楽天ゴールドカードの入会審査|審査基準や期間、落ちた時の対処法

楽天ゴールドカードの入会審査|審査基準や期間、落ちた時の対処法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

楽天ゴールドカードの申し込みには審査があります。今回は、その審査の基本的な情報と、受かるためのちょっとしたコツをご紹介します。

楽天ゴールドカードは特典が多く、数あるゴールドカードの中でも申し込みしやすいことで人気です。まだ持っていないという方はぜひチェックしてみてくださいね。

トップ画像引用元: 楽天ゴールドカード新規入会&利用でポイントプレゼント|楽天カード

1 楽天ゴールドカードの審査基準

楽天ゴールドカード

画像引用元: 楽天ゴールドカード さらにお得な一枚|楽天カード

楽天には複数のクレジットカードが存在しますが、カードによって審査基準も異なります。

楽天ゴールドカードの場合、どのような基準があるのでしょうか。

1-1 そもそも楽天ゴールドカードとは?

画像引用元:楽天カード公式サイト

まずは、楽天カードの概要を簡単に説明します。

  • 年会費2,160円
  • 国内ラウンジと一部の海外ラウンジが無料で使える(年2回)
  • 楽天市場でのショッピングポイントが最大5倍になる
  • ETCカードの年会費無料
  • ご利用可能額最高200万円
  • 旅行時にトラベルデスクが無料で使える

通常の楽天カードに比べて特典が多く、得に旅行時に嬉しいサポートが充実しています。年会費が一般カード会社のゴールドカードより安いところも魅力的です。

一般的なゴールドカードは年会費10,000円程度が相場ですが、楽天ゴールドカードであれば2,160円でゴールドカードを持つことができます。

楽天ゴールドカードはこんな人におすすめ

  • 海外によく行く人
  • 旅行によく行く人
  • 楽天市場でよくお買い物をする人
  • ゴールドカードを手軽に持ちたい人
ドコモキャンペーンバナー

1-2 楽天ゴールドカードの申し込み条件

楽天ゴールドカードは誰でも申し込みができるわけではなく、条件があります。

楽天ゴールドカードに申し込むには
  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること

この2つが、まず最初の入口に立つための条件です。これらの条件を満たせない場合は、申し込み不可ですので注意しましょう。

通常の楽天カードは満18歳以上であれば申し込み可能ですが、楽天ゴールドカードは20歳以上です。

また、学生でも20歳以上であれば申し込みができます。

カード会社によっては、学生がゴールドカードを作れない場合もありますが、楽天ゴールドカードでは可能ですので、学生さんもぜひ挑戦してみてください。

1-3 楽天カードの審査時間はどれくらいかかる?

楽天といえば、クレジットカードの審査が早いことでも有名です。中には5分もかからなかったという人も。ですが、審査の時間は人によって違います。

人それぞれ状況が違いますし、もし当日中に審査結果がでなかったとしても、「落ちてしまったのでは?」と焦る必要はありません。

短い人で5分程度、長い人だと1週間程かかる場合もあります。気長に待ちましょう。

カード審査に通った場合、1週間程度でカードが手元に届きます。

▽【年会費無料】楽天ゴールドカードは難しくても、楽天カードなら審査に通るかも?新規入会キャンペーン実施中!

楽天モバイルの月額料金|楽天カードを利用してお得に支払う方法

次の章では、楽天ゴールドカード入会審査の入力ポイントを解説します。

2 楽天カードの入会審査 情報入力時に注意すべきポイントは?

楽天ゴールドカードを申し込む際は、オンラインで自分の情報を入力する必要があります。

楽天では、クレジットカードの審査基準を公表していません。

ですから、「年収がこれだけあればOK」だとか「世帯収入がこれだけあれば大丈夫」という基準が不明なのです。

ただ、審査に通りやすくするためのちょっとしたコツはあります。これから審査を受けるという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

2-1 収入欄に書くのは手取りではなく年収

審査情報の入力ページには、年収を選ぶ項目があります。“本人様収入”と書かれているので、自分ひとりの収入を入力するようにしましょう。

専業主婦(主夫)の人や家事手伝いの人など、収入がない場合は正直に“なし”を選択してください。ここで「収入なしだと不利になるかもしれないから…」と嘘情報を入力するのはNGです。

正社員ではなく、パートや年金で収入がある場合は、「収入あり」としてその額を入力します。

「年収」を記入しよう

収入欄に記入する金額は、「手取り」ではありません。「総支給額の年収」を書いてください。

つまり、税金や保険料などが引かれる前の金額を入力するということです。

もし金額がわからない場合は、源泉徴収票を確認してみましょう。「総支給額」が明記されています。

保険料などが差し引かれた後の「手取り」を記入してしまうと、「収入が少ない人」という判定を受けてしまうかもしれません。

収入額を少しでも多く見せるために、「年収」を書くようにしてくださいね。

確認の電話がかかってくる場合も

楽天ゴールドカードに限った話ではありませんが、稀に職場へ確認の電話がかかってくることがあります。

これは必ずしも行われるものではありません。「本当に会社に在籍しているのか」という在籍確認のためだったり、必要事項にミスがあったりした場合に、かかってくる可能性があります。

