povoで開通できないときに考えられる原因11個と対処法12個

  • 2021年5月9日
  • by.船本ちとせ

povo

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

povoを申し込みしたものの、うまく開通せずにお困りではありませんか?

当記事ではpovoが開通しないときに考えられる原因11個とその対処法を12個に分けて解説します。

解決の糸口が見つかる可能性もありますので、いち早くpovoを開通させて利用したい方は読み進めてみてください。

povoを開通するときのポイント
  • povoのSIMカードをスマホに入れる
  • eSIMの場合は切り替えの操作をする
  • povoの対応端末が必要
  • 他社のスマホを使うならSIMロック解除を
  • 回線の切り替え手続きを最後まで実施する
  • iPhoneはプロファイル設定、AndroidはAPN設定を正しく行う
povoではスマホ端末の販売がありません。機種変更はauオンラインショップで事前に済ませておきましょう。
人気記事

この記事では、3月23日にサービスを開始した「povo」の評判について解説します。 povoは料金の安さに大きなメリットがあります。 一方でオンライン専用プランのため、メインブランドのauにはないデメリットも。 他社のオン[…]

povoの評判まとめ

トップ画像引用元:君にピッタリの自由へ、一緒に。新料金プラン「povo」誕生|au

povoで開通できないときに考えられる原因11個

povo申し込み方法

画像引用元:君にピッタリの自由へ、一緒に。新料金プラン「povo」誕生|au

本来、SIMカードの開通手続きが正常に終わっていれば電波が入るはずですが、圏外状態が続くと不安になるものです。

ここでは、povoが開通しないときに考えられる原因を11個挙げてみました。

povoが開通しないときに考えられる11個の原因
  • 開通に時間がかかっている
  • povoのSIMカードを入れていない
  • eSIMの開通手続きが間違っている
  • 利用するスマホにSIMロックがかかっている
  • povoの対応端末ではない
  • 【MNP】切り替え手続きの受付時間外になっている
  • 【MNP】切り替え手続きがうまくできていない
  • 【iPhone】プロファイル設定が変更されていない
  • 【Android】APN設定が完了していない
  • 【auからの変更】夜間に申し込みしている
  • 発信テストを実施していない

それぞれの詳細を解説するので、心当たりがないか確認してみてください。

開通に時間がかかっている

正常に開通の手続きを完了させていても、混雑などによりau側の処理がすぐ終わらない可能性があります。

povo公式サイトにも「圏外表示からアンテナ表示に変わるまでに時間がかかる場合があります」と記載があるので、しばらく様子を見てみましょう。

1時間以上経っても開通しない場合は、ほかのことが原因になっているかもしれません。

併せて以下の原因も確認してみてください。

povoのSIMカードを入れていない

povoで通信するには「au ICカード(SIMカード)」が必要です。

他社からの乗り換えや新規契約では、新しく届いたSIMカードに入れ替えをしなくてはなりません。

以前契約したSIMカードがスマホに入ったままになっていないか、一度確認してみてください。

これまでもauユーザーで、使っていたSIMカードをそのまま引き継げる場合、入れ替え作業は不要です。

eSIMの開通手続きが間違っている

通常のSIMカードではなく、eSIMのスマホでpovoを利用する方もいるでしょう。

eSIMの場合は開通の操作を別途する必要があり、どこかが抜けていると正常に電波が入りません。

手順通りにできているか確認は必須です。

利用するスマホにSIMロックがかかっている

ドコモやソフトバンクなどで購入したスマホを利用するときは「SIMロック」がかかっているため、povoのSIMカードを入れても通信ができません。

他社で購入したスマホをpovoで使えるようにするには、各キャリアで「SIMロック解除」の手続きが必要です。

なお、auで購入したスマホを使ったり、SIMフリースマホを利用したりする場合は、SIMロック解除の手続きをすることなく開通できます。

povoの対応端末ではない

povoでは端末を販売していないため、自分でスマホを用意しなくてはなりません。

しかし、その際に用意したスマホはpovoに対応しているでしょうか?

