povoでiPhone SE3は使える?機種変更方法と設定手順・注意点を解説!

  • 2022年3月14日
  • by.nuko

povoのロゴ

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

povoでiPhone SE3を使おうと検討している方は多いのではないでしょうか?

この記事では、povo 2.0でiPhone SE3が使えるのかや、初期設定手順や注意点を解説します。

iPhone SE3は高コスパなことで人気があり、基本料金0円で使えるpovo 2.0とは相性抜群です!

iPhone SE3を最安値運用したい方は、この記事を参考にぜひpovo 2.0を検討してください。

povo 2.0でiPhone SE3を使う際のポイント
  • povo 2.0でiPhone SE3は使える可能性大
  • povo 2.0公式の動作確認はまだ
  • iPhone SE3のデュアルSIMは「物理SIM+eSIM」のみ

画像引用元:新発想の料金プラン「povo(ポヴォ)」誕生 – YouTube

povoでiPhone SE3は使える?

iPhone SE3

画像引用元:Apple公式サイト

結論からお伝えすると、povo 2.0でiPhone SE3が使える可能性は極めて高いと言えます。

発売前ということもあり、2022年3月14日現在はpovo公式でiPhone SE3の動作確認はされていません。

しかしSIMカードはiPhone 6s以降、eSIMはiPhone XS以降かつiOS13以降の全モデルが対応しています。

そのためiPhone SE3だけがピンポイントで使えないということは、まずないと考えていいでしょう。

iPhone 13の時と同様に、iPhone SE3発売から数日でpovo公式の動作確認ページが更新されるはずです。

どうしても不安な方はiPhone SE3の予約だけしておいて、発売後の購入手続きは動作確認が行われてからにしてもいいかもしれません。

povoでiPhone SE3を使う方法

iPhone SE3

画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

ここからは、povo 2.0でiPhone SE3を使う具体的な方法を見ていきましょう。

iPhone SE3をpovo 2.0で使う手順は次の3ステップです。

povoでiPhone SE3を使う手順
  1. iPhone SE3を購入する
  2. povoに申し込む
  3. 端末の初期設定をする

手順1:iPhone SE3を購入する

auオンラインショップ

画像引用元:au Online Shop

まずは、iPhone SE3本体を購入します。

iPhone SE3はauオンラインショップやApple Storeで購入できます。

auオンラインショップなら、購入プログラムや乗り換えの割引で実質半額以下に!

iPhone SE3の価格

容量価格スマホトクするプログラム
適用後
64GB65,335円34,615円
128GB75,190円39,790円
256GB93,720円49,680円
詳細auオンラインショップ

auオンラインショップでiPhone SE3を購入する手順は以下の通り。

  1. auオンラインショップでiPhone SE3のバナーをタップ
    auオンラインショップでiPhone SE3のバナーをタップ
  2. iPhone SE3が選択されていることを確認
    iPhone SE3が選択されていることを確認
  3. カラーと容量を選ぶ
    カラーと容量を選ぶ
  4. 契約種別を選ぶ
    契約種別を選ぶ
  5. 受け取り方法を選ぶ
    受け取り方法を選ぶ
  6. 「お手続きに進む」をタップ
    「お手続きに進む」をタップ
  7. 【予約期間中】契約者情報を入力して予約
    →入荷メールのURLから本契約
    【予約期間中】契約者情報を入力して予約
  8. 【販売開始後】「au Oneline Shopで契約・購入」をタップ
    【販売開始後】「au Oneline Shopで契約・購入」をタップ
  9. au IDの新規作成 or ログイン
    au IDの新規作成 or ログイン
  10. 「機種のみ購入する」or「アクセサリーも一緒に購入する」をタップ
    「機種のみ購入する」or「アクセサリーも一緒に購入する」をタップ
  11. お住まいの都道府県や利用者情報を確認して「手続きを進める」をタップ
    お住まいの都道府県や利用者情報を確認して「手続きを進める」をタップ
  12. 画面に従ってプラン変更や本人確認をして手続きを完了する
    画面に従ってプラン変更や本人確認をして手続きを完了する

