Rakuten BIG s(楽天ビッグエス)を解説|スペック・価格・BIGとの比較も

  • 2021年4月22日
  • by.nuko

Rakuten BIG s

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

2021年4月19日、楽天モバイルは新たなオリジナルスマホ「Rakuten BIG s(楽天ビッグエス)」を発表しました。

楽天モバイルのオリジナルスマホは高コスパなので、新モデルの追加は嬉しいニュースです。

しかし、Rakuten BIGとの違いがよくわからない方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、Rakuten BIG sのスペックや価格とRakuten BIGとの違いについて解説します。

男性

【編集部からのコメント】

楽天モバイルへの乗り換えや機種変更を検討中の方は、ぜひ参考にしてください!

Rakuten BIG sの概要
  • Rakuten BIGの小型版で同等の処理性能
  • 一括払いで50,980円
  • 指紋認証・顔認証に対応
  • 4レンズのAIカメラ搭載
  • FeliCa機能搭載
今なら3ヶ月無料キャンペーン中

トップ画像引用元:Rakuten BIG s(楽天ビッグエス) | スマートフォン | 楽天モバイル

▲目次に戻る

Rakuten BIG sのスペック

Rakuten BIG sのスペック

画像引用元:Rakuten BIG s(楽天ビッグエス) | スマートフォン | 楽天モバイル

Rakuten BIG sは、Rakuten BIGを一回り小型化したモデルとして登場しました。

そんなRakuten BIG sのスペックは次の通りです。

Rakuten BIG s
ディスプレイサイズ6.4インチ
本体サイズ高さ:約160mm
幅:79mm
厚さ:9mm
重さ約204g
アウトカメラ広角:約4,800万画素
超広角:約800万画素
望遠:約800万画素
深度測位:約200万画素
インカメラ約1,600万画素
バッテリー3,900mAh
RAM6GB
ROM128GB
SoC(≒CPU)Snapdragon™ 765G 5G
OSAndroid 10
防水・防塵IP67
生体認証指紋・顔
カラーホワイト・ブラック・
クリムゾンレッド
詳細楽天モバイル公式サイトへ