そのため一概には言えませんが、例えばこんな時に連絡が来るようです。

  • 日本信用情報機構(JICC)や個人情報機関(CIC)など、個人の借り入れや所有カード情報を集約している機関に情報がない場合
  • あらかじめ個人情報機関(CIC)に登録されている情報と、今回入力した情報が異なる場合

これまでクレジットカード契約や割賦契約したことがないという人は、電話がかかってくる可能性が他の人よりも高いです。

電話に出られる態勢を整えておこう

とはいえ、楽天ゴールドカードの入会審査で実際に電話がかかってきたという人は、ほとんどいないという情報もあります。

とはいえ、可能性は0ではありません。職場の連絡先は、自分が実際に働いているところの連絡先を正直かつ正確に書きましょう。

例えば、支社で働いているのに本社の電話番号を書いてしまうと、本社の方に在籍確認の連絡がいく可能性もあります。

また、自営業の方は、職場の連絡先=自分の携帯電話・自宅の固定電話というケースもあるかと思います。

そのような場合、もしかしたら知らない電話番号から連絡がくるかもしれない、ということを頭に入れておきましょう。

「この番号は見たことがないから無視しよう」というのはNGです!

2-2 キャッシングはないに越したことはない

キャッシングとは、お金の借入のことです。楽天からお金を借りる際、いくらまで利用可能にするか、その枠を設定します。

現状、キャッシングをするかどうかわからないという場合は、キャッシング=0円に設定しておくことをおすすめします。

ここで金額を10万円や50万円などに設定すると、「お金を借りる可能性がある」ということになるため、審査が少し厳しくなります。

本人に返済能力があるかどうか、さらなる審査をする必要が出てくるためです。

キャッシングをする予定が今のところないのであれば、0円を選んだ方が審査のハードルを上げないで済みますよ。

2-3 世帯収入は漏れなく合算

世帯収入とは、生計を共にしている家族の収入のことです。自分自身は働いていなくても、家族の収入があれば、その合計金額を記入してください。

家族の全体の収入ですから、自分の収入も含めて、すべて合算した年収を入力します。この時も、税金などが引かれる前の「年収」を書くようにしましょう。

稀に自分の収入を省いてしまう人もいますが、その分だけ世帯収入が低く見られてしまうので損ですよ。

2-4 放置していた預貯金も忘れずに記入

預貯金の入力は、予め用意されている分類の中から、自分の状況に最も近いものを選択します。

そのため、1円単位まで細かく把握しておく必要はありませんが、大きなズレがないように注意しましょう。

この項目も、できる限り金額を大きく見せるよう努めた方がいいです。預けっぱなしになっている口座の残高などをよく確認してみてください。

また、選択肢の中には、「申告しない」や「なし」という項目もありますが、基本的にこれらは選ばないようにしましょう。

なぜなら、カード会社としても支払い能力の判定ができず、審査のハードルを上げないわけにはいかなくなるからです。

とはいえ、本当に全く預貯金がないのであれば、正直に「なし」を選択してくださいね。

楽天カードの入会審査の入力ポイント
  • 年収は「手取り」ではなく、保険料などが引かれる前の「年収」を入力
  • キャッシングは、利用予定がないなら0円を選択
  • 世帯収入は、生計を共にしている人みんなの合算年収
  • 預貯金には、自分の預貯金を可能な限りかき集めた金額を入力

当たり前のことですが、年収や世帯年収などに嘘を記載するのは絶対にNGです。

高ければ審査に受かりやすいというものではありませんし、個人情報機関(CIC)等の情報から嘘とわかれば、犯罪とみなされる危険性もあります。

ありのままの金額を入力するのが大前提です。

楽天PINKカードとは|還元率や年会費などの基本情報、サービスまとめ

次の章では、楽天ゴールドカードの審査に落ちた時の対処法を解説します。

3 楽天ゴールドカードの審査に落ちた時の対処法

楽天ゴールドカードの審査に落ちてしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか?おすすめの再チャレンジ方法をご紹介します。

3-1 審査に落ちる可能性が高い条件とは?

どんな人が楽天ゴールドカードの審査に落ちるのかをまとめてみました。

条件が公表されていない以上、断言はできませんが、ある程度の予測は可能です。

  • 他のクレジットカードの支払いを延滞している
  • 借入の件数や金額が大きい
  • 支払い能力がないとみなされている

これまでカードの支払いを延滞していたり、支払わないままになってはいませんか?そのような過去があると、金銭的な信用度はガクッと落ちてしまいます。

また、カード会社の延滞だけでなく、スマホの分割払い(割賦契約)も評価の対象となり得ます。

よって、スマホ代を払わずに強制解約になっている人も、カードが作れないリスクが高いです。

審査に落ちた理由は確認できる?

