国内用ポケットWi-Fiをレンタルするなら無制限で使えるここがおすすめ

  • 2019年5月29日
  • by.nuko

Wi-Fi12

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

今回はポケットWi-Fiをレンタルするのにおすすめの業者を紹介します。

海外旅行用のポケットWi-Fiレンタルは利用する方が多いのですが、国内用はあまり知られていません。

しかし、最近は1日から利用できる日本国内用のポケットWi-Fiレンタルサービスが増えています。

主なポケットWi-Fiレンタルサービス

レンタル事業者最安値プラン最安値プランの端末申し込み
NETAGE1日370円ワイモバイル
GL06P
GL06P下り75Mbps
NETAGE
NETAGE
カシモバ1日390円ワイモバイル
502HW
下り187.5Mbps
カシモバ
WiFi東京レンタル1日400円ワイモバイル
502HW
下り187.5Mbps
WiFi東京レンタル
WiFiレンタル本舗1日430円WiMAX
WX03
下り440Mbps
WiFiレンタル本舗
Wifiレンタルどっとこむ1日432円SoftBank
303ZT
下り165Mbps
WiFiレンタルどっとこむ
WiFi RENTAL JAPAN1日480円ソフトバンク
601HW
下り612Mbps
WiFiレンタルJAPAN
88モバイル1日480円ソフトバンク
601HW
下り612Mbps
88MOBILE
Global Mobile1日480円ソフトバンク
501HW
下り187.5Mbps
GlobalMobile
ポケットWi-Fiレンタルがおすすめの方
    • 出張や旅行などの間ポケットWi-Fiを使いたい
    • 引っ越しや光回線の乗り換えなど、家のネットが使えない間ポケットWi-Fiを使いたい

こうした方は、ここで紹介するおすすめポケットWi-Fiレンタルサービスを使って、ぜひお得にWi-Fi環境を構築してくださいね!

おすすめポケットWi-Fiレンタルサービス
  • 国内用のおすすめレンタルポケットWi-Fi5選
  • ポケットWi-Fiの契約とレンタルの違い
  • ポケットWi-Fiレンタルで押さえるポイント
  • ポケットWi-Fiレンタルのメリット・デメリット

国内用のおすすめポケットWi-Fiレンタルサービス5選

Ymobile PocketWiFi502HW

画像引用元:Pocket WiFi 502HW|Pocket WiFi|製品|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

それでは早速おすすめのポケットWi-Fiレンタルサービスをチェックしましょう!
ここでは短期間で利用するプランでの1日あたりの料金が安い順に紹介します。

NETAGE

NETAGE

画像引用元:無制限のWiFiレンタル!日本国内格安 WiFiならNETAGEのレンタル

項目詳細
1日最安値料金370円
最安値キャリアワイモバイル
最安値端末GL06P
GL06P
最大通信速度下り75Mbps
取扱キャリアソフトバンク
ワイモバイル
au
docomo
送料・手数料1,000円
申し込みNETAGE
NETAGE

NETAGEはデイリープランで1日あたり370円と、1日単位のプランとしては最安値水準の料金体系です。

そのため、少しでも安く使いたい方におすすめですね!ただ、最安値で使える端末はGL06Pと少し古いものになります。

下り最大速度が75Mbpsになるので、動画や大容量のダウンロードには不向きでしょう。

また、月間のデータ量に制限はありませんが、1日で366Mbps以上使うと、当日21時〜翌2時まで速度が遅くなる可能性があります。

ネット検索など軽い使い方なら全く気にならないので、ちょっとした用途でレンタルしたい方にピッタリのポケットWi-Fiレンタルサービスと言えるでしょう!

