楽天ゴールドカードのサービス改定と年会費返金方法

  • 2021年2月18日
  • by.nuko

楽天モバイルは今なら3ヶ月無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

楽天ゴールドカードは、楽天市場をはじめとした楽天の各種サービスを利用している人がお得になるクレジットカードです。

ただ、2021年4月からサービス改定が発表され、人によってはお得度がガクッと下がってしまいます。

そこで、楽天ゴールドカードのサービス改定内容や改定後の年会費返金方法について解説します。

楽天ゴールドカードホルダーの方は、サービス改定前にしっかり内容をチェックしておきましょう。

サービス改定のチェックポイント
  • SPUポイント倍率が+4倍→+2倍に減額
  • 「お誕生日月サービス」が新設される
  • 2021年3月末までは年会費の返金・請求停止できる

画像引用元:楽天ゴールドカード さらにお得な一枚|楽天カード

楽天ゴールドカードのサービス改定

楽天ゴールドカード

画像引用元:楽天ゴールドカード -国内空港ラウンジが年間2回無料で利用可能|楽天カード

楽天ゴールドカードは、2021年4月から以下2つのサービス改定が行われます。

サービス改定内容
  • SPUのポイント倍率が+2倍に減額される
  • 「お誕生月サービス」が新設される

スーパーポイントアッププログラムのポイント倍率が+2倍に

楽天ゴールドカードは、楽天市場で買い物をするとスーパーポイントアッププログラム(SPU)でポイント倍率+4倍になるメリットがありました。

しかし、今回の楽天ゴールドカードのサービス改定以降、楽天市場でのポイント倍率が+2倍まで下がってしまいます。

サービス改定前後のポイント内訳をまとめると次のとおりです。

ポイント倍率の内訳

日付ポイント内訳
2021年3月末まで楽天カードの利用ポイント:+1倍
楽天市場で楽天カード利用:+1倍
楽天市場で楽天ゴールドカード利用:+2倍
→合計:+4倍
(月間上限5,000ポイント)
2021年4月から楽天カードの利用ポイント:+1倍
楽天市場で楽天カード利用:+1倍
合計:+2倍
(月間上限5,000ポイント)

