写真を消してしまった場合のデータを復元方法を機器別に徹底解説

写真のデータが消えた場合でも、個人で簡単に復元できる可能性が残されています。この記事では「パソコン」「Android」「iPhone」それぞれ機器別に復元方法を解説しています。また、個人では復元しきれない写真データの復元方法も紹介しています。
  • 2022年11月25日
  • by.bitdds

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

必要な写真のデータが消えてしまった、誤削除してしまったなどの経験はありませんか?

近年では、写真データを外部機器に移したり印刷することも少なくなっているため、データを失うことはよくあるトラブルです。

ですが、削除してしまった場合でも、PC上やスマホだけで簡単に写真のデータを復元できる可能性が残っています。

この記事では写真が消えてしまった場合でも、個人の力でできる対処法を「パソコン」「Android」「iPhone」に分けて解説しています。

消してしまった写真データの対処法と復元方法
  • まずはゴミ箱とバックアップに残っていないか確認する
  • フォーマットは行わない
  • パソコンの場合は復元ポイントで復元できる可能性がある
  • データ復元ソフトはリスクを理解した上で実行する
  • データ復旧業者に相談・見積もりだけでもOK
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

写真データを復元する場合にまず確認すること

Wi-Fi STATION SH-52A

写真のデータを削除してしまった場合、機器別にいくつか対処法がありますが、まずは以下の2点を確認しましょう。

写真データを復元する場合にまず確認すること
  • ゴミ箱に入っていないか確認する
  • バックアップに残っていないか確認する

ゴミ箱に入っていないか確認する

PCに搭載されているゴミ箱機能であれば、削除しても一定期間保存されている可能性があり、「必要な写真のデータがゴミ箱に残っていた」ことはよくある事です。

色んな対処法を試す前に、まずはゴミ箱に写真データが残っていないか確認するようにしましょう。

ですが、パソコンで以下の操作で削除した場合は、ゴミ箱に移動せず直接削除されます。

ゴミ箱に移動せずに直接削除される操作
  • 「Shift」キーを押しながら「Delete」キーを押してファイルを削除
  • 「Shift」キーを押しながら「削除」をクリックしてファイルを削除