Rakuten BIG sはRakuten BIGより小型化したといっても、画面サイズは6.4インチとAndroidスマホとしてはスタンダードな大きさです。

今までの「楽天モバイルオリジナルスマホは本体サイズがしっくりこない」と感じていた方にとっては、Rakuten BIG sの大きさがぴったりではないでしょうか。

Rakuten BIG sの特徴
  • ミドルスペック上位の高性能モデル
  • 4レンズのAIカメラ搭載
  • 生体認証が指紋・顔の両方に対応

ミドルスペック上位の高性能モデル

Rakuten BIG sは、Rakuten BIGと同じくSnapdragon 765 5Gとメモリ6GBを搭載しています。

処理能力はハイエンドモデルに一歩及ばないものの、SNSやWeb検索から最新ゲームまでサクサク動かせる高性能モデルです。

4レンズのAIカメラ搭載

Rakuten BIGのメインカメラは広角・超広角・望遠・深度測位の4レンズカメラを搭載しています。

普段何気なく撮る写真から風景や被写体を際立たせる背景ぼかしなど、様々なシーンの写真もバッチリ撮れます。

生体認証が指紋・顔の両方に対応

Rakuten BIG sはディスプレイ内蔵の指紋認証と顔認証の2つの生体認証に対応しています。

外出先で使う頻度が多いなら指紋認証、手荒れで指紋認証が苦手な方は顔認証といった具合に使い方に合わせて選べます。

▲目次に戻る

Rakuten BIG sの価格・発売日

Rakuten BIG sの価格は50,980円と、Rakuten BIGより若干安く提供されます。

項目一括価格24回払い48回払い
Rakuten BIG s50,980円2,124円/月1,062円/月
購入楽天モバイル公式サイトへ

また、楽天カードなら分割手数料無料で最大48回払いまで対応しているため、月々たった1,062円です。

Rakuten BIG sはカラーで発売日が違う

Rakuten BIG sの発売日はカラー毎に異なります。

Rakuten BIG sの発売日
  • ホワイト:2021年4月21日
  • クリムゾンレッド:2021年5月以降
  • ブラック:2021年6月以降

また、上記の発売日は楽天モバイル公式サイトから購入する場合の日程です。

4月21日発売のホワイトも店舗販売は2021年5月以降の予定なので、Rakuten BIG sの購入はネット申し込みがベストでしょう。

▲目次に戻る

Rakuten BIG sとRakuten BIGを比較

楽天モバイルオリジナルモデル比較

画像引用元:Rakuten BIG s(楽天ビッグエス) | スマートフォン | 楽天モバイル

最後にRakuten BIG sがRakuten BIGと何が違うのかチェックしましょう。

Rakuten BIG sとRakuten BIGを一覧で比較すると次の通りです。

項目Rakuten BIG sRakuten BIG
ディスプレイ
サイズ
6.4インチ6.9インチ
本体サイズ高さ:約160mm
幅:79mm
厚さ:9mm
高さ:約174mm
幅:80mm
厚さ:9mm
重さ約204g約227g
アウトカメラ広角:約4,800万画素
超広角:約800万画素
望遠:約800万画素
深度測位:
約200万画素
広角:約6,400万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約200万画素
深度測位:
約200万画素
インカメラ約1,600万画素約3,200万画素
バッテリー3,900mAh約4,000mAh
RAM6GB6GB
ROM128GB128GB
SoC(≒CPU)Snapdragon™
765G 5G
Snapdragon™
765G 5G
OSAndroid 10Android 10
防水・防塵IP67IP68
生体認証指紋・顔指紋
カラーホワイト・ブラック・
クリムゾンレッド
詳細楽天モバイル公式サイトへ

Rakuten BIGとの違いは、次の5つを押さえておけばOKです。

Rakuten BIGとの違い
  • 画面・本体サイズが小型化
  • カメラのレンズ構成
  • インカメラの画素数と配置
  • 防水性能が若干低下
  • 生体認証に顔認証が追加

画面・本体サイズが小型化

項目Rakuten BIG sRakuten BIG
ディスプレイサイズ6.4インチ6.9インチ
本体サイズ高さ:約160mm
幅:79mm
厚さ:9mm
高さ:約174mm
幅:80mm
厚さ:9mm
重さ約204g約227g

Rakuten BIG sとRakuten BIGで最も大きな違いは本体サイズです。

Rakuten BIGは6.9インチと、スマホの中でも最大級の大きさがあります。

大画面で動画やゲームを利用できるのはメリットですが、「ちょっと大きすぎる」と感じる方も多いのではないでしょうか。

一方でRakuten BIG sは高さを抑えて6.4インチまで小型化して、Androidスマホとしてはスタンダードなサイズになりました。

メインスマホとして毎日利用するなら、Rakuten BIGより使いやすくなったといえるでしょう。

カメラのレンズ構成

Rakuten BIG sのカメラ

画像引用元:Rakuten BIG s(楽天ビッグエス) | スマートフォン | 楽天モバイル

項目Rakuten BIG sRakuten BIG
アウトカメラ広角:約4,800万画素
超広角:約800万画素
望遠:約800万画素
深度測位:約200万画素
広角:約6,400万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約200万画素
深度測位:約200万画素