もしも、非対応端末を使おうとしている場合は、正常に動作せずに圏外になってしまう可能性があります。

【MNP】切り替え手続きの受付時間外になっている

他社から乗り換えをするMNPの場合、専用Webサイトから切り替え手続きが必要です。

ただし、24時間受け付けていないため、手続き途中で時間外になる場合は正常に終わらないことも考えられます。

受付時間内で終わるように切り替え手続きをするようにしましょう。

【MNP】切り替え手続きがうまくできていない

切り替え手続きには、注文番号やパスワードが必要です。

しかし、正しい情報を入れていないとエラーになってしまいます。

エラーになったまま手続きが中断していないか、確認してみてください。

【iPhone】プロファイル設定が変更されていない

iPhoneを利用する場合、本来なら自動でプロファイル設定が行われるため、自分で設定は不要です。

しかし、例外として以前の契約のプロファイル設定がiPhone内に残ってしまうことがあります。

その場合は、手動でプロファイル設定を削除しなくてはなりません。

具体的な方法については後述しているので、併せてご確認ください。

【Android】APN設定が完了していない

AndroidのSIMフリースマホやau以外で購入したスマホを利用する場合は、手動でAPN設定を変更する必要があります。

まずは、しっかりAPN設定ができているか確認してみましょう。

そもそもAPN設定を変更していなかったり、していても間違った情報を入力していたりする場合は電波が入りません。

また、auで購入したAndroidスマホの多くはすでにAPN設定がされているので変更不要です。

しかし、機種によっては手動で設定が必要になるものもあります。

APN設定の手順は後述していますので、わからない方は一緒に確認してみてください。

【auからの変更】夜間に申し込みしている

auユーザーがpovoにする場合、夜間では切り替えができません。

申し込み手続きをしたあと、すぐには切り替わらず、翌朝9時以降にpovoが利用できるようになります。

「povoになっていない」と焦らず、切り替えが終わるまで待ちましょう。

発信テストを実施していない

povo公式サイトには「発信テストを実施しないと正常に利用できない場合がある」と記載があります。

発信テストをすることで、回線の切り替えが正常に完了しているか、発着信ができるかどうかの確認が可能です。

まだ終わっていない場合は、発信テストを実施してみてください。

ここまで、povoが開通しないときに考えられる原因を解説しました。

原因を踏まえた上で、できる対処法を見てみましょう。

povoで開通できないときの対処法12個

povoキャラクター

画像引用元:povo│キャラクターについて│about CHARACTER

povoが開通しないときの対処法を12個挙げてみました。

解説した原因に対応するようにしてありますので、該当するところを確認してみてください。

povoが開通できないときの12個の対処法
  • povoのSIMカードを正しくセットする
  • povoの対応端末を用意する
  • SIMロック解除の手続きをする
  • 【MNP】受付時間内に切り替え手続きをする
  • 【MNP】切り替え手続きを最後まで完了させる
  • eSIMの開通手続きを完了させる
  • 【iPhone】プロファイル設定を確認する
  • 【Android】正しくAPN設定をする
  • 【Android】設定したAPNを選択する
  • 電源再起動をする
  • 発信テストをする
  • チャットに問い合わせする

