示されることがあります。

このエラーメッセージは、初期化に必要なデータの破損や空き容量の不足などが原因で、初期化に失敗している状態を指します。

簡単な対処法で解決できる場合もありますが、内蔵ストレージが故障しているなど、個人での対処が難しい問題が発生しているケースもあります。

この記事では、エラーが表示される原因と対処法、自力で修復不可能な場合の対処法について解説しています。

「PCを初期状態に戻す時に問題が発生しました」とエラーが表示された場合のまとめ
  •  空き容量の不足や周辺機器の干渉が原因でエラーが表示されている場合がある
  • 内蔵ストレージが故障は自己判断が難しい
  • 通電・操作をするだけで状態が悪化する可能性がある
  • 対処法としてセキュリティソフトをアンインストールする
  • 個人で対処する前に専門業者に相談する
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」とエラーが表示される原因

PC

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」とエラーが表示される原因として、以下のことが考えられます。

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」とエラーが表示される原因
  • PCの空き容量が不足している
  • 初期化の際に周辺機器を接続している
  • 初期化・起動に必要なデータが破損している
  • 内蔵ストレージが破損している

PCの空き容量が不足している

空き容量が不足していることが原因で「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」と表示されている可能性があります。

PCを初期化するには、ある程度の空き容量が必要になります。

一時的にデータをHDDなどに移したり、不要なデータの削除を行い、十分な空き容量を確保してから初期化するようにしましょう。

初期化の際に周辺機器を接続している

初期化の際にUSBやマウス、プリンターなどの周辺機器が接続していた場合は、周辺機器の干渉が原因で初期化に失敗してしまうことがあります。

デバイスドライバーに問題が発生している可能性があるため、周辺機器を全て取り外してから初期化を行いましょう。

初期化・起動に必要なデータが破損している

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」と表示されている原因として、PC内の初期化・起動に必要なデータが破損している可能性があります。

この場合は、修復ツールを使用しシステムを修復することで、解決できる場合があります。

ですが、PC内部のパーツが故障している場合や操作を誤った場合、状態が悪化したり必要なデータを紛失してしまうことがあります。

修復ツールの使用に不安がある方は、無理に実行しないでデータ復旧業者に依頼しましょう。

内蔵ストレージが破損している

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」とエラーが表示された場合、内蔵ストレージである「HDD」や「SSD」に障害が発生している可能性も考えられます。

内蔵ストレージの障害は大きく「論理障害」と「物理障害」の2つに分けられます。

論理障害

論理障害は、フォーマットやデータの誤削除が原因で、保存されているデータが破損している状態を指します。

論理障害が発生する原因
  • 誤操作によるデータの削除・初期化
  • 読み書き中の強制終了によるファイル破損

障害が悪化するとデータを読み込めなくなる、エラーメッセージが表示される、などの症状が発生します。

軽度の論理障害であれば個人で修復できる場合もありますが、データを完全に戻すことは難しく、復旧作業途中でデータが消える可能性もあります。

症状の判別が難しいことがあるので、確実にデータを取り出したい方や不安な方は、データ復旧業者に相談しましょう。

物理障害

物理障害は、落下などの衝撃や経年劣化によって、物理的に機器が破損している状態を指します。

物理障害が発生する原因
  • 落下などによる衝撃
  • 水没や落雷によるショート
  • 経年劣化

内部パーツが故障している状態であり、個人での修復はほとんど不可能なため、データの重要度に応じて適切な対処を行うようにしましょう。

物理障害の場合は、基本的に個人での修復は不可能と言われています。

重要なデータが入っている方はどちらの障害であっても、データ復旧業者にまずは相談するようにしましょう。

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」がエラーが表示される場合の注意点

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」とエラーが表示された場合は、以下の3点に注意しましょう。

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」がエラーが表示される場合の注意点
  • 通電・操作を続けない
  • 自力で作業しない
  • フォーマットしない

通電・操作を続けない

通電・操作は、PCにとって最も負荷の高い動作になります。

PCの内部パーツが故障が原因の場合に通電・操作を続けると、状態の悪化やデータの上書きが起きてしまい、復旧難易度が上がってしまいます。

HDDやSSDの故障が疑われる場合や、エラーが表示される原因が分からない場合は、通電・操作を控えるようにしましょう。

自力で作業しない

「論理障害」と「物理障害」は発生する症状が似ているため、障害を自己判断することは難易度が高く、専門的な知識が必要になります。

障害を自己判断し作業を行ってしまうと、かえって状態を悪化させる可能性があります。

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」とエラーが表示される原因が分からない場合や、内蔵ストレージの故障が疑われる場合は、むやみに自力で対処しないようにしましょう。

フォーマットしない

フォーマットを実行した場合、正常に動作できるようになる可能性はありますが、保存しているデータは削除されてしまいます。

一度フォーマットを実行してしまった機器は復旧難易度が高く、大きな手間が必要になるため、重要なデータが入っている場合は実行しないようにしましょう。

復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」とエラーが表示された場合の対処法

以下の対処法を実行することで「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」のエラーを解決できる可能性があります。

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」とエラーが表示された場合の対処法
  • セキュリティソフトをアンインストールする
  • ストレージの空き容量を増やす
  • システムファイルを修復する
  • コマンドプロンプトを使用する
  • スタートアップ修復を行う
  • Windowsを再インストールする
  • システム復元ソフトを使用する
  • データ復旧業者に相談する