「どうして自分がカードの審査に落ちたのか、納得ができない!」という人もいると思います。

そのような場合、まずは個人情報機関(CIC)に問い合わせをして、自分のクレジットヒストリーを確認してみてください。

もしかしたら、過去に作ったクレジットカードが延滞状態になっているのかもしれません。

クレジットヒストリーは簡単に確認できる

個人情報機関(CIC)の公式サイトにアクセスすると、「自分の信用情報を確認」という項目があります。ここから自分のクレジットヒストリーを閲覧できます。

手持ちのスマホや自宅のパソコンでも開示は可能なので、一度チェックしてみてください。

  • 8:00~21:45の間
  • 手数料1,000円(クレジットカード決済1回払いのみ)

もちろん郵送や窓口でも請求が可能です。個人情報機関(CIC)の窓口に行く場合は、営業時間に注意しましょう。

3-2 楽天ゴールドカードの再審査を受ける前に考えるべきこと

「楽天ゴールドカードの審査に落ちてしまった。きっと運が悪かっただけだ。再チャレンジしてみよう!」と気軽にリトライするのはNGです。

審査結果に運の要素はまったく関係ないので、状況を改善しないまま再度申し込みをしても、何の意味もありません。

しかも、何度も何度も悪い条件で入会審査を受け続けることで、あなたの印象がどんどん悪くなっていきます。

審査に落ちたのには必ず理由があります。まずはその解決に努めましょう。

【噂】リボ払いで再チャレンジ?

ここからお話することは、確実な情報ではありません。噂レベルの話です。

なんと再チャレンジ時に、リボ払いを選択すれば審査に通過しやすくなるという噂があります。

【リボ払い】
クレジットカードの支払い方法のひとつ。利用金額が毎月あらかじめ設定しておいた額に達すると、超過分の支払いが翌月に繰り越されます。

リボ払いは、高額請求を防ぐためには便利な手段ではあります。

しかし、結局は支払いを先送りにしているだけですから、毎月のように繰り越し続けていくと、終わりが見えなくなってしまうというリスクもあるので注意しましょう。

また、リボ払いには手数料もかかります。この点にも十分気を付けるようにしてください。

3-3 通常の楽天カードを申し込んでみる

画像引用元:楽天カード公式サイト

楽天ゴールドカードと通常の楽天カードは、審査の内容が異なります。

通常カードの方が、難易度はやや低くなりますから、いったん楽天カードを作って信用を得るという方法もありです。

楽天カードできちんと支払いを続けていれば、「この人はきちんとお金を払ってくれる人だ」と評価してもらえるので、楽天ゴールドカードへの切り替えもスムーズに行えるでしょう。

また、楽天ゴールドカードを欲しいと思った理由にもよりますが、楽天カードでもお買いもの時にポイントアップしてもらえますし、海外旅行保険などもついてきます。

ですからまずは、通常の楽天カードを申し込んでみてはいかがでしょうか。

▽【年会費無料】楽天ゴールドカードは難しくても、楽天カードなら審査に通るかも?新規入会キャンペーン実施中!

通常の楽天カード → 楽天ゴールドカードへの切り替え時の注意点

楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えると、楽天カードで使っていたEdyがリセットされてしまいます。

このとき残金があった場合、全て失うことになるので気を付けてください。

Edyは移行することができません。全額使いきってから切り替えることをおすすめします。

4 楽天ゴールドカードの入会審査はすぐできる!

楽天ゴールドカードはオンライン申し込みなので、24時間いつでも申し込みが可能です。申し込み自体は無料ですから、欲しいと思ったらすぐにチャレンジできます。

魅力的な特典も多い楽天ゴールドカード。年会費2,160円でゴールドカードを持てるというのは、とてもお得です。

楽天のサービスをよく利用する人や旅行をよくする人なら、かなりお得に利用できるカードですよ!

では最後に、楽天ゴールドカードの審査基準や期間についてまとめます。

楽天ゴールドカードの審査で覚えておきたいポイント
  • 入会審査の基準は公表されていない
  • 審査情報の入力は、嘘偽りなく正直に
  • 早い人なら5分、遅い人でも1週間程度で審査結果がわかる
  • 審査に落ちても再チャレンジが可能。ただし、自身の状況・条件は改善しておくこと
  • 楽天カードで実績を作った後に切り替えることも検討してみる

楽天ゴールドカードを使って、お得で便利な生活を送りましょう!

ゴールドカードを持ってみたいという人も、ぜひ申し込みしてみてくださいね。

楽天カード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード比較まとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
licolico3373
licolico3373
悩みがなさそうと何故かよく言われる30代ママ。元ドコモ運営代理店勤務。初代Galaxy Sから現在まで10機種以上のGalaxyを使うGalaxy愛好者。一番好きな機種はGalaxy note2!一時期BlackBerryに憧れるも使いこなせず断念。趣味はハンドメイドと音楽。好きな食べ物はお刺し身定食。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