PC(パソコン)にWi-Fiが接続できない?考えられる原因と対処法

PC(パソコン)にWi-Fiが接続できない?考えられる原因と対処法

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

本記事ではPC(パソコン)がWi-Fiに繋がらない時に考えられる原因と対処法をまとめました。

PC(パソコン)をWi-Fiに繋ごうとしたらうまく接続できないことがありますが、これでは仕事やプライベートに差し支えることもありますよね。

パソコンでネットができなくて困っている人は、本記事で紹介する対処法を上から順に試してみてください。

パソコンがWi-Fiに繋がらない時の対処法(一部)
  • モデム・Wi-Fiルーターのケーブルを奥まできちんと挿す
  • SSIDと暗号キーを確認する
  • Wi-Fiルーターのケーブルを挿している場所を確認する
  • PC・Wi-Fiルーターの電源を入れ直す
  • PCの無線スイッチを確認する

トップ画像引用元:今のWi-Fiエリアを中継して拡げる!中継機特集 | バッファロー

PC(パソコン)とモデムの繋ぎ方

HP Stream 11 ak0000

画像引用元:HP Stream 11-ak0000 製品詳細 – ノートパソコン | 日本HP

まずはPCとWi-Fiの基本の繋ぎ方をおさらいしながら、接続方法が間違っていたり、手順が抜けたりしていないか確認してみてください。

なお基本的なことですが、Wi-Fiルーターを使うには、インターネットプロバイダーとのインターネット契約が必要です。

ここからはインターネット契約が済んでいることを前提に説明を続けます。

PCとモデムを繋ぐ手順

Wi-Fi接続のために用意するものは、PCとWi-Fiルーター・モデムのみでOKです。

インターネット契約をすると、専用のモデムが送られてくるので、そのモデムとWi-Fiルーターが繋がっている状態にしておかないといけません。

モデムとWi-Fiルーターはケーブルでつなぐことになりますが、つなぎ方は機種によって異なります。

このつなぎ方はネット上の情報を見るよりも、付属の説明書を見てつなぐほうが確実ですので、説明書を用意して下さい。

そしてここから先は、モデムとWi-Fiルーターが繋がっていることを前提に説明していきます。

またWindowsとMacで手順が異なるので、使用しているPCに合わせて方法を確認してください。

Windows10でWi-Fiに接続する

WindowsでWi-Fiに接続する手順

  1. 画面右下にある「電波マーク」をクリック
    WindowsでWi-Fiに接続する手順
  2. SSIDが表示されるので、Wi-Fiルーターと同じものを選択
    WindowsでWi-Fiに接続する手順
  3. 「接続」をクリック
    WindowsでWi-Fiに接続する手順
  4. ネットワークセキュリティーを尋ねられたら、Wi-Fiルーターに記載されている暗号キーを入力
    WindowsでWi-Fiに接続する手順
  5. 「接続済み」になっていれば完了
    WindowsでWi-Fiに接続する手順

MacでWi-Fiに接続する手順

  1. アップルメニューから「システム環境設定」をクリック
    システム環境クリック
  2. 「ネットワーク」をクリック
    ネットワークをクリック
  3. 「Wi-Fi」をクリック
    Wi-Fiをクリック
  4. 「ネットワーク名」をクリックし、Wi-FiルーターのSSIDを選択
    ネットワーク名をクリック
  5. ネットワークセキュリティーを尋ねられたら、Wi-Fiルーターに記載されている暗号キーを入力
    パスワードを入力
  6. 「接続」を押して完了
    Wi-Fi接続

