ポケットWiFiおすすめランキング|快適に使える7社【2020年】

ポケットWiFiのおすすめ最新情報を掲載。無制限に使えるポケットWiFi、解約違約金なし、契約期間の縛りなしのものなど幅広く取り扱い。ポケットWiFiはたくさんあってどれを選べばよいかわからない方は、当記事のおすすめポケットWiFiを参考に、あなたに合うものを選んでください。

ポケットWiFiおすすめランキング|快適に使える7社【2020年】

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

ポケットWiFiは工事不要で、自宅でも外出先でも使える持ち運び可能なWi-Fiルーターでおすすめです。

固定回線よりも契約の手間がかからずリーズナブルな点が魅力で、学生の方からリモートワークの方など幅広くおすすめできます。

今回は、そんなポケットWiFiの中でも特におすすめの7社をピックアップし、それぞれのサービスの特徴や料金をまとめました。

ポケットWiFiおすすめランキング
  • 第1位:限界突破WiFi
  • 第2位:どんなときもWiFi
  • 第3位:縛りなしWiFi
  • 第4位:クラウドWiFi東京
  • 第5位:Mugen WiFi
  • 第6位:最安値保証WiFi
  • 第7位:THE WiFi

併せて、ポケットWiFiとは一体何なのか、契約する時にどのようなものが必要になるのかなどについても説明していきます。

これからポケットWiFiの新規契約や買い替えを検討している人は是非参考にしてください。

※本記事中の価格は税込み表示

画像引用元:D1|【公式】どんなときもWiFi

ポケットWiFiとは

ポケットWiFi
まず、ポケットWiFiとは一体どのようなものなのか理解を深めていきましょう。

ポケットWiFiとは、持ち運びができる小型のWi-Fiルーターのことです。

そもそも「ポケットWiFi」はワイモバイル(旧イーモバイル)が取り扱うWi-Fiルータ-の名称です。

他社では「Wi-Fiルータ-」「モバイルルーター」と呼ぶことが多いです。

ポケットWiFiと同じように広く知られている「WiMAX」もWi-Fiルータ-のサービスの1つです。

固定回線と比べて工事の手間や費用がかからず、料金もリーズナブルであることから非常に人気が高いサービスです。

ポケットWiFiがおすすめな人

では、ポケットWiFiはどのような人におすすめなのでしょうか。

ポケットWiFiは、費用をおさえてネットを使いたい方や、工事などをせず自宅でも外出先でも持ち運んで手軽に使いたい方におすすめです。

安くネットを使いたい

ポケットWiFiは工事費がかからず、月額料金も固定回線と比べて比較的リーズナブルです。

その一方で、通信速度は固定回線よりも遅い傾向にあり、毎月使い放題と謳っていても3日間で10GB使うと一時的に通信制限がかかるような帯域制限がある場合が多いです。

そのため、通信の品質よりもコストを重視したい・安くネットを使いたいと考えている人にぴったりなサービスだといえます。

工事などの手間をかけずにWi-Fiを使えるようにしたい

固定回線の場合だと契約時に工事日の候補を決め、工事日当日は専門の業者が自宅を訪問し、工事に立ち会わないといけません。

※フレッツ光からソフトバンク光などのコラボ光に転用(乗り換え)する場合は工事が不要になることも。

そのため、契約したその日から使えるというわけではなく、工事の立ち会いも必要となるので何かと手間がかかります。

一方で、ポケットWiFiは工事もなく契約して端末が手元に届いた時点ですぐに使えるので、このような手間を省きたいという人にも便利です。

また、2019年秋頃から、クラウドSIM対応のポケットWiFiが多く登場してきているので、既に持っている人も今後の買い替えの参考にしてください。

ポケットWiFiの基礎知識
  • ポケットWiFiとは持ち運びできる小型のWi-Fiルーターのこと
  • ポケットWiFiとはワイモバイル・イーモバイルの名称で各サービスによって呼び方が異なる
  • 工事不要で月額料金も安めだが固定回線と比べると通信品質はやや劣る
  • 安く手間をかけずにWi-Fiを使いたい人におすすめ