以降の手続きは契約状態によって異なるので、画面に従って手続きを進めてください。

手続きが完了したら、iPhone SE3が届くのを待ってpovoに申し込みましょう。

手順2:povoに申し込む

フォト&ムービーコンテスト~#povoギガ活チャレンジ~

画像引用元:povoフォト&ムービーコンテスト ~#povoギガ活チャレンジ~|povo2.0

iPhone SE3が届いたら、早速povo 2.0に申し込みましょう。

povo 2.0の申し込みはpovo 2.0アプリから行います。

アプリダウンロードはこちら
アップルストア

なお、2022年3月13日現在、auやpovo1.0からの番号移行はメンテナンス中のため、auユーザーでもMNP予約番号が必要です。

まだpovoユーザーでない方はpovo公式サイトにアクセスし、以下の通り申し込みをしましょう。

  1. 本人確認書類とクレジットカードを用意
    povo申し込み準備
  2. MNP予約番号を取得
    事業者Web電話
    ドコモ My docomo 0120-800-000
    受付:9:00〜20:00
    au My au 0077-75470
    受付:9:00〜20:00
    ソフトバンク My SoftBank 0800-100-5533
    受付:9:00〜20:00
    楽天モバイルmy楽天モバイル-
  3. povo 2.0アプリを起動
    povoアプリを起動
  4. 「povo 2.0を申し込む」をタップ
    「povo 2.0を申し込む」をタップ
  5. povo 2.0お試しキャンペーンのコード「TRYPOVO3」を適用して「次へ」をタップ
    (24時間データ使い放題が1回自動適用されます。)
    povo2.0お試しキャンペーンのコード「TRYPOVO3」を適用して「次へ」をタップ
  6. メールアドレスを入力して「次へ」をタップ
    メールアドレスを入力して「次へ」をタップ
  7. メールで届いた認証コードを入力して「次へ」をタップ
    メールで届いた認証コードを入力して「次へ」をタップ
  8. SIMタイプを選ぶ
    SIMタイプを選ぶ
  9. 契約種別を選び「次へ」をタップ
    契約種別を選び「次へ」をタップ
  10. 重要事項説明にチェックを入れて「この内容で申し込む」をタップ
    重要事項説明にチェックを入れて「この内容で申し込む」をタップ
  11. クレジットカード情報を入力して「設定する」をタップ
    クレジットカード情報を入力して「設定する」をタップ
  12. 「次へ進む」をタップ
    「次へ進む」をタップ
  13. 利用する本人確認書類を選ぶ
    利用する本人確認書類を選ぶ
  14. 注意事項を確認して「次へ進む」をタップ
    注意事項を確認して「次へ進む」をタップ
  15. ガイドに合わせて本人確認書類や顔写真を撮影
    ガイドに合わせて本人確認書類や顔写真を撮影
  16. 画面に従ってふりがなやMNP予約番号等を入力して申し込む

これでpovo 2.0の申し込みは完了です。

申し込み完了時や審査が完了した段階でメールが届きます。

申し込み完了のメール届いたら、iPhone SE3にpovo 2.0を設定しましょう。

なお、SIMカードで申し込む場合は到着まで数日待つことになりますが、eSIMなら手続き完了後すぐに使い始められます。

iPhone SE3はeSIMが使えるので、他社のeSIM契約がなければeSIMで申し込みましょう。

手順3:端末の初期設定をする

iPhone SE3

画像引用元:Apple – iPhone SE3

povo 2.0の審査が完了したら、iPhone SE3でpovo 2.0を使えるように設定しましょう。

なお、SIMカードで申し込んだ場合とeSIMで申し込んだ場合で、初期設定方法が異なります。

iPhone SE3の初期設定概要
  • SIMカードの場合
    →回線切替とSIMカードの有効化
  • eSIMの場合
    →回線切替とeSIM設定

iPhoneの通信設定は「構成プロファイルのインストール」が一般的ですが、povo 2.0はiOS15以降なら構成プロファイル不要です。

SIMカードで申し込んだ場合の初期設定

povo 2.0をSIMカードで申し込んだ方は、SIMカードが届き次第、以下の手順で初期設定しましょう。

手順画像引用元:SIMカードご利用のお客様|【公式】povo2.0

  1. iPhone SE3にpovoのSIMカードを入れる
  2. povo 2.0アプリを開き「SIMカードを有効化」をタップ
    povoアプリを開き「SIMカードを有効化」をタップ
  3. 「バーコードをスキャンする」をタップ
    「バーコードをスキャンする」をタップ
  4. povoのSIMカード台紙のバーコードをカメラでスキャン
    povoのSIMカード台紙のバーコードをカメラでスキャン
  5. 「SIMカードを有効化する」をタップ
    「SIMカードを有効化する」をタップ

これでSIMカードの有効化は完了です。

Wi-FiをOFFにして、iPhone SE3が通信できることを確認してください。

eSIMで申し込んだ場合の初期設定

povo 2.0をeSIMで申し込んだ方は、審査が完了したら以下の手順で初期設定しましょう。

手順画像引用元:eSIMご利用のお客様(iPhone)|【公式】povo2.0

  1. povo 2.0アプリを開き「eSIMを発行する」をタップ
    (「回線切替/eSIMを発行する」と表示される場合があります)
    povoアプリを開き「eSIMを発行する」をタップ
  2. eSIMの有効化完了画面で「次へ」をタップ
    eSIMの有効化完了画面で「次へ」をタップ
  3. 「eSIMの設定」をタップ
    「eSIMの設定」をタップ
  4. 「SM-DP+アドレス」をコピーする
    「SM-DP+アドレス」をコピーする
  5. ホーム画面に戻って設定を開く
    ホーム画面に戻って設定を開く
  6. 「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」をタップ
    「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」をタップ
  7. 「詳細設定を手動で入力」をタップ
    「詳細設定を手動で入力」をタップ
  8. コピーした「SM-DP+アドレス」をペースト
    コピーした「SM-DP+アドレス」をペースト
  9. povo 2.0アプリに戻って「アクティベーションコード」をコピー
    povoアプリに戻って「アクティベーションコード」をコピー
  10. 設定に戻って「アクティベーションコード」をペースト
    設定に戻って「アクティベーションコード」をペースト
  11. 「次へ」→「モバイル通信プランを追加」をタップ
    「次へ」→「モバイル通信プランを追加」をタップ