OSによっては、メニューバーのWi-Fiアイコンをクリックするだけで、SSID選択画面を開けます。

SSIDと暗号キーの確認方法

PCとWi-Fiルーターをつなぐには、お互いを認証するためのSSIDと暗号キーが必要です。

このSSIDと暗号キーは誤って無関係のWi-Fiルーターに接続してしまわないためのものなので、事前に調べておかないと先に進めません。

SSID・暗号キーともに、基本的にはWi-Fiルーターの本体に印字されているので、Wi-Fiルーター本体を見て、SSIDと暗号キーをメモしておきましょう。

なおWi-Fiルーターの機種によっては、印字されていないことがあります。

SSIDと暗号キーの場所は、スマホなどから公式サイトにアクセスして確認してください。

PCがWi-Fiに接続できないときの原因と対処法

スマホとノートパソコン

PCがWi-Fiに接続できないとき、たいていの場合、その原因はモデム側かPC側のどちらかにあります。

Wi-Fiに接続できない原因がモデム側とPC側のどちらにあるのかは、以下の方法で判断することができるので、試して下さい。

Wi-Fiが繋がらない時の原因・対処法
  • モデム側とPC側のどちらかに原因がある
  • 他の機器で接続できたらPC側の原因が高い
  • そもそもWi-Fiに接続できているかを先に確認

PCがWi-Fiに繋がらない原因の判別方法

まずPCではなく、スマホなど別の端末でWi-Fiルーターに接続してみましょう。

正常に繋がった場合、Wi-Fiルーターやモデムは正常に動作しているので、PC側に問題がある可能性が高いです。

一方どの端末もWi-Fiに接続できなかった場合は、モデムかWi-Fiルーター側で問題が発生している恐れがあります。

Wi-Fiの接続ができているかも確認しよう

Wi-Fiの接続ができているにもかかわらず繋がらないのか、それともそもそも繋がっていないのかもチェックしておく必要があります。

なおWindows・Macともに、メニューバーのWi-Fiアイコンを見れば、PCがWi-Fiに繋がっているかが分かります。

Windows10のWi-Fiアイコン

Wi-Fiアイコンに「×」が付いていたり、白抜きになっていたりする場合は、Wi-Fiに接続できていません。(この写真はWindowsのものです)