ポケットWiFiおすすめランキング

次に、ポケットWiFiのサービスを取り扱うおすすめ7社をランキング形式で紹介していきます。

1位 限界突破WiFi

限界突破WiFi

画像引用元:【公式】エックスモバイル – X-mobile_限界突破WiFi

限界突破WiFiは格安SIMを取り扱っているX-mobileが運営するポケットWiFiです。

料金の安さや端末で使用できる機能が豊富である点、そして通信容量無制限で使える点などが大きな人気の理由です。

限界突破WiFiの料金表

限界突破WiFiの料金表は下記の通りです。

項目月額料金2年間の総額
※初月除く
料金プラン初月:3,850円の日割
1ヶ月目以降:3,850円
92,400円
通信量無制限
帯域制限なし
初期費用無料
契約期間2年 
※初回更新月以降は1年契約
違約金24ヶ月目まで:19,800円 
初回更新月以降:5,500円
端末代金無料
端末の通信速度非公開

料金は一律3,850円であり、ずっと変わることはありません。

他社のように月ごとに料金が異なることもないので、非常にわかりやすくシンプルである点が魅力です。

初回は2年契約となりますが、2年後の契約期間は1年となり違約金も5,500円と安くなります。

他社と比べると契約の縛りが緩いので、2年以上使う人なら契約期間をあまり気にすることなく利用できるでしょう。

限界突破WiFiのメリット・デメリット

料金プランがとてもシンプルで覚えやすいことに加えて、契約の縛りが比較的緩い点も大きなメリットです。

限界突破WiFiで使用できる端末には翻訳や地図機能も搭載されているので、旅行での利用にもぴったりです。

無制限で帯域制限もなくネットを使えるので、容量を気にせず好きなだけアプリや動画、ゲームなどを楽しめます。

通信速度の記載がないという点が少し不安ですが、口コミを見る限り快適に使えるようです。

一方で、端末を節約モードにしているとApp StoreやGoogle Playにアクセスできないという不具合もあるそうなので、アプリのインストールをしたい時は気をつける必要があります。

2位 どんなときもWiFi

どんなときもWiFi

画像引用元:海外利用|【公式】どんなときもWiFi

どんなときもWiFiは、今回紹介するポケットWiFiの中でもかなり早い時期にサービスを開始し、安定したサービスの質や信頼性の高さに定評があります。

そんなどんなときもWiFiのサービス内容を詳しく見ていきましょう。

どんなときもWiFiの料金表

どんなときもWiFiの料金表は下記の通りです。

項目支払い方法月額料金2年間の総額
※初月除く
データ放題
プラン
クレジット
カード
初月:3,828円の日割
1~24ヶ月目:3,828円
25ヶ月目以降:4,378円
91,872円
口座振替初月:4,378円の日割
1~24ヶ月目:4,378円
25ヶ月目以降:4,851円
105,072円
通信量無制限
帯域制限著しくネットワークを占有する
レベルの通信の場合:384Kbps
初期費用3,300円
契約期間2年
違約金12ヶ月目まで:20,900円
24ヶ月目まで:15,400円
26ヶ月目以降:10,450円
端末代金レンタル代無料
端末の
通信速度
下り最大:150Mbps

通信量は無制限で、帯域制限についても余程使い過ぎない限りかからないと思って良いでしょう。

クレジットカードしか使えないポケットWiFiが多い中で、口座振替も利用できるのも嬉しいポイントです。

しかし、支払い方法によって月額料金が異なる点は注意してください。

クレジットカードの方がお得です。

契約期間は2年間となっており、解約するタイミングで違約金が大きく異なります。

長期的にポケットWiFiを使う予定の人であれば問題ありませんが、短期間使いたい人には不向きです。

どんなときもWiFiのメリット・デメリット

通信量を気にすることなくネットを使えるという点はもちろん、WiMAX等の他社と比べてもリーズナブルな料金も人気の理由です。

また、平日13時・土曜11時までに申し込めば最短当日に端末が発送されます。

そのため、契約してから端末が手元に届くまで長く待つ必要もありません。

すぐにポケットWiFiが欲しい人にもぴったりです。

一方で、違約金や契約の縛りが厳しい上に、3年目から料金が高くなるという点はデメリットとして挙げられます。

長期的に使う人も、2年のスパンで切り替えを行うことをおすすめします。

3位 縛りなしWiFi

縛りなしWiFi

画像引用元:縛りなしWiFi | 月額3,300円で契約期間縛りなし!

