au povoへの乗り換え方法|必要なもの・手数料・注意点まとめ

  • 2021年3月26日
  • by.araki

povoのロゴ

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

auのオンライン専用ブランド/プラン「povo」が、2021年3月23日にサービスを開始しました。

この記事では、povoに乗り換える方法や、注意点について解説しています。

本当に乗り換えて良いものかまだ迷っている方は、特に参考にして頂けると幸いです。

povoではスマホ端末の販売がありません。
機種変更はauオンラインショップで事前に済ませておきましょう。
人気記事

この記事では、3月23日にサービスを開始した「povo」の評判について解説します。 povoは料金の安さに大きなメリットがあります。 一方でオンライン専用プランのため、メインブランドのauにはないデメリットも。 他社のオン[…]

povoの評判まとめ

トップ画像引用元:新発想の料金プラン「povo(ポヴォ)」誕生 – YouTube

auからpovoに乗り換える手順

povo公式キャラクター

画像引用元: povo│キャラクターについて│about CHARACTER

auからpovoへの乗り換え手続きはとても簡単です。

基本的にはすべてpovo公式の案内に従っていくだけですが、念のため画像付きで解説します。

公式サイトに変更がある場合は、キャプチャ画像と少し異なる箇所があるかもしれませんが、大きな流れは変わりません。

  1. povo公式サイトにアクセスする
  2. 「ご利用手続きはこちら」をタップ
    povoの申し込み手順
  3. 「auから変更のお客さま」をタップ
    povoの申し込み手順
  4. 「お申し込み」をタップ
    povoの申し込み手順
  5. au IDでログインする
    povoの申し込み手順
  6. 必要に応じてトッピングを選ぶ
    povoの申し込み手順
  7. 「上記注意事項を確認しました」にチェックをいれる
    povoの申し込み手順
  8. 重要書類を確認し、チェックをいれる
    povoの申し込み手順
  9. 契約内容の確認方法を選択し、プラン変更を申し込む
    povoの申し込み手順

他社からpovoに乗り換える手順

au以外からpovoに乗り換える際は、少し手順がことなります。

1つ1つ説明しますので、順序通りに申し込みをすすめていきましょう。

他社からpovoに乗り換える手順
  1. MNP予約番号を取得する
  2. povo公式サイトから申し込む
  3. SIMカードが届く
  4. 回線切り替えをする
  5. APN設定をする

手順1:MNP予約番号を取得する

他所からの乗り換えの場合、まずはMNP予約番号を取得しましょう。

MNP予約番号の取得は、povoではなく、現在契約中のところに依頼します。

利用中の通信サービスの案内に従って取得してください。

一例として、ドコモでは、3つの方法でMNP予約番号を取得できます。

ドコモでMNP予約番号を取得する方法
  • ドコモオンライン手続きで取得
  • 電話で取得
  • ドコモショップで取得

手順2:povo公式サイトから申し込む

MNP予約番号が取得できたらpovo公式サイトにアクセスして申し込みます。

「ご利用手続きはこちら」から申し込みましょう。

手順3:SIMカードが届く

povoの申し込みが完了したら、povoからSIMカードが届くのを待ちます。

到着まで数日かかることもあります。

その間も契約中の通信サービスは使えます。(通信サービスによって異なる可能性はあります)

なおauから乗り換えの場合は、現在のSIMカードをそのまま使えます。

手順4:回線切り替えをする

SIMカードが届いたら、案内に従って回線を切り替えましょう。

切り替えが完了したら乗り換え前の通信サービスは使えなくなります。

これで晴れてpovoユーザーとなります。

手順5:APN設定をする

au以外からの乗り換えの場合、回線を切り替えてpovoのSIMカードをスマホに挿入しても、それだけではまだ通信できません。

povoからの案内に従ってスマホでAPN設定をする必要があります。

APNとは「Access Point Name」(アクセスポイント名)の略称です。

「このスマホは○○からインターネットに接続します」と指定することをAPN設定と言います。

案内を見落として「自分のスマホがpovo非対応だった」と勘違いしてしまう方もいるくらいなので、忘れないようにしましょう。

ちなみにauからの乗り換えであればAPN設定は不要です。

iPhoneの場合

iPhoneの場合は、APN設定は不要です。

SIMカード挿入後に自動的にアクセスポイントの設定が行われます。

Androidの場合

Androidの場合は、「設定」アプリから指定の設定値を入力することで完了します。

設定値を打ち間違えないように気をつけましょう。

4G端末の場合
  • 名前:povo
  • APN名:uno.au-net.ne.jp
  • ユーザー名:685840734641020@uno.au-net.ne.jp
  • パスワード:KpyrR6BP
  • 認証タイプ:CHAP
5G端末の場合
  • 名前:povo
  • APN名:uad5gn.au-net.ne.jp
  • ユーザー名:au@uad5gn.au-net.ne.jp
  • パスワード:au
  • 認証タイプ:CHAP