上記のように、サービス改定後のポイント倍率は年会費無料の楽天カードと同等になってしまいます。

しかし、楽天ゴールドカードは2,200円の年会費が必要なクレジットカードです。

楽天市場でのポイント還元目当てに楽天ゴールドカードを契約していた人は、サービス改定にあわせて年会費無料の楽天カードにダウングレードした方がいいでしょう。

「お誕生月サービス」新設

楽天ゴールドカードは、サービス改定で新たに「お誕生月サービス」の対象になります。

お誕生月サービスでは、楽天ゴールドカード契約者の誕生月に「楽天市場」と「楽天ブックス」の利用でポイント倍率が+1倍されます。

お誕生月サービス概要
  • 楽天市場:ポイント+1倍
  • 楽天ブックス:ポイント+1倍
  • 上限:2,000ポイント

2021年4月以降、楽天ゴールドカードを楽天市場で利用する際のポイント倍率は+2倍ですが、お誕生月は+3倍になるということです。

また、お誕生月サービスで還元されるポイント上限は2,000ポイントなので、買い物金額に換算すると20万円です。

自分への誕生日プレゼントの購入など誕生月に楽天市場の利用が増えるなら、お誕生月サービスは嬉しい特典になるでしょう。

改正サービスまとめ
  • SPUは+4倍→+2倍に減額
  • 誕生月は楽天市場・楽天ブックスで+1倍
  • サービスの改定で総合的なお得度は減少

楽天ゴールドカードの年会費・ブランド・還元率など

楽天ゴールドカード

画像引用元:楽天ゴールドカード|楽天カード

続いて楽天ゴールドカードの細かなサービス内容をチェックしましょう。

今回は参考として、年会費無料の楽天カードや最上位の楽天プレミアムカードのサービス内容もあわせて掲載します。

楽天ゴールドカードのサービス内容

項目楽天
ゴールドカード
楽天カード楽天
プレミアムカード
年会費2,200円永年無料11,000円
ブランドMaster Card
Visa
JCB
Master Card
Visa
JCB
American Express
還元率1%
(100円につき1ポイント)
SPUポイント+2倍
(月間上限
5,000ポイント)
ポイント+4倍
(月間上限
15,000ポイント)
お誕生月
サービス
上限
2,000ポイント
-上限
10,000ポイント
国内空港
ラウンジ
年間2回無料-無料
海外空港
ラウンジ
--プライオリティ
・パス無料
海外旅行
傷害保険
最高2,000万円最高5,000万円
国内旅行
傷害保険
--最高5,000万円
動産
総合保険
--最高300万円
ETC
カード
年会費
無料
年会費
550円
年会費
無料

楽天ゴールドカードは年会費2,200円のクレジットカードです。

サービス改定で楽天市場でのポイント+2倍と、年会費無料の楽天カードと同じ還元率になってしまいました。

しかし、お誕生月サービスや海外旅行保険など、楽天カードにはない特典があります。

楽天ゴールドカードの特典
  • ETCカードの年会費550円が無料
  • 国内線の空港ラウンジが年2回まで無料
  • 2,000万円までの海外旅行保険がある

この3つの特典を活用できるなら、2,200円の年会費を支払っても楽天ゴールドカードにする価値はあるでしょう。

逆に楽天市場のポイントだけが目当てなら、年会費無料の楽天カードにダウングレードした方がお得になります。

楽天ゴールドカードを継続するかの判断基準

楽天ゴールドカードのサービス改定で、多くの人は楽天カードにダウングレードした方がいいでしょう。

しかし、使い方によっては楽天ゴールドカードを継続した方がいい場合や楽天プレミアムカードにアップグレードした方がいい場合があります。

楽天ゴールドカードを継続するか否かの判断基準は次の通りです。

継続利用の判断基準
  • ポイント倍率目当ての人はダウングレード
  • 楽天市場で年間44万円以上買い物する人はアップグレード
  • ETCと国内空港ラウンジ2回無料をフル活用する人は継続利用

ポイント倍率目当ての人はダウングレード

楽天カード

画像引用元:楽天ポイント ザクザク貯まって使える|楽天カード

ここまでにお伝えした通り、楽天ゴールドカードのポイント倍率は2021年4月のサービス改定で+4倍から+2倍に減額されます。

そのため、楽天市場でポイント+4倍になることを目当てに楽天ゴールドカードを利用していた人は、サービス改定前に楽天カードにダウングレードしましょう。

また2021年1月14日までに楽天ゴールドカードに入会済みの人は、2021年3月末までは年会費の返金手続きができます。

>返金の流れはこちら

ポイント倍率目当てに楽天ゴールドカードを利用している人は、忘れずに返金手続きを行いましょう。

楽天市場で年間44万円以上買い物する人はアップグレード

SPU

画像引用元:【楽天市場】SPU|ポイント最大16倍

楽天市場をよく利用していて、年間44万円以上買い物をするなら楽天プレミアムカードにアップグレードしましょう。

楽天プレミアムカードは11,000円の年会費がかかりますが、楽天市場での買い物でポイント倍率+4倍になります。

年会費を考慮して計算すると、44万円の買い物をした時点で楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードのお得額が同じになり、それ以降は楽天プレミアムカードの方がお得です。

44万円時点の還元額比較
  • 楽天ゴールドカード:
    440,000円 × 0.02 – 2,200円(年会費) = 6,600円分
  • 楽天プレミアムカード:
    440,000円 × 0.04 – 11,000円(年会費) = 6,600円分

