楽天モバイルのAPN設定手順とできない時の対処法【iPhone・Android】

楽天モバイルに乗り換えや新規契約される方の中にはうまくAPN設定ができない方がいるようです。APNとは携帯電話回線からインターネット回線に接続するために必要な設定で、楽天モバイル以外で購入した端末に必要となります。本記事ではAPN設定の方法などを解説しております。
  • 2020年12月27日
  • by.Iris777

楽天モバイル APN

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

2020年にキャリア参入を果たした第四のMNOである楽天モバイルは、他社と比べて安い料金と使い放題で利用できる通信量が非常に魅力的な通信サービスです。

多くの人が既に乗り換えや新規契約をして利用しているのではないでしょうか。

しかし、今まで使っていたスマホに楽天モバイルのSIMカードを挿すだけではネットが使えず、そこでAPN設定という言葉を初めて知った人も多いと思われます。

そこで今回は、楽天モバイルのAPN設定の手順や注意点などについて詳しく解説していきます。

楽天モバイルでAPN設定する時のポイント
  • 楽天モバイルで購入したスマホの場合、原則APN設定は不要
  • 他社キャリアや中古ショップで購入したスマホはAPN設定をしないとネットが使えない
  • APN設定の方法はAndroidスマホとiOSで大きく異なるので注意
  • 楽天回線対応製品以外は動作保証対象外なので基本的に自己責任
もしAPN設定できない場合はこちらも確認↓

APN設定が必要なケースや、ネットで楽天モバイルの端末を購入したが自動的に使えなかった時の対処法についても触れていくので、是非参考にしてください。

APN設定とは

楽天モバイル

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

APNとは「Access Point Name」の略であり、日本語でも「アクセスポイント」と呼ばれています。

簡単に言うと、携帯電話の回線を使用してインターネットに接続する時に必要な設定ことです。

ドコモやau、ソフトバンクのような大手キャリアの機種であればまず自分でこの設定をする必要はありません。

しかし、最近では格安SIMが普及し、SIMロック解除ができるようになったこともあり、購入したキャリア以外の通信サービスでスマホを使うことも増えています。

そのため、APN設定を自分で行う機会がかなり増えました。

APN設定を知らないと格安SIMなどのSIMカードを使う時にインターネットが使えないので、この機会に是非APN設定に対する理解を深めましょう。

楽天モバイルでAPN設定が必要になる場合

楽天モバイル

画像引用元:通信・エリア | 楽天モバイル

APN設定をしたことがあるという人は、まだかなり少ないのではないかと思います。

というのも、普通にドコモなどのキャリアで契約してスマホを購入すれば、本来APN設定をする必要はありません。

何もしなくてもネットが使えるようになります。

では、一体どのような時にAPN設定が必要なのでしょうか?

楽天モバイル以外で購入した機種を楽天モバイルで利用する場合

APN設定が必要なケースは、基本的に楽天モバイル以外の機種を楽天モバイルのSIMカードで使う時です。

楽天モバイルにはSIMカードのみの契約もあるので、今まで使っていたスマホをそのまま使い続けることが可能です。

そのため、キャリアで機種変更したばかりの新しい機種でも、楽天モバイルに乗り換えたところで無駄にはなりませんが、初期設定時にAPNを設定しなければいけないという手間が増えます。

SIMロック解除した他社キャリアのスマホ

ドコモやau、ソフトバンクで購入したスマホも、SIMロックを解除すれば楽天モバイルのSIMカードを使うことができます。

※利用前に公式サイトの「楽天回線の対応状況」で自分の使っているスマホが問題なく使えるかチェックしましょう。

ただし、最初から楽天モバイルのAPN設定が行われている機種ではないので、楽天モバイルのSIMカードを使う時は自分でAPN設定をする必要があります。

中古ショップ等で購入したSIMフリー(SIMロック解除済み)スマホ

中古ショップや格安SIMで購入したSIMフリースマホ(SIMロック解除済みスマホも含む)も、楽天モバイルのSIMカードを差して使うことができます。

こちらも必ず使う前に、対応しているかどうか確認するようにしてください。

中古ショップや他社の格安SIMで購入したスマホにも楽天モバイルのAPNは設定されていないので、自分で設定する必要があります。

楽天モバイルで購入した機種は自動的にインターネット通信接続はOK

楽天モバイルで購入した機種は、原則APN設定は不要です。

楽天モバイルのスマホは自動的にインターネット通信接続が完了しているため、SIMカードを入れるだけでネットが使える状態になっているからです。

これは楽天モバイルだけでなく大半の格安SIMやキャリアでも同様のことが言えます。

自社で取り扱っているスマホの場合は基本的にAPN設定をする必要はありません。

※中にはAPN設定が必要な場合もあるので、購入時に必ず確認しましょう。

楽天モバイルで購入したのに自動でネットに繋がらない場合は?