反対に、Wi-Fiに正常に接続できている場合は、アイコンをクリックすると詳細が表示され、「接続済み」と書かれた項目が出てきます。

では、これまでに確認してきたことを元に、「モデム側で考えられる原因4つ」と「PC側で考えられる原因5つ」を見ていきましょう。

Wi-Fiが繋がらないときのモデム側の原因4つと対処法

ここで言うモデムとは、「インターネット契約をしているモデム」と「Wi-Fiルーター」のことを指しています。

まず、モデム側で考えられる原因は4つです。

モデム側で考えられる原因
  • 電源やケーブルの接触不良
  • ケーブルを挿すところが違う
  • 検索モードになっていない
  • 置く場所が悪い

ではそれぞれ詳しくみていきましょう。

電源やケーブルの接触不良

意外と多い原因は、モデムやWi-Fiルーターの電源やケーブルの接触不良です。

モデムやWi-Fiルーターの置き場所によっては足や家具に引っかかってしまい、引っ張られてケーブルが抜けかけていることがあります。

挿しているケーブルを再確認

ケーブルがモデムやルーターの奥まできちんと挿しこまれているか確認してみてください。

ケーブルを挿すところが違う

Aterm WX6000HP

画像引用元: Aterm WX6000HP:各部名称 | 製品一覧 | AtermStation

Wi-Fiルーターには、WAN用とLAN用のポートが用意されています。

モデムとWi-Fiルーターを繋ぐケーブルは、WAN用のポートに挿さないといけません。

ケーブルを挿す場所をよく確認して挿さないと、うっかり間違えてしまうことが多いので気をつけて下さい。

また凸の形をしたポートであればどこでもOKというわけではないので、確認せずに挿してしまった人は見直しが特に必要です。

ケーブルを挿している場所の確認

モデムとWi-Fiルーターのケーブルを、挿すところが間違っていないかを確認してみましょう。

検索モードになっていない

Wi-FiルーターをPC側に認識させるためには、Wi-Fiルーター側を「検索モード」にしないといけません。

Wi-Fiルーターの電源をオンにしただけでは、PC側は認証してくれないことがあります。

Wi-Fiルーターを検索モードにする

Wi-Fiルーターを検索モードにする方法は機器によって異なるので、取扱説明書を確認してみてください。

メーカーによっては、ボタン1つで簡単に検索モードにできる場合もあります。

置く場所が悪い

電波を発しているWi-Fiルーターは、周りの電波の影響を受けやすい機器です。

PCとWi-Fiルーターが接続しているにもかかわらず、Wi-Fiが途中で何度も通信が途切れてしまう場合は機器を置く場所が良くないのかもしれません。

特に、電子レンジやテレビ、金属棚、水槽の周りは電波の影響を受けやすいので、避けるようにしましょう。

Wi-Fiルーターの位置変更を

電子レンジやテレビ、金属棚、水槽の周りなど以外の場所に、Wi-Fiルーターを置き直してみてください。

Wi-Fiが繋がらないときのPC側の原因5つと対処法

PC側で考えられる原因は以下の5つですので、それぞれ解説します。

PC側で考えられる原因
  • 稼働メモリが減っている
  • 無線スイッチがオフになっている
  • セキュリティソフトが邪魔をしている
  • Wi-Fi規格対象外
  • 入力している暗号キーが違う

稼働メモリが減っている

PCやスマホには、「メモリ」という領域があります。これは人間の頭にあたる部分です。

人間がバタバタと慌ただしく働いているときに、「これも頼むよ」と急に大きな仕事を依頼されたら、いわゆる「キャパオーバー」な状態になってしまいますよね。

PCのメモリでも同じことで、稼働メモリが減った状態で重たいソフトなどを起動すると、キャパオーバーの状態になり動作が重くなります。

そして人間と同じで頭(メモリ)が回らなくなり、普段はできる作業も上手くできなくなってしまうのです。

特にPCの電源を入れっぱなしにしている人は注意してください。

最近のPCは、電源を切らなくても大丈夫なものもありますが、電源を入れっぱなしにしているのは、寝る間もなく働いている状態と一緒です。

メモリを解放しよう

Wi-Fiがうまく機能しないのは、PCのメモリがいっぱいいっぱいになっているためかもしれませんので、PCの電源を入れ直してメモリを解放して下さい。

無線スイッチがオフになっている

メーカーにもよりますが、PCに無線スイッチの物理キーがついている場合、物理キーがオフになっていないか確認しましょう。

無線スイッチはノートパソコンに付いていることが多く、もしオフになっているとPCとWi-Fiルーターがちゃんと繋がっていても、Wi-Fi機能を使えません。

無線スイッチはキーボードのどこかや本体側面にあることが多いので、よくチェックしてみてください。

PCの無線スイッチをONにしてみよう

無線スイッチを一度オフからオンに変えて、もう一度Wi-Fiルーター側を「検索モード」にしてみてください。

セキュリティソフトが邪魔をしている

滅多にありませんが、まれにセキュリティソフトがWi-Fiルーター接続の邪魔をしていることがあります。

ウイルスセキュリティが、Wi-Fiの接続を「外部から何らかの接触を図ろうとしている」と判断して突っぱねてしまうのです。

セキュリティソフトを設定する

PCにセキュリティソフトを入れている人は、一度セキュリティをオフにして、Wi-FiルーターとPCを繋いでみてください。

もし繋がったら、セキュリティソフトが邪魔をしていたということです。

この場合セキュリティソフトの設定画面を開き、Wi-Fiルーターを「問題のないツール」として登録してから、再度Wi-Fiを繋げて下さい。

設定の詳しい方法はセキュリティソフトによって異なるため、ソフトのヘルプを参照してください。

Wi-Fi規格対象外

Wi-Fiは規格によって最大通信速度や周波数帯が異なり、Wi-Fiに対応している機器には規格が必ずついています。

一度、Wi-FiルーターとPCの規格を確認してみてください。

もしもWi-FiルータとPCが同じ規格に合っていない場合、そのWi-Fiルーターはお手持ちのPCでは利用できません。

Wi-Fiの規格
  • IEEE802.11b
  • IEEE802.11g
  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11ac
  • IEEE802.11ad

