楽天モバイルから新型iPhone 12は発売される?楽天の今後を大胆予想

新型iPhoneが発表される時期となりましたが、日本では楽天モバイルiPhone12対応に注目が集まっています。5Gの料金プランは衝撃的な内容になると予想されており、動向から目を離せません。本記事では楽天モバイルとiPhone12について大胆に考察しました!

  • 2020年9月14日
  • by.Iris777

楽天モバイル UN-LIMIT

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

例年9月は新型iPhoneが発表・発売される時期であり、2020年もその時期がやってきました。

2020年の新型iPhone(iPhone 12になると予想されている)は、5G対応モデルを発売すると予想されているため、気になっている人もいるのではないでしょうか?

また、3月に第4のキャリアとして参入した楽天モバイルがiPhone 12を取り扱うのかについても注目が集まっています。

そこで、今回は楽天モバイルがiPhone 12を発売する可能性はあるのかについてみていきましょう!

楽天モバイルが発売すれば大きな動きなると考えられるため、要注目です。

楽天モバイルとiPhone 12の関係
  • 楽天モバイルがiPhone 12を発売すれば5G対応において好スタート
  • 9月下旬発表予定の5G料金プランにも要注目!場合によっては格安5G通信になる可能性も
  • 発売されなかったとしてもiPhone 12が動作保証されれば大きなインパクトに

トップ画像引用元:楽天モバイル

iPhone 12を発売すれば、他社と肩を並べる存在に!

ワイモバイルでiPhone SEを購入

画像引用元:iPhone |Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ドコモ・au・ソフトバンクの3社は、いつもどおりiPhone 12を取り扱うことでしょう。

それに加えて、もし楽天モバイルがiPhone 12を取り扱えば、iPhoneの販売という面ではドコモ・au・ソフトバンクに肩を並べることになります。

そのため、楽天モバイルでiPhone 12を使いたいと考えている人であれば販売に期待するのではないでしょうか?

また楽天モバイルは月額料金が他キャリアよりも安いので肩を並べるどころか大きなアドバンテージになります。

楽天モバイルは5Gで後れを取り戻す動き

楽天モバイルは新参のキャリアであるため、4G基地局の整備で後れを取っているのが大きなデメリットです。

サービスエリアのほとんどをauのローミング通信でまかなっており、自社回線エリアは徐々に広くなっているとはいえほかのキャリアに比べると非常に狭くなっています。

5Gはまだ始まったばかりの技術であるため、どのキャリアでもこれから基地局を整備しなければなりません。

楽天モバイルは5Gエリアを積極的に整備し、4G整備の後れを取り戻そうと考えているようです。

5G基地局の整備を急ピッチで進めれば、楽天モバイルがより注目されるようになるでしょう。

高速・大容量・低遅延の5G通信はユーザーにとってもメリットが大きいため、楽天モバイルが速やかに展開すればこれまでの後れを一気に取り戻せる可能性があります。

iPhone12は5G対応が予想されているので、楽天モバイルの5G整備が活きてきますね。

iPhone 12を発売すれば、楽天モバイルは大躍進!

楽天モバイルが5Gで他社に攻勢をかけるなら、5G対応モデルがラインナップされるといわれているiPhone 12を取り扱う必要があるでしょう。

5G基地局を急いで整備し、5G対応のiPhone 12を発売すれば5Gを利用したいiPhoneユーザーの契約を一気に獲得できる可能性があります。

iPhone 12の5G対応状況には、2020年9月時点で以下の3パターンが予想されているので、あわせてチェックしておきましょう。

iPhone 12の5G対応状況予測
  • 全機種5G対応
  • 4Gモデルを先に発売し、5Gモデルを遅れて発売する
  • 5Gモデルを先に発売し、4Gモデルを後から発売する

いずれの場合でも、「なんらかの形で5Gモデルが発売されること」はほぼ確実であると予測されています。

したがって、楽天モバイルがiPhone 12を販売すれば、ユーザーの獲得という面で大きな武器になるでしょう。

【要注目】楽天モバイルが衝撃発表を予告!

