au povoへの乗り換え方法|必要なもの・手数料・注意点まとめ

  • 2021年10月27日
  • by.araki

povo2.0

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

本記事では、auのオンライン専用ブランド「povo2.0」に乗り換える方法について解説しています。

2021年9月29日から基本料金0円のpovo2.0が開始され、これまで以上にpovoに乗り換えたいという声が多くなっています。

povo2.0への乗り換え手順は、ユーザーが現在利用している通信サービスによって異なりますので、自分がどれに当てはまるのか確認した上で行うようにしましょう。

人気記事

この記事では、2021年3月23日にサービスを開始した「povo」の評判について解説します。 2021年9月24日から「povo 2.0」に生まれ変わり、基本料金0円ということで大きな注目を集めているpovo。 筆者も実際に契約[…]

povoの評判まとめ

トップ画像引用元:povo2.0始動!! 基本料ゼロから始めるオールトッピングプラン|povo2.0

povoへの乗り換え手順は3種類

povo

画像引用元:Twitter | povo

povo2.0に乗り換える手順は、どこから乗り換えるのかによって異なります。

3種類の手順
  • povo1.0からpovo2.0に乗り換え
  • auからpovo2.0に乗り換え
  • 他社/UQモバイルからpovo2.0に乗り換え

このうちMNP予約番号が必要なのは、「他社/UQモバイルから」乗り換える場合のみです。

その他ではMNP予約番号を取得してはいけません。

取得してしまった場合はキャンセルしましょう。

povoへの乗り換えに必要なもの

povo2.0の本人確認書類

画像引用元:他社/UQ mobileから変更のお客さま | ご利用手続き | povo

povo2.0に乗り換えるには、クレジットカードが必要です。

そして当然ですが、povo2.0を使うための対応端末も用意しましょう。povo2.0で端末を購入することはできません。

基本的にauで使える端末はpovo2.0でも使えます。

さらに「他社/UQモバイルから」乗り換える場合は、本人確認書類も必要です。

「運転免許証」「マイナンバーカード(個人番号カード)」「在留カード」が本人確認書類として認められます。

必要なもの
  • クレジットカード
  • 対応端末
  • 本人確認書類(「他社/UQモバイルから」のみ)
povoの対応機種まとめ|全359端末からおすすめのiPhone・Androidを厳選

povo1.0からpovo2.0に乗り換える手順

povoのロゴ

画像引用元:新発想の料金プラン「povo(ポヴォ)」誕生 – YouTube

povo1.0からpovo2.0に乗り換える場合、MNP予約番号は必要ありません。

すでにMNP予約番号を取得してしまったなら、MNP予約番号をキャンセルしましょう。

そうしないと手続きできないので注意です。

povo1.0からpovo2.0に乗り換える手順
  1. au ID認証とpovo2.0のアカウント作成
  2. povo2.0の契約手続き
  3. SIM開通手続き

手順1:au ID認証とpovo2.0のアカウント作成

こちらのページにアクセスし、povo2.0に変更するpovo1.0の回線のau IDを入力します。

なお、同一のau IDから複数の回線をpovo2.0に移行する場合、2回線目以降は「他社/UQモバイルから」の乗り換え扱いとなります。

手順2:povo2.0の契約手続き

au IDを入力したら、SIMタイプを選択します。

eSIMを選択する場合は、手持ちのスマホがeSIM対応である必要があります。

よくわからなければnanoSIMを選びましょう。

その後は画面の案内に従って契約者情報を入力し、同意事項を確認します。

手順3:SIM開通手続き

開通手続きは、povo2.0のアプリで行います。

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

詳細はnanoSIMを選んだかeSIMを選んだかで変わってきます。

必ずpovo2.0からの案内をよく確認し、その指示に従いましょう。

nanoSIMの手順
  1. 契約後、郵送にてSIMカードを受け取り
  2. SIMカードの有効化を実施
  3. SIMカードを端末に差し込む
  4. 通信利用設定を実施
  5. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話
  6. 開通手続き完了
eSIMの手順
  1. eSIMの有効化を実施
  2. eSIMの設定
  3. 通信利用設定を実施
  4. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話
  5. 開通手続き完了

auからpovo2.0に乗り換える手順

auロゴ

画像引用元:【au Online Shop】 au製品の通販 オンラインショップ

詳細はnanoSIMを選んだかeSIMを選んだかで変わってきます。

必ずpovo2.0からの案内をよく確認し、その指示に従いましょう。

nanoSIMの手順
  1. 契約後、郵送にてSIMカードを受け取り
  2. SIMカードの有効化を実施
  3. SIMカードを端末に差し込む
  4. 通信利用設定を実施
  5. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話
  6. 開通手続き完了
eSIMの手順
  1. eSIMの有効化を実施
  2. eSIMの設定
  3. 通信利用設定を実施
  4. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話
  5. 開通手続き完了

auからpovo2.0に乗り換える場合、MNP予約番号は必要ありません。

すでにMNP予約番号を取得してしまったなら、MNP予約番号をキャンセルしましょう。

そうしないと手続きできないので注意です。

乗り換え手順
  1. au ID認証とpovo2.0のアカウント作成
  2. povo2.0の契約手続き
  3. SIM開通手続き

手順1:au ID認証とpovo2.0のアカウント作成

こちらのページにアクセスし、povo2.0に変更するpovo1.0の回線のau IDを入力しましょう。

ただし、同一のau IDから複数の回線をpovo2.0に移行する場合、2回線目以降は手順が異なります。「他社/UQモバイルから」の乗り換え扱いとなるため注意してください。