このショートカットキーを利用して削除した場合は、ゴミ箱に残らないので注意してください。

バックアップに残っていないか確認する

写真などのデータを事前にストレージに保存しておくことで削除してしまった場合だけでなく、突然の故障などの場合でも、写真データを取りだして復元することができます。

ストレージとは、データを保管しておくための補助記録装置のことで、主にHDD(ハードディスク)、DVD、SDカードなどが挙げられます。

オンラインストレージ(クラウドストレージ)という、インターネット上にデータを保管するストレージが普及し、スマホのデータ保存に多く利用されています。

事前にバックアップを行っていない場合でも、自動でバックアップを取っている可能性があるので、必ず確認するようにしましょう。

写真データを復元する際に注意すること

消えてしまった写真のデータを復元する前に、以下の点に注意してください。

写真データを復元する際に注意すること
  • フォーマットしない
  • 個人で無理に修復しようとしない

フォーマットしない

パソコンを使用している場合、機器の不具合が原因で「フォーマットしてください」とエラーが表示される場合があります。

フォーマットを実行すると、保存していたデータが消えてしまいます。

一度フォーマットをしてしまった場合、復旧難易度が高くなってしまうため、実行しないようにしてください。

個人で無理に修復しようとしない

個人で復元している際に、手順を誤ったり復元に失敗した場合、データを全て失う可能性があります。

また、写真のデータが勝手に消えていた場合は、機器本体の不具合やウイルス感染も考えられます。

この場合に個人で無理に復旧した結果、状態が悪化してしまうと最悪データを取り出せなくなります。

無理な復旧作業はデータを失うリスクを伴うため、重要な写真データの場合はデータ復旧業者に依頼しましょう。

復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

消えてしまった写真データの復元方法

写真が消えた場合のデータ復元方法を機器別に紹介します。

消えてしまった写真データの復元方法
  • PCの場合
  • Androidの場合
  • iPhoneの場合

PCの場合

PCの場合、以下の方法で復元できる場合があります。

PCの写真データ復元方法
  • 以前のバージョンから復元する
  • 復元ポイントを利用して復元する

ですが、この方法は「ファイル履歴」または「復元ポイント」を事前に有効にしていない場合は利用できません。

また、操作に失敗した場合は状態が悪化する可能性があり、データを失うリスクがあります。

確実にデータを取り出したい場合や、機能を有効にしていない場合は、専門業者に依頼するようにしましょう。

以前のバージョンから復元する

以前のバージョンを利用することで、消えた写真データをバックアップから復元することができます。

以前のバージョンから復元する方法
  1. 削除した写真や画像の保存場所(ファイル)を右クリック
  2. 「以前のバージョンの復元」を選択
  3. 復元したい写真を選択し「復元」

ファイル履歴または復元ポイントが無効になっている場合、以前のバージョンには何も表示されません。

無効にしており、写真のデータが見当たらない場合はデータ復旧業者に依頼しましょう。

復元ポイントを利用して復元する

復元ポイントを利用することで、写真が削除される前のパソコンの状態まで戻すことができます。

復元ポイント:復元ポイント作成時のシステムファイルの状態を保存したもの。過去のシステムファイルの状態まで戻すことができる

この操作を実行すると、写真のデータだけでなく、他のデータも前の状態に戻ってしまいます。

また、復元ポイント作成時の状態にもどるため、復元ポイント作成時以降に作成したファイルやデータ、プログラムは全て削除されるため注意してください。

復元ポイントを使った作業手順
  1. 「スタート」→「設定」→「システム」をクリック
  2. 「バージョン情報」を選択し「システム情報」をクリック
  3. コントロールパネル画面左側の「システムの保護」をクリック
  4. システムのプロパティ画面で、「システムの復元」をクリック

復元ポイントを利用した方法はある程度の時間を要するため、途中で強制終了しないようにしてください。

Androidの場合

Androidデバイスで写真のデータが消えた場合は、以下の方法で復元できる可能性があります。

Androidの写真データ復元方法
  • ギャラリーのゴミ箱から復元する
  • Googleフォトのバックアップから復元する

ギャラリーのゴミ箱から復元する

ギャラリーアプリで削除した写真であれば、30日間は削除した写真がゴミ箱に残っています。

ゴミ箱に必要な写真データが残っていないか確認しましょう。

ギャラリーのゴミ箱の確認方法
  1. ギャラリーを開いてメニューをタップ
  2. 「ごみ箱」をタップ
  3.  復元したい写真データを長押し選択して「復元」をタップ

ゴミ箱に復元したい写真データがなかった場合は、次の対処法に進んでください。

Googleフォトのバックアップから復元する

Googleフォトは高確率でAndroidデバイスに標準搭載されています。

そのため、バックアップした記憶がなくても、自動的に保存されている可能性が高いです。

Googleフォトを開いて、必要な写真データがバックアップされていないか確認してください。

バックアップされていた場合は、ダウンロードして復元することができます。

この2つの方法で復元できなかった場合は、個人で復旧することはほとんど不可能なため、データ復旧業者に依頼するようにしましょう。

iPhoneの場合

iPhoneで写真のデータが消えた場合は、以下の方法で復元できる可能性があります。

iphoneの写真データ復元方法
  • 最近削除した項目から復元する
  • iCloudから復元する
  • iTunesでバックアップの完全復元から写真データを復元する

最近削除した項目から復元する

「最近削除した項目」は、他の機器のゴミ箱機能に当たります。

写真アプリの項目の一番下にあるので、お目当ての写真がないか確かめてください。

残っていた場合は、右上にある「選択」を押して、右下の「復元」をタップするとカメラロールに戻すことができます。

最近削除した項目は、30日経過すれば自動的に完全削除されてしまうので注意してください。

iCloudから復元する

iCloudに写真のデータを保存(バックアップ)していた場合は、そこから復元することができます。

初期設定では、iCloud上に自動的にバックアップされるようになっているので、一度確認してみましょう。

iCloud:写真やファイルなどのデータをインターネット上に保存することができるオンラインストレージ機能

iCloud(パソコン)からの写真データ復元方法
  1. 「iCloud.com」を検索し、サインインを行う
  2. 「写真」でサイドバーの「最近削除した項目」アルバムをクリック
  3. 復元する写真選択し、「復元する」をクリック

