povoのテザリングを無料でする方法|無制限使い放題にするコツも紹介

  • 2021年6月12日
  • by.Iris777

povo

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

「povo」とは、2021年3月23日にKDDIがオンライン専売の格安新料金プランとしてリリースしたサービスです。

20GB/月までの高速データ通信を利用できる料金プランですが、ほかのプランと同様にpovoでは追加料金を支払うことなくテザリングを利用できます。

無料でテザリングを利用できると聞くと、「データ通信量をなんとかして無制限にする方法は無いのだろうか?」と考える人もいるのではないでしょうか?

そこで、この記事ではpovoのテザリングを無制限使い放題にする方法を紹介します。

カフェでのリモートワークなど、一時的に大容量の通信を必要とする場合は、ぜひ活用してみてください。

povoのテザリングとは?
  • 申し込み不要かつ追加料金不要
  • 220円で24時間データ通信が無制限になる
  • テザリングにかかる通信も無制限にできる
  • ただし制限される可能性がある
povoではスマホ端末の販売がありません。
機種変更はauオンラインショップで事前に済ませておきましょう。
人気記事

この記事では、3月23日にサービスを開始した「povo」の評判について解説します。 povoは料金の安さに大きなメリットがあります。 一方でオンライン専用プランのため、メインブランドのauにはないデメリットも。 他社のオン[…]

povoの評判まとめ

トップ画像引用元:君にピッタリの自由へ、一緒に。新料金プラン「povo」誕生|au

povoのテザリングは無料で利用可能

povo

画像引用元:新発想の料金プラン「povo」誕生|au

povoの料金は2,728円/月ですが、この中にはテザリングサービスも含まれています。

格安プランだからといってテザリング利用料などを徴収されることはないので、別途料金を支払うことなく利用できるのがメリットです。

なお、2021年6月時点でauに限らずどこのキャリアでも、主流プランおよびオンライン専売格安プランにおいてテザリングを使うために別料金を徴収していません。

povoでテザリングをする方法【iPhone/Android】

povoのロゴ

画像引用元:新発想の料金プラン「povo(ポヴォ)」誕生 – YouTube

ここからはpovoユーザーがテザリングを使用する方法を解説します。

今回チェックするのは、主流となっている以下の3つのテザリング方法です。

主流のテザリング方法
  • Wi-Fiテザリング
  • Bluetoothテザリング
  • USBテザリング

Wi-Fiでテザリングする方法

最初に、Wi-Fiを使ってテザリングする方法をチェックしていきましょう。

Wi-Fiテザリングはよく用いられるテザリング手段の1つです。

Wi-Fiに対応したPCやタブレットなど、さまざまなデバイスを接続できるのでしっかり覚えておきましょう。

iPhoneの場合

iPhoneでWi-Fiテザリングする方法
  1. 設定アプリを起動する
  2. 「インターネット共有」をタップする
  3. 「ほかの人の接続を許可」をONにしてID/PWを控える
  4. 接続するデバイスにID/PWを入力する

iPhoneをルータ代わりに利用してWi-Fiテザリングする場合の操作手順は上記のとおりです。

以下で1つずつ詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

  1. 設定アプリを起動する
    設定アプリを起動する
    最初に設定アプリを起動します。

    ホーム画面のどこかにアイコンがあるはずなので、探してタップしてください。

  2. 「インターネット共有」をタップする
    「インターネット共有」をタップする

    次に「インターネット共有」をタップします

    通常、「インターネット共有」はモバイル通信の1つ下にあります。

  3. 「ほかの人の接続を許可」をONにしてID/PWを控える
    設定アプリを起動する

    「インターネット共有」を開くと、最上部に「ほかの人の接続を許可」があります。

    次にこれをタップしてONにしてください。

    その後、下部に表示されているSSIDとPWを控えます。

  4. 接続するデバイスにID/PWを入力する
    SSIDとPWを控える
    最後に接続したいデバイスのWi-Fi設定ページを開き、先程確認したSSIDとPWを入力して接続します。

    問題なくインターネットに接続できるようになればOKです。

Androidの場合

AndroidでWi-Fiテザリングする方法
  1. 設定アプリを起動する
  2. 「接続」をタップする
  3. 「テザリング」をタップする
  4. 「Wi-Fi」テザリングをタップする
  5. スイッチをONにしてID/PWを控える
  6. 接続するデバイスにID/PWを入力する

