2019年おすすめポケットWi-Fi|料金・速度制限・評判から徹底比較

2019年おすすめポケットWi-Fi|料金・速度制限・評判から徹底比較

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

出先で快適にインターネットを利用したい、速度制限を回避したいといった理由でポケットWi-Fiの利用を検討している人もいるでしょう。

しかし、一言でポケットWi-Fiといってもさまざまなものがあり、どのように選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。

そこで、この記事では3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のポケットWi-Fiをメインに、おすすめのものを紹介していきます。

料金や速度制限のルール、評判などをみていくので契約を考えている人は必見です!

人気爆発中の3キャリアLTE回線対応「どんなときもWiFi」が最強説

本編に入る前に、今年から爆発的に人気を伸ばしているポケットWiFi「どんなときもWiFi」はご存知でしょうか?

どんなときもwifi

どんなときもWiFiの特徴
  • 完全無制限でネット使い放題(3日間制限もなし)
  • ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリア回線を利用。その時の最適な回線に自動接続
  • LTE回線なので、携帯電波が入るところなら利用可能
  • そのまま海外でも使える(別途費用)
  • 月額3,480円と低価格ポケットWiFi

これだけ見てもらえれば、どれだけ低価格・高品質であることが分かるかと思います。

デメリットをあえて言うなら、人気があり過ぎて在庫が少ない、家庭用オンラインゲーム機には向かないことでしょう。

さらに、今なら「いつでも解約サポート」で途中違約金0円で解約可能です。ただし、別の回線に乗り換えが必須条件です。

ネット回線は検討しているけど、ポケットWiFiと固定回線で迷っている方ポケットWiFiの中で迷われている方は、まずはどんなときもWiFiから試してみるのが賢い選択でしょう。

どんなときもWiFiとは?3キャリアの回線を月額3,480円で使い放題

▽問い合わせ・申し込みは公式サイトから
>>どんなときもWiFi公式サイトはこちら

3キャリアのポケットWi-Fiを比較してみてみよう!

最初に、3キャリアが提供しているポケットWi-Fiサービスを一覧でチェックしていきましょう。

ポケットWi-Fi比較表

項目ドコモau(WiMAX)ソフトバンク
最大通信速度1,288 Mbps1,200 Mbps612 Mbps
スマホとの容量シェア対応非対応対応
料金4,428~9,936円6,355円(オプション込)5,071円
対応エリアの広さ広い広い
(山間部は弱め)
広い
(山間部は弱め)
容量制限最大30GB無制限
(一部7GB)
7GB
購入ドコモ公式ショップUQ WiMAXソフトバンク公式ショップ

こうしてチェックしてみると、WiMAXの利用料金が高いように感じますが、オプションを利用しない場合は4,500円程度で利用できるので他社より割安になっています。

通信速度や容量制限を考えると、WiMAXがおすすめだといえそうです。

これからそれぞれのポケットWi-Fiサービスについて詳しくみていくので、しっかりチェックしてください。

基本的に、スマホを利用しているキャリアのポケットWi-Fiを契約するのが一番で、単体契約したい場合はWiMAXを選ぶのがベストだといえるでしょう。

2 ドコモユーザーにオススメ!ドコモのポケットWi-Fiをチェック

ドコモワイファイ

画像引用元:Wi-Fi STATION HW-01L | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ドコモのスマホを利用しているユーザーはかなり多く、そんな人におすすめなのがドコモのポケットWi-Fiです。

使い方を工夫すればかなり安く使えるので、外出先でのインターネット利用が多い人はぜひチェックしてください。

2-1 料金プラン

Fee

ドコモ データプラン料金(税込)
月額使用料1,296円
パケットパック3,132~8,640円
合計4,428~9,936円

ドコモWi-Fiで利用するデータプランはスマホと同様に通信量によって料金が異なっています。

そのため、利用する通信量に応じて最適なパケットパックを契約するようにしてください。

パケットパックの詳細は以下の通りです。

パケットパック通信量料金(税込)
ベーシック~1GB3,132円
~3GB4,320円
~5GB5,400円
~20GB7,560円
ウルトラデータL20GB6,480円
ウルトラデータLL30GB8,640円