それぞれの詳細を見てみましょう。

povoのSIMカードを正しくセットする

他社のSIMカードが入ったままでは、povoで通信ができません。

新しいau ICカード(SIMカード)が届いたら、利用したい端末に差し込みましょう。

SIMカードを入れる場所はスマホによって異なるため、取扱説明書などで確認してください。

正しい向きにしないと入れられないことが多いですが、裏表や方向を間違えていないかといったところもチェックポイントです。

povoの対応端末を用意する

事前に用意したスマホがpovoに非対応だった場合は、対応端末を用意しましょう。

auで動作確認されているスマホを用意したほうが、誤動作の心配なく使えます。

対応端末は、iPhone・Androidともに下記記事に載っているので確認してみてください。

povoの対応機種おすすめランキング|全189端末からiPhone・Androidを厳選

SIMロック解除の手続きをする

ドコモやソフトバンクなどで購入したスマホを利用する場合は、SIMロック解除の手続きをしましょう。

手続きをすることで、povoのSIMカードを入れて動作するようになります。

SIMロック解除の受け付け条件や、手続きに必要な料金は各キャリアによって異なります。

スマホを購入したキャリアの公式サイトにて、詳細を確認してください。

【MNP】受付時間内に切り替え手続きをする

他社から乗り換えをするMNPの場合、回線の切り替え手続きが必要です。

切り替え手続きは専用Webサイトで行えますが、受付時間は24時間ではありません

切り替え手続きの受付時間
  • 9時~21時15分
  • 年中無休

受付時間に合わせて手続きするようにしましょう。

【MNP】切り替え手続きを最後まで完了させる

MNPの回線切り替え手続きで必要になるものは以下のとおりです。

回線切り替え時に必要なもの
  • povoオンラインショップの注文番号
  • 注文時に登録した注文履歴確認用パスワード
  • 切り替え予定の携帯電話番号

あらかじめ用意しておくと切り替え手続きもスムーズです。

また、手続きは以下の手順で進めていくので参考にしてみてください。

切り替え手続きの手順
  1. 「ご注文履歴」へアクセス
  2. 「新規契約・他社からの乗換え(MNP)」を選択
  3. 「ご注文番号の入力へ進む」
  4. 「ご注文番号」と「注文履歴確認用パスワード」を入力
  5. 「ご注文履歴を表示する」をタップ
  6. ご注文履歴確認画面の「回線を切り替える」をタップ
  7. スマホの電源を切る
  8. 30分程度おいたあとスマホの電源を入れる

数字やパスワードの入力間違いなどがあると、エラーになってしまい開通はできません。

エラーになる場合は、抜けている文字や間違えている箇所がないか確認してみてください。

eSIMの開通手続きを完了させる

eSIMに対応したスマホを利用する場合は、開通の操作をしなくてはなりません。

抜け漏れのないように開通手続きも完了させましょう。

MNPの場合は、先に回線の切り替え手続きを済ませておいてください。

eSIMの開通手続きの流れ
  1. povoで利用する端末以外から専用URLにアクセス
  2. QRコードを表示
  3. povoで利用するスマホをWi-Fiに繋いでQRコードを読み取る
  4. AndroidのみAPN設定をする
  5. eSIMの切り替え操作をする

アクセスする専用URLはメールにてお知らせが入っているので、確認してみてください。

また、QRコードの読み取り方やeSIMの切り替え操作はiPhoneとAndroidで異なります。

詳しくはpovo公式サイトをご覧ください。

【iPhone】プロファイル設定を確認する

以前契約した事業者のプロファイル情報が残っている場合、手動で削除をする必要があります。

現在のプロファイル情報を確認して、削除する方法は以下をご覧ください。

以前の情報のままになっているときは、削除の操作まで進みましょう。

プロファイル設定を確認・削除する手順
  1. iPhoneの「設定」アイコンをタップ
  2. 「一般」に進む
  3. 「プロファイル」をタップ
  4. 表示された内容が以前の契約のものなら項目をタップ
  5. 「プロファイルを削除」を選択
  6. iPhoneのパスコードを入力
  7. 「削除」をタップ
  8. 画面に「現在インストールされているプロファイルはありません」と表示されれば完了

【Android】正しくAPN設定をする

Androidスマホでは、自分でAPN設定の操作が必要です。

機種やAndroidOSによって操作が若干異なる場合があるものの、おおよそ似たような手順になります。

以下を参考にしながら進めてみてください。

APN設定の手順
  • スマホの設定画面を開く
  • 「接続」に進む
  • 「モバイルネットワーク」をタップ
  • 「APN」を選択し「追加」をタップ
  • 名前・APN・ユーザー名・パスワードを入力
  • 「認証タイプ」を入力
  • 「povo」の表示が出たら完了