Androidデバイスをルータ代わりに使ってWi-Fiテザリングする手順は上記のとおりです。

それぞれの手順を以下で詳しく解説するので、参考にして設定してください。

  1. 設定アプリを起動する
    設定アプリを起動する

    最初に、設定アプリを起動してください。

    ホーム画面に設定アプリのアイコンが見当たらない場合は、ドロワーから探して起動しましょう。

  2. 「接続」をタップする
    「接続」をタップする

    次に、「接続」をタップします。

    「接続」は通常、設定画面の一番上にあるので、これをタップして次に進みましょう。

  3. 「テザリング」をタップする
    「テザリング」をタップ

    「接続」設定ページが開いたら、次に「テザリング」を探してタップします。

    項目が見当たらない場合は、下にスクロールすると出現します。

  4. 「Wi-Fiテザリング」をタップする
    「Wi-Fiテザリング」をタップ

    テザリング関連の設定をするページが開いたら、「Wi-Fiテザリング」をタップしてください。

    テザリングを有効化/無効化するときや、接続に必要な情報を変更するときはここから操作します。

  5. スイッチをONにしてID/PWを控える
    スイッチをONにする

    テザリング設定ページが開いたら、まずはスイッチをONに切り替えてください。

    これでWi-Fiテザリングを使えるようになります。

    次に、ページを開いたまま下に表示されているSSIDとPWをチェックしてください。

    SSIDとPWは接続するデバイスに入力しなければならないので、忘れないようにしましょう。

  6. 接続するデバイスにID/PWを入力する
    ルータとして使用するデバイス側の設定が完了したら、接続する側のデバイスのWi-Fi設定ページを開いてください。

    その状態でWi-Fi設定ページを開き、手順5で確認したSSIDとPWを入力します。

    正常に接続できたら、そのまま通信を利用すればOKです。

Bluetoothでテザリングする方法

テザリングにはBluetoothを使う方法もあります。

前述したWi-Fiテザリングと比べると通信速度が遅い反面、バッテリー消費量が少ないのがメリットです。

iPhoneの場合

iPhoneでBluetoothテザリングする方法
  1. 設定アプリを起動する
  2. 「インターネット共有」をタップする
  3. 「ほかの人の接続を許可」をONにする
  4. 接続するデバイスとペアリングする

iPhoneでBluetoothテザリングを使用する手順は以下のとおりです。

この作業を行うときは、あらかじめBluetoothをONにした状態で行ってください。

  1. 設定アプリを起動する
    設定アプリを起動する

    画像引用元:[iPhone]テザリングの利用方法について教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク

    まずは、Wi-Fiテザリングのときと同様に設定アプリを起動してください。

  2. 「インターネット共有」をタップする
    「インターネット共有」をタップする

    画像引用元:[iPhone]テザリングの利用方法について教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク

    次に「インターネット共有」をタップします。

  3. 「ほかの人の接続を許可」をONにする
    接続をONにする

    画像引用元:[iPhone]テザリングの利用方法について教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク

    そのまま、「ほかの人の接続を許可」をONに切り替えてください。

    このときにBluetoothが無効になっていると有効化するか聞かれるので、指示に従って有効化しましょう。

  4. 接続するデバイスとペアリングする
    あとは、ルータとして使用するiPhoneと接続したいデバイスをペアリングすればOKです。

    正常にインターネットにアクセスできるか確認してください。

Androidの場合

iPhoneでBluetoothテザリングする方法
  1. 設定アプリを起動する
  2. 「接続」をタップする
  3. 「テザリング」をタップする
  4. 「Bluetoothテザリング」をタップする
  5. スイッチをONに切り替える
  6. 接続するデバイスとペアリングする

AndroidでBluetoothテザリングを使用する手順は上記のとおりです。

iPhoneの場合とは異なり、独自の設定項目が用意されています。

  1. 設定アプリを起動する
    設定アプリを起動する

    まずは設定アプリを開きます。

  2. 「接続」をタップする
    「接続」をタップする

    次に「接続」をタップして接続設定を行うページにアクセスします。

  3. 「テザリング」をタップする
    「テザリング」をタップ

    「テザリング」をタップしてください。

  4. Bluetoothテザリングをタップする
    Bluetoothテザリングをタップする

    真ん中にある「Bluetoothテザリング」をタップします。

    タップすると詳細設定ページにアクセスできるので、必要な設定を行いましょう。

  5. スイッチをONに切り替える
    BluetoothテザリングをONにする

    詳細設定ページが開いたら、スイッチをONに切り替えます。

  6. 接続するデバイスとペアリングする
    設定が完了したら、テザリングしたいデバイスとペアリングしてください。

    ペアリングが完了するとテザリングを利用できるようになるので、正常にインターネットにアクセスできるかチェックします。

USBでテザリングする方法

デスクトップPCをテザリングするときや、セキュリティの関係で有線接続にしたい場合はUSBテザリングがおすすめです。

これからUSBテザリングを使用する方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

iPhoneの場合

iPhoneでUSBテザリングする方法
  1. 接続したいデバイスとiPhoneをUSBケーブルで接続する
  2. 設定アプリを起動する
  3. 「インターネット共有」をタップする
  4. 「ほかの人の接続を許可」をONにする

