povoでiPhoneを使う方法|対応機種・設定方法・注意点まとめ

  • 2021年4月21日
  • by.nuko

iPhone 12 mini

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、povoで使えるiPhoneの対応機種や乗り換えから設定方法について解説します。

povoは20GBが2,728円で使えることから、申込む方が多くなっています。

ただ、auショップでのサポートが受けられないため、スマホに詳しくない方は対応機種や初期設定に不安がありますよね。

しかし、iPhoneならかなり古い機種から対応OKで、設定も手順通り行うだけです。

povoへの乗り換え検討中のiPhoneユーザーの方は、ぜひ本記事を参考に乗り換えてください!

povoで使えるiPhoneまとめ
  • 物理SIMならiPhone 6s以降が対応
  • eSIMならiPhone XS以降が対応
  • auのiPhone 7以前だとau ICカードの交換が必要
  • povoでiPhone販売はないため事前に用意する
povoではスマホ端末の販売がありません。機種変更はauオンラインショップで事前に済ませておきましょう。
人気記事

この記事では、3月23日にサービスを開始した「povo」の評判について解説します。 povoは料金の安さに大きなメリットがあります。 一方でオンライン専用プランのため、メインブランドのauにはないデメリットも。 他社のオン[…]

povoの評判まとめ

povoで使えるiPhoneの機種一覧

iPhone XS Max

対応機種物理SIMeSIM
iPhone 6s/6s Plus×
iPhone SE(第1世代)×
iPhone 7/7 Plus×
iPhone 8/8 Plus×
iPhone X×
iPhone XS/XS Max
iPhone XR
iPhone 11シリーズ
iPhone SE(第2世代)
iPhone 12シリーズ

povoで使えるiPhoneを一覧にまとめると上表の通りです。

2015年9月発売のiPhone 6sから対応しているため、現在iPhoneを使っている方ならほぼ確実にpovoに対応していると考えていいでしょう。

povoでiPhoneを使う際の注意点

povoをiPhoneを利用する際は、次の3つのポイントに注意しましょう。

povoでiPhoneを使う注意点
  • povoでiPhoneの販売はない
  • auでiPhone 7以前はau ICカード交換が必要
  • auからpovoへの乗り換えではeSIMが選択できない

povoでiPhoneを購入することはできない

povoは料金プランだけの提供で、iPhoneやその他端末の販売はしていません。

povoに乗り換える際に新しいiPhoneが欲しい方は、auオンラインショップ等でiPhoneを購入する必要があります。

ただし、auオンラインショップでiPhoneを購入する場合には、povo申込み前に商品の受け取りと利用開始手続きが必要です。

povo申込み後はauオンラインショップは利用できなくなるので、これからiPhoneを購入する方は注意してください。

auでiPhone 7以前はau ICカード交換が必要

iPhone 7

auのiPhone 7以前を利用中の方がpovoに乗り換える際、au ICカード(SIMカード)の交換が必要になります。

povoではau ICカードの交換が伴う方の申込み受付を4月13日に開始しましたが、該当する方は新しいau ICカードが届くまでpovoでの利用ができません。

新しいau ICカードの開通手続きはiPhoneに挿して電源を入れるだけでOKですが、auからの乗り換えでもすぐpovoが利用できるわけではないことに注意しましょう。

auからpovoへの乗り換えではeSIMが選択できない

iPhone XS以降のiPhoneを利用している方は、eSIMを使いたいと考えている方もいますよね。

しかし、現在auを利用している方がpovoに乗り換える場合、eSIMでの契約はできません。

povoのeSIMは新規契約・乗り換え限定なので、auユーザーの方は注意しましょう。

auからpovoに乗り換えてiPhoneを使う手順

auからpovoに乗り換えてiPhoneを使うのは簡単で、次の2ステップだけで完了します。

auからpovoに乗り換えるには
  1. povoに対応しているiPhoneを確認
  2. povoに申込む

povoに対応しているiPhoneを確認

auからpovoに乗り換える際は物理SIMのみとなるため、iPhone 6s以降なら対応しています。

なお、auで利用していたiPhoneならSIMロック解除も不要で、そのままpovoで利用できます。

povoに申し込む

お持ちのiPhoneがpovoに対応していたら、あとはpovoに申込むだけです。

auからpovoへの変更は、申込み完了後すぐ適用されます。

ただし、夜間の申込みの場合は翌朝9時以降になることがあるため、夜遅くに手続きする方は注意しましょう。

事前手続きが必要なサービスに注意

auで利用しているサービスによっては、povoの申込み前に契約解除・変更が必要なものがあります。

事前の手続きが必要なサービス

サービス名必要な手続き
ナンバーシェア解除
タブレットデータシェアプランプラン変更
タブレットプラン ds
(2年契約/3年契約)
プラン変更
スマホセット割解除
Qua Stationプラン ds解約
無線LAN STICKプラン ds解約
auスマートバリューmine解約