Rakuetn UN-LIMITの詳細

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT(料金プラン) | 楽天モバイル

楽天モバイルは、5G通信を9月下旬にサービスインすることを発表しています。

同時期に5G通信の料金プランを発表するため、5Gに期待している人は注目しているのではないでしょうか。

楽天モバイルは、「料金プランにまた驚きがある」と表現しているため、5G通信を格安で利用できるのではないかと予想されています。

一例として、Rakuten UN-LIMIT(3,278円)と同額で5G通信を利用出来るようになった場合、ドコモ・au・ソフトバンクより大幅に安くなるでしょう。

2020年9月時点でのドコモ・au・ソフトバンクの5G料金は以下のとおりです。

キャリア別 5G通信料金比較表

キャリア従量制プラン定額制プラン
ドコモ3,465円~6,765円8,415円
au4,565円~7,865円9,515円
ソフトバンク4,378円~8,228円9,328円
楽天モバイル提供なし3,078円(※1)
※1: Rakuten UN-LIMITの料金で5G通信を利用できると仮定した場合

こうしてチェックすると、楽天モバイルの現行プランでそのまま5Gを利用できると仮定すると、大幅に安くなることがわかるでしょう。

多少の追加料金が課せられたとしても、ほかのキャリアよりは安くなると予想されます。

これが、楽天がいう「驚きの料金プラン」になる可能性も十分に考えられるでしょう。

具体的な内容については9月下旬に発表される予定なので、忘れずにチェックしてください。

楽天モバイルがiPhone 12を発売するかどうかに加えて、5G向け料金プランにも要注目!

衝撃の料金プランでiPhone 12を発売?

iPhone SEとSIMピン

楽天モバイルが「衝撃の料金プランで5Gサービスをスタートする」と発表しているため、これに注目している人も多いのではないでしょうか?

それに加えて、iPhone 12を取り扱うことになれば、お得に5G通信サービスを使いたいユーザーから支持されるでしょう。

実現すれば料金面と回線面の双方で大きなインパクトになり、ユーザーが大幅に増える可能性があります。

楽天モバイルにとっては、iPhone 12を発売するためにAppleと調整して契約を結ぶなどの手間がかかるものの、5G通信とiPhoneの取り扱いで他キャリアに攻勢をかけるという面では見逃せません。

楽天モバイルは4G回線や現行iPhoneの分野では力を入れていない印象

楽天モバイルでは2020年4月に4Gのサービスをスタートさせていますが、基地局の整備状況などをみると他キャリアに攻勢をかけられるような状況ではありません。

対応しているバンドも「Band 3」の1バンドのみなので、自社回線対応エリア内でローミング通信に切り替わることも頻繁に発生します。

現行のiPhoneや旧世代のiPhoneを取り扱っていないことから、iPhoneの販売にも力を入れていない印象です。

したがって、5GサービスインとiPhone 12によって勝負するのではないかとも予想されています。

iOS版Rakunten Linkがリリースされたことも関係ある可能性も?

楽天回線で無料音声通話/SMSを利用するためには、Rakuten Linkアプリを使用しなければなりません。

しばらくAndroid版のみの提供だったものの、2020年7月8日にiOS版のRakuten Linkアプリがリリースされました。

iOS版のRakuten Linkアプリがリリースされたことにより、iPhone利用者も無料通話/無料SMSの恩恵を受けられるようになったのは大きなメリットといえるでしょう!

これによってiPhoneで楽天回線を利用するメリットが大きくなり、「iPhone 12を販売する事前準備ではないか」とも考えられています。

iPhone 12が動作保証されるインパクト

iPhone11-11-Pro比較

楽天モバイルがiPhone 12を取り扱うためには、Appleとの契約を結んだり販売体制を整えたりする必要があります。

楽天モバイルは2020年4月にサービスインしたばかりのキャリアであるため、iPhone 12を販売するのは難しいのではないかとも考えられるでしょう。

しかし、楽天モバイルからiPhone 12が販売されなかったとしても、楽天回線での動作が保証されれば大きなインパクトになるでしょう。

その理由についてもここで詳しく紹介します。

iPhone現行機種は動作保証対象外

重要なポイントとして、2020年9月12日時点でiPhoneはRakuten UN-LIMITでは動作保証されていません。

ただし、動作保証はされていないもののデバイスによって一部の機能を利用できることは確認されています。

したがって、自己責任で楽天回線を利用する分には問題なく利用できるでしょう。

2020年9月12日時点でのiOSデバイス対応状況は以下のとおりです。

iOSデバイス対応状況

デバイス名楽天回線使い放題国内通話無料国際通話無料
iPhone SE(第2世代)使用可使用可使用不可
iPhone 11/11 Pro/ 11 Pro Max
iPhone XS/XS Max/XR
iPhone X使用不可使用不可
iPhone 8/8 Plus
iPhone SE(第1世代)
その他のiPhone動作未確認動作未確認動作未確認

