「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」と表示された際の対処法を徹底解説

「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」と表示された場合は、原因を見極め、それにあった対処法を実行することが重要です。この記事では様々な原因や対処法、確実にエラーを消す方法などをまとめ、解説しています。
  • 2022年7月28日
  • by.bitdds

パソコン

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

PC(パソコン)を起動した際、青い画面と共に「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」と表示された場合「PCの故障?」と焦りますよね。

「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」と表示された場合は、原因はBIOSやWindowsにあるのか、どこに要因があるのかを特定をしてから対処を行うことでエラーを解決できます。

この記事では「問題が発生したためPCを再起動してください」と表示される原因と対処法を徹底解説していきます。

「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」という表示
  • 原因はBIOS・Windows・PC・ウイルス感染の4つ
  • 過度な操作通電は状態が悪化する場合がある
  • セーフモードで起動できない場合でも修復できる
  • 「高い技術力」「信頼できる」「充実したサポート体制」を満たした業者を選ぶ
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」と表示される原因

パソコン

「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」とは、ブルースクリーンエラーの一つです。このエラーの主な原因は4つに分けられます。

エラー表示の4つの原因
  • BIOSの設定変更・ドライバーのエラー
  • Windowsに不具合が起きている
  • PCの一時的な不具合
  • ウイルス感染している

BIOSの設定変更・ドライバーのエラー

BIOSの設定が変更されている場合に「問題が発生したため、PCを再起動してください」と表示されることがあります。

BIOSの設定が初期設定から変更されている場合、ドライバーと呼ばれるプログラムが必要になります。

ドライバーに必要なプログラムがない場合、Windowsが正常に動作できずエラーメッセージが出てしまいます。

Windowsに不具合が起きている

システムファイルはOS動作に必要であり、ハードウェアまたはシステムファイルに問題がある状態ではWindowsが正常に動作しません。

Windows Updateなどのプログラムをインストールした後にエラーメッセージが出る場合は、Windowsにトラブルが起きるケースが多く見られます。

PCの一時的な不具合

PCの内部で一時的な不具合が生じると「問題が発生したため、PCを再起動してください」と表示される場合があります。

メモリ(RAM)の使用率が高すぎる、強制的なシャットダウンをした場合でも表示される事があります。

ウイルス感染している

パソコンがウイルスに感染していることが原因でエラーメッセージが表示されることがあります。

もし知らない間にウイルス感染してしまった場合は、まず操作をやめ、感染しているかの確認と駆除を行いましょう。

ウイルス感染したままだと、個人情報が漏洩したり自分がさらにウイルスを周囲にばらまいてしまう危険性があります。

「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」と表示される際の注意点

現状から悪化しないように、以下の2つの作業に注意しましょう。

注意するべき点は2つ
  • 操作・通電を避ける
  • OSをフォーマットしない

操作・通電を避ける

操作・通電を頻繁に行うことで悪化する恐れがあります。

特に、物理障害が記録媒体に起こっている場合に操作・通電を続け、故障している部分をさらに傷つけた場合、復旧難易度が上昇します。

「物理障害」とは水没や経年劣化などが原因で、物理的にHDDの内部のパーツが破損している状態です。

また、不必要に上書きをしてしまうケースもあります。

基本的に一度上書きしたデータは元に戻すのはほとんど不可能です。

大事なデータがある場合は、早めに業者に依頼することをおすすめします。

OSをフォーマットしない

OSをフォーマットするとメモリのデータは初期化され、既存のデータは消えてしまいます。

復元することができなくなるので、OSのフォーマットは行わないでください。

「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」と表示された場合の対処法

「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」と表示されたときの対処法は以下の通りです。

エラー表示されたときの対処法
  • 放電を行う
  • BIOSの初期化を実行する
  • セーフモードで起動できる場合
  • セーフモードで起動できない場合

放電を行う

PCの一時的なエラーの場合、電源をオフにし周辺機器や電源を抜いて放電することで、解決する場合があります。

PCを長時間使用していると内部の回路や部品に電気が溜まり、動作が不安定になる場合があります。

BIOSの初期化を実行する

BIOSを初期化することで、PCの問題が解決する場合があります。

ハードディスクを初期化するものではないため、保存したデータが削除されることはありません。

BIOS初期化の作業手順
  1. パソコンの電源を入れロゴが表示されたら「F2」キーを数回押す
  2. 「BIOSセットアップユーティリティ」が起動したら、「F9」キーを押す
  3. 「Load Optimized Defaults?(デフォルト値をロードしますか)」というメッセージが表示される
  4. 「Yes」を選択し、「Enter」キーを押す
  5. キーボードの「F10」キーを押す
  6. 「Save configuration and reset?(設定の変更を保存して終了しますか)」というメッセージが表示される
  7. 「Yes」を選択し「Enter」キーを押す

セーフモードで起動する

セーフモードとは、起動に必要な最低限のファイル・デバイスドライバのみで起動するモードです。

セーフモード起動の手順
  1. Windows起動中にリセットボタンまたは電源ボタンを押す
  2. 3 回以上連続して起動を失敗させることで、自動修復または「スタートアップ修復」が実行
  3. 「詳細オプション」→「トラブルシューティング」→「詳細オプション」
  4. 「スタートアップ設定」→「再起動」をクリック
  5. 「4」または「F4キー」を押して、セーフモードで起動