iPhoneのiCloudから写真データを復元したい場合は以下の方法で実行してください。

iCloud(iPhone)からの写真データ復元方法
  1. iCloud.comを検索し、サインインを行う
  2. 「写真」で、「アルバム」タブをタップ
  3. 「その他のアルバム」セクションの「最近削除した項目」をタップ
  4. 「選択」をタップし、復元する写真をタップして「復元する」をタップ

以上で復元することができます。

iCloudに保存できる初期設定の上限では5GBまでとなっており、それ以上の容量を保存したい場合は、事前に手動で容量を追加しておく必要があります。

上限に達しており保存できていなかった場合は、この方法を利用することができません。

iTunesでバックアップの完全復元から写真データを復元する

iTunesバックアップを事前に取っていた場合は、iTunesから写真を復元することができます。

ですが、iTunesのバックアップ復元は全てのデータの復元であるため、写真だけを復元することはできません。

また、既存のiPhoneのデータは上書きされてしまうため、同期していないデータは失う可能性があります。

やむを得ない場合以外は実行を控えましょう。

iTunesでバックアップの完全復元から写真データを復元する方法
  1.  iPhoneをUSBケーブルでパスコンに接続してiTunesを起動
  2. 左上にある端末アイコンを押して、バックアップ項目から「バックアップ」をクリック
  3. バックアップデータの日時を確認し「復元」をクリック

iTunesからデータをバックアップする際、復元するデータのプレビューができないため、この方法を実行しても、お目当ての写真データが復元できるとは限りません。

重要な写真データが消えてしまい、iPhoneのデータを上書きしたくない場合は実行せずに、次の対処法に進むようにしてください。

自力で写真・画像データが復元できなかった場合のデータ復元方法

上記の方法で復元できなかった場合は、自力で復元することはほとんど不可能です。

復元できなかった場合は、以下の方法を検討してください。

データ復元ソフトを利用する

データ復元ソフトを使用することで、消えてしまった写真データを復元できる可能性があります。

しかし、全ての写真を完全に復元できるとは限りません。

操作に失敗すると最悪の場合、写真データが消える可能性もあり、使用することでかえって状態が悪化する恐れがあります。

データ復元ソフトの使用は、リスクも理解した上で作業を行うようにしましょう。

データ復旧業者に依頼する

写真データの重要度が高い場合や、復元する写真データが多い場合は、データ復旧業者への依頼が最も安全で確実な方法となります。

写真のデータが多い場合はバックアップを取り切れていないことも多く、復元ソフトでは完全に復元できない可能性があります。

ですが、データ復旧業者であれば、専門的な知識と技術を持つ専門エンジニアを要しており、写真データの復元にも対応することができます。

個人で対処しようと試みて、全てのデータを失う前に一度、無料で初期診断してくれる業者に相談することをおすすめします。

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人はぜひチェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と信頼できる実績があります。

さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応できる、官公庁・法人からの依頼実績も多数など、技術力の高さは間違いありません。

また相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  11年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%!
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ認証ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

消してしまった写真データを復元したい場合のまとめ

写真データの復元方法について解説してきましたが、「ゴミ箱」か「バックアップ」から復元が基本的な方法になります。

この2つから復元できなかった場合、個人での復元ができないことがほとんどで、復元ソフトを使用しても完全に全ての写真を復元することは難しいです。

ですが、データ復旧業者であれば高い技術力を使って、全ての写真を復元できる可能性があります。

バックアップを取っていない場合でも諦めずに一度、データ復旧業者に相談するようにしましょう。

消してしまった写真データの対処法と復元方法
  • まずはゴミ箱とバックアップに残っていないか確認する
  • フォーマットは行わない
  • パソコンの場合は復元ポイントで復元できる可能性がある
  • データ復元ソフトはリスクを理解した上で実行する
  • データ復旧業者に相談・見積もりだけでもOK
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。