手順2:povo2.0の契約手続き

au IDを入力したら、SIMタイプを選択します。

よくわからない場合はnanoSIMを選択しておきましょう。

なお、eSIMは手持ちのスマホがeSIM対応でなければ使えないので要注意です。

その後は画面の案内に従って契約者情報を入力してください。同意事項の確認も忘れずに。

手順3:SIM開通手続き

開通手続きは、povo2.0のアプリで行います。

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

その後の手順は、nanoSIMを選んだかeSIMを選んだかによって変わってくるため、必ずpovo2.0からの案内をよく確認してください。

nanoSIMの場合の手順
  1. 契約後、郵送でSIMカードを受け取る
  2. SIMカードを有効化する
  3. SIMカードを端末に差し込む
  4. 通信利用設定を行う
  5. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話
  6. 開通手続き完了
eSIMの場合の手順
  1. eSIMを有効化する
  2. eSIMの設定を行う
  3. 通信利用設定を実施
  4. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話
  5. 開通手続き完了

他社/UQモバイルからpovo2.0に乗り換える手順

iPhone 13シリーズ
このケースのみ、唯一MNP予約番号が必要になります。

他社からpovoに乗り換える手順
  1. MNP予約番号の取得
  2. 本人確認・お客さま番号の入力
  3. SIM開通手続き

手順1:MNP予約番号の取得

まずは現在利用している通信サービスからMNP予約番号を取得しましょう。

取得の方法は通信サービスによって異なりますので、現在利用している通信サービスの案内に従ってください。

手順2:本人確認・お客さま番号の入力

MNP予約番号を取得したら、その後はpovo2.0のアプリで手続きします。

アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

以下、アプリダウンロード後の手順です。

アプリをダウンロードしたら
  • アプリを起動
  • メールアドレスの登録
  • 画面の指示に従って必要事項の入力
  • お客さま情報の入力
  • povo2.0からメールが届く
  • 「本人確認を行う」ボタンを押す
  • 画面の指示に従って必要事項の入力

手順3:SIM開通手続き

SIM開通手続きの詳細は、nanoSIMを選んだかeSIMを選んだかで変わってきます。

必ずpovo2.0からの案内をよく確認し、その指示に従いましょう。

nanoSIMの場合の手順
  1. 契約後、郵送にてSIMカードを受け取り
  2. SIMカードの有効化を実施
  3. SIMカードを端末に差し込む
  4. 通信利用設定を実施
  5. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話
  6. 開通手続き完了
eSIMの場合の手順
  1. eSIMの有効化を実施
  2. eSIMの設定
  3. 通信利用設定を実施
  4. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話
  5. 開通手続き完了

povo2.0に乗り換える際の手数料

povo2.0では、すべての手数料が無料です。

povo2.0から手数料を請求されることはないのでご安心ください。

ただし、povo1.0やau、UQモバイル以外からpovo2.0に乗り換える場合、乗り換え前の通信サービスから解約違約金を請求されることはあり得ます。

現在利用している通信サービスの契約状況も確認しておきましょう。

例えばドコモとソフトバンクからは、契約状況によって最大10,450円の解約違約金を請求されることがあります。

povo2.0に乗り換える際の注意点

povo

画像引用元:君にピッタリの自由へ、一緒に。新料金プラン「povo」誕生|au

povo2.0の手続きには、povoからのメール受信が必要です。「@povo.jp」からの受信を拒否しないようにしてください。

なおauからpovo2.0に移行したら、auメール(@au.com/@ezweb.ne.jp)が使えなくなります。

auメールで登録しているサービスなどあれば、必ずpovo2.0に移行する前に登録メールアドレスを変更しましょう。

またauショップも利用できなくなります。povo2.0は、auとはあくまで別のオンライン専用ブランドだからです。

auからpovo2.0に移行することは、auユーザーでなくなるということなので、そのことをしっかり意識した上で移行するようにしてください。

なお、法人は契約できません。

乗り換えの際の注意点
  • 「@povo.jp」からの受信を拒否しないこと
  • povo2.0ではauメールは使えない
  • povo2.0ではauショップも利用できない
  • auとは別サービスであることを忘れずに
  • 法人は契約できない

最後に、当たり前のことではありますが、手続きの際は必ず公式の案内を確認し、その指示にのみ従ってください。

今はSNSなどでも盛んに情報が発信されていますが、公式以外を参考にして何か問題があった時、情報の発信者が責任を取ってくれるわけではありません。

公式の案内を無視して発生した問題は、サポートの対象外にされてしまうこともあります。

オンライン専用のpovo2.0だからこそ、いっそう注意が必要です。

povo1.0とauからの乗り換えではMNP予約番号不要

以上、auのオンライン専用ブランド「povo2.0」に乗り換える方法についてでした。

3種類の手順
  • povo1.0からpovo2.0に乗り換え
  • auからpovo2.0に乗り換え
  • 他社/UQモバイルからpovo2.0に乗り換え

2021年9月29日に開始された「povo2.0」に乗り換える手順は、どこから乗り換えるのかによって3種類に分かれます。

povo1.0とauから乗り換える場合はMNP予約番号が必要なく、取得してしまったらキャンセルするまで手続きできないので注意しましょう。

ちなみに、今からpovo1.0を契約することはできません。

【2021年10月】povoのキャンペーン最新情報|乗り換えでお得な特典まとめ

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
ライター歴3年。クラウドワークスでは「TOPプロクラウドワーカー」に認定される。 常に最新のAndroidとiOSを使うのがモットーで、5GやWi-Fi 6にもすぐ飛びついた新しいもの好き。iPadやApple Watchも愛用中。ただしパソコンはWindowsがメイン。 暇さえあればYouTubeを見ている。