従量制のベーシックパックで5GBを超える通信を行った場合、定額制のウルトラデータLパックの料金より高くなるので注意してください。

したがって、どのプランを契約するかはコンスタントに5GBを超える通信をするかで判断するのが最適だといえるでしょう。

2-2 販売されているモバイルルータ

Router

次にドコモで販売されているモバイルルータをチェックしていきます。特にオススメのルータは以下の通りです。

Wi-Fi STATION N-01J

Wi-Fi STATION N-01J

画像引用元:Wi-Fi STATION N-01J | 製品 | NTTドコモ

項目Wi-Fi STATION N-01J
発売日2017年3月9日
メーカーNEC
サイズ(mm)98x62x13.6
質量110g
連続通信時間約660分
価格26,568円
(2年契約時実質0円)
購入ドコモ公式ショップ

2017年に発売されたやや古めのルータですが、PREMIUM 4Gに対応しており最大788Mbpsで通信することができます。

また、連続稼働時間も長いので出先でハードに使う人にもおすすめだといえるでしょう。
すぐに契約したい人はこちらをチョイスするのがおすすめです。

Wi-Fi STATION HW-01L

ドコモワイファイ

画像引用元:Wi-Fi STATION HW-01L | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

項目Wi-Fi STATION HW-01L
発売日2019年春予定
メーカーHUAWEI
サイズ(mm)130x66x13.8
質量150g
連続通信時間未発表
価格25,920円
(2年契約時実質0円)
購入ドコモ公式ショップ

Wi-Fi STATION HW-01Lは2019年2月時点では未発売です。

このルータもPREMIUM 4Gに対応しており、最大通信速度が1,288Mbpsとかなり高速化されています。

ポケットWi-Fiの契約を急がない人は、こちらのルータが発売されてから契約するのもいいかもしれません。

発売中のルータに比べてスペックがアップしているので、とてもおすすめです!

2-3 ドコモのポケットWi-Fiの特徴

Wi-Fi

次にドコモのポケットWi-Fiの特徴やメリット・デメリットをみていきましょう。

シェアパックと組み合わせられる

ドコモのポケットWi-Fiを利用する場合、パケットパックを選択する時にシェアパックを利用することができます。

そのため、家族でドコモを利用している場合はうまく使えばお得に利用できるでしょう。
スマホで利用しているデータ通信量をポケットWi-Fiでも利用できるので、うまく活用してみてください。

サービスエリアが広い

ドコモが提供しているポケットWi-Fiなので、ドコモのサービスエリアならどこでも利用できます。

ドコモは山間部やへき地に強いといわれているため、そのような場所で利用する機会が多い人におすすめだといえるでしょう。

基本的に、ドコモのスマホが利用できるエリアなら問題なくポケットWi-Fiを利用できると覚えておいてください。

無制限プランはない

ドコモのポケットWi-Fiは、後ほど紹介するWiMAXとは異なりデータ通信量が無制限のプランはありません

最大データ通信量が決まっているため、固定回線代わりの利用はおすすめできません
ウルトラデータLLパックでも最大30GBのため、固定回線代わりに使うとすぐにオーバーしてしまうでしょう。

そのため、ドコモのポケットWi-Fiは家に固定回線がすでにある人が外出先でインターネットを利用するために契約するものという側面が強くなっています。

利用料金は高め

パケットパックの料金設定が高めになっていることもあり、ポケットWi-Fiを単体で使うとなると利用料金が高くなるというデメリットがあります。

ただし、家族でシェアする場合はより安価に使えるので、そのような利用方法を考えている人にはおすすめです。

こうして特徴をみていくと、ドコモのポケットWi-Fiはすでにドコモのスマホを利用していてパケットパックをシェアして使いたい人におすすめのものだといえます。

次の章では単体利用にもおすすめなWiMAXについて紹介していきます。

docomoのポケットWiFiに無制限プランはないからおすすめ教えて!

3 いつでもどこでも快適に使うならWiMAXがオススメ!