セキュリティソフトをアンインストールする

周辺機器や空き容量ではなく、セキュリティソフトが作動していることが原因で初期化に失敗している可能性があります。

セキュリティソフトはWindowsが起動した際に作動するので、初期化に影響が出やすくなってしまいます。

必ずアンインストールしてから初期化するようにしましょう。

ストレージの空き容量を増やす

Windowsのパソコンを初期化するには、最低で32bit版で16GB、64bit版で20GBが必要です。

下記の手順を行い、必要な空き容量を確保してから初期化するようにしましょう。

必要のないファイルを削除し空き容量を増やす方法
  1. スタートボタンを右クリック
  2.  「システム」を左クリック
  3. 表示されるウィンドウの左側で「記憶域」を左クリック
  4. ウィンドウ右側でストレージの空き容量をチェック

空き容量を確保しても初期化できない場合は、何らかの異常が発生している可能性がありますので、データ復旧業者に相談しましょう。

システムファイルを修復する

初期化に失敗する原因として、システムファイルの破損が考えられます。

システムファイルの修復を行ってから初期化を実行しましょう。

システムファイルの修復方法
  1. スタートボタンを右クリック
  2. 「Windows PowerShell」を左クリック
  3. 表示されたウィンドウで「sfc /scannow」と入力
  4. 「Enter」キーを押す
  5. コマンドが実行されたら「DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth」と入力
  6. 「Enter」キーを押す

以上の手順が完了したら、再起動を行い初期化を実行してください。

それでも初期化できなければ、何らかの異常が発生している可能性がありますので、データ復旧業者に相談しましょう。

コマンドプロンプトを使用する

コマンドプロンプトを利用してファイル操作を行うことができます。

コマンドプロンプトとは、命令文を入力してPCの操作を実行する、ファイルやフォルダを作成、コピー、削除、移動などの操作が可能な機能です。

コマンドプロンプトの実行方法は以下の通りです。

コマンドプロンプトを使用手順
  1. トラブルシューティングからコマンドプロンプトを開く
  2. コマンド「sfc /scannow」と入力
  3. Enterキーをクリック
  4. システムファイルのチェックが実行され終了したら「exit」と入力
  5. コマンドプロンプトを終了

以上の手順が完了したら、コマンドプロンプトを閉じて再起動しましょう。

コマンドプロントの操作は、多少のPCの知識が必要な場合がありますので、不安な方は自力で作業せず、データ復旧業者に相談しましょう。

スタートアップ修復を行う

スタートアップ修復では、Windowsが正常に起動できない場合に自動で修復を行います。

Windows回復環境から、スタートアップ修復を実行しましょう。

スタートアップ修復の作業手順
  1. 画面左下にある「スタートメニュー」から「電源」をクリック
  2.  自動修復画面が表示される
  3. 「詳細オプション」をクリック
  4. 「トラブルシューティング」→「詳細オプション」をクリック
  5. 「スタートアップ修復」をクリック

以上でスタートアップ修復が完了します。

簡単な方法ではありますが、スタートアップ修復で解決できるケースは、ソフトウェアに原因がある場合のみです。

内蔵ストレージの障害には対応していないことに加え、実行することで障害が拡大する恐れがあるので、無理に実行せずにデータ復旧業者に依頼しましょう。

Windowsを再インストールする

ファイルシステムやWindows 10に障害が発生している場合、Windowsを再インストールし不具合を直すことで解決できる場合があります。

ですが、PC内に保存していたデータはすべて消えてしまうため、注意が必要です。

必ずバックアップをとってあるか確認してから実行するようにしましょう。

また、システム自体に不具合が発生している場合のみに有効な方法なので、PC本体が故障している場合は余計に状態が悪化してしまうため、実行は避けましょう。

システム復元ソフトを使用する

エラーが表示される原因によっては、システム復元ソフトで解決できる可能性があります。

ですが、対応しているのは「軽度の論理障害」のみであり、原因によってはデータが上書きされたり状態が悪化する恐れがあります。

機器への負担が大きいため、最悪の場合データを完全に失うこともあるため、自身のデータの重要度に応じて自力で作業するかどうかを判断するようにしましょう。

確実にデータを取り出したい方は、なるべく自力で作業せずに、データ復旧業者に相談しましょう。

データ復旧業者に相談する

PCが故障している場合や、大事なデータが取り出せない場合はデータ復旧業者を利用するのが、最も安全で確実な方法になります。

専門的な知識や技術を使って原因の特定、対処を行うため、ほとんどのデータを取り出すことができます。

データ復旧業者の中でも、無料で相談から見積もりを実施している業者もあるため、まずは相談することをおすすめします。

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人はぜひチェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と信頼できる実績があります。

さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応できる、官公庁・法人からの依頼実績も多数など、技術力の高さは間違いありません。

また相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  11年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%!
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ認証ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

「PCを初期状態に戻す時に問題が発生しました」とエラーが表示された場合のまとめ

今回は、「PCを初期状態に戻す時に問題が発生しました」とエラーが表示された時の原因や対処法、おすすめのデータ復旧業者までを紹介しました。

実際、「PCを初期状態に戻す時に問題が発生しました」とエラーが表示される原因を特定することは難しく、原因がわからなければ、対処が難しいケースが多いです。

特に、内蔵ストレージの故障は発見が遅れがちになるので、問題を発見した時には障害がかなり進行していることも少なくありません。

まずは無料相談を受けてから自力で修復するか、業者に依頼するか検討することをおすすめします。

「PCを初期状態に戻す時に問題が発生しました」とエラーが表示された場合のまとめ
  •  空き容量の不足や周辺機器の干渉が原因でエラーが表示されている場合がある
  • 内蔵ストレージが故障は自己判断が難しい
  • 通電・操作をするだけで状態が悪化する可能性がある
  • 対処法としてセキュリティソフトをアンインストールする
  • 個人で対処する前に専門業者に相談する
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。