povoへの乗り換えでかかる手数料

povoでは「契約事務手数料」と「au/UQモバイルからの移行手数料」が0円です。

ただ、乗り換え前の通信サービスから手数料を請求されることがあります。

利用中の契約内容を確認しておきましょう。

手数料の例

項目MNP転出手数料契約解除料
ドコモ3,300円
(4月1日以降0円)
最大10,450円
au3,300円
(4月1日以降0円)

povoに乗り換えなら0円
最大10,450円


povoに乗り換えなら0円
UQモバイル3,300円
(4月1日以降0円)

povoに乗り換えなら0円
最大10,450円


povoに乗り換えなら0円
ソフトバンク0円最大10,450円
ワイモバイル0円最大10,450円
楽天モバイル0円0円

povoに乗り換える際の注意点

povoのロゴ

画像引用元:新発想の料金プラン「povo(ポヴォ)」誕生 – YouTube

povoに乗り換える前に、以下のことは必ず確認しておきましょう。

後で気がついても手遅れなものもあります。

povoの注意点
  • 対応機種を確認する
  • 必要書類を揃える
  • キャリアメールが使えなくなる
  • その他のauサービスも使えないもの多数

対応機種を確認する

povoでは、全189機種に対応しています。

非対応の機種で使おうとしないように気をつけてください。

ただiPhoneに関しては2015年発売のiPhone 6s以降すべて対応していますので、今となっては実質全部対応しているようなものと言えるでしょう。

povoの対応機種おすすめランキング|全189端末からiPhone・Androidを厳選

必要書類を揃える

povoはオンライン専用ブランド/プランですが、本人確認書類などはちゃんと必要です。

povoの案内に従って、運転免許証の写真を送信するなどしてください。

詳細はすべてpovoを申し込む際に案内されます。

本人確認書類の例
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

キャリアメールが使えなくなる

povoに乗り換えると、auのメールアドレス「@ezweb.ne.jp」は使えなくなります

代わりのメールアドレスを用意しておきましょう。

そして「@ezweb.ne.jp」で登録しているサービスなどがあれば、povoに乗り換える前に登録メールアドレスを変更しておきましょう。

代わりはGmailやYahoo!メールのようなフリーメールアドレスでも、有料のメールアドレスでも、好きなもので構いません。

ちなみにGmailやYahoo!メールさえあれば、クレジットカード会社にも銀行にも役所にも登録できます。

povoではキャリアメール利用不可!注意点と対処法を解説

その他のauサービスも使えないもの多数

キャリアメールに限らず、povoに乗り換えたら使えなくなるauサービスが多数あります。

au契約期間も引き継がれません。

povoでは使えない例
  • キャリアメール
  • 留守番電話サービス
  • auスマートバリュー
  • 家族割プラス
  • スマイルハート割引

povoに乗り換えるべきなのはこんな人

povo

画像引用元:新発想の料金プラン「povo」誕生|au

povoは月額2,728円で20GB使える一方で、すべての手続がオンライン専用という特徴があります。

つまり、auショップなどを利用したい方は、povoには向きません

それを踏まえて、以下のような方がpovoに向いています。

povoに向いている人
  • オンライン専用でも構わない
  • auの小容量プランを使っている
  • MVNOの通信速度だとストレスを感じる
  • 220円で24時間使い放題を利用したい

オンライン専用でも構わない

これはpovoに乗り換える上で絶対条件だと思います。

povoのことをauショップに聞いても、恐らく「当店では取り扱いしておりません」「当店ではわかりかねます」などと拒絶されてしまうことでしょう。(店舗によって異なる可能性があります)