Try WiMAX

画像引用元:Try WiMAX|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

WiMAXはauを運営しているKDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが提供しているポケットWi-Fiサービスで、3大キャリアで契約できるものの中では最も使いやすいと評判です。

もちろんauショップでも契約できるので、手軽に使い始めたい人にもおすすめだといえるでしょう。

ここではWiMAXの特徴を詳しくみていきます。

3-1 料金プラン

Fee

WiMAX 2+
フラット for DATA EX
料金(税込)
月額使用料5,270円(※1)
オプション利用料1,085円(※2)
合計6,355円

※1 2年契約時(2年契約しない場合は6,350円)
※2 ハイスピードプラスエリアモードを利用した月のみ加算

WiMAXの料金プランは上記の表の通りです。auが提供する4G網を介した通信を行うと、オプション利用料が加算されるので注意してください。

ただし、4G網を利用するためには利用設定をしなければならないので、意図せずに使ってしまうことはないでしょう。

3-2 販売されているモバイルルータをチェック

Speed Wi-Fi NEXT W06

画像引用元:Speed Wi-Fi NEXT W06│超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX

2019年2月時点で販売されている最新のモバイルルータは「Speed Wi-Fi NEXT W06」というものです。

詳細は次の通りなので、これから契約しようと考えている人はチェックしてみてください。

Speed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi NEXT W06

画像引用元:Speed Wi-Fi NEXT W06│超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX

項目Speed Wi-Fi NEXT W06
発売日2019年1月25日
メーカーHUAWEI
サイズ(mm)128x64x11.9
質量125g
連続通信時間約540分
購入UQ WiMAX

こちらのモバイルルータは、最大通信速度が1,200Mbpsとこれまでのルータに比べて格段に速くなっています。

ただし、この通信速度はハイスピードエリアプラスモードをONにした場合のものなので注意してください。

もちろんこの端末はauでも販売されていますが、オンラインショップでの取扱はありません。

そのため、auで購入する場合はauショップに行かなければならないので注意してください。

オンラインで購入したい場合はUQ WiMAXのサイトから購入するのがおすすめです。

なお、UQ WiMAXのサイトから購入して3年契約を結ぶとオプション利用料が無料になるので、長期利用を考えている人はこちらもチェックしてみてください。

3-3 WiMAXの特徴をチェック!

UQ WiMAX

画像引用元:Try WiMAX|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

続いて、ここではWiMAXの特徴をチェックします。

データ容量が無制限

外出先でポケットWi-Fiをハードに使う人にとってWiMAXが最適だといえる理由がこの「月間データ通信量が無制限」だというポイントです。

通常、ポケットWi-Fiサービスは一定の通信量を使用すると速度制限がかかる仕組みになっているため、大容量の通信には不向きです。

ただし、WiMAX網だけでなくハイスピードプラスエリアモード(au網)を利用すると7GBのデータ容量制限がかかるので注意してください。

データ通信量を重視したい人はハイスピードプラスエリアモードをOFFにしておくことをオススメします。

速度制限がかからないというのは、外出時のメイン回線として利用する上で最大のメリットだといえるでしょう。

ドコモやソフトバンクのWi-Fiは通信容量の制限があるので、その分WiMAXが有利です。

auスマートバリューの対象

WiMAXサービスはauスマートバリューの対象になっているため、すでにauのスマホを利用している人ならセットで利用することによって料金を安くできます。

セットで利用している場合auスマホの月額利用料金が最大で1,080円値引きされるので、コストを重視したい人はこちらをチェックしてみてください。

auスマートバリューとは|適用条件・対象者と割引額を解説

無料お試しサービスもあり

WiMAXには無料お試しサービスがあり、利用したいエリアで問題なく利用できるかを契約前にチェックできます。

最大で15日間試用できるため、電波状況をチェックしたい人はこちらを利用してみてください。特に山間部での利用がメインの人は注意が必要です。

なお、無料お試しサービスを利用する場合はUQ WiMAXの公式サイトから申し込んでください。

こうしてチェックしていくと、WiMAXは安価で使いやすく、データ通信量無制限プランもあるのでよりハードに使いたい人にオススメだといえます。

通信量を気にしたくない人は、ぜひチェックしてみてください。

次の章ではソフトバンクのポケットWi-Fiについてみていきます。

auのポケットWiFiを使うなら「GMOとくとくBB」が絶対おすすめな理由

4 ソフトバンクのポケットWi-Fiを徹底紹介!

