Pixel 3 Liteのスペックと価格と発売日|先行2機種との違いは何?

  • 2019年1月13日
  • by 
Pixel 3 Liteのスペックと価格と発売日|先行2機種との違いは何?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2-1 見た目はPixel 3とほぼ変わらず

画像引用元:Pixel 3 – Google ストア

Pixel 3 Liteの外観についてですが、これは現行のPixel 3とほとんど変わらないものになると言われています。ただ、厚みは現行の7.9mmから8.2mmになるようです。

また、現行のPixel 3のディスプレイサイズが5.5インチに関わらず、Pixel 3 Liteは5.56インチと微妙に大きくなっているところも気になりますね。

そうなると、Pixel 3 Liteの本体サイズはPixel 3より全体的に大きくなると見たほうがよさそうです。重量も増すことになるでしょう。

2-2 CPUが大きくダウングレード

画像引用元:Qualcomm Snapdragon Fastest Mobile Processors | Qualcomm

Pixel 3 LiteはCPUにSnapdragon 670が搭載されるとのことです。これはPixel 3のSnapdragon 845と比べると大きく性能が下がります。

AnTuTuベンチマークスコアでは、Snapdragon 845が約27万以上を記録するのに対して、670は約15万に留まります。Snapdragon 845の半分程度の処理能力ということです。

インターネット閲覧やLINE程度であれば問題はありませんが、高い処理能力が必要とされる3Dゲームなどでは物足りなさを感じることでしょう。

このことから、Pixel 3「Lite」という名のとおり、Pixel 3よりも性能を抑えたスマホになると言えます。

2-3 ディプレイは有機ELではなく液晶に

Pixel 3は有機ELディスプレイであることが売りのひとつでもありましたが、Pixel 3 Liteでは液晶ディスプレイが採用されることになりそうです。

一般的に、有機ELディスプレイは液晶ディスプレイよりも優れているとされています。

バックライトを必要としない分、液晶よりも自然に近い色合いを表現でき、省電力や薄型化にもつながるからです。

液晶ディスプレイであることは、残念な点と言えるでしょうね。

2-4 正面カメラがデュアルからシングルレンズに

Pixel 3の正面カメラはデュアルレンズです。対してPixel 3Liteはシングルレンズとなるそうです。

これにより、自撮りでの広角撮影や背景ぼかし撮影は難しくなるでしょう。また、このことと関係あるのかはわかりませんが、顔認証も非対応になってしまっています。

背面カメラについては、共に約1,200万画素のシングルレンズです。ここについては性能面に差がないことを期待したいですね。

2-5 防水防塵に非対応

Pixel 3 Liteは防水防塵に非対応だそうです。Pixel 3はIP68という最高の保護等級に対応していただけに、非常に残念なところと言えるでしょう。

2-6 Liteではイヤホンジャックを搭載か!

Pixel 3と比べると残念な点ばかりが目立ってしまうPixel 3 Liteですが、もちろんPixel 3よりも優れた点も存在します。

Pixel 3 Liteには、イヤホンジャックが搭載されることが有力視されているのです。昨今のスマホには搭載されないケースが多いので、これは嬉しい情報ですね。

無線イヤホンも普及してきているとはいえ、まだまだ有線のイヤホンやヘッドホンを使いたいユーザーが多いのも事実。

イヤホンジャックがなくなってしまうから……と機種変更をためらっていた方にとっては、今回のPixel 3 Liteの登場は絶好のチャンスになるかもしれませんね。

【厳選まとめ】おすすめワイヤレスイヤホン!人気メーカーも多数紹介

2-7 価格が安い!日本円で4万円台から!?

Pixel 3 Liteは、約400~500ドルで発売されると予想されています。日本円に換算すると大体44,000~55,000円です。

Pixel 3が95,000円からだったことを思えば、これは相当な格安価格と言えます。他社スマホと比較しても、一般的なミドルレンジ帯の価格です。

Pixel 3の95,000円という高価格は、かねてより批判の対象になっていました。実際、売れ行きも好調とは言い難い状況です。

多くのユーザーがGoogle純正スマホに求めていたのは、かつてのNexusシリーズのような、余計な付加価値を省いたレファレンス機としての立場。

本当に4万円代からの発売となれば、価格については十分に「合格」と言えるでしょう。余計なカスタマイズの行われていないピュアなAndroidが、格安で味わえるのは大きな魅力です。

2-8 Pixel 3 Lite XLも発売される?

Pixel 3 Liteと合わせて、「Pixel 3 Lite XL」も発売されるという情報もあります。Pixel 3 Lite XLは、Pixel 3 Liteの性能はそのままにサイズアップさせたスマホになるといいます。

ディスプレイサイズは6インチになり、価格はPixel 3 Liteと同程度とのこと。サイズが大きくなっても価格は同じというのが本当なら、画期的なラインナップになりますね。

Pixel 3 Liteの特徴

  • 見た目はPixel 3とほとんど変わらない
  • CPUがダウングレードしている
  • 液晶ディスプレイ
  • 正面カメラがシングルレンズに
  • 防水・防塵に非対応
  • イヤホンジャック搭載か
  • 価格は日本円で44,000~55,000円か
  • Pixel 3 Lite XLも同時発売か

3 こういうのを待っていた!Pixel 3 Liteに期待大!

以上、Pixel 3 Liteに関する最新情報でした。Pixel 3/3 XLと比べると、スペックを控えめにした代わりに価格もリーズナブルになることが濃厚です。

Pixel 3/3 XLは高スペックであることや、何よりGoogle純正であることで注目を集めながらも、高額ゆえにトータルでは厳しい評価が下されがちでした。

その理由は、Google純正スマホに求められていたのが、ピュアだからこそのシンプルさとリーズナブルな価格だったからです。

その点において、Pixel 3 Lite/3 Lite XLは、Google純正スマホを求めていたユーザーたちの需要にマッチしているように思えます。

最大の強みはGoogle純正であること

スペック面では特筆すべき点はなさそうですが、Google純正であることから、Androidのアップデートや新機能がいち早く適用されることでしょう。

Googleを堪能できるという点はPixel 3/3 XLとも遜色ないはずです。

アメリカでのリーク情報がどこまで正しいのか、これがPixelシリーズの新しい路線として定着するのか、まだまだ気になることだらけですが、発売は早ければ今月中とも目されています。

Googleからの公式発表が待ち遠しいですね。

Google Pixel 3/3 XLのスペック・価格・発売日|日本人向けにFeliCa対応

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