Pixel 4が発売|価格やスペック、キャンペーンなどの情報まとめ

  • 2019年10月25日
  • by 
Pixel 4が発売|価格やスペック、キャンペーンなどの情報まとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2019年秋冬モデルに「Pixel 4」がラインアップされ、10月24日に発売されました!

Android OSを提供する、Googleが販売するPixelシリーズは、SIMフリーモデルの販売がメインでした。

2018年発売のPixel 3ではドコモ、ソフトバンクで取り扱いが始まり、ネットのつながりやすさやサポートの安心感もあります。

そこで今回の記事ではPixel 4のスペックや価格、取扱いキャリアやキャンペーン等の情報と、前モデルPixel 3の違いもまとめました。

液晶が大きくなった上位モデルPixel 4 XLの情報もありますので、是非参考にしてみてください。

Pixel 4/Pixel4 XLのスペックや価格・購入特典
  • カメラ性能や基本スペックがPixel 3から上昇したAndroid
  • 価格は最安値で64GBの87,840円、最高値で128,700円(XL:128GB)
  • 取扱いキャリアはソフトバンクのみ、他社で利用するにはGoogleストア経由で購入
  • 3年間のOSとセキュリティアップデート保証あり
  • Googleフォトの高画質ストレージを無制限で利用可能
  • 有料制Google Oneを3ヶ月無料で利用できる特典もあり

トップ画像引用元:Pixel 4 – Google がつくりたかったスマートフォン – Google ストア

Pixel 4の発売日は2019年10月24日

Pixel 4の発売日は2019年10月24日からで、これは実際に販売するソフトバンクとGoogleストア共通となっています。

取扱キャリアはソフトバンクのみ!SIMフリー版はGoogleストアで販売

Pixel 4とPixel 4 XLを販売する日本国内でのキャリアはソフトバンクのみです。

Pixel 3、Pixel 3と取り扱っているドコモはいまのところPixel 4の取り扱いはありません。

SIMフリー版のPixel 4とPixel 4 XLは、公式のGoogleストアから購入できるので、SIMフリー版を購入したい人は、Googleストアで購入しましょう。

なお、auの2019年秋冬モデルにはPixel 4とPixel 4 XLの情報は無く、Pixel 3に引き続きPixelシリーズを取り扱う目途は無いようです。

価格は87,840円~126,720円とハイエンド級

ソフトバンクとGoogleストアでのPixel4とPixel 4 XLの価格は下記のようになります。

ソフトバンクROM価格
Pixel 464GB87,840円
128GB101,760円
Pixel 4 XL64GB114,240円
128GB126,720円
Googleストア 価格
Pixel 464GB89,980円
128GB103,950円
Pixel 4 XL64GB116,600円
128GB128,700円

最も安価なモデルPixel 4の64GBでも87,840円で、前作Pixel 3と同じくフラッグシップ級の価格帯、スペックも値段相応に高いAndroidです。

ソフトバンクでは分割購入できますが、Googleストアではクレジットカードやデビットカードでの支払いとなります。

前モデルPixel 3ではスペックと価格を抑えた廉価版Pixel 3aシリーズがありましたが、Pixel 4にも同じく廉価版のモデルが出るかはいまのところ、未定です。

Pixel 4/Pixel 4 XLのスペック

Pixel 4

画像引用元:Google Pixel 4 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Pixel 4とPixel 4 XLのスペック表は下記の通りです。

型番Pixel 4Pixel 4 XL
OSAndroid 10
CPUSnapdragon 855
内蔵RAM/ストレージ6GB/64GB・128GB
バッテリー容量2,800mAh3,700mAh
本体サイズ68.8 x 147.1 x 8.2 mm75.1 x 160.4 x 8.2 mm
ディスプレイサイズ5.7インチ6.3インチ
防水対応

Pixelシリーズは、高いスペックと高性能なカメラ機能を持つAndroidとして有名ですが、Pixel 4とPixel 4 XLもその流れを汲んでいます。

Androidの本家が作ったスマホなので、Googleサービスとの親和性が高く、カメラ性能から普段の使い勝手重視と、様々なユーザーのニーズに応える万人向けとなっています。

特に高性能なカメラ性能に更に16メガピクセル望遠カメラを搭載して、カメラ性能の底上げを図っているので、カメラ性能を重視するAndroidユーザーにおすすめの1台です。

基本スペックはフラッグシップ級で極めて高く万人向け

Pixel 4は2019年時点で販売されているCPUの中でも高性能な「Snapdragon 855」を搭載、内蔵RAMも6GBと処理能力はトップクラスです。

ディスプレイサイズも5.5インチから5.7インチへサイズアップ、Pixel 4 XLのバッテリー容量は3,700mAhと大容量なので、電池持ちの良さも期待できるAndroidになっています。

またOSも2019年9月にリリースされた「Android 10」を搭載し、Androidの最新・高級モデルのお手本と言えるスペックになりました。

RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2019年最新版】

夜景モードが改良されて天体写真のカメラ撮影も可能

Pixel 4とPixel 4 XLでは新しく搭載された16メガピクセル望遠カメラと、夜景モードの改良で暗所の撮影がより鮮明に行えるようになりました。

元々Pixel 3の時点で暗所の撮影に強いスマホでしたが、Pixel 4ではフラッシュ無しでも暗所や天体写真でも鮮明に撮影できるほど強化されています。

もちろん暗所以外でも細部まで鮮明に撮影できるので、スマホでたくさん写真や動画を撮影する人に向いています。

ぼかし効果を出す「ポートレートモード」が更に進化

背景をぼかす事で被写体をくっきり映す「ポートレートモード」もPixel 4・Pixel 4 XLでは進化を遂げています。

デジタル一眼レフカメラで撮影したような、ぼかしを効かせた写真撮影も出来るようなので、従来のスマホ撮影時とは鮮明さに違いが出ます。

デジタル一眼レフカメラは1台10万円を越すモデルも少なくありませんが、Pixel 4なら8万円台で匹敵するカメラ性能を持ち、スマホとしての機能も備わっています。

そう考えるとPixel 4は非常にコスパの良いスマホと言えるのではないでしょうか。

Pixel 3a/3a XLレビュー|夜景モードなら暗い場所でも色鮮やかに撮影可能

次のページでは、前モデルPixel 3とのスペック面での違いについて解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