Softbank

画像引用元:ソフトバンク

ソフトバンクもポケットWi-Fiとして利用できるモバイルルータとデータ通信プランを提供しています。

ソフトバンクでポケットWi-Fiを契約しようと考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

4-1 料金プラン

Fee

ドコモ データプラン料金(税込)
月額使用料540円
4G/LTEデータし放題フラット4,531円
合計5,071円

ソフトバンクでポケットWi-Fiを利用する場合「4G/LTEデータし放題フラット」というプランに加入する必要があります。

データし放題という名前ですが、月間通信容量制限が7GBとなっていて使い放題ではないので注意してください。

4-2 販売されているモバイルルータ

Mobile Router

2019年2月現在、ソフトバンクで販売されているモバイルルータは「Pocket WiFi 601HW」のみとなっています。
スペックと特徴は以下の通りです。

Pocket WiFi 601HW

Pocket WiFi 601HW

画像引用元:Pocket WiFi 601HW | モバイルデータ通信 | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

項目Pocket WiFi 601HW
発売日2017年3月17日
メーカーHUAWEI
サイズ(mm)109.9x65.1x15.5
質量135g
連続通信時間約510分
価格42,480円
(2年契約時実質0円)
購入ソフトバンク公式ショップ

このルータは4×4 MIMOとキャリアアグリゲーション(CA)に対応しており、これによって最大612Mbpsの通信速度を実現しています。

起動が早いのがメリットの1つで、使いたい時にすぐ起動して使えるためストレスも少ないでしょう。

なお、2019年2月時点で新機種の発売予定はないため、ポケットWi-Fiを利用したい場合はこちらを購入してください。

4-3 ソフトバンクのポケットWi-Fiの特徴

Wi-Fi Laptop

ソフトバンクのポケットWi-Fiの特徴は以下の通りです。契約を検討している人は、しっかりチェックしておきましょう。

ドコモより料金が安い

ドコモはスマホと合わせて契約することを基本とした料金プランになっていますが、ソフトバンクでは単体契約向けのプランもあるためより安価に利用できます。

ただし、auが提供しているWiMAXよりは高めの設定なので注意してください。

スマホと容量をシェアすることもできる

データシェアプラスというプランに加入すると、ドコモのようにスマホとポケットWi-Fiで利用するデータ容量をシェアすることができます。

こちらをうまく活用すれば、よりお得に利用できるのでぜひ検討してみてください。
ただし、ミニモンスターを契約している場合はデータシェアプラスを利用できません

ソフトバンクのポケットWi-Fiは、ドコモのようにスマホとセット契約することを前提としたプランに単体契約用のプランを合わせたという感じになっています。

ソフトバンクのポケットWiFiに無制限プランはないからおすすめ教えて

5 ランニングコスト重視の人はMVNO運用がおすすめ!

ポケットWi-Fiを契約したいけどランニングコストは抑えたいという人も多いかもしれません。
そんな人にオススメなのは「MVNOのSIMを挿して運用する」という方法です。

モバイルルータを用意し、MVNOのSIMを挿して運用すればかなり安価に利用できるので、こちらも検討してみてください。

ただし、キャリア契約とほぼ変わらない価格になるため、大容量の契約をしようと思っている人にはあまりおすすめできない方法です。

MVNO運用は外出先でのサブ利用として検討している人にピッタリです。

この方法を検討している人は、SIMフリーで販売されているモバイルルータを購入し、MVNOの回線を契約してください。

6 2019年おすすめポケットWi-Fiまとめ

Wi-Fi

今回はポケットWi-Fiの契約を考えている人に向けて、3キャリアが提供しているポケットWi-Fiを詳しく比較しながらチェックしていきました。

最後にまとめてチェックすると、以下のような選び方をするのがおすすめだといえそうです。

ポケットWi-Fiの選び方
  • ドコモのスマホを利用しているならドコモのポケットWi-Fiを契約し、シェアプランを利用
  • auのスマホを利用しているならWiMAXを契約してauスマートバリューを適用
  • ソフトバンクのスマホを利用しているならソフトバンクで契約してシェアプラスを利用
  • 単体契約をするならWiMAXが一番

基本的に、3キャリアのポケットWi-Fiを利用する場合はスマホを契約しているキャリアで契約するのがおすすめです。

auを利用している場合や単体契約をする場合、無制限プランを使いたい場合はWiMAX一択という状況になっているため、そのような利用を考えている人は必見です。

他にも、ランニングコストを抑えるためのMVNO運用やプロバイダ経由のWiMAX契約など、さまざまな方法があるので合わせてチェックしてみることをおすすめします。

自分の使い方にピッタリのポケットWi-Fiを契約し、快適に利用していきましょう!

ドコモのWi-Fiルーターを利用して家でデータ通信を無制限にする方法

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