Rakuten BIG sとRakuten BIGのカメラを比較すると、Rakuten BIG sではマクロカメラの代わりに望遠カメラが搭載されています。

広角カメラの画素数は少なくなりましたがスマホで接写する人は少ないので、総合的にRakuten BIG sのカメラの方が使いやすいはずです。

ちなみに植物や装飾品などの接写が必要になった場合、100円均一のマクロレンズを広角レンズに取り付けるだけでキレイに撮影できます。

インカメラの画素数と配置

項目Rakuten BIG sRakuten BIG
インカメラ約1,600万画素約3,200万画素

Rakuten BIG sは、Rakuten BIGと比べてインカメラの画素数が半分になっています。

それでも1,600万画素もあるので、自撮りするには十分高画質です。

また、Rakuten BIG sは一般的な水滴型ノッチでインカメラを配置していますが、Rakuten BIGはインカメラをディスプレイに内蔵しています。

ディスプレイ内蔵のインカメラは、カメラホールがディスプレイの邪魔をしないメリットがあります。

しかし、カメラの位置を把握しておかないと、自撮りしても目線が明後日の方向を向いているということも。

また、ポートレート撮影時に被写体と背景の認識が甘くなり、意図しない場所がぼかされてしまうことがあるようです。

総合的に、自撮りが多いならRakuten BIG sのインカメラの方が使いやすいのではないでしょうか。

防水性能が若干低下

Rakuten BIG sの防水機能

項目Rakuten BIG sRakuten BIG
防水性能IPX7IPX8
防塵性能IP6XIP6X

Rakuten BIG sはRakuten BIGより若干防水性能が低下しています。

参考までにIPX7とIPX8の違いは次の通りです。

防水規格の違い
  • IPX7:水深1mで30分放置しても故障しない
  • IPX8:水深1.5mで30分放置しても故障しない
  • (いずれも常温の水道水かつ静水)

どちらも多少水がかかる程度ならバッチリ防水してくれますが、防水性能を気にするならRakuten BIGや他のIPX8等級に対応したスマホの方が安心です。

生体認証に顔認証が追加

Rakuten BIG sの顔認証

画像引用元:Rakuten BIG s(楽天ビッグエス) | スマートフォン | 楽天モバイル

項目Rakuten BIG sRakuten BIG
指紋認証
顔認証-

Rakuten BIG sでは生体認証に顔認証が追加されました。

最近はマスク必須のため顔認証は使いにくいと思われていますが、手が荒れやすい方や手が汚れやすい仕事をしている方は顔認証の方が便利です。

また、指紋認証は寝ている時も認証してしまいますが、顔認証は基本的に目が開いている状態でないと認証できないため高セキュリティです。

関連記事

9月30日に発売されたRakuten BIGは、楽天モバイルの独自機種であり、5Gに対応したスマホです。 そこで今回は、このRakuten BIGのスペックや特徴、価格について詳しく解説していきます。 あわせて、お得に購入するコ[…]

楽天モバイルのRakuten BIG

▲目次に戻る

Rakuten BIG sは期待大!

今回は楽天モバイルの最新スマホ「Rakuten BIG s(楽天ビッグ エス)」を解説しました。

Rakuten BIG sの概要
  • Rakuten BIGの小型版で同等の処理性能
  • 一括払いで50,980円
  • ホワイトは2021年4月22日発売
  • ブラックは2021年6月以降発売
  • クリムゾンレッドは2021年5月以降発売
  • 指紋認証・顔認証に対応
  • 4レンズのAIカメラ搭載
  • FeliCa機能搭載

Rakuten BIG sはRakuten BIGを小型化したモデルのため、処理能力や販売価格はほぼ同等です。

一方で、機能面には多少変更が加えられています。

Rakuten BIGとの違い
  • 画面サイズ:6.9インチ→6.4インチ
  • メインカメラ:
    マクロレンズ→望遠レンズ
  • インカメラ:
    3,200万画素→1,600万画素
  • 防水性能:
    IPX8→IPX7に変更
  • 生体認証:
    指紋認証→指紋認証&顔認証

総合的に、Rakuten BIG sは最近のミドルスペックモデルとしてスタンダードな仕上がりの1台です。

楽天モバイルへの乗り換え・機種変更を考えている方は、今回の解説を参考にRakuten BIG sもぜひ検討してください!

▲目次に戻る

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)