これでiPhone SE3にpovoのeSIMが設定できました。

Wi-FiをOFFにして通信できることを確認しましょう。

povoでiPhone SE3を使う際の注意点

iPhone SE3

画像引用元:Apple公式サイト

最後に、povo 2.0でiPhone SE3を使う際の注意点を解説します。

povo 2.0は基本料金0円で利用できるため、iPhone SE3と組み合わせればコスパ最強です。

しかし、povo 2.0自体の注意点とiPhone SE3の仕様上の注意点があります。

povo 2.0×iPhone SE3の注意点
  • データ量のトッピングなしは最大128kbpsで超低速
  • 6ヶ月に1回はトッピング or 660円以上の通話・SMS利用が必要
  • povo 2.0は海外利用できない
  • デュアルSIMは「物理SIM+eSIM」のみ

データ量のトッピングなしは最大128kbpsで超低速

povo 2.0は基本料無料で、データ量はフルプリペイド型のサービスです。

データ量をトッピングしない場合の通信速度は、最大128kbpsと超低速です。

この速度では、Googleで検索するだけでもなかなか表示されず、動画はまず視聴できません。

そのため、必要に応じてデータ量をトッピングしましょう。

なお、データ量のトッピングは、まとめて大容量を選んだ方がお得です。

povo 2.0のデータ量トッピング料金

データ追加容量期間金額
無制限24時間330円
1GB7日間390円
3GB30日間990円
20GB30日間2,700円
60GB90日間6,490円
150GB180日間12,980円

6ヶ月に1回はトッピング or 660円以上の通話・SMS利用が必要

家のWi-Fi中心の利用など、povo 2.0を基本料無料で運用する方は、強制解約されないように注意しましょう。

povo 2.0は以下のいずれかの条件を満たさないと、強制解約されてしまいます。

povo 2.0の強制解約回避条件
  • 最後のトッピングの有効期限翌日から180日以内にトッピング
  • 通話料やSMSの通信料で660円以上の利用

ずっと無料で持ち続けられるわけではなく、半年に1回は課金しないといけません。

なお、トッピングはデータ使い放題(24時間)を1回330円でOKです。

うっかり無課金で180日経過しないように、リマインダーを設定しておいた方がいいでしょう。

povo 2.0は海外利用できない

2022年3月13日現在、povo 2.0は国際ローミング非対応です。

日本国内から海外への通話はできますが、海外に持ち出しても通信できません。

povo 2.0利用中に海外に行くことになった場合は、別途現地のプリペイドSIMを購入するか、一時的にahamoやLINEMOへの乗り換えを検討しましょう。

デュアルSIMは「物理SIM+eSIM」のみ

iPhone SE3はデュアルSIMに対応していますが、「物理SIM+eSIM」の組み合わせのみです。

iPhone 13のように「eSIM+eSIM」での利用はできません。

そのため、povo 2.0 + 楽天モバイルなど、eSIM対応事業者2社を利用する場合は、片方が物理SIMを発行してもらう必要があります。

povo 2.0でiPhone SE3を最安値で使おう!

Apple StoreのiPhone SE3

画像引用元:iPhone SEを購入 – Apple(日本)

今回は、povo 2.0でiPhone SE3が使えるかと、設定手順や注意点を解説しました。

povo 2.0 × iPhone SE3まとめ
  • povo 2.0でiPhone SE3は使える可能性大
  • povo公式の動作確認はまだ
  • iPhone 13以前は問題なく使えている
  • eSIMなら申し込み当日から使える!
  • 強制解約回避のため6ヶ月に1回はトッピングしよう
  • iPhone SE3のデュアルSIMは「物理SIM+eSIM」のみ

povo 2.0がiPhone SE3に対応しているかの公式発表はまだありません。

しかし、物理SIMならiPhone 6s以降、eSIMならiPhone XS・iOS13以降なら全て対応しています。

そのため、十中八九iPhone SE3でもpovo 2.0は使えると考えていいでしょう。

また、povo 2.0はeSIMに対応しているため、申し込み審査完了後にすぐ使えるようになります。

iPhone SE3を最安値で運用したい方は、今回の解説を参考に、ぜひpovoと組み合わせてください!

povo(ポヴォ)の評判はどう?デメリット6つ・メリット6つを完全解説

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!