縛りなしWiFiは、フォン・ジャパン株式会社が取り扱っているポケットWiFiです。

契約の縛りがないプランと、少し料金が安くなる縛りありのプランが用意されており、幅広いニーズに応えることができる人気の高いポケットWiFiです。

縛りなしWiFiの料金表

縛りなしWiFiの料金表は下記の通りです。

縛りなしプラン

項目縛りなしプラン
プラン通常ライトWiMAX
通信量使い放題20GB使い放題
制限当日2GBなし3日間10GB
月額料金3,630円3,300円4,180円
初期費用1,100円→無料
契約期間なし
契約解除料なし
下り最大速度612Mbps1,237Mbps
端末購入の有無端末代0円(故障時:43,780円)

縛っちゃうプラン

項目縛っちゃうプラン
プラン無制限通常ライトWiMAX
通信量使い放題20GB使い放題
制限なし当日2GBなし3日間
10GB
月額料金3,828円3,080円2,860円3,960円
初期費用1,100円→無料
契約期間3年間
契約解除料16,500円
下り
最大速度
112.5
Mbps
612
Mbps
112.5
Mbps
758
Mbps
端末購入
の有無
実質0円(毎月1,320円×36回)

大きく分けて使い放題・20GB・WiMAXの3種類のプランを取り扱っています。

また、契約の縛りや帯域制限の有無でもプランが細かく分かれており、さまざまなニーズに合わせて選ぶことができる一方、プランが複雑だと感じる人もいるかもしれません。

契約期間や違約金が一切ないプランがあるのは嬉しいですね。

短期間使いたい人にもおすすめです。

縛りなしWiFiのメリット・デメリット

通信品質に定評のあるWiMAXのサービスを取り扱っているだけでなく、契約期間や違約金がない縛りなしのプランでWiMAXを利用できるという点が非常に大きなメリットです。

他社WiMAXの多くは2年または3年契約となるので、縛りなしWiFiは数少ない縛りなしのWiMAXを取り扱っているポケットWiFiです。

縛りなしのプランは短期ユーザー向け、縛りありのプランは長期ユーザー向けと、ニーズに合わせてプランを選べるのも魅力的です。

ただし、プランによって端末代が無料になったり実質0円(割引で相殺されているだけで実際は分割で料金が発生)になっているなど、プラン内容が複雑でわかりにくい点がネックです。

4位 クラウドWiFi東京

クラウドWiFi東京

画像引用元:クラウドWi-Fi東京 – 縛りなしクラウドWi-Fi|135ヶ国対応・月額3,380円でレンタル

クラウドWiFi東京は、株式会社ニッチカンパニーが取り扱っているポケットWiFiです。

契約期間や違約金の縛りがない料金プランに定評があり、料金も安くシンプルなのでポケットWiFi初心者の人にもおすすめです。

クラウドWiFi東京の料金表

クラウドWiFi東京の料金表は下記の通りです。

項目月額料金2年間の総額
※初月除く
料金プラン初月:3,718円※日割
1ヶ月目以降:3,718円
89,232円
通信量無制限
帯域制限著しくインターネットを占有する
レベルの通信の場合:384Kbps
初期費用4,378円
契約期間最低レンタル期間の
1ヶ月が経過した後は一切なし
違約金なし
端末代金レンタル代無料
端末の通信速度下り最大:150Mbps