セーフモードで起動できるようであれば、以下のような対処法を試してみてください。

  • ドライバーの更新をする
  • アプリケーションをアンインストールする
  • メモリダンプの設定を変更する
  • システムファイルチェッカーを使用する
  • Windowsを更新する

ドライバーの更新をする

欠陥のあるドライバーが原因で「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」というエラーが出ている可能性があります。

全てのドライバーが最新であるかを確認し、古い場合は更新してください。

ドライバーの更新手順
  1. タスク バーの検索ボックスに「デバイス マネージャー」と入力、選択
  2. カテゴリを選択してデバイスの名前を表示し、更新するデバイスを右クリック
  3. 「ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索します」を選択
  4. 「ドライバーの更新」を選択

アプリケーションをアンインストールする

プログラムをインストールした後に問題が発生している場合は、最近インストールしたアプリケーションをアンインストールしましょう。

RAMの使用率が高くなると、ブルースクリーンエラーが発生することがあります。

セーフモードでアンインストールすると「Windowsインストーラサービスにアクセスできませんでした」と表示される場合がありますが、以下のように操作してください。

セーフモードでアンインストールできなかった場合の対処法
  1. CMDを管理者として実行
  2. コマンドを入力する
    「REG ADD “HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SafeBoot\Minimal\MSIServer” /VE /T REG_SZ /F /D “Service”」
  3. 「net start msiserver」と入力
  4. プログラムをもう一度アンインストール

メモリダンプの設定を変更する

メモリダンプの設定が原因で、エラーが発生していることがあります。

この原因の場合は「完全メモリダンプ」に設定を変更する事で、改善する場合があります。

「完全メモリダンプ」に設定を変更する手順
  1. セーフモードでデスクトップの「PC」を右クリック
  2. 「プロパティ」オプションを選択
  3. 「システムの詳細設定」を選択
  4. 「システムのプロパティ」ウィンドウで「詳細設定」タブに移動し「起動と回復」欄の「設定」をクリック
  5. 「システムエラー」欄の「自動的に再起動する」をオフ
  6. 「デバッグ情報の書き込み」の下のドロップダウンメニューをクリックし「完全メモリダンプ」オプションを選択
  7. 「OK」をクリックして再起動を許可

以上の手順を終えたら「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」エラーが発生するかどうか確認してください。

システムファイルチェッカーを使用する

システムファイルが破損すると、エラーが発生する原因になります。

システムファイルチェッカーを実行することで、破損したシステムファイルを修復することができます。

システムファイルチェッカーの実行手順
  1.   セーフモードで、コマンドプロンプトを管理者として実行
  2. 「sfc /scannow」と入力し、Enterキーをクリック
  3. 処理が完了したらPCを再起動、、ブルースクリーンエラーが表示されるかどうかを確認

Windowsを更新する

Windows更新することで「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」エラーを解決できる可能性があります。

Windowsを更新する手順
  1. スタートボタンをクリックして「設定」を選択
  2. 「更新とセキュリティ」を選択
  3. 「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックし、利用できる更新プログラムがあるかどうかを確認

PCがセーフモードで起動できない場合

パソコンがセーフモードで起動できない場合で「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」を修復するには、以下の4つを試してみてください。

セーフモードで起動できない場合の対処法
  • Windowsの初期化・再インストールを実行する
  • スタートアップ修復を実行する
  • システムの復元をする
  • コマンドプロンプトでシステムファイルを修復

Windowsの初期化・再インストールを実行する

Windowsオペレーティングシステムの初期化・再インストールすることで改善する場合があります。

ですが、システムの初期化・再インストールを実行すると、元のシステムパーティションが消去されるので、データは全て消えてしまいます。

大切なデータがある場合は実行しない、またはどこかにデータのバックアップを取る事をおすすめします。

また、「異音・異臭がする」「水没させてしまった」などの物理障害が疑われる場合に実行すると、業者でもデータ復旧できなくなる可能性があります。

スタートアップ修復を実行する

「Windows回復ドライブ」または「Windowsインストールディスク」から起動して、スタートアップ修復を行う方法です。

スタートアップ修復の手順
  1. Windows回復ドライブまたはWindowsインストールディスクから起動してWindowsセットアップ画面に入ります
  2. 各項目を確認して「次へ」をクリック
  3. 「コンピューターを修復する」を選択
  4. 「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「スタートアップ修復・自動修復」を順番にクリック

システムの復元をする

「復元ポイント」はPCのシステムを、以前保存したポイントまで戻すというものです。

利用可能な復元ポイントがある場合、下記の手順に従ってシステムの復元を行って、オペレーティングシステムを以前の状態に戻すことができます。

復元ポイントによるシステムの復元手順
  1. Windows回復ドライブまたはWindowsインストールディスクから起動して回復環境に入る
  2. 「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「システムの復元」を選択
  3. アカウントを選択して「次へ」をクリック
  4. 復元ポイントを選択し「次へ」をクリックして続行
  5. 「完了」→「はい」をクリックしてWindowsを復元