何だかんだauショップでも対応してくれるはずだ、などと勝手に判断せず、オンライン専用ブランド/プランであることをしっかり理解した上で申し込みするべきです。

auの小容量プランを使っている

auのピタットプランのような小容量プランを使っている方は、povoに乗り換えると圧倒的に安くなります

povoは月額2,728円で20GBですが、ピタットプラン4G/5Gは、7GBで6,765円と非常に割高です。

あえてピタットプランを使い続けたほうが良いケースは、正直あまり多くないのではないかと思います。

ピタットプラン4G/5G
  • ~1GB:3,278円
  • ~4GB:5,115円
  • ~7GB:6,765円

MVNOの通信速度だとストレスを感じる

povo以上に安い料金で使える可能性が高いのが、キャリア(MNO)ではなくMVNOが運営している格安SIMです。

例えばmineoは、2021年2月1日からの新料金プランでさらに安くなりました。

同じ20GBでもpovoより550円も安いです。

mineoの料金プラン
  • 1GB:1,298円
  • 5GB:1,518円
  • 10GB:1,958円
  • 20GB:2,178円

ただ、MVNOには、12時や18時のような利用者が一斉に通信し始める時間帯になると、帯域幅が混雑して遅くなりやすいという欠点があります。

なぜかと言うと、MVNOはキャリア(MNO)から回線を借りているだけであり、使える帯域幅が少ないためです。

具体的にどのくらいなのかは公表されていませんが、道路に例えるなら、キャリア(MNO)は10車線持っていて、そのうち1車線だけMVNOに貸しているようなイメージになります。

車線が少ないと渋滞しやすいですよね。

「格安SIM=通信速度が遅い」とよく言われるのは、この渋滞しやすさが原因です。(回線自体は借りているところと同じです)

povoには帯域幅がたっぷり割り当てられるはず!

povoの通信速度がどうなるかも一概には言えないことではあります。

ただ、povoはキャリア(MNO)であるKDDIが自社サービスとして運営しているため、滅多なことで混雑しないように帯域幅がたっぷり割り当てられている可能性が高いと考えられます。

実際、同じくKDDIが運営しているUQモバイルも、MVNOの格安SIMと比べて通信速度が安定して速いと評判です。

povoも3月23日朝時点では、快適に通信できているようです。

ただし、今後ユーザー数が増えてきたら、速度が落ちてしまう可能性はあります。

220円で24時間使い放題を利用したい

povoは、基本料金に加えて追加で「トッピング」することで、別途サービスが受けられることも大きな特徴です。

povoのトッピング例
  • 5分以内かけ放題:550円/月
  • 通話かけ放題:1,650円/月
  • データ使い放題:220円/24時間
  • データ追加:550円/1GB

このうち特に注目を浴びているのが「データ使い放題:220円/24時間」です。

1回220円払えば24時間データ使い放題になるため、例えば週末だけゲーム三昧でデータ消費しまくるというような方に向いています。

毎週220円支払ったとしても、auの月額7,238円の「使い放題MAX 5G/4G」よりうんと安いです。

このトッピングは本当にpovo独自のものであり、他社の類似オンライン専用ブランド/プランのahamoやLINEMOにもありません。

MNP予約番号は乗り換え前に取得!

以上、povoに乗り換える方法や、注意点についてでした。

乗り換えまでの流れ
  1. MNP予約番号を取得する
  2. povo公式サイトから申し込む
  3. SIMカードが届く
  4. 回線切り替えをする
  5. APN設定をする

乗り換え方法自体は、povo公式ページから申し込んで案内に従っていくだけなので簡単です。

ただMNP予約番号は乗り換え前の通信サービスで取得する必要がありますので、忘れないようにしましょう。

povoはオンライン専用ブランド/プランなので、それが合わないという方もいるだろうとは思います。

ただ、povoは契約期間の縛りや契約解除料がまったくないので、もし合わなくてもまた簡単に乗り換えることができます。

いくつかの注意点がクリアできるなら、povoを試す価値は大いにあります。

月額2,728円で20GBという料金や220円で24時間使い放題は、実際かなり魅力的ですからね。

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
ライター歴3年。クラウドワークスでは「TOPプロクラウドワーカー」に認定される。 常に最新のAndroidとiOSを使うのがモットーで、5GやWi-Fi 6にもすぐ飛びついた新しいもの好き。iPadやApple Watchも愛用中。ただしパソコンはWindowsがメイン。 暇さえあればYouTubeを見ている。