クラウドWiFi東京の料金は一律3,718円となっており、無制限で使うことができます。

帯域制限も余程使い過ぎない限りかかることがなく、ストレスフリーでネットを楽しめるでしょう。

初期費用は他社と比べて若干高めですが、契約の縛りや違約金はありません。

しかし、最低1ヶ月はレンタル必須となるので、1ヶ月は使う前提で契約しましょう。

クラウドWiFi東京のメリット・デメリット

料金が一律でプランも1つだけ、さらに契約期間や縛りがないことから、非常にわかりやすくシンプルなポケットWiFiだといえます。

また、縛りがない割に料金も安く最短即日発送も可能なので、コスト重視の人はもちろん早くポケットWiFiが欲しい人にも安心です。

一方で、届いた端末の設定がデフォルトでグローバル対応になっていることから、他の電波を頻繁にキャッチしようするため繋がりが悪いと感じることがあるようです。

これは設定を変えれば直りますが、契約時に案内されていないのでわからないユーザーが多いそうです。

ただ、この点については他社のポケットWiFiも同じ傾向にあるようです。

5位 Mugen WiFi

MugenWiFi 30日間おためし全額返金キャンペーン

画像引用元:【Mugen WiFi】最強コスパ無制限WiFiルーター

Mugen WiFiは、株式会社surfaveが運営しているポケットWiFiです。

30日間の全額返金保証があり、初めてポケットWiFiを使う人でも試しやすいサービスとして定評があります。

そんなMugen WiFiのサービス内容について詳しく見ていきましょう。

Mugen WiFiの料金表

Mugen WiFiの料金表は下記の通りです。

項目月額料金2年間の総額
※初月除く
MUGEN
格安プラン
初月:3,608円※日割なし
1ヶ月目以降:3,608円
86,592円
MUGEN
アドバンスプラン
初月:4,268円※日割なし
1ヶ月目以降:4,268円
102,432円
通信量無制限
帯域制限なし
初期費用3,300円
契約期間2年
違約金1年未満:9,900円
2年未満:5,500円
更新月以降:0円
端末代金無料
※24ヶ月以内に解約した場合要返却
返却しない場合は契約月残数×1,760円
端末の通信速度下り最大:150Mbps

格安プラン・アドバンスプランの2種類がありますが、違いは対応している端末が異なるという点です。

アドバンスプランで使える端末は翻訳とモバイルバッテリー機能が搭載されているので、旅行には重宝できますが、普段ネット通信を行うだけなら格安プランでも問題ないでしょう。

また、帯域制限がなく無制限でストレスなくネットを使うことができます。

契約期間は2年間ですが、他社と比べて違約金が安いのも特徴です。

24ヶ月以内に解約した場合、端末の返却が必要となります。

返却しない場合は料金が発生するので注意してください。

Mugen WiFiのメリット・デメリット

格安プランの場合、今回紹介したポケットWiFiの中では「最安値保証WiFi」と並んで1番安いです。

前述の通り、アドバンスと格安の違いは端末の機能だけなので、余程アドバンスの端末にニーズを感じない限りは格安プランで十分です。

また、30日間全額返金保証があるため、もし使っていて合わないと感じた時にもキャンセルが可能です

初めてポケットWi-Fiを使う人も安心して気軽に試すことができます。

一方で、Mugen WiFiのサービス開始時期が2019年9月とまだ最近であることから、「新規サービスだから不安」という声もあります。

しかし、30日以内ならキャンセルができるのでコスト重視の人は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

6位 最安値保証WiFi

最安値保証WiFi

画像引用元:[公式]最安値保証WiFi | 月額3,280円で契約期間縛りなし | SpaceAgent

最安値保証WiFiは株式会社スペースエージェントが運営しているポケットWiFiです。

初期費用・違約金0円、契約の縛りも一切なく自由度の高いサービスです。

料金も上記の「Mugen WiFi」と並んでかなりリーズナブルなので、コスト重視の人におすすめです。

最安値保証WiFiの料金表

最安値保証WiFiの料金表は下記の通りです。

項目月額料金2年間の総額
※初月除く
料金プラン初月:3,608円※日割
1ヶ月目以降:3,608円
86,592円
通信量無制限
帯域制限短期間で膨大なデータ量を使用した場合
(目安は月間100GB)、128Kbpsに低速化
初期費用0円
契約期間なし
違約金なし
端末代金0円
※故障・紛失時:44,000円
(保証加入時:11,000円)
端末の通信速度下り最大:758Mbps

料金は一律3,608円と今回紹介しているポケットWiFiの中では「Mugen WiFi」と並んで1番安いです。

また、初期費用・違約金もかからないので、契約・解約時の負担もほとんどありません。

端末を壊したり紛失した時は注意してください。

最安値保証WiFiのメリット・デメリット

料金の安さはもちろん、契約の縛りがない点や初期費用・違約金0円など、ユーザー側の負担が非常に少ないポケットWiFiだといえます。

また、帯域制限についても月間100GBを目安に低速化する程度なので、余程のことがない限り遅くなることはないでしょう。

一方で、端末を壊してしまったり紛失した時には最大44,000円かかるので、不安な人は月額550円の端末補償に加入することをおすすめします。

※加入した場合は最大11,000円

7位 THE WiFi

THE WiFi どスゴイ

画像引用元:【公式】THEWiFi

THE WiFiは、スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社が取り扱っているポケットWiFiです。

2020年3月4日よりサービスを開始した新しいポケットWiFiであり、通信量無制限、帯域制限もほとんどなく快適にネットを使うことができるプランを取り扱っています。