NETAGE GL06Pその他のプラン

プラン料金
デイリープラン1日370円
(月上限6,000円)
マンスリープラン 1ヶ月6,000円
マンスリープラン 3ヶ月15,000円
マンスリープラン 6ヶ月24,000円
マンスリープラン 12ヶ月36,000円
申し込みNETAGE
NETAGE

カシモバ

カシモバ

画像引用元:カシモバ | 国内Wi-Fiルーターレンタルなら業界最安値の【カシモバ】

項目詳細
1日最安値料金390円
最安値キャリアワイモバイル
最安値端末502HW
最大通信速度下り187.5Mbps
取扱キャリアワイモバイル
docomo
WiMAX
送料・手数料1,000円
申し込みカシモバ

カシモバはNETAGEに次いで1日あたりのレンタル料金が安いポケットWi-Fiレンタルサービスです。

提供してくれるモデルも豊富ですが、機種によってレンタル料金が変わることに注意が必要ですね。

最安値になるモデルがワイモバイル 502HWで、下り速度が187.5Mbpsになります。

また、デイリープランだけでなくマンスリープランも用意され、1ヶ月〜6ヶ月まで1ヶ月単位での契約ができます。

出張などの予定に合わせてレンタルできるのも、カシモバの強みでしょう。

カシモバ 502HWのその他のプラン

プラン料金
デイリープラン1日390円
マンスリープラン 1ヶ月5,450円
マンスリープラン 2ヶ月9,950円
マンスリープラン 3ヶ月14,300円
マンスリープラン 4ヶ月18,500円
マンスリープラン 5ヶ月22,700円
マンスリープラン 6ヶ月27,000円
申し込みカシモバ

WiFi東京レンタル

WiFi東京

画像引用元:国内用の無制限PocketWi-Fiを格安「166円/日~」でレンタル📶 – Wi-Fi東京

項目詳細
1日最安値料金400円
最安値キャリアワイモバイル
最安値端末502HW
最大通信速度下り187.5Mbps
取扱キャリアソフトバンク
送料・手数料1,000円
申し込みWiFi東京レンタル

WiFi東京はワイモバイル専門のポケットWi-Fiレンタルサービスです。

短期レンタルでの1日あたりのレンタル料金が400円で、比較的安い料金設定になっています。

一方、長期レンタルは45日〜180日までの15日刻みで、他のポケットWi-Fiレンタルサービスより柔軟な料金設定です。

レンタルする予定が終了してから無駄に借りている期間が勿体無い方は、WiFi東京の長期レンタルが使い易いでしょう。

WiFi東京の長期レンタル料金

プラン料金
45日間9,500円
60日間12,000円
75日間15,500円
90日間16,500円
105日間20,000円
120日間22,000円
135日間23,500円
150日間27,500円
165日間31,000円
180日間30,000円
申し込みWiFi東京

WiFiレンタル本舗

WiFiレンタル本舗

画像引用元:日本国内用のWiFiレンタルなら「WiFiレンタル本舗」

項目詳細
1日最安値料金430円
最安値キャリアWiMAX
最安値端末WX03
最大通信速度下り440Mbps
取扱キャリアソフトバンク
WiMAX
ワイモバイル
送料・手数料1,000円
申し込みWiFiレンタル本舗

WiFiレンタル本舗はデータ量無制限のWiMAX 2+の端末が安くレンタルできるポケットWi-Fiレンタルサービスです。

レンタルされるモデルも下り最大440Mbpsと通信速度が早く、たっぷり快適に使いたい方におすすめですね!

また、1ヶ月〜6ヶ月まで1ヶ月刻みでの中長期のレンタルにも対応しています。
価格だけでなく速度も重視したい方は、Wi-Fiレンタル本舗のWiMAXがピッタリですよ!

WiFiレンタル本舗WX03のその他のプラン

プラン料金
1ヶ月レンタル6,450円
2ヶ月レンタル12,900円
3ヶ月レンタル19,350円
4ヶ月レンタル24,000円
5ヶ月レンタル30,000円
6ヶ月レンタル32,400円
申し込みWiFiレンタル本舗

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむ

画像引用元:【公式】WiFiレンタルどっとこむ|WiFiレンタル日本国内専用

項目詳細
1日最安値料金432円
最安値キャリアSoftBank
最安値端末303ZT
最大通信速度下り165Mbps
取扱キャリアソフトバンク
au
WiMAX
送料・手数料1,000円
申し込みWiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむは、ソフトバンク端末が豊富ポケットWi-Fiレンタルサービスです。

