楽天モバイル2回線目の申し込み方法を解説

楽天モバイル2回線目の申し込み方法を解説|回線追加のメリットは?

  • 更新日:2024年3月27日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2024年3月27日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

この記事では、楽天モバイルで2回線目を申し込む方法や運用方法についてわかりやすく解説します。

楽天モバイルといえば、キャリアの中でも屈指の安さと使いやすさを誇るプランを提供しています。

既に楽天モバイルを契約している人の中には、2回線目を検討している人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、楽天モバイルで2回線目を契約するメリットや注意点、2回線目以降も利用可能なお得なキャンペーンなどを詳しく解説します。

2回線目以降の運用をどこにしようか悩んでいる人は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

楽天モバイルで2回線目を追加するメリット
  • キャリア最安値クラスの料金で運用できる
  • 物理SIