楽天モバイルが7月20日に楽天回線エリア情報を更新| 追加された場所は?

  • 2022年8月2日
  • by.Fenway2

楽天モバイル

楽天モバイルはどれだけ使っても3,278円。年会費無料の楽天カードやキャンペーン中の楽天ひかりをセットでご利用がお得。

楽天モバイルは、2022年7月20日に楽天回線対応エリアの追加を発表しました。

北海道が最多の7ヶ所、熊本の4ヶ所など、日本全国で対応エリアを拡大しています。

トップ画像引用元:楽天モバイル

楽天回線対応の追加エリアはどこ?

楽天モバイル追加エリア

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルで2022年7月20日に追加されたエリアは、以下のとおりです。

追加されたエリア一覧

都道府県市区町村
北海道今金町・倶知安町・北竜町・枝幸町・雄武町・上士幌町・浦幌町
岩手県九戸村
宮城県加美町
秋田県藤里町
山形県小国町
福島県川内村
群馬県昭和村
新潟県新発田市
長野県白馬村・山ノ内町
兵庫県朝来市
和歌山県太地町
広島県三次市
高知県佐川町
熊本県水俣市・阿蘇市・美里町・水上村
大分県豊後高田市
宮城県新富町

※追加されたエリア内でも、一部楽天回線エリアに該当していない場所があります。

北海道から九州地方まで幅広く、エリアを拡大しています。

特に、東日本を中心に対応エリアが追加されている印象です。

楽天モバイル対応エリアの確認

楽天モバイル通信エリア

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルの対応エリアの詳細は、「通信・エリア」ページから確認可能です。

4G LTE対応エリアから5G対応エリアまで、通信規格ごとに詳細に見られます。

市区町村名・住所を入力してエリア検索できるので、自分の使用したい場所が対応しているか確認しておきましょう。

また、楽天モバイルでは2022年4月より、パートナー回線から楽天回線へ順次切り替えを行っています。

パートナー回線のサービスエリアは、「楽天モバイル向けローミングサービス提供エリア」ページから確認可能です。

楽天回線対応エリア人口カバー率97%突破

楽天モバイルのエリア(2022年4月)

画像引用元:通信・エリア | 楽天モバイル

楽天回線エリアは、楽天基地局の電波を利用できるエリアです。

楽天モバイルでは、2022年6月22日にも北海道から沖縄まで、30の市区町村で4G LTEのエリアを拡大しています。

2022年3月末時点で、楽天回線の対応エリアは、人口カバー率97%突破しており、日本全国幅広い地域で使用可能です。

対応エリアを拡大した楽天モバイルを利用しよう!

Rakuten Hand 5G

画像引用元:Rakuten Hand 5G | Rakutenオリジナル | 製品 | 楽天モバイル

楽天モバイルは、2017年に携帯事業に参入して以降、年々対応エリアを拡大して、利用しやすさが向上してます。

今回も東日本を中心に、日本全国で対応エリアを拡大しました。

場所を気にせずに、より快適に使用できるようになった楽天モバイルを、ぜひ利用してみてください。

楽天モバイルはどれだけ使っても3,278円。年会費無料の楽天カードやキャンペーン中の楽天ひかりをセットでご利用がお得。