ナンバーシェアはApple Watchアプリから解除できますが、それ以外のサービスはauお客さまセンターへの電話が必要です。

My auでは解除・変更できないので注意してください。

他社からpovoに乗り換えてiPhoneを使う手順

他社からpovoに乗り換える際は、MNP予約番号の取得が必要になります。

それ以外はauからpovoに乗り換える流れとほぼ同じです。

他社からpovoに乗り換えるには
  1. povoに対応しているiPhoneを用意する
  2. MNP予約番号を取得する
  3. povoに申込む

povoに対応しているiPhoneを用意する

他社からpovoに乗り換える際は、お持ちのiPhoneがSIMロック解除されているか確認しましょう。

povoはau回線なので、auのiPhoneとSIMフリーのiPhoneはそのまま利用できます。

また、iPhone XS以降のiPhoneならeSIMでpovoが利用できます。

MNP予約番号を取得する

お持ちのiPhoneがpovoに対応OKなら、続いてMNP予約番号を取得しましょう。

主要回線のMNP予約番号取得窓口

事業者Web電話
ドコモ My docomo 0120-800-000
受付:9:00〜20:00
ソフトバンク My SoftBank 0800-100-5533
受付:9:00〜20:00
楽天モバイルmy楽天モバイル-
UQモバイル my UQ mobile0120-929-818
受付:9:00〜21:00
ワイモバイル my Y!mobile 0120-921-156
受付:9:00〜20:00

なお、MNP予約番号は発行から15日間の有効期限があります。

物理SIMでpovoを申込む方は、念のため申込み当日にMNP予約番号を取得することをおすすめします。

povoに申し込む

iPhoneとMNP予約番号が準備できたら、povoに申込みましょう。

なお、povoの契約には以下の書類が必要です。

povoの契約に必要なもの
  • 本人確認書類
  • 本人名義のクレジットカード

本人確認書類については運転免許証やマイナンバーカードなどauと同じ基準で用意すればOKです。

ただ、本人確認は基本的にeKYCを利用するため、povoの申込みはiPhoneで行いましょう。

なお、物理SIMを利用する場合のみ画像アップロードでの本人確認ができますが、利用できる本人確認書類が運転免許証のみとなることに注意しましょう。

また、povoの申込み完了時に表示される「注文番号」と、申込中に決める「注文履歴確認用パスワード」は初期設定の際に必要になります。

必ずスクショやメモで控えておいてください。

申込みが完了したら、SIMの種類に合わせてiPhoneの初期設定を行いましょう。

povoのiPhone初期設定方法【物理SIM編】

povoを物理SIMで申し込んだら、あとはau ICカードが届き次第iPhoneの初期設定するだけです。

povoの初期設定手順
  1. iPhoneにau ICカードを挿れる
  2. 【MNP】回線切り替え手続き
  3. 発信テスト

手順1:iPhoneにau ICカードを挿れる

au ICカード

画像引用元:au ICカード開通手続き|新料金プラン「povo」誕生|au

まずはiPhoneにau ICカード(SIMカード)を挿れましょう。

au ICカードはカードサイズの台紙で届くので、SIMカード部分を取り外して使います。

手順2:【MNPのみ】回線切り替え手続き

他社からpovoへ乗り換えた方は、回線を切り替えましょう。

回線切り替えはpovoの注文履歴で行います。

なお、回線切り替え手続きは朝9時〜夜9時15分までの受付です。

回線切り替えの手順

画像引用元:注文履歴表示ログイン分岐 | au Online Shop

  1. povoの「ご注文履歴」にアクセス
  2. 「新規契約・他社からの乗り換え(MNP)」をタップ
    「新規契約・他社からの乗り換え(MNP)」をタップ
  3. 「ご注文番号の入力へ進む」をタップ
    「ご注文番号の入力へ進む」をタップ
  4. 注文番号と注文履歴確認用パスワードを入力
    注文番号と注文履歴確認用パスワードを入力
  5. 「ご注文履歴を表示する」をタップ
  6. 「回線を切り替える」をタップ
  7. iPhoneの電源を切る
  8. 30分程度待ってからiPhoneの電源ON