※下のものほど最大速度が速い

Wi-FiとPCの無線規格を確認する

ほとんどのWi-FiルーターとPCは、複数の規格に対応しているので、たいていはそのうちのいずれかが該当しますが、念のため規格を確認しましょう。

入力している暗号キーが違う

暗号キーの入力はとても間違いやすいので気を付けてください。

暗号キーを確認する

Wi-Fi本体に書かれている暗号キーを改めて確認し、検索モードがきちんと起動しているかどうかチェックしましょう。

Wi-Fi本体に暗号キーが書かれていない場合、暗号キーが書かれている場所を説明書で確認して下さい。

PCがWi-Fiにどうしても繋がらない時の対処法

上で解説した対処法を試してもどうしても繋がらない場合でも、まだできることはありますので、以下の4つの対処法も試してみてください。

特にWi-FiルーターやPCが故障している場合は、メーカーに問い合わせることでたいていの問題は解決します。

4つの対処法
  • PC・Wi-Fiルーター・モデムをすべて再起動する
  • SSIDを削除する
  • Wi-Fiルーターを初期化する
  • メーカーに問い合わせる

以下、順番に解説します。

PC・Wi-Fiルーター・モデムをすべて再起動する

必ずしも改善するわけではありませんが、機器の再起動や初期化をすることで、原因不明の不具合が解消されて繋がるようになることがあります。

関連するすべての機器の電源を一度落として入れ直してみてみましょう。

なお電源を切ったら、最低でも10分はそのまま放置してください。

電源を切って放置することにより機器にこもった熱が放出されますし、システムもきちんと終了させることができます。

SSIDを削除する

SSIDを新たに検索・認証することで繋がる場合があるため、以下の方法でPCからSSID情報を削除してみてください。

SSIDを削除したあとは、再度Wi-FiルーターとPCを無線で接続して下さい。

SSIDを削除する手順
  1. 画面左下にある「スタート」をクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「ネットワークとインターネット」をクリック
  4. 「Wi-Fi」をクリック
  5. 「既知のネットワークの管理」をクリック
  6. SSIDを確認して「削除」をクリック

Wi-Fiルーターを初期化する

Wi-Fiルーターは初期化することができます。

詳しい方法はWi-Fiルーターの機種によって異なりますが、たいていは機器の底などにある「リセットボタン」を、細い棒で長押しすればリセット可能です。

PC・Wi-Fiルーターが故障している可能性も

どの方法を試しても改善しない場合は、PCとWi-Fiルーターのどちらかが故障している可能性があるので、メーカーに問い合わせてみてください。

PCがWi-Fiに繋がらない時は焦らずいろいろ試してみよう

パソコンとスマホ
PCがWi-Fiに繋がらない時の原因や対処法について解説してきましたが、対処法を闇雲に試すのはNGです。

最後に本記事で紹介したPCがWi-Fiに接続できないときの対処法をおさらいしましょう。

PC(パソコン)がWi-Fiに繋がらない時の対処法(一部)
  • モデム・Wi-Fiルーターのケーブルを奥まできちんと挿す
  • SSIDと暗号キーを確認する
  • Wi-Fiルーターのケーブルを挿している場所を確認する
  • PC・Wi-Fiルーターの電源を入れ直す
  • PCの無線スイッチを確認する

対処法は色々ありますが、原因がわからないまま対処法を試すのはさらなる故障の原因になりかねませんし、効率も良くありません。

PCとWi-Fiルーターのどちらに原因があるのかを判定して対処法を1つずつ試していけば、必ず解決の糸口がつかめますよ!

もし、どの対処法もダメだったとしても、メーカーに相談する際、「これもこれもダメでした」と具体的に説明することができます。

本記事で紹介した対処法を試してみて無駄になることはありません。

無制限に使えるポケットWi-Fi!料金や特徴で比較して選ぼう【2020年最新】

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
licolico3373
licolico3373
悩みがなさそうと何故かよく言われる30代ママ。元ドコモ運営代理店勤務。初代Galaxy Sから現在まで10機種以上のGalaxyを使うGalaxy愛好者。一番好きな機種はGalaxy note2!一時期BlackBerryに憧れるも使いこなせず断念。趣味はハンドメイドと音楽。好きな食べ物はお刺し身定食。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