データ量無制限のプランの他に、1日1GBレンタルが1日378円と、さらに安いプランもあります。

ソフトバンクのポケットWi-FiはワイモバイルやWiMAXより提供エリアが広く、地方でもほとんどの地域で利用できるメリットがあります。

また、他のポケットWi-Fiレンタルと異なり、WiFiレンタルどっとこむは月単位のプランがありません。

その代わり、2ヶ月目以降の1日単価が約半額まで安くなるので、思いがけずレンタル期間が長引いても無駄な支払いが生まれません。

利用する期間が変動する可能性がある方は、WiFiレンタルどっとこむが1番合っているかも知れませんね!

WiFiレンタルどっとこむの601HWレンタル料金

利用期間料金
1〜14日目1日432円
15〜31日目一律6,480円
32日目以降1日209円
申し込みWiFiレンタルどっとこむ

次の章ではポケットWi-Fiの契約とレンタルの違いや、レンタルのメリット・デメリットを解説します。

ポケットWi-Fiのレンタルで押さえるポイント

続いてポケットWi-Fiの契約とレンタルの違いを確認しましょう。

ポケットWi-Fiレンタルは契約解除料がかからない

ポケットWi-Fiのレンタルで押さえるポイント

ポケットWi-Fiのレンタルでは、契約解除料がかかりません。

普通にポケットWi-Fiを契約すると、2年契約または3年契約になり、もし途中で解約すると、9,500円〜の解除料金を請求されることに。

一方、ポケットWi-Fiのレンタルなら、こうした契約期間は一切なく、いつでも利用中断できます。

短期間使いたい方には、ポケットWi-Fiのレンタルはピッタリのサービスということですね。

ランニングコストはレンタルの方が高い

ランニングコストはレンタルの方が高い

通常のポケットWi-Fiの利用料金とレンタルの利用料金を比較すると、ポケットWi-Fiのレンタル料金の方が高くなります。

例えば、ワイモバイルとカシモバで502HWを契約した場合、1ヶ月の利用料金は次の通りです。

ポケットWi-Fiの契約とレンタルの費用比較

項目ワイモバイルカシモバ
マンスリープラン
1ヶ月
料金プラン3,696円5,450円
アドバンスオプション684円-
機種代金1,150円-
月額割引-1,150円-
月額4,380円5,450円

こうして比較すると、ポケットWi-Fiをレンタルする方が、月額1,000円ほど高くなるのがわかりますね。

短期間の利用ならレンタルの方がいいのですが、長期的にポケットWi-Fiを利用するなら普通に契約した方がお得になりますよ!

回線の種類によって最大速度・提供エリアが異なる

回線の種類によって最大速度・提供エリアが異なる

画像引用元:サービスエリアマップ

ポケットWi-Fiはレンタルでも契約でも、利用する回線事業者によって最大通信速度や提供エリアが異なります。

ポケットWi-Fiの通信速度

事業者最大速度
WiMAX最大1.2Gbps
ワイモバイル最大972Mbps
ドコモ最大988Mbps
au最大1.2Gbps
ソフトバンク最大774Mbps

また、通信速度が上位のWiMAXを契約したとしても、提供エリアから外れてしまっては全く通信できません。

提供エリアの広さは3キャリアの方が優秀で、特に山岳部はエリアチェックが必須です。

1日毎のプランなら大きな損はありませんが、まとまった日数を契約するなら事前に提供エリアの確認は怠らないようにしましょうね。

レンタル期間は「端末到着日」から「回収日」まで

レンタル期間は「端末到着日」から「回収日」まで

画像引用元:最短当日発送/空港受取・返却可能 | WiFiレンタルどっとこむ

ポケットWi-Fiのレンタルでは、レンタル期間のカウントに注意しましょう。

多くのポケットWi-Fiレンタル事業者は「端末到着日」を1日目として、「回収日」までの利用料金が発生します。

回収日について

  • 宅配業者で回収:引き渡した日まで
  • 郵便ポストに投函:消印の日付まで

つまり、レンタルしたモバイルWiFiルーターを手元に置いておくだけで、利用料金が増えていくということですね。

ポケットWiFiをレンタルする時は、モバイルWiFiルーターの返却日を見逃さないように余裕を持って返却手続きをしましょうね!

