povoの料金シミュレーション!乗り換えで結局いくらお得になる?

  • 2021年4月18日
  • by.affiprecious

povo 報道発表資料

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

20GBの格安プランとして話題沸騰中の「povo」。

安い安いとは聞きますが、果たしてどのくらい安くなるのかは意外と知らない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、既存のauプランからpovoに乗り換えた場合、どのくらい安くなるのかを具体的な数字で記載しました。

auの料金に悩んでいる方や、povoを検討している方はぜひご覧ください。

povoではスマホ端末の販売がありません。機種変更はauオンラインショップで事前に済ませておきましょう。
人気記事

この記事では、3月23日にサービスを開始した「povo」の評判について解説します。 povoは料金の安さに大きなメリットがあります。 一方でオンライン専用プランのため、メインブランドのauにはないデメリットも。 他社のオン[…]

povoの評判まとめ

トップ画像引用元:KDDI株式会社

まずはpovoの料金をおさらい

povoのロゴ

画像引用元:新発想の料金プラン「povo(ポヴォ)」誕生 – YouTube

まずは、povoの内容について見ていきましょう。

povoの基本情報
月額料金2,728円
通信容量月間20GB
速度制限時最大1Mbps
音声通話22円/30秒
トッピングで追加可能
1回あたり5分以内の国内通話無料:月額550円
国内通話かけ放題:月額1,650円
ネットワークauの4G
(auの5Gは2021年夏以降対応予定)
海外提供予定(開始時期は未定)
手続き方法オンラインのみ
新規契約事務手数料無料
機種変更手数料
提供開始日2021年3月23日

povoは、月に20GB使えて月額料金が2,728円のプランです。

従来のauからは全く考えられない料金設定で、格安SIM並の安さとなっています。

auのピタットプランの1GB未満が3,278円なのに対し、povoは20GBで2,728円ですから、いかにお得かがわかりますね。

povoには無料通話などのサービスは付いていませんが、「トッピング」を利用することで追加することが可能です。

また2021年4月現在は5G未対応ですが、2021年夏以降には対応する予定となっています。

さらに、本プランの新規契約事務手数料と機種変更手数料は無料。気軽に乗り換えることができます。

ただし、本プランの契約・サポートはオンライン限定です。auショップでは何もしてくれません。

普段からネットを利用している方には間違いなくおすすめできるプランですが、そうでない場合、本プランの利用は控えた方が無難です。

au povoの料金シミュレーション

povo

画像引用元:君にピッタリの自由へ、一緒に。新料金プラン「povo」誕生|au

では、auの既存プランからpovoに乗り換えた場合に、どのくらい料金が変わるのかをシミュレーションしていきます。

本シミュレーションで想定している契約内容は以下のとおりです。

本シミュレーションで用いる契約内容
  • 家族全員で同じプランを契約する
  • 家族割プラスを適用。auスマートバリューは適用しない

使い放題MAX 4G/5Gと比較

まずは、大容量プランである使い放題MAXからpovoに乗り換えた場合の月額料金を見ていきましょう。

使い放題MAXには4G LTEと5Gの2種類のプランがありますが、どちらも内容と料金は同じです。

項目使い放題MAX 5Gpovo
データ容量無制限20GB
月額7,238円2,728円
家族割-1,100円なし
3人家族の合計18,414円8,184円
4人家族の合計24,552円10,912円

上表のとおり、割引なしの月額料金は使い放題MAX 5Gが7,238円、povoは2,728円です。

両者で4,510円もの差が付いているため、割引なしの料金ではpovoの圧勝と言えます。

また、家族割を適用した場合でも、3人の場合は約10,000円、4人の場合は約14,000円の差となりました。

ただし、利用できるデータ量は使い放題MAX 5Gが無制限であるため、必ずしもpovoの方が良いとも限りません。

一度ご自身のデータ使用量を見直してみてください。もし毎月20GB以下だった場合は、povoに乗り換えることで通信費を大幅に削減できるでしょう。

ピタットプラン 4G LTE/5G

次は、ライトユーザー向けのピタットプランとpovoを比較していきます。

なお、ピタットプランも4G LTE用と5G用の2種類が存在しますが、内容・料金共に同じです。

項目ピタットプラン 5Gpovo
データ容量1~7GB20GB
月額~1GB:3,278円
~4GB:4,928円
~7GB:6,578円
2,728円
家族割-1,100円なし
3人家族の合計~1GB:6,534円
~4GB:11,484円
~7GB:16,434円
8,184円
4人家族の合計~1GB:8,712円
~4GB:15,312円
~7GB:21,912円
10,912円