楽天モバイルでiPhoneを利用したい場合は、上記の表を確認してから契約することをおすすめします。

iPhoneの場合、いずれのデバイスでも国外66の国の地域でデータ通信やSMSが無料になるサービスは利用できません。

国外利用を検討している人は、こちらも併せてチェックしておいてください。

さらに詳しい情報を知りたい場合は、楽天モバイル公式サイトで確認してください。

iPhone 12が動作保証されれば、業界に激震が走る

iPhone 12の発売にともなって、動作確認でとどまらずに楽天回線で「動作保証」されれば他キャリアに大きなインパクトを与えることになるでしょう。

「楽天モバイルではiPhoneで一部機能を使えるものの、利用は自己責任」という状態から、「iPhoneで楽天回線で利用できることを保証する」という内容になれば、ユーザーからもさらに注目されます。

もし、Apple側との調整が間に合わずにiPhone 12を販売できなかったとしても、動作保証すればiPhoneを安く利用したいユーザーが楽天モバイルに一気に流入する可能性があるでしょう。

ユーザーが一気に増えれば、楽天モバイルが損益分岐点として掲げている7,000,000契約を早期に達成する可能性も高まります。

楽天モバイルでiPhoneを使う手順|対応機種やSIMの設定、注意点を解説

楽天モバイルのiPhone12について、よくある質問

楽天モバイルのiPhone12について、よくある質問に回答しました。

楽天モバイルでiPhone12は発売されるのか

iPhone12発表後に、何らかの動きがあると思われます。

発売されれば、既存の3大キャリアに肩を並べる存在になるでしょう。

楽天モバイルの5G対応について知りたい

5Gについては今後「衝撃の料金プラン」の発表があるとされています。

業界に大きな影響を及ぼすと考えられるため、要注目です。

楽天モバイルでiPhoneは使えるのか

iPhoneが使えることは確認されていますが、動作保証はされていません。

楽天モバイルがiPhone12にどのように対応するか注目です。

楽天モバイルの料金プランは今後どうなるのか

楽天モバイルは後発のキャリアですが、5Gは他社と同じスタートラインに立っています。

5Gの料金プランは、楽天モバイルの今後に大きく影響するでしょう。

楽天モバイルでiPhone 12を利用したいなら5Gの動向と併せてチェックしておこう!

楽天モバイル UN-LIMIT

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT(料金プラン) | 楽天モバイル

今回は、楽天モバイルでiPhone 12が発売されるのか、発売されたら5Gサービスとの関係はどのようになるのかについてみていきました。

楽天モバイルでiPhone 12が発売される可能性はゼロではないものの、Apple側との調整が必要なことを考えると発売される可能性は低いと考えられます。

しかし、iPhone 12が発売されなくても動作保証される可能性が高いため、SIMのみ契約で安く利用したいと考えているならみのがせません。

今回チェックした重要なポイントをまとめて振り返ると以下のとおりです。

楽天モバイルとiPhone 12の関係
  • 楽天モバイルが5G対応のiPhone 12を販売すれば起爆剤になる
  • iPhone 12が発売されなかった場合でも、Rakuten UN-LIMITで動作保証されれば注目される
  • iPhoneをできるだけ安く使いたいと考えているユーザーにとっては見逃せない

ほかにも楽天モバイルでiPhone 12を使いたいと考えているなら、楽天が9月下旬に発表する予定の5Gプランにも注目する必要があるでしょう。

2020年9月12日時点で分かっているポイントは次のとおりです。

楽天モバイルの5Gサービスのチェックポイント
  • 2020年9月下旬にサービスイン予定
  • 「驚きの料金プラン」を提供するとアナウンス済み
  • 現行の料金プランで5Gに対応した場合、他キャリアより大幅に安く使える
  • 5Gエリアを一気に拡大して他キャリアに攻勢をかける可能性も

5Gサービスの面では、上記の3つが重要なポイントになるでしょう。

この中で特に期待したいのは「驚きの料金プラン」で、現行プランと同額かそれに近い料金プランで5G通信に対応する可能性があります。

そうなれば他社の半額以下で5G大容量通信を利用できるため、5Gに期待している人は要注目です。

楽天モバイルは4Gで負けているため、5Gで巻き返しを図る可能性が高くなっています。

楽天モバイルでiPhone 12を使いたい人、5Gプランに期待している人は、ぜひ今後の動きをチェックしてみてください!

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