楽天ペイでデビットカードは使えない?ブランドによって違いがある

  • 2020年2月7日
  • by.sunsun

楽天ペイを使用している画像

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

楽天ペイでデビットカードを利用したいと考えている方は、意外と多いのではないでしょうか。

楽天ペイでデビットカードを利用できれば、スマホ決済にありがちな使いすぎ問題も解消できます。

楽天ペイでのデビットカード利用について簡単にまとめると、下記のようになります。

楽天ペイでデビットカードは使える!
  • アプリ決済はVISAデビット・Masterデビットの2つが利用可能
  • カード決済はJCBデビットやAMEXデビットなどでも利用可能
  • J-Debitはカード、アプリ決済ともに利用不可

今回は上記以外のデビッドカードも楽天ペイに使えるのか、そのあたりも詳しく解説していきます。

気になる方は是非チェックしてみてください。

トップ画像引用元:楽天ペイ – 街もネットも簡単お支払い!期間限定ポイント使える!

楽天ペイでデビットカードは利用できる?

楽天ペイのアイコン

画像引用元:楽天ペイ(実店舗決済)

まずは今回の本題である、楽天ペイはデビットカードが利用できるのか、という疑問を解決していきます。

結論から言うと楽天ペイでデビットカードが利用できるかどうかは、決済方法とデビットカードの種類によって異なります

以下、決済方法と使えるデビットカードを詳しく解説します。

楽天ペイのカード決済かアプリ決済かで異なる

楽天ペイには決済方法がいくつか存在しますが、その中でもカード決済とアプリ決済のどちらを選択するかで、使えるデビットカードが異なります。

またデビットカードの種類によっても、楽天ペイで利用できるかどうかが変わってきます。

デビットカードの種類カード決済アプリ決済
VISAデビットカード
Masterデビットカード
JCBデビットカード×
AMEXデビットカード×
Dinersデビットカード×
Discoverデビットカード×
各金融機関のJ-Debitカード××

上記の表を見ると、国際ブランド提携のデビットカードは決済方法によって利用できる・できないが決まります

カード決済かアプリ決済どちらをメインで利用するかわからない人は、どちらにも対応しているVISAデビットカードがおすすめです。

またJ-Debitカード(各金融機関のキャッシュカード)を、楽天ペイの決済方法として利用・登録することはできません。

楽天ペイとは?

続いて、楽天ペイについておさらいしておきましょう。

楽天ペイの特徴
  • 実店舗でもECサイトでも使える決済システム
  • 実店舗での決済の方法は3種類
  • 楽天ペイを利用するにはまず楽天会員に
  • 楽天スーパーポイントが貯まる・使える
  • 楽天カード以外のクレジットカードも利用可能

楽天ペイはECサイトなどを運営している楽天グループが、2016年10月から提供している新しい決済システムです。

以下、楽天ペイの特徴を詳しく解説します。

実店舗でもECサイトでも使える決済システム

楽天ペイは店頭・オンラインストアのどちらでも利用できます。

また、楽天ペイ専用のアプリも用意されていて、ダウンロードと初期設定を行うことでスマホだけで決済できます

実店舗でもECサイトでも、楽天ペイのシステムを導入している店舗ならどこでも使うことできます。

実店舗での決済の方法は3種類

実店舗での楽天ペイの決済は、カード・アプリ・電子マネーの3つの方法を選ぶことができます。

実店舗での決済方法
  • カード:楽天ペイのカードリーダーにカードを差し込み暗証番号を入力
  • アプリ:コード・QR払い・セルフのいずれか選択してアプリ内で決済
  • 電子マネー:楽天ペイのカードリーダーに電子マネーやスマホをかざす

すでに解説した通り、デビットカードの利用はカード決済とアプリ決済のみで、その中でもカードの種類によって利用の可否が決まります。

楽天ペイを利用するにはまず楽天会員に

楽天ペイは楽天グループが提供している決済システムで、利用したい場合は楽天会員になる必要があります

会員登録した際に決定したIDで楽天ペイを管理する仕組みです。

楽天会員は年会費が無料なため、楽天ペイを利用する上で決済以外の費用がかかることはありません。

楽天会員のランク条件

ランクランクの条件
ダイヤモンドランク過去6ヶ月で4,000ポイント以上を獲得し、30回以上ポイントを獲得すること。
さらに、楽天カードを保有していること。
プラチナランク過去6ヶ月で2,000ポイント以上を獲得し、
15回以上ポイントを獲得すること。
ゴールドランク過去6ヶ月で700ポイント以上を獲得し、
7回以上ポイントを獲得すること。
シルバーランク過去6ヶ月で200ポイント以上を獲得し、
2回以上ポイントを獲得すること。
レギュラーランクポイント対象の楽天サービスご利用で、
ポイントを獲得すること。

楽天グループでは期間内に貯めたポイント数や楽天カード保有の有無によって、会員をランク付けするシステムを導入しています。

ランクが高くなるにつれて豪華特典やポイント進呈などもあるので、是非ランクアップを目指してみてください。

楽天スーパーポイントが貯まる・使える

楽天ペイで支払いを行うと支払い金額に対して、0.5%分の楽天スーパーポイントを貯めることが可能です。

1回の決済で使えるポイントや1ヵ月間で使えるポイントは、会員ランクによって異なります。

楽天ペイで使えるポイント

ランク使えるポイント
ダイヤモンドランク1回の決済あたり500,000ポイントまで
1ヶ月の合計は500,000ポイントまで
プラチナランク1回の決済あたり30,000ポイントまで
1ヶ月の合計は100,000ポイントまで
ゴールドランク
シルバーランク
レギュラーランク

従来では楽天スーパーポイントは、楽天グループが運営するサイトだけで使うことができました。

しかし楽天ペイでは貯めたポイントを楽天ペイの決済に使うことができます

全店舗5%還元になるキャンペーン実施中!