コマンドプロンプトからシステムファイルを修復

「チェックディスク」では修復できないことも、コマンドプロンプトを使用すればより深く修復ができます。

Windowsが起動しないときの復旧修復、動作が正常でないなどの問題が解決できる可能性があります。

コマンドプロンプトからシステムファイルを修復する手順
  1. 「Windows」マークをクリックし表示された「メニュー」をスクロール
  2. 「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コマンドプロンプト」を右クリック
  3. メニューにある「その他」でサブメニューの「管理者として実行」をクリック
  4. 「sfc /scannow」と入力し、キーボードの「Enter」を押す

ただし、PCに負荷がかかるため、むしろデータ障害を加速させるリスクもあります。

重要なデータが入っている場合は慎重に判断してください。

安全に解決したいならプロの業者に相談

上記の方法で解決しなかった場合、最も確実な方法はプロの業者に依頼することです。

知識がない中であれこれ作業してしまうと、PCの状態を悪化させるかもしれません。

プロの業者に相談する際は、目的によって相談先を選びましょう。

データが消えて問題ないなら「メーカー・修理業者」に、データ取り出しが必要なら「データ復旧業者」に相談しましょう。

メーカー修理

保証期間内であれば、メーカーへの相談を検討する方が多いと思います。

しかし、メーカーや修理業者に依頼すると、内蔵HDDやSSDは新品と取り換えられるため、データが全て消えてしまいます。

  • データが消えても特に問題ない
  • バックアップを取ってある

などの場合は、修理業者に依頼するとよいでしょう。

データ復旧業者

データ復旧業者は、故障したPCからデータを取り出すプロです。

機器の状態によっては、本体を解体・分解することもあります。

分解するとメーカー保証は使えなくなるので、データ救出が優先の方向けのサービスです。

  • どうしても必要なデータが入っている
  • バックアップを取っておらずデータを失っては困る
  • 最悪、PCは使えなくなってもいいからデータを救出したい

といった方はデータ復旧業者に相談してください。

データ復旧業者を選ぶ際の3つのポイント

「エラーを確実に解決したい」「データを取り出したい」と思い業者を調べても、沢山ありすぎて何を基準にして選べば失敗しないのか分からないと思います。

そんな時は以下の3点を抑えている業者を選ぶことをおすすめします。

業者を選ぶ際の3つのポイント
  • 技術力を備えているか
  • 信頼して任せられるか
  • サポート体制は充実しているか

技術力を備えているか

技術力は1番大切なポイントです。技術力が低いと依頼を断られることもあります。

データ復旧は一発勝負です。一回復旧作業を行い失敗した場合は、基本的に他の業者にもう一度依頼しても、復旧できない可能性もあります。

高い技術力を備える業者の特徴は、以下のようなものがあります。

データ復旧技術が高い業者の特徴
  • 専門設備(クリーンルームなど)部品を保有している
  • 他の業者で復旧不可能だった案件の復旧実績がある
  • 海外から技術導入を行っている
  • 研究開発などの取組が第三者に認められた実績がある
  • 復旧率や復旧実績を数値で明示している
  • 復旧スピードが速い
  • 優秀なエンジニアが多数在籍している

信頼して任せられるか

データには大量の個人情報や機密情報が入っています。

信頼できる業者に依頼しましょう。

特徴としては以下のようなものが挙げられます。

信頼できる業者の特徴
  • 大手法人、官公庁、学校、などとの取引実績が多数ある
  • メディアにデータ復旧業者として取り上げられている
  • プライバシー承認の取得等、セキュリティ対策がしっかりしている
  • 業者へ直接足を運べたり、復旧ラボの見学ができる

サポート体制は充実しているか

「明日必要だ」といった場合でも、サポート体制がしっかりしている業者であれば、対応してくれる場合があります。

サポート体制が充実している業者の特徴
  • 土日祝日や夜間でも窓口が空いており、復旧対応している
  • 出張サービスがある
  • 特急納品料金がかからない
  • 初期診断サービスを無料で行っている

以上のポイントを満たした業者であれば、まず失敗することはないでしょう。

会社のホームページなどで確認してみてください。

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人は是非チェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と高い実績を持っています。

さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応しています。

官公庁・法人からの依頼実績も多数あり信頼できるだけでなく、相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  11年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ認証ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」と表示された場合まとめ

「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」と表示される場合の原因から対処法について解説しました。

今回のようにエラーが出た場合は、原因を特定し、原因にあった対処法を行うことで改善することができます。

どうしても「問題が発生したためPCを再起動してください」という表示画面が直らない場合は、メーカーや家電量販店、修理専門店に早めに修理に出すことをおすすめします。

PCのトラブルを解消して、快適なパソコン生活を送りましょう。

「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」という表示
  • 原因はBIOS・Windows・PC・ウイルス感染の4つ
  • 過度な操作通電は状態が悪化する場合がある
  • セーフモードで起動できない場合でも修復できる
  • 「高い技術力」「信頼できる」「充実したサポート体制」を満たした業者を選ぶ
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。