povoでauかんたん決済が使える!引き継ぎや料金確認方法も解説

  • 2022年11月30日
  • by.iton

povo

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

povo2.0では、auかんたん決済の利用は可能です。

ただ、使い方が大きく制限されます。

本記事では、povoでのauかんたん決済の利用方法や注意点について詳しく解説します。

auやUQモバイルからpovoへの移行を計画している方は、ぜひご一読ください。

povo2.0の場合
  • 「通信料金合算支払い」のauかんたん決済:利用できない
  • 「通信料金合算支払い」以外のauかんたん決済:継続利用可能
  • Apple IDとGoogleアカウントの支払い方法にauかんたん決済を使用できない

【結論】povoでauかんたん決済を使う方法

auかんたん決済

画像引用元:かんたん&べんり キャリア決済|auかんたん決済

povoでauかんたん決済を利用できるかどうかは、利用するプランがpovo1.0なのかpovo2.0なのかによって変わります。
(2022年11月現在はpovo2.0のみ提供)

povo1.0とpovo2.0それぞれにおける、auかんたん決済の利用可否状況は次のとおりです。

povo1.0の場合
  • 継続してauかんたん決済を利用できる
povo2.0の場合
  • 「通信料金合算支払い」のauかんたん決済:利用できない
  • 「通信料金合算支払い」以外のauかんたん決済:継続利用可能
  • Apple IDとGoogleアカウントの支払い方法にauかんたん決済を使用できない

auかんたん決済とは

auかんたん決済

画像引用元:auかんたん決済

まず、そもそもauかんたん決済とはどのようなサービスなのかを振り返りましょう。

auかんたん決済の特徴は次のとおりです。

auかんたん決済とは
  • KDDIの通信料金と合算請求できる
  • KDDIのユーザーでなくても利用できる
  • クレジットカード等の支払方法にも対応

KDDIの通信料金と合算して請求されるしくみがある

auかんたん決済の特徴は、auやUQモバイル等の通信料金と合算して請求されるしくみ(通信料金合算支払い)がある点です。

メリットは、サービス事業者に支払情報をあえて登録しなくてもよいところ。

auかんたん決済を利用している方の多くは、この通信料金合算支払いを利用していると思われます。

通信料金合算支払いの対象となる通信サービスは、以下のとおりです。

通信料金合算支払いの対象となる通信サービス
  • au通信サービス
  • UQモバイル通信サービス契約(DIGNO® Phoneは対象外)
  • povo1.0通信サービス

KDDIとの契約がなくても利用できる

あえて登録するメリットは少ないものの、KDDIのユーザーでなくてもauかんたん決済を利用できます。

ただし通信料金と合算して請求される「通信料金合算支払い」は利用できないので、他の支払い方法を登録する必要があります。

auかんたん決済が対応する支払い方法

auかんたん決済に利用できる支払い方法は次のとおりです。

auかんたん決済に利用できる支払い方法
  • 通信料金合算支払い
  • au PAYカード支払い
  • au PAY 残高支払い
  • WebMoney支払い
  • クレジットカード支払い

注意したいのは、auかんたん決済に対応しているサービスであっても、「通信料金合算支払いのauかんたん決済」にしか対応していない場合があるということです。

「クレジットカード支払いのauかんたん決済」でサービスに課金しようとしても、エラーが出てしまいます。

auかんたん決済のスタンダードな利用方法は、通信料金合算支払いを使用したものといえるでしょう。

povo1.0でauかんたん決済を利用する方法

povoのロゴ

画像引用元:新発想の料金プラン「povo(ポヴォ)」誕生 – YouTube

「povo2.0」の提供が開始された2021年9月末に、「povo1.0」は新規受付を終了しました。

月間20GBを月額2,728円で使えるという料金プランでした。

povo1.0におけるauかんたん決済の利用可否については、次のとおりです。

povo1.0の場合
  • 手続きなしでauかんたん決済を継続利用できる

設定変更なしで利用できる

povo1.0では、auかんたん決済をそのまま利用できます

面倒な手続きは一切不要。auかんたん決済の支払い情報などは、自動的にpovo1.0へ引き継がれました。

povo2.0でauかんたん決済を利用する方法

povo 1GB30日フリートライアルキャンペーン

画像引用元:基本料ゼロから始めるau回線のスマホプラン【公式】povo2.0

次にpovo2.0でauかんたん決済を利用する方法を見ていきましょう。

2021年9月末から提供が開始された「povo2.0」は、基本料金が月額0円・データ量0GBの画期的なプランです。

povo2.0の場合
  • 支払い方法が「通信料金合算支払い」の場合:利用できない
  • 支払い方法が「通信料金合算支払い」以外の場合:継続利用可能
  • Apple IDとGoogleアカウントの支払い方法にauかんたん決済を使用できない