楽天ペイの全店舗5%還元キャンペーン

画像引用元:【第2弾】楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元 – 楽天ペイアプリ

2020年1月1日から楽天ペイで決済した場合、全店舗で5%還元されるキャンペーンを実施中です。

このキャンペーンでは通常0.5%だった楽天ペイのポイント還元率が、店舗決済の場合に限り10倍の5%までアップします。

さらに楽天ペイに楽天カードを登録して決済する場合は、5+1%の6%も還元されます。

キャンペーンについてもっと知りたい方は、以下のリンクから確認してください。

→楽天ペイアプリでのお支払いで最大5%還元キャンペーンの詳細はこちら

楽天カード以外のクレジットカードも利用可能

楽天グループでは楽天カードを発行していますが、楽天ペイは楽天カード以外のクレジットカードも利用・登録できます

楽天ペイで利用・登録できるクレジットカードの国際ブランドは下記の6種類です。

楽天ペイで使えるカードの国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • Discover

VISAやMastercard、JCBなど日本国内で流通しているブランドが使えるので便利ですね。

主に海外で流通しているブランドにも対応しているので、ほぼ全てのクレジットカードを楽天ペイで利用できるでしょう。

楽天ペイで使えるクレジットカード|ブランド毎に審査のレベルが違う

デビットカードについて知っておこう!

最後に、デビットカードの基本情報についても確認しておきましょう。

デビットカードはJ-Debitカードと国際ブランド提携のデビットカードの2種類に分けられます。

J-Debitカード(ジェイデビットカード)

J-Debitのロゴ

画像引用元:J-Debit – キャッシュカードではじめる、キャッシュレス

J-Debitとは銀行などの金融機関が発行しているキャッシュカードを、買い物の支払い方法として使えるシステムのことです。

銀行のキャッシュカードはもともと預金口座と紐付けられているため、J-Debitで支払いを行うと預金口座からすぐに引き落とされます

J-Debitが利用できるキャッシュカードはJ-Debitカードと呼ばれることもあります。

国際ブランド提携のデビットカード

Visaのロゴ

画像引用元:Visaデビット | Visa

もう1つのデビットカードとは、VISAやJCB(クレジットカードの国際ブランド)と提携して発行しているカードです。

買い物をするとVISAやJCBが発行しているクレジットカードと同じシステムで決済されます。

しかしクレジットカードとは違って、紐付けされている金融機関の預金口座から即時に引き落としされます

2つのデビットカードの比較表

続いて、2つのデビットカードを比較していきます。

2つのデビットカード比較表

項目J-Debitカード国際ブランド提携の
デビットカード
利用可能
な場所
J-Debit加盟店
(本国内のみ)
VISAやJCBの
国際ブランド加盟店
(世界各国)
店舗数約45万ヶ所Visa:約3,850万ヶ所
JCB:約3,000万ヶ所

J-Debitカードと国際ブランド提携のデビットカードは、どちらも即時に引き落としされるポイントは変わりません。

しかし使える店舗数が大きく異なりますので、その点には注意しましょう。

デビットカードは自分の預金の範囲内で買い物できる

J-Debitカードも国際ブランド提携のデビットカードも、紐付けされている預金口座から即時に引き落としされます。

そのため、預金よりも多い金額を支払うことはできません

クレジットカードの場合は締め日から引き落とし日までタイムラグが発生しますし、利用可能枠内ならいくらでも利用できます。

そのため、使い過ぎるというデメリットが存在しますが、デビットカードではその心配が無くなります。

楽天ペイでデビッドカードを利用しよう

今回は、楽天ペイでデビッドカードを利用できるのかどうか、その実態を調査してみました。

楽天ペイのデビットカード利用まとめ
  • アプリ決済はVISAデビット・Masterデビットの2つが利用可能
  • カード決済はJCBデビットやAMEXデビットなどでも利用可能
  • J-Debitはカード、アプリ決済ともに利用不可

楽天ペイはカード決済かアプリ決済かで使えるデビットカードが異なります。

しかし、J-Debitカード(各金融機関のキャッシュカード)はどの決済方法でも使えないので注意が必要です。

「楽天ペイで即時引き落としのデビットカードを使いたい!」という人は、決済方法やカードブランドをもう1度確認してみましょう。

【2020年最新】楽天ペイの使い方/使える店を解説|還元率やチャージ方法も

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
sunsun
sunsun
高校の頃からdocomoユーザー。スマホは電子マネーが使えるSHARP、SONYと渡り歩き、現在は片手で持てるSONYのXperia Compactシリーズを愛用。なのにPCはMacBook Airを活用しているのでスマホとPCに互換性がなく、接続時のトラブルによく遭遇している。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