一方で、楽天モバイルで購入したスマホのはずなのに自動的にネットが使えないというケースもあるようです。

次に、楽天モバイルのスマホでネットに繋がらない時の対処法を紹介します。

新規契約の場合

新規契約で購入した場合の対処法は下記の通りです。

新規契約で購入したときの対処方法
  1. SIMカードをスマホに差し込む
  2. 電源をONにする
  3. 数分放置する
  4. 状況が変わらない場合は機内モードのON/OFFや再起動を試す
  5. インターネットが利用できるようになったら完了

上記の手順は開通手続きと同じ流れです。

本来であればSIMカードを差した時点で自動的に開通されますが、いくら待ってもネットが使えない場合は再起動や機内モードのON/OFFを試してみてください。

それでもインターネットが利用できない場合は初期不良の可能性も考えられます。

一旦、楽天モバイルに問い合わせてみましょう。

他社から乗り換えの場合

他社から乗り換えて購入した場合の対処法は下記の通りです。

他社からの乗り換えで購入した場合の対処方法
  1. 旧SIMカードが入った製品・インターネット通信可能なPCやスマホを用意する
  2. my 楽天モバイルにアクセスして「申し込み履歴」→「MNP開始」を選択
  3. 旧SIMカードの通信が「圏外」になったことを確認する
  4. 一度スマホの電源を切り、新しいSIMカード(楽天モバイル)を差し込んで電源をONにする
  5. 数分放置する
  6. 状況が変わらない場合は機内モードのON/OFFや再起動を行う
  7. インターネットが利用できるようになったら完了

新規契約よりも若干手間がかかりますが、旧SIMカードの通信を完全に切って、新しいSIMカードを入れてみてください。

数分待っても変わらない場合は、再起動や機内モードのON/OFFを試してみましょう。

同じように一切ネットが使えない場合は初期不良であることも考え、一旦楽天モバイルに問い合わせてみてください。

一部の機種はソフトウェアのアップデートが必要である場合も

また、一部の機種はソフトウェアのアップデートをしないとネットに繋がらない可能性もあるようです。

下記のスマホを利用する人は、まずソフトウェアのアップデートを行いましょう。

ソフトウェアのアップデートが必要な機種

  • AQUOS zero
  • AQUOS R2 Compact
  • AQUOS sense2
  • AQUOS sense plus
  • AQUOS R Compact
  • AQUOS sense lite
  • Reno 10x Zoom
  • AX 7
  • R17 Pro
  • Find X
  • HUAWEI nova 5T
  • HUAWEI P30 lite
  • HUAWEI nova lite

アップデートの手順は機種によって若干異なる場合があります。

楽天モバイルの公式サイトに各機種のソフトウェアのアップデート情報が掲載されているので、一度自分が使っている機種の情報をチェックしてみてください。

APN設定が必要な時
  • 楽天モバイル以外で購入した機種を楽天モバイルで使う時
  • 楽天モバイルで購入した機種は自動的に設定が完了しているが、たまにネットに繋がらない時がある
  • 繋がらない場合は再起動や機内モードのON/OFFを試してみる
  • 一部ソフトウェアのアップデートが必要なケースもある

楽天モバイルのAPN設定方法

楽天モバイル

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

次に、APN設定の手順について詳しく解説していきます。

今回は、iOS端末(iPhone)とAndroidスマホの2つの手順について調べました。

他社とは若干異なる仕様となっているので、是非確認してください。

iOS端末の場合

iOS端末のAPN設定方法は下記の通りです。

iOS(iPhone)のAPN設定方法
  1. 格安SIMで以前プロファイルをインストールしている人は事前に削除
  2. SIMカードを入れて電源をON
  3. 設定アプリを開き「モバイル通信」を選ぶ
  4. 「通信のオプション」を選ぶ
  5. 「音声通話とデータ」をタップし「VoLTEオン」を選択
  6. 下部にポップアップが表示されるので「OK」を選択
  7. 「VoLTEオン」が設定されたことを確認して左上の「<」で前ページへ戻る
  8. 「モバイル通信ネットワーク」を選ぶ
  9. 「モバイルデータ通信」と「インターネット共有」の「APN」入力欄にAPNを「rakuten.jp」と設定
  10. 左上の「<」で戻る
  11. インターネット共有(テザリング)の欄が「オフ」と表示されていることを確認して完了