まずは割引なしの料金です。ピタットプランの1GB未満で3,278円、povoは2,728円ですから、povoが最安となります。

また、割引ありの場合でも、1GB以上であればpovoの方が安く、1GB以上で3人利用ならば約3,000円、4人利用ならば約4,500円の差に。

しかも、利用できるデータ量は、ピタットプランが最大7GBでpovoは20GBです。明らかにpovoの方が優れています。

普段からネットを利用していて、月間データ使用量が1GB以上の方は、圧倒的にpovoがおすすめです。

povoの乗り換えで得する人・損する人

機種変更代金

povoはコスパに非常に優れたプランではあるものの、万能ではありません。

ここからは、povoに乗り換えて得する人、損する人の特徴について解説していきます。

povoの乗り換えで得する人

povoで得する人の特徴は下記のとおりです。

povoで得する人の特徴
  • 使い放題MAX 5G/4Gを利用していて、月間データ量が20GB以下の人
  • ピタットプランで1GB以上利用している人
  • ピタットプランで割引が適用できない人

使い放題MAX 5G/4G利用で20GB以下の人

最も得をするのが、使い放題MAX 5G/4G利用で月間データ使用量が20GB以下の人です。

では、使い放題MAX 5G/4Gとpovoの料金差をもう一度見ていきましょう。

項目使い放題MAX 5Gpovo
データ容量無制限20GB
月額7,238円2,728円
家族割-1,100円なし
3人家族の合計18,414円8,184円
4人家族の合計24,552円10,912円

上表のとおり、使い放題MAX 5G/4Gからpovoに乗り換えるだけで月額料金が4,510円も安くなります。

20GB以上必要な場合は、使い放題MAX 5G/4Gを使い続けた方が良いですが、そうでない場合はpovoへの乗り換えがおすすめです。

ピタットプランで1GB以上利用している人

ライトユーザー向けのピタットプランを割引ありで利用しても、1GB以上利用している場合はpovoの方が安くなります。

項目ピタットプラン 5Gpovo
データ容量1~7GB20GB
月額~1GB:3,278円
~4GB:4,928円
~7GB:6,578円
2,728円
家族割-1,100円なし
3人家族の合計~1GB:6,534円
~4GB:11,484円
~7GB:16,434円
8,184円
4人家族の合計~1GB:8,712円
~4GB:15,312円
~7GB:21,912円
10,912円

ピタットプランを割引ありで利用した場合は月額3,828円、povoは2,728円です。

1,100円とけっこうな料金差である上に、povoなら20GB使えるため、この場合もpovoの方がおすすめですね。

ピタットプランで割引が適用できない人

ピタットプランで割引を適用しない場合、たとえデータ使用量が1GB未満であっても、povoの方が安くなります。

ピタットプランの1GB未満は3,278円、povoは2,728円です。およそ500円の差がありますね。

しかも、使えるデータ量の差は19GB以上。使い勝手ではpovoの圧勝です。

ピタットプランを割引なしで利用している場合は、povoに乗り換えることでより豊かなスマホライフを送ることができますよ。

povoの乗り換えで損する人

逆に、povoへの乗り換えで損する人の特徴は、「ネットをあまり利用しない人」です。

povoの契約は、povoの公式サイトでのみ受け付けており、auショップなどでは原則対応してもらえません。

もちろんpovoの契約手続きは決して難しくありません。普段からあまりネットを使わない人でも何とかなるでしょう。

しかし、povoの契約後に何かトラブルが起きた場合、ショップのサポートは頼れません。povoの公式サイトで対処法を調べるなど、自力で問題を解決するしかないのです。

公式サイトにはチャット機能が実装されています。しかし、質問に自動応答するだけのものなので、povoの「中の人」に質問できるわけではありません。

povoの公式サイトには、Q&Aのページも用意されています。ただ、スマホをある程度使ったことがないと、理解するのがちょっと難しいかもしれません。

どうしてもトラブルを解決できない場合は、TwitterなどのSNSで情報を探すことになるでしょう。とはいえ、結局この方法も、ネットに慣れ親しんだ人にしかできないことです。

まとめると、普段からネットをあまり利用しない方は、povoの利用は避けた方が無難と言えます。

様々なケースで料金がお得になるpovo!

本記事では、povoでどのくらい月額料金が安くなるのかについて解説しました。

povoの料金シミュレーション
  • 使い放題MAX 5G/4G:使用データ量が20GB以下の場合は、povoへの乗り換えがおすすめ。
  • ピタットプラン(割引あり):データ使用量1GB以上でpovoよりも高くなる。
  • ピタットプラン(割引なし):すべての場合でpovoの方が安い。povoへの乗り換えがおすすめ。

auの料金プランとpovoを比較すると、圧倒的にpovoの方が安いです。その価格設定は、まさに破格と言えるでしょう。

本記事のシミュレーションでも、多くの場合でpovoの方がお得でしたよね。

povoは新規事務手数料なども無料です。auからの乗り換えであれば、0円で手続きできます。

現在auユーザーで月額料金に悩んでいる方は、ぜひpovoへの乗り換えを検討してみてください。

au povoへの乗り換え方法|必要なもの・手数料・注意点まとめ

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。