iPhoneでUSBテザリングを使用する方法は上記のとおりです。

これから、それぞれの手順について詳しく解説します。

  1. 接続したいデバイスをiPhoneをUSBケーブルで接続する
    PCとiPhoneを接続する

    最初に、PCなどの接続したいデバイスとiPhoneをUSBケーブルで接続してください。

    接続するときに使うケーブルは、通信速度の関係からUSB 3.1 Gen1以降の規格に対応したものを選ぶことをおすすめします。

  2. 設定アプリを起動する
    設定アプリを起動する

    画像引用元:[iPhone]テザリングの利用方法について教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク

    PCとiPhoneを接続した状態のまま、設定アプリを起動します。

  3. 「インターネット共有」をタップする
    「インターネット共有」をタップする

    画像引用元:[iPhone]テザリングの利用方法について教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク

    次に「インターネット共有」をタップします。

  4. 「ほかの人の接続を許可」をタップする
    接続をONにする

    画像引用元:[iPhone]テザリングの利用方法について教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク

    「ほかの人の接続を許可」をタップします。

    USBケーブルでPCと接続している場合、この時点でインターネットにアクセスできるようになります。

    正常にアクセスできるか確認し、問題がなければそのまま利用してOKです。

Androidの場合

AndroidでUSBテザリングする方法
  1. 接続したいデバイスとAndroidデバイスをUSBケーブルで接続する
  2. 設定アプリを起動する
  3. 「接続」をタップする
  4. 「テザリング」をONにする
  5. 「USBテザリング」をONにする

AndroidデバイスでUSBテザリングを使用する場合は、上記の手順で操作してください。

具体的な操作方法は以下のとおりです。

  1. 接続したいデバイスとAndroidデバイスをUSBケーブルで接続する
    PCをスマホをUSB接続する

    最初に、iPhoneのときと同様にPCとスマホをUSBケーブルで接続してください。

    こちらも、USB 3.1 Gen1以降の規格に対応したものを選ぶことをおすすめします。

  2. 設定アプリを起動する
    設定アプリを起動する

    USBケーブルで接続したら、ホーム画面やドロワーのアイコンから設定アプリを起動してください。

  3. 「接続」をタップする
    「接続」をタップする

    次に、設定画面内にある「接続」をタップしてください。

  4. 「テザリング」をONにする
    「テザリング」をタップ

    続いて「テザリング」をタップします。

  5. 「USBテザリング」をONにする
    USBテザリングをONにする

    「USBテザリング」をタップするとONに切り替えられます。

    もし、USBテザリングのボタンをタップしても反応しない場合は、PCとスマホを正常に接続できていません。

    ケーブルやポートの状況を確認し、接続し直してください。

    正常にインターネットにアクセスできるようになったら、そのまま利用できます。

24時間データ使い放題との組み合わせで無制限に

データ使い放題24時間の詳細

画像引用元:データ使い放題24時間|新料金プラン「povo」誕生|au

povoには、独自の「トッピング」という制度があります。

これはいわゆる「オプション」のことであり、現在は4種類のトッピングが発表されています。

トッピングの種類
  • データ使い放題:220円/24時間
  • データ追加:550円/1GB
  • 5分以内通話かけ放題:550円/月
  • 通話かけ放題:1,650円/月

今回ピックアップするのは、220円で24時間使えるデータ使い放題です。

その名の通り、220円を支払うと手続きが完了してから24時間はデータ通信が使い放題になります。

期間中に使用したデータ通信量は、20GB/月に含まれることはありません。

テザリングと組み合わせれば、通信量を気にせず、例えば1日中パソコンでリモートワークしてもデータ通信量を消費することはありません。

「いつもはあまり通信しないけど、休日はネットゲーム三昧」というような使い方をする場合も役立ちます。

一般的な無制限プランとは異なり、用途に応じて契約すれば柔軟に使える通信サービスになるでしょう。

povoのトッピング完全ガイド|後から変更や追加はできる?