なお、APN設定画面で入力する情報は以下をご覧ください。

4Gスマホと5Gスマホでは内容が異なる箇所があるため、誤ったほうを入れないように気をつけましょう。

4Gスマホの場合
名前povo
APNuno.au-net.ne.jp
ユーザー名685840734641020@uno.au-net.ne.jp
パスワードKpyrR6BP
認証タイプCHAP
5Gスマホの場合
名前povo
APNuad5gn.au-net.ne.jp
ユーザー名au@uad5gn.au-net.ne.jp
パスワードau
認証タイプCHAP

どこかの文字が1つ違っただけで電波が入らない原因になるので、可能であればコピー&ペーストで入力してあげると間違いを減らせるでしょう。

【Android】設定したAPNを選択する

APN設定を正しく入力しているにもかかわらず開通しない場合は、APNの選択が「povo」になっているか確認してみてください。

以前設定した他社のAPNが選択されたままになっている場合は、povoに切り替えましょう。

電源再起動をする

「回線の切り替え手続きは終わっているし、povoのSIMカードも入っている。プロファイルやAPN設定にも問題はない」といった状態なのに開通しないことがあるかもしれません。

すべて手順通りに作業が終わっていて、それでも開通しない場合は、スマホ本体がうまく動作していない可能性があります。

そのようなときは、一度、電源を再起動させてみましょう。

電源再起動をするだけで、うまく読み込みができていなかった状態から改善することがあります。

発信テストをする

開通できたか確認する意味も込めて、最後に発信テストをしておきましょう。

テストが正常にできれば、その後も安心して使い始められます。

発信テストの手順は以下のとおりです。

発信テストの手順
  1. 発信テスト用番号111(通話料無料)に電話をかける
  2. 自動的に電話が切れる
  3. かかってきた着信に出る
  4. ガイダンスを聞く
  5. 電話を切る

そもそも切り替え手続きやプロファイル・APN設定などのどこかが完了していないと、発信テスト用番号に電話をかけることはできません。

うまく発信テストができない場合は、電波が入るまでしばらく待つ、ほかの作業手順に間違いがないか確認をしてみてください。

チャットに問い合わせする

あれこれやってみたものの解決しそうにない場合は、povo公式サイトに設置されているチャット窓口に相談しましょう。

文字でのやりとりになるものの、スタッフに直接相談できるところがメリットです。

1人で悩むよりも早く解決方法が見つかるかもしれません。

手順通りに作業をしてpovoを開通させよう

povoで通信する

画像引用元:エリア|新料金プラン「povo」誕生|au

povoが開通できないときに考えられる原因と、その対処法を解説しました。

お伝えしたことをまとめましたので、ここで全体のおさらいしておきましょう。

povoを開通するために必要なこと
  • povoのSIMカードをスマホに入れる
  • eSIMの場合は切り替えの操作をする
  • povoの対応端末が必要
  • 他社のスマホを使うならSIMロック解除をする
  • 回線の切り替え手続きを最後まで実施する
  • iPhoneはプロファイル設定、AndroidはAPN設定を正しく行う

手順通りに進めると無事に開通できるはずですが、何かしらの手順で入力間違いや抜け漏れなどがあると正常に電波が入らない可能性があります。

1つずつやっていくと開通しますので、落ち着いて対処法を試してみてください。

au povoへの乗り換え方法|必要なもの・手数料・注意点まとめ

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
船本ちとせ
船本ちとせ
新潟県出身のスマホ関連情報が得意なWebライター。歴8年の元ドコモショップスタッフ。Galaxy Sが発売されて以来、ずっとGalaxyシリーズを愛用中。わかりにくいスマホにまつわる情報をシンプルに、心を込めてお届けします。