楽天市場で毎年たくさん買い物をしている人は、この機会に楽天プレミアムカードにする選択肢も検討しましょう。

ETCと国内空港ラウンジを利用する人は継続利用

羽田空港 ラウンジ

画像引用元:有料ラウンジ | 羽田空港旅客ターミナル

楽天ゴールドカードのETCカードや年間2回の国内線空港ラウンジ無料をフル活用している人は、サービス改定後も継続利用する方がお得です。

年会費無料の楽天カードにダウングレードすると、ETCカードも空港ラウンジも有料で利用することになります。

各サービスの料金
  • ETCカード:年会費550円
  • 空港ラウンジ:1,100円

国内線空港ラウンジを毎年2回利用をするより、楽天ゴールドカードの年会費分を支払った方が安くなります。

とはいえ確実に空港ラウンジの特典を使い切れる人以外は、年会費無料の楽天カードにダウングレードした方がいいでしょう。

楽天ゴールドカード継続利用まとめ
  • 楽天市場のポイント倍率目当てならダウングレード
  • 楽天市場で年間44万円以上買い物するならアップグレード
  • ETCと国内空港ラウンジ2回無料をフル活用するなら継続利用

楽天ゴールドカードサービス改定に伴う年会費返金方法

楽天 e-NAVIロゴ

画像引用元:楽天e-NAVI: ログイン画面

楽天ゴールドカードでは、サービス改定に伴い楽天e-NAVIで年会費の返金・請求停止を受け付けています。

返金申請の対象
  • 対象者:2021年1月14日までに入会した方
  • 申請期限:2021年3月31日 23:59まで
  • 返金額:2021年4月から入会月までの月割計算

年会費の返金は月割計算

年会費の返金は、2021年4月〜入会月までの月割計算になります。

例えば2020年8月が楽天ゴールドカードの入会月だった場合、返金される金額は917円です。

返金例:2,200円 ÷ 12ヶ月 × 5ヶ月(残り期間) = 917円

返金額がいくらになるかは人によって異なりますが、サービス改定で楽天ゴールドカードにしておくメリットを感じない人は、忘れずに年会費の返金手続きを行いましょう。

返金手続きは楽天e-NAVIから

楽天ゴールドカードの返金手続きや各種問い合わせは、楽天e-NAVIの専用URLから行います。

年会費返金の手順
  1. 楽天e-NAVIにアクセス
  2. 楽天ゴールドカードの楽天ID・パスワードでログイン
  3. メッセージから「お支払い済みの年会費の返金について」を開く
  4. 「年会費返金のお手続き」に進む
  5. メールアドレスや名前を入力する
  6. 「年会費の返金を希望する」にチェックを入れて申し込む

これで返金手続きは完了です。

返金処理は2021年4月のサービス改定実施後に行われるので、4月以降に返金されているかチェックしましょう。

楽天ゴールドカードのサービス改定まとめ

今回は2021年4月からの楽天ゴールドカードのサービス改定について解説しました。

今回のサービス改定で楽天ゴールドカードのメリットが感じられなくなった人も多いのではないでしょうか。

サービス改定のチェックポイント
  • SPUポイント倍率が+4倍→+2倍に減額
  • 「お誕生日月サービス」が新設される
  • 2021年3月末までは年会費の返金・請求停止できる

楽天ゴールドカード最大のメリットであったポイント+4倍が+2倍に減少し、正直なところ改悪と言われても仕方のないサービス改定です。

そのうえ年会費は今まで通り2,200円なので、ポイント目当てで利用していた人は年会費の返金手続きをして、無料の楽天カードにした方がいいでしょう。

とはいえ、使い方によっては継続利用や楽天プレミアムカードへのアップグレードという選択肢もあります。

継続利用の判断基準
  • ポイント倍率目当ての人はダウングレード
  • 楽天市場で年間44万円以上買い物する人はアップグレード
  • ETCと国内空港ラウンジ2回無料をフル活用する人は継続利用

楽天ゴールドカードを利用している人は、使い方に合わせて継続利用するか判断してください!

楽天モバイルは今なら3ヶ月無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)