ポケットWi-Fiをレンタルするメリット・デメリット

最後にポケットワイファイをレンタルすることのメリット・デメリットをまとめます。

ポケットWi-Fiレンタルのメリット

ポケットWi-Fiレンタルのメリット

  • 1日からレンタルできる
  • 事務手数料が不要
  • 日本に住んでいなくてもOK

1日からレンタルできる

ポケットWi-Fiレンタルの最大のメリットは、最短1日からレンタル可能なことでしょう。

レンタル事業者によって契約内容は異なりますが、今回紹介したところは全て1日毎の利用料金が設定されています。

2週間以上使い続けると1ヶ月契約の方が安くなることも多いのですが、旅行先などでWi-Fi環境が欲しい人には最高のサービスですよね!

事務手数料が不要

普通にポケットWi-Fiを契約すると、必ず3,000円の事務手数料が発生してしまいます。

しかし、レンタルするポケットWi-Fiはレンタル事業者が契約したものを借りるだけなので、事務手数料なしで使えます。

利用し始めるにあたって余計なコストがかからないので、気軽に試せますね!

日本に住んでいなくてもOK

ポケットWi-Fiレンタル事業者の多くは、貸し出し時の本人確認は必要ありません。

そのため、普段海外に住んでいて、日本に帰ってくる時だけ使う場合でも問題なくレンタルできます。

ただ、郵送受け取りの場合は滞在先に送る必要があることだけ注意しましょう。

ポケットWi-Fiレンタルのデメリット

ポケットWi-Fiレンタルのデメリット

  • レンタル端末が古い・傷ついている可能性がある
  • クレジットカード決済が中心

レンタル端末が古い・傷ついている可能性がある

ポケットWi-Fiレンタルのレンタルでは、1台のモバイルWi-Fiルーターを使い回しています。

そのため、レンタルした端末が古い・傷ついていることは日常茶飯事です。

新品同様の綺麗な状態を想像して借りるとがっかりすることもあるので、「使えればOK」という気持ちでレンタルした方がいいかもしれませんね。

クレジットカード決済が中心

ポケットWi-Fiレンタル事業者の多くは、決済方法にクレジットカードを指定しています。

法人で契約する場合や一部の事業者は口座振替や請求書払いに対応してくれることもありますが、基本はクレジットカードがないと使えないと思った方がいいでしょう。

国内用の無制限で使えるポケットWi-Fiレンタルおすすめまとめ

ワイファイ

今回は日本国内で無制限で使えるポケットWi-Fiでレンタルできるおすすめ事業者を解説しました。

おすすめポケットWi-Fiレンタル事業者まとめ
  • NETAGE
  • カシモバ
  • WiFi東京
  • WiFiレンタル本舗
  • WiFiレンタルどっとこむ

どの事業者も1日単位で利用できるプランから1ヶ月単位のプランもあるので、旅行から単身赴任など様々なシーンで使えますね。

また、ポケットWi-Fiレンタルでは次の要点を押さえておきましょう。

ポケットWi-Fiレンタルのポイント
  • ポケットWi-Fiレンタルは契約解除料がかからない
  • ランニングコストはレンタルの方が高い
  • 回線の種類によって最大速度・提供エリアが異なる
  • レンタル期間は「端末到着日」から「回収日」まで

特にレンタル期間のカウントタイミングがわからずに返却日に間に合わないと、追加料金が発生することもあるので注意しましょう。

その他ポケットWi-Fiレンタルのメリット・デメリットをまとめると次の通りです。

ポケットWi-Fiレンタルのメリット
  • 1日からレンタルできる
  • 事務手数料が不要
  • 日本に住んでいなくてもOK
ポケットWi-Fiレンタルのデメリット
  • レンタル端末が古い・傷ついている可能性がある
  • クレジットカード決済が中心

今回の解説を参考に、旅行や単身赴任、一時帰国など必要なタイミングでポケットWi-Fiレンタルを活用してくださいね!

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