povoのテザリングを利用する注意点

データ使い放題24時間の使い方

画像引用元:データ使い放題24時間|新料金プラン「povo」誕生|au

最後に、povoでテザリングする際の注意点について解説します。

基本的にはpovoに限らない当たり前の内容ですが、通信制限の可能性については必ず意識しておきたいところです。

テザリングの注意点
  • データ容量の消費に気を付ける
  • 使い方によっては通信制限されることも
  • 対応機種であることを確認する

データ容量の消費量に気を付ける

24時間データ使い放題のトッピングを追加していなければ、テザリング時にも当然データ容量は減っていきます。

テザリングを使うと、接続しているPCなどで使ったデータ通信量もpovoの通信量にカウントされるので注意してください。

たくさん通信する日には、忘れずに220円の24時間データ使い放題を契約しましょう。

使い方によっては通信制限されることも

ただし24時間データ使い放題をトッピングしても、場合によっては制限することがあると記載されています。

具体的な記載内容は以下のとおりです。

一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限します。

引用元:データ使い放題24時間|新料金プラン「povo」誕生|au

第 39 条 前条の規定による場合のほか、当社は、次の通信利用の制限を行うことがあります。
(1) 通信が著しくふくそうする場合に、通信時間又は特定地域の契約者回線等への通信の利用を制限すること。
(2) 契約者回線を当社が別に定める一定時間以上継続して保留し当社の電気通信設備を占有する等、その通信がau(povo)通信サービスの提供に支障を及ぼすおそれがあると当社が認めた場合に、その通信を切断すること。
(3) 当社の電気通信設備において取り扱う通信の総量に比し過大と認められる通信を発生させる等、その契約者回線を用いて行われた通信が当社の電気通信設備の容量を逼迫させた、若しくは逼迫させるおそれを生じさせた、又は他の契約者回線に対する当社のau(povo)通信サービスの提供に支障を及ぼした、若しくは及ぼすおそれを生じさせたと当社が認めた場合に、その契約者回線に係る通信の帯域を制限すること。

引用元:au(povo)通信サービス契約約款

簡単にいうと、一般的な利用で考えられないほどの大容量通信を長時間にわたって利用すると、制限を受ける可能性があるということです。

具体的な値は記載されていませんが、高画質動画を長時間流し続けたり、テザリングで大容量ファイルをやり取りしたりすると制限される可能性があります。

対応機種であることを確認する

今はほとんど考えられませんが、スマホによってはテザリング機能がないものもあります。

例えばiPhoneでテザリング(インターネット共有)ができるようになったのは、2012年に発売されたiPhone 5からです。

自分の使っているスマホにテザリング機能が付いていなければ、テザリング機能の付いている新しいものを買う必要があります。

ちなみにauでは、テザリングの対応機種を以下のように案内しています。

auのテザリング対応機種
  • スマートフォン(5G/4G)
  • ケータイ(4G)
  • タブレット
  • iPhone(iPhone 5以降
  • iPad(Cellularモデルのみ)

基本的に、auの4G/5Gに対応したスマホなら問題なくテザリングを利用できます。

余程古くない限り問題ないので、手持ちのスマホでぜひ使ってみてください。

povoの対応機種おすすめランキング|全189端末からiPhone・Androidを厳選

24時間使い放題を使えばテザリングも快適!

povo イメージ

画像引用元:Twitter | povo

povoはauのほかのプランと同様にテザリングを無料で利用でき、うまく活用すればとても便利に通信を利用できます。

この記事でチェックしたポイントをまとめると以下のとおりです。

povoのテザリングと無制限トッピング
  • 無料かつ申込不要で使える
  • 220円/24時間でデータ使い放題にできる
  • テザリングも無制限になる
  • 使いすぎると通信制限を受ける可能性がある

povoは月額が2,728円と安いだけでなく、必要に応じて有料サービスを「トッピング」できるのもうれしいポイントです。

中でも、220円で24時間データ使い放題になるというのは見逃せません。

povoのテザリングは無料でできるので、24時間データ使い放題と組み合わせることで、普通の無制限プランとはまた違った柔軟な通信ライフを堪能できそうです。

ただし、約款によると大容量通信を使った場合は通信制限を受ける可能性があることが明記されています。

無制限だからといって4k動画をずっと視聴したり、数十GB以上の大容量ファイルを送受信したりすると制限を受けてしまうかもしれません。

とはいえ、安価でありながらもうまく活用すればとても便利なオプションなので、ぜひ積極的に活用してください!

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。