【ポケットWiFi VS テザリング】徹底比較|どっちが良いか?その理由

【ポケットWiFi VS テザリング】徹底比較|どっちが良いか?その理由

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

外出先でタブレットやノートPCを快適に使いたい場合、どこでも使える通信環境が必要です。

そのため、ポケットWiFiの契約やテザリング(スマホをネットワークアダプタとして使う接続方法)の利用を検討しているかもしれません。

今回はポケットWiFiとテザリングの特徴やメリット・デメリットを比較して紹介します。

どちらを利用しようか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

ポケットWiFiとテザリングの違いをチェック!

スマホでテザリング

最初に、ポケットWiFiとテザリングの違いを詳しくみていきましょう。

この2つの違いがよくわかっていない場合や、選ぶ際にあらかじめチェックしておきたいポイントを知りたい人はぜひ最後までチェックしてください。

基本的な違いをまとめると以下の通りです。

ポケットWiFiとテザリングの主な違い
  • ポケットWiFiはモバイルルーターを使用、テザリングはスマホを使用
  • ポケットWiFiを利用したい場合は別途契約が必要
  • ポケットWiFiはルーターと回線の選択肢が豊富

上記の違いについて詳しくチェックしていきましょう。

ポケットWiFiを利用するためにはモバイルルーターが必要

MOBILE WiFi E5383

画像引用元:MOBILE WiFi E5383

ポケットWiFiを利用してPCやタブレットをインターネットに接続する場合、モバイルルーターと呼ばれる機器を利用します。

そのため、モバイルルーターを所持していない場合は調達する必要があるので注意してください。

モバイルルーターは家電量販店やECサイトで調達することもできれば、ポケットWiFi用の回線を契約する際に同時購入することもできます。

モバイルルーターにこだわりたい人は納得できるスペックのものを選びましょう。

テザリングはスマホがあればOK!

一方のテザリングは、スマホがあればほかのデバイスは必要ありません。

したがって、別途モバイルルーターの購入や回線契約をしたくない人にとってはテザリングがオススメといえるでしょう。

外出先で頻繁に使うわけではないので簡単に済ませたいという人にはテザリングがオススメです。

ポケットWiFiを利用する場合は回線契約が必要

ポケットWiFiを利用する場合は専用の回線契約が必要になります。

専用の回線契約をすることにより、数千円程度の利用料金がかかるので注意してください。

テザリングはスマホの回線契約の範囲内で利用できる

一方のテザリングはスマホの回線契約の範囲内で使える通信手段です。

そのため別途料金を支払う必要はなく、コスト面ではお得といえるでしょう。

ただし、通信容量が決まっているので大容量通信をするためには向いていません。

自分がデータ通信をどれだけ利用するかを考え、テザリングを利用するかポケットWiFiを契約するかを考えることをオススメします。

ポケットWiFiで使える回線の選択肢は豊富

SIMカード

ポケットWiFiを利用する場合は前述の通り回線契約が必要ですが、さまざまな業者が回線を提供しているのでその選択肢は豊富です。

有名なWiMAXはもちろんMVNO回線を利用することもできるため、料金やデータ通信容量、回線品質などを総合的に判断して自分にピッタリの回線を選びましょう。

SIMフリーのモバイルルーターを準備すればさまざまな回線を利用できるので、何らかの理由で使い分けたい人にとってもオススメといえるでしょう。

ポケットWiFiとテザリングはどちらを選べばいい?

ポケットWiFiとテザリングの違いについて理解できたかもしれません。

続いてどちらを選べばいいのかを簡単にチェックしていきましょう。

基本的な選び方は以下の通りなので、選び方がわからない人は必見です!

ポケットWiFiとテザリングの選び方
  • 通信容量・回線品質を求めるならポケットWiFi
  • 外出先で頻繁に利用する場合や複数のデバイスを接続するならポケットWiFi
  • コストを削減したいならテザリング
  • 利便性重視ならテザリング

これらのポイントについて簡単にチェックしていきます。

契約後に後悔しないためにも、重要なポイントをしっかり覚えておいてください。

通信容量・回線品質を求めるならポケットWiFiがオススメ

ビジネスで利用する場合など、外出先での通信に高い品質を求める場合はポケットWiFiがオススメといえるでしょう。

また、大容量通信を必要とする場合はテザリングを利用するとすぐに月間通信容量をオーバーする可能性があります。

そのため、多くの通信容量を求める場合もポケットWiFiがオススメです。

外出先で頻繁に利用する場合や複数のデバイスを接続するならポケットWiFi

WiFi

外出先で頻繁に通信を利用する場合もポケットWiFiがオススメです。

テザリングを利用する場合、通信が必要になるたびにON/OFFを切り替える必要があるので手間がかかります。

かといってずっとONにしていると勝手に通信してデータ通信量を消費してしまうので危険といえるでしょう。

そのため、頻繁に利用する場合は利便性を考えてポケットWiFiを契約するのがオススメです。

無制限に使えるポケットWi-Fiを比較|料金プランと速度でおすすめランキング

コストを削減したいならテザリング

そこまで大容量のデータ通信は必要ないので、できる限りコストを抑えたいと考えている人もいるかもしれません。

ポケットWiFiを契約すると数千円程度のコストがかかるので、コストを削減したい場合はテザリングを利用するのがオススメです。

ただし、テザリングを利用するために契約データ通信量を多くするとその分コストがかかるので、利用するデータ通信量とコストの関係を考えて判断してください。

外出中にちょっと使うだけという程度であればテザリングがオススメです。

ただし、回線契約によってはテザリング利用料金として別途数百円~1,000円程度かかるので、自分の契約内容を一度チェックしておいてください。

利便性重視ならテザリング

iPhoneとMac

テザリングはスマホ1つで利用でき、モバイルルーターを持ち歩く必要はありません。

さらに、設定しておけばボタン1つでON/OFFを切り替えられるので利便性が高いといえるでしょう。

利便性を重視する場合やモバイルルーターを持ち歩くのが面倒だと感じる場合はテザリングを利用するのがオススメです。

これらのポイントをしっかり押さえた上で、ポケットWiFiとテザリングのどちらを選ぶのかを判断しましょう。

iPhoneでテザリングする方法とできない時の対処方法と注意点

次の章ではポケットWiFiのメリット・デメリットを紹介します。

ポケットWiFiのメリット・デメリットをチェック

ポケットWiFiの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

ポケットWiFiのメリット

ポケットWiFiを利用する主なメリットは次の通りです。

ポケットWiFiのメリット
  • 別途専用回線を契約するので大容量通信を利用できる
  • 複数のデバイスを同時接続するのに最適
  • データ容量無制限の契約もある

それぞれのメリットについてこれから詳しく紹介するので、しっかりチェックしておきましょう!

大容量通信に最適

ポケットWiFiはスマホ用の回線に比べてデータ容量あたりの通信費が安めに設定されているものが多くなっています。

したがって、大容量通信を利用する人にピッタリといえるでしょう。

複数のデバイスを同時接続するのに最適

モバイルルーターはデータ通信専用機器として作られているので、安定して複数のデバイスを接続して通信することができます。

そのため、外出先でPCとタブレットなど複数のデバイスを利用したい場合にオススメです。

通信の安定性を重視する場合はポケットWiFiの利用を検討してみてください。

データ容量無制限の契約もある

WiMAXやSTAR WiFi、どんなときもWiFiのように月間通信容量が無制限の契約を提供している事業者があります。

そのため、外出先で通信量を気にせずに使いたい人や大容量データのダウンロードをしたい人にもオススメです。

ただし、無制限プランでも3日間あたりの制限など短期の制限が掛かる回線があるので、大容量通信を利用したい人はこちらもしっかり確認しましょう。

ポケットWiFiのデメリット

ポケットWiFiを利用する際に覚えておきたいデメリットもみておきましょう。

契約後に後悔しがちなポイントは次の通りなので、あらかじめチェックしておいてください。

ポケットWiFiのデメリット
  • コストがかかる
  • 固定回線の変わりにはならない
  • 無制限プランでも制限がかかるものがある

コストがかかる

ポケットWiFiを利用する場合、専用の回線を契約するのでそのぶんコストがかかります。

月額料金として3,000~5,000円程度かかり、契約時には契約手数料として3,000円程度がかかるでしょう。

また、最低利用期間が設定されているポケットWiFiを契約すると、解約する際に解約金がかかる場合があります。

このように、ポケットWiFiを契約するとさまざまなコストがかかるため、そのコストに見合うだけ利用するかどうかを考えてから契約するのがオススメです。

固定回線の変わりにはならない

月額料金を支払うのであれば、無制限プランを契約して固定回線の代わりにしようと考えている人もいるかもしれません。

しかし、ポケットWiFiは無線通信なので固定回線に比べると回線速度・安定性ともに劣っています。

そのため、ポケットWiFiを固定回線代わりに使うのはオススメできません。

月間容量が決まっているタイプの契約であれば、固定回線代わりに使うとすぐにオーバーしてしまうので注意してください。

無制限プランでも制限がかかるものがある

月間データ通信容量無制限と宣伝しているポケットWiFiでも、3日に10GB通信すると制限がかかるものなど、短期間に大量に使うと制限がかかる回線が存在しています。

たいていこのような短期の利用制限に関してはみつかりにくいところに小さく書かれているので、約款はしっかり読んでから契約してください。

もちろん、完全無制限のポケットWiFiもあるのでたくさん利用したい人はこちらを契約しましょう。

オススメのポケットWiFiを紹介

ここではオススメのポケットWiFiを紹介します。

どのポケットWiFiを契約しようか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

どんなときもWiFi

どんなときもwifi

名称どんなときもWiFi
提供元株式会社グッド・ラック
月間データ通信量無制限
短期制限制限なし
月額料金4,378円(クレジットカード)
4,851円(口座振替)
通信速度ダウンリンク: 150 Mbps
アップリンク: 50 Mbps
モバイルルータの取り扱い
最低利用期間なし
申し込みどんなときもWiFi公式サイト

どんなときもWiFiは、2019年3月にサービスインしたばかりのポケットWiFiサービスです。

「無制限」がウリのサービスなので、データ通信量を気にせずに使いたい人にオススメといえるでしょう。

料金プランも1種類でとてもシンプルなので、迷わずに使えます。

最大通信速度がほかのサービスに比べて遅めですが、通常利用で困らない程度の速度は確保されているのでポケットWiFiとして問題なく利用できるでしょう。

さらに、日本国外でも設定を変更するだけで使えるので、旅行時や出張時に便利に使いたい人も見逃せません。

利便性を重視する人、シンプルなプランがいい人、国外でも使いたい人はぜひ検討してみてください。

完全無制限のどんなときもWiFi公式サイトはこちら

主なポケットWi-Fiの通信制限について

STAR WiFi



画像引用元:完全定額格安レンタルWiFi STAR WiFi 契約縛り無しで完全定額、大容量のモバイルWiFiルーター

名称STAR WiFi
提供元株式会社ツボスタ
月間データ通信量無制限
短期制限制限なし
月額料金4,818円(SIMのみ)
4,928円(ルータ込)
通信速度ダウンリンク: 612 Mbps
アップリンク: 37.5 Mbps
モバイルルータの取り扱い
最低利用期間なし
申し込み大容量のSTAR Wi-Fi

STAR WiFiはソフトバンクの回線を利用して提供しているポケットWiFiサービスです。

データ通信量の制限がない完全無制限のプランを提供しているので、大容量通信を利用したい人にピッタリといえるでしょう。

少しでも安く使いたい場合や、長期利用を検討している場合はモバイルルーターを自分で用意してSIMのみ契約をするのがオススメです。

UQ WiMAX

画像引用元:ギガ放題│超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX

名称UQ WiMAX
提供元UQコミュニケーションズ株式会社
月間データ通信量無制限
※LTEオプション利用時は7GB/月
短期制限10GB/3日
月額料金4,455円
通信速度ダウンリンク: 440 Mbps
アップリンク: 37.5 Mbps
モバイルルータの取り扱い
最低利用期間2年間
※期間なしのプランもあり
申し込みUQ WiMAX

UQ WiMAXはKDDI系のポケットWiFiサービスです。

ポケットWiFiの中でも有名なサービスなので、検討している人も多いかもしれません。、

WiMAXはLTEオプションを利用しなければ月間データ容量制限がないため、LTEオプションなしで問題なく通信できる範囲で利用する人は見逃せません!

ただし、短期利用制限があるのでこちらに引っかからないように注意してください。

通信速度も早いので、高い通信品質を求めている人はぜひチェックしてみてください。

WiMAXの対応エリアをチェック|各社それぞれのカバー範囲について

次の章ではテザリングの利用方法を簡単にチェックします。

テザリングを使う方法をチェック

アイフォンイレブンプロ

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

自分の利用スタイルには、ポケットWiFiを契約するよりテザリングを利用するほうが向いていると感じる人もいるかもしれません。

ここではテザリングの使い方をチェックしていくので、しっかり覚えておきましょう。

使い方を一覧でまとめると以下の通りです。

テザリングを使う手順
  1. ルーターとして使うスマホでテザリングの設定を行う
  2. SSIDとパスワードをチェックする
  3. 接続するPCやタブレットに接続設定を行う
  4. 問題なく通信できれば完了

それぞれの手順について詳しくみていきましょう。

1 ルーターとして使うスマホでテザリングの設定を行う

テザリング設定

  1. 設定アプリを開く
  2. 「接続」をタップ
  3. 「テザリング」をタップ
  4. スイッチをONにしてSSIDをチェックする
  5. パスワードをチェックする

上記の手順で接続設定を行い、SSIDとパスワードをチェックしたら次に進みます。

2 接続するPCやタブレットに設定する

WiFi設定

  1. 設定アプリを開く
  2. 「接続」をタップする
  3. 「WiFi」をタップする
  4. 「ネットワークの追加」をタップする
  5. SSIDとパスワードを入力する
  6. 設定を保存する

接続する側の設定は通常のWiFi設定と同じです。

前述した手順で調べたSSIDとパスワードを入力すれば正常に接続できるでしょう。

ポケットWiFiとテザリングの特徴を覚えて自分にピッタリのサービスを使おう!

ガラケーとスマホ

今回は外出先でPCやタブレットを利用するのに使えるサービスとして、ポケットWiFiとテザリングを比較しながら紹介しました。

それぞれのポイントをまとめると次の通りです。

ポケットWiFiの特徴やメリット
  • 別途専用の回線を契約するので、通信品質が高め
  • 無制限プランも用意されているのでたっぷり使いたい人にオススメ
  • 複数のデバイスを同時に使いたい場合など、うまく使えば通信料を削減できる
テザリングの特徴やメリット
  • スマホがあれば簡単に利用できて利便性が高い
  • 別途回線契約をする必要がないのでコストが低い
  • 外出中にちょっとだけ使いたいという人にピッタリ

ポケットWiFiとテザリングの特徴を簡単にまとめると上記の通りなので、自分にどちらが合っているかを比較検討して選択してください。

基本的に、「外出中にどの程度データ通信を利用するか」でサービスを選ぶのがいいでしょう。

外出中にも快適にインターネットを利用したい人は、ぜひ今回の記事を参考にしてみることをオススメします!

月額2000円以下で無制限!ポケットWiFi・WiMAXおすすめランキング

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