povo1.0では制限なしでauかんたん決済を利用できましたが、povo2.0では大きく制限されます

通信料金合算支払いの場合:利用できない

通信料金合算支払いのauかんたん決済は、povo2.0に移行すると利用できなくなります

利用しているサービスでauかんたん決済以外の支払い方法を選択できるのであれば、他の支払い方法に変更しましょう。

サービスによっては、一度解約して新規登録する作業が必要になるかもしれません。

面倒ですがauかんたん決済の利用明細を確認し、各サービスの決済方法を確認してください。

KDDI系アプリなら「請求継続」で利用可能

以下のKDDI系サービスは、「請求継続」に変更することによりpovo2.0に移行したあとも継続利用できます。

「請求継続」対象のサービス
  • auスマートパス/auスマートパスプレミアム
  • データお預かり容量追加
  • ブックパス読み放題 総合/ブックパス読み放題 雑誌
  • うたパス ベーシック/うたパス MYうたプラス/うたパス オンデマンド
  • auナビウォーク300/auナビウォーク200
  • au助手席ナビ
  • auカーナビ
  • 安心ナビ
  • au自転車サポート

「請求継続」するには、下記手続きを行いましょう。

請求継続の設定方法
  1. au ID会員情報サイトにアクセス
  2. MENU>auかんたん決済>利用制限設定と進む
  3. 画面下部の「こちらから」をタップ
  4. 請求継続の利用設定

通信料金合算払い以外の支払い方法の場合:継続利用可能

「通信料金合算支払い」以外のauかんたん決済であれば、継続して利用できます

「通信料金合算支払い以外」の支払い方法は以下の4種類です。

auかんたん決済に利用できる支払い方法(通信料金合算支払い以外)
  • au PAYカード支払い
  • au PAY 残高支払い
  • WebMoney支払い
  • クレジットカード支払い

引き継ぎ手続き等は必要なく、そのまま利用できます。

Apple ID/Goole アカウントの支払い方法:利用不可

Apple IDやGoogle アカウントの支払い方法にauかんたん決済を利用していた場合、povo2.0に移行することで利用できなくなります。

上記のケースの場合は、クレジットカード払いなど他の支払い方法を選択する必要があります。

auかんたん決済の料金を確認する方法

スマホを触って操作する

auかんたん決済で利用した料金を確認する方法は、次のとおりです。

どのサービスに、どの支払方法のauかんたん決済を利用しているかがわかるので、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

  1. STEP.
    auID会員情報サイトにアクセスしログインする
  2. STEP.
    「MENU」をタップ
    auかんたん決済 手順
  3. STEP.
    「ご利用明細」をタップ
    auかんたん決済 手順
  4. STEP.
    確認したい月を選択
    auかんたん決済 手順
  5. 終了

povo2.0ではauかんたん決済がほぼ使えない

povo2.0乗り換えでおトクに

画像引用元:povo2.0へのお乗り換えでもっとおトクに!|基本料ゼロから始めるau回線のスマホプラン【公式】povo2.0

本記事では、povoで利用できるauかんたん決済について解説しました。

povo1.0の場合
  • 継続してauかんたん決済を利用できる
povo2.0の場合
  • 「通信料金合算支払い」のauかんたん決済:利用できない
  • 「通信料金合算支払い」以外のauかんたん決済:継続利用可能
  • Apple IDとGoogleアカウントの支払い方法にauかんたん決済を使用できない

通信料金合算支払いのauかんたん決済は利用できなくなるため、利用しているサービそれぞれで支払い変更等の手続きが必要になります。

Apple ID/Google アカウントに対する支払いにも利用できなくなるため、クレジットカード等に変更しましょう。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
22歳でIT関連企業に就職後、法人営業として13年間仕事してきました。ハードウェア販売、会計・売り上げ管理ソフトウェア導入の経験を活かし、IT関連の記事を執筆しています。ネットを使った調べ物が大好き。
au公式サイトを見る