これで回線切り替えは完了です。

iPhoneのアンテナピクトが立てば、無事povoへ切り替わっています。

手順3:発信テスト

ここまでの設定が完了したら、最後に発信テストを行います。

発信テストの手順
  1. 111に発信
  2. ガイダンスを最後まで聞く

povo公式サイトによると、発信テストを完了しないと正常に利用できない場合があるようです。

ガイダンスはすぐ終わるので、忘れずに発信テストを行ってください。

povoのiPhone初期設定方法【eSIM編】

povoをeSIMで契約したら、iPhoneのeSIMを設定しましょう。

なお、iPhoneにeSIMを設定するには、設定するiPhone以外の端末とWi-Fi環境が必要です。

povoの初期設定手順
  1. 【MNPのみ】回線切り替え手続き
  2. povo利用端末以外でQRコードの取得
  3. povoを利用するiPhoneでQRコードを読み取る
  4. 発信テスト

手順1:【MNPのみ】回線切り替え手続き

他社からpovoへ乗り換えた方は、まず回線を切り替えましょう。

回線切り替えはpovoの注文履歴で行います。

なお、回線切り替え手続きは朝9時〜夜9時15分までの受付です。

回線切り替えの手順

画像引用元:注文履歴表示ログイン分岐 | au Online Shop

  1. povoの「ご注文履歴」にアクセス
  2. 「新規契約・他社からの乗り換え(MNP)」をタップ
    「新規契約・他社からの乗り換え(MNP)」をタップ
  3. 「ご注文番号の入力へ進む」をタップ
    「ご注文番号の入力へ進む」をタップ
  4. 注文番号と注文履歴確認用パスワードを入力
    注文番号と注文履歴確認用パスワードを入力
  5. 「ご注文履歴を表示する」をタップ
  6. 「回線を切り替える」をタップ
  7. iPhoneの電源を切る
  8. 30分程度待ってからiPhoneの電源ON

これで回線切り替えは完了です。

手順2:povo利用端末以外でQRコードの取得

続いてeSIMを設定するためのQRコードを取得します。

QRコード取得手順

  1. povoのプロファイル設定ページにアクセス
  2. au IDでログイン
  3. QRコードが表示される

このQRコードはiPhoneのカメラで読み取ることになるので、設定するiPhone以外の端末を利用しましょう。

手順3:povoを利用するiPhoneでQRコードを読み取る

QRコードが表示できたら、いよいよiPhoneにeSIMを設定しましょう。

iPhoneのeSIM設定手順

画像引用元:eSIM開通手続き|新料金プラン「povo」誕生|au

  1. iPhoneをWi-Fiに接続する
  2. 設定を開き「モバイル通信」をタップ
    設定を開き「モバイル通信」をタップ
  3. 「モバイル通信プランの追加」をタップ
    「モバイル通信プランの追加」をタップ
  4. QRコードを読み取る
    QRコードを読み取る
  5. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
    「モバイル通信プランを追加」をタップ

これでpovoのeSIM設定は完了です。

手順4:発信テスト

ここまでの設定が完了したら、最後に発信テストを行います。

発信テストの手順
  1. 111に発信
  2. ガイダンスを最後まで聞く

povo公式サイトによると、発信テストを完了しないと正常に利用できない場合があるようです。

ガイダンスはすぐ終わるので、忘れずに発信テストを行ってください。

iPhoneでpovoを使うのは簡単!

今回はpovoに対応したiPhoneと設定方法について解説しました。

povoで使えるiPhoneまとめ
  • 物理SIMならiPhone 6s以降が対応
  • eSIMならiPhone XS以降が対応
  • auのiPhone 7以前だとau ICカードの交換が必要
  • povoでiPhone販売はないため事前に用意する

povoではiPhone 6s以降のiPhoneが対応しているため、iPhoneユーザーの多くは問題なく利用できますね!

また、povoでiPhoneを使うための手順も簡単で、特にauからの乗り換えなら申込み完了後すぐpovoに切り替わります。

他社からMNPでも簡単な初期設定だけなので、スマホにあまり慣れていなくても安心です。

povoでiPhoneを使う流れまとめ
  1. 対応するiPhoneを用意する
  2. povoを申し込む
  3. iPhoneの初期設定やMNP開通手続き

iPhoneでpovoを使いたい方は、今回の解説を参考に気軽にpovoに申し込みましょう!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!