未知数なポケットWiFiですが、レビューや口コミを調べてみました。

THE WiFiの料金表

THE WiFiの料金表は下記の通りです。

項目THE WiFi
(Wi-Fiスポットあり)
THE WiFi ライト
(Wi-Fiスポットなし)
料金プラン初月:3,828円※日割
1~2ヶ月目:3,828円
3ヶ月目以降:4,226円
初月:3,828円※日割
1ヶ月目以降:3,828円
通信量無制限
帯域制限著しく大量に占有する通信を行った場合、
通信を制限する場合がある
初期費用3,300円
契約期間2年
違約金24ヶ月以内の解約:10,780円
端末代金レンタル代0円
通信速度下り最大:150Mbps
2年間の総額100,628円91,872円

料金プランの違いはWi-Fiスポットが使えるかどうかです。

ポケットWiFiがなくても、手持ちのスマホやパソコンから全国約15万ヶ所に設置されたスポットにアクセスできるので、万が一ポケットWiFiを忘れた時にも安心です。

契約期間は2年間となっており、24ヶ月以内に解約すると10,780円の違約金が発生します。

帯域制限は余程使い過ぎない限りかかることはないようなので、ほぼ無制限で使えると考えて良いでしょう。

THE WiFiのメリット・デメリット

ほぼ無制限でネットが使えるだけでなく、約15万ヶ所のWi-Fiスポットが使えるため、いつでもどこでもストレスフリーでネットを楽しむことができます。

また、5G回線対応端末への無料アップグレードプログラムも対応予定とのことで、本格的に5Gが使えるようになった時にも安心です。

3月にサービスがスタートしたポケットWiFiですが、THE WiFiよりも料金が安い・性能が良い端末を取り扱っているポケットWiFiがあるため、そこまでメリットを感じないという声もあるようです。

Wi-Fiスポットを使いたいという人や将来的に5G端末を使いたい人には良いのかもしれません。

5G端末への切替手数料3,300円が無料に。また、端末を24ヶ月間使っていることが条件となるため、少なくとも2年間は4G端末を使う必要あり

ポケットWiFiを契約する時に必要なもの

次に、ポケットWiFiを契約する時に必要なものを紹介します。

サービスによって多少異なる可能性があるので、契約の時には各公式サイトを確認しましょう。

本人確認書類

契約には免許証や保険証などの本人確認書類が必要となります。

ポケットWiFiを取り扱う会社によって必要な本人確認書類が異なる可能性があるので、事前に公式サイトで確認してください。

また、今回の記事で紹介したポケットWiFiのほとんどはネット契約となるので、基本的に本人確認書類の画像をネットにアップロードする形で提出することになります。

支払い先に設定するカードの情報がわかるもの※主にクレジットカード

本人確認書類の他に、ポケットWiFiの料金の支払いに使う口座やクレジットカードの情報が必要となります。

前述の通りネット契約となる場合が多いので、クレジットカードしか使えないというサービスもあります。

また、口座振替を利用できるとしても「どんなときもWiFi」のように支払い方法によって月額料金が異なったり、手数料が発生する可能性もあります。

できるだけ、クレジットカードの利用をおすすめします。

ポケットWiFiを契約する時に必要なもの
  • 免許証などの本人確認書類
  • キャッシュカードやクレジットカードなど支払い先の情報
  • ポケットWiFiサービスの多くでクレジットカードの使用が推奨されている

ポケットWiFiは安くて手軽に使えるWi-Fiサービス

最後に、ポケットWiFiおすすめランキングの内容をまとめます。

ポケットWiFiおすすめランキング
  • 第1位:限界突破WiFi
    一律3,850円の安くシンプルな料金が魅力
  • 第2位:どんなときもWiFi
    口座振替OK!最短即日発送で急ぎの時も安心
  • 第3位:縛りなしWiFi
    契約の縛りがないWiMAXプランが使える
  • 第4位:クラウドWiFi東京
    契約期間・違約金なし!プランもシンプル
  • 第5位:Mugen WiFi
    リーズナブルな料金と30日間全額返金保証が魅力
  • 第6位:最安値保証WiFi
    月額料金が安く初期費用・違約金0円!
  • 第7位:THE WiFi
    約15万ヶ所のWi-Fiスポットが使える

ポケットWiFiは固定回線と比べて工事の手間がなく、料金も非常にリーズナブルです。

しかし、ポケットWiFiといっても1つだけではなく、今回紹介したように多数の企業がサービスを取り扱っており、料金プランなどのサービス内容が大きく異なります。

買い替えや新規契約を検討している人は、是非自分のニーズに合ったポケットWiFiを見つけてくださいね。

無制限に使えるポケットWi-Fiを比較|料金プランと速度でおすすめランキング

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