格安SIMの場合、iPhoneのAPN設定はプロファイルをインストールして終わりというケースが多いのですが、楽天モバイルはAPN情報を手入力する必要があります。

ただ、入力する内容もAndroidスマホほど多くないので、設定にそこまで時間はかからないと思われます。

関連記事

ネットも通話もお得だと定評のある楽天モバイルでは以前iPhoneが使えないという話もありましたが、一部の機能は使えないもののiPhoneを利用することは可能です。 そこで今回は、テザリング設定やプロファイル削除方法などiPhoneを楽[…]

楽天モバイル UNLIMIT Ⅴ

Androidスマホの場合

Androidスマホの場合は機種によって仕様に大きな差があることから、手順が若干異なる可能性があります。

AndroidスマホのAPN設定方法
  1. SIMカードを入れて電源をONにする
  2. 設定アプリを開く
  3. 「接続」をタップ
  4. 「モバイルネットワーク」をタップ
  5. 「アクセスポイント名」をタップ
  6. 「追加」をタップ
  7. 下記表の情報を入力
  8. APNの情報を保存する
  9. APNの一覧が表示されているページで追加したAPNをタップ
  10. 完了

今回はGalaxy Note 10+を例にして解説します。

設定手順1 SIMカードを入れて電源をONにする

スマホにSIMを挿入する

最初に、楽天モバイルのSIMをスマホに挿入します。

ほかのキャリアと同等にトレイに載せてSIMスロットに挿入してください。

きちんと挿入したら電源を投入し、SIMを認識したことを確認して次に進みます。

設定手順2 設定アプリを開く

設定アプリを開く

APN設定は設定アプリから行います。

そのため、設定アプリのアイコン(ギアマークのことが多い)をタップして起動してください。

ホーム画面にアイコンが見当たらない場合は、ドロワーの中にあるので一通り探しましょう。

設定手順3 「接続」をタップ

「接続」をタップする

設定アプリ最上部に「接続」というメニューがあるので、これをタップしてください。

APN設定をはじめとして、回線に関する設定は基本的にここから行います。

設定手順4 「モバイルネットワーク」をタップ

モバイルネットワークを開く

接続設定内にはWi-FiやBluetoothなどさまざまなものがありますが、今回はその中から「モバイルネットワーク」を選択してください。

機種によっては下のほうにあるので、その場合はスクロールして探しましょう。

設定手順5 「アクセスポイント名」をタップ

APN設定画面を開く

次に、アクセスポイント名(アクセスポイントネーム)をタップしてください。

こちらも機種によって項目名が違うことがあるので、それらしいものを探してタップしましょう。

アクセスポイントやAPNという表記があれば、そこから設定画面に入れます。

設定手順6 「追加」をタップ

追加ボタンをタップする

APN設定画面の右上には「追加」と書かれたボタンがあるので、それをタップします。

一部の機種は追加ボタンが表示されていないため、その場合はメニューから追加を選択してください。

設定手順7 下記表の情報を入力

設定内容を入力する

APN設定画面が開いたら、下記の表を参考にして必要な情報を入力してください。

スマホの設定画面にはさまざまな項目がありますが、表に載っていない項目を修正する必要はありません。

載っているもののみを入力してください。

設定手順8 APNの情報を保存する

APN設定を保存する

すべての入力項目を正しく入力したら、右上のメニューボタンをタップして保存を選択してください。

保存ボタンをタップすると一覧画面に戻るので、次に進みます。

設定手順9 APNの一覧が表示されているページで追加したAPNをタップ

APNを選択する

APN一覧画面に戻ったら、先程選択したものをタップしてチェックをつけてください。

チェックをつけるとAPN設定が有効になり、楽天回線を利用して通信できるようになります。

設定手順10 完了

電波状況を確認する

設定が完了したら、正常に通信できるか確認してください。

通信状況が気になる人は、接続しているバンドや電波強度を確認できるアプリを使用するのがおすすめです。

Band 3に接続されており、正常にWebページなどが開ければ問題ありません。

2020年11月時点で楽天は電波が弱く、市街地でも圏外になることがあります。

設定後にうまく通信できない場合でもAPN設定に問題があるのではなく、電波に問題があるケースがあるので注意してください。

楽天モバイルのAPN情報は下記の通りです。

楽天モバイルのAPN情報
APN名楽天
(rakuten.jp)
APNrakuten.jp
MCC440
MNC11
APNタイプdefault,supl
APNプロトコルIPv4/IPv6
APNローミングプロトコル
PDPタイプ

※上記の設定でテザリングを使用できない場合は、APNタイプに「dun」を追加してください。

表内の情報を間違えないように入力してください。

APN設定の方法
  • iPhoneの場合は事前にインストールされているAPN設定のプロファイルを削除
  • 楽天モバイルにはiPhone専用のプロファイルがない
  • iOSもAndroidスマホも設定画面のAPN設定の項目で必要情報を入力

楽天モバイルでAPN設定をする際の注意点

楽天モバイル対応機種

画像引用元:ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイル

次に、APN設定をする時の注意点について解説していきます。

楽天モバイルはまだキャリア参入したばかりの新しいMNOであり、動作保証対象の機種も非常に少なく、iPhoneですら自己責任で利用することになります。

そのため、楽天モバイルを使う前に必ず注意点を把握し、自分の使っている機種が確実に使えるのかどうか慎重に判断してから利用することをおすすめします。

楽天回線対応製品以外は動作保証対象外

ドコモ・au回線の格安SIMであった楽天モバイルで購入した機種の中には、楽天回線対応製品という楽天回線で利用できると確認されている機種があります。

もちろん、SIMロック解除した他社キャリア製品も利用できるといわれていますが、楽天モバイルで動作保証対象となるのは楽天回線対応製品のみです。

つまり、それ以外の機種は保証対象外となるため、APN設定をしても万が一使えなかった場合は自己責任となります。

自分の使っているスマホが楽天モバイルで使えるかどうか不安な人は、他のユーザーのレビュー記事などをチェックして確実に使えることを確認しましょう。

「楽天回線の対応状況」という自分の使っているスマホが楽天モバイルで使えるかどうか確認できるページがあるので、是非参考にしてください。

OSやソフトウェアの更新により利用制限がある場合も

また、「楽天回線の対応状況」にて楽天回線が使えると記載のある機種でも、OSやソフトウェアのアップデートによって機能が制限される可能性もあります。

ネットは使えるのにテザリングができないなど、不便な部分が出てくるかもしれません。

前章でも述べていますが、楽天回線対応製品以外の機種は自己責任で利用しましょう。

楽天モバイル以外で購入した機種は楽天モバイルに問い合わせてもわからない

機種の操作説明などのアフターケアがあった方が安心だという人も多いでしょう。

しかし、楽天モバイルで対応できるのは、あくまで「楽天モバイルで販売している機種のみ」です。

APN設定で不具合があった時でも、他社のスマホを使っている場合は楽天モバイル側もわからない可能性が高いです。

楽天モバイル以外のスマホを使う人は、必ず自分で確認するか、その機種を購入した会社・店舗に問い合わせるようにしてください。

機種によってはテザリングが使えない可能性もある

前述したように、公式サイトで使えると記載のある楽天モバイル以外のスマホでも、テザリングが使えないなど一部機能の制限がかかっている場合があります。

テザリングが使えない場合は、APN設定をする時にAPNタイプに「dun」を追加してみてください。

機種によってはこれだけで楽天モバイルのテザリングが使えるようになる可能性があります。

APN設定の注意点
  • 楽天回線対応製品以外は動作保証対象外
  • OSやソフトウェア更新による利用制限がある恐れも
  • 楽天モバイル以外で購入した機種の操作等を楽天モバイルに問い合わせてもわからない
  • 機種によってはテザリングが使えない場合があるので、その時はAPNタイプに「dun」を追加

他社のスマホを使う時は必ずAPN設定をしよう

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル

最後に、楽天モバイルでAPN設定する時のポイントについてまとめます。

楽天モバイルでAPN設定する時のポイント
  • 楽天モバイルで購入したスマホの場合、原則APN設定は不要
  • 他社キャリアや中古ショップで購入したスマホはAPN設定をしないとネットが使えない
  • APN設定の方法はAndroidスマホとiOSで大きく異なるので注意
  • 楽天回線対応製品以外は動作保証対象外なので基本的に自己責任
もしAPN設定ができない場合はこちらも確認↓

楽天モバイルのSIMカードを使う時、必ずAPN設定が必要というわけではありません。

楽天モバイルで購入した機種なら自動的にAPN設定が完了しているので、SIMカードを差し込んだだけですぐに使えます。

一方で、他キャリアのスマホや中古ショップで購入したSIMフリースマホなどは、APN設定が必要なので必ず初期設定の時に行うようにしてください。

また、楽天回線対応製品以外は動作保証対象外となっているため、基本的に自己責任での利用となります。

最近発売された機種の多くは問題なく使えると言われていますが、中には機能が制限される可能性もあります。

楽天モバイルでスマホが繋がらないという現象が起きた場合は、対応製品かどうかも確認してみるといいでしょう。

自分の使っている機種が問題なく楽天モバイルで使えるか気になる人は、楽天回線の対応状況を確認したり、他のユーザーのレビューなどを参考にすると良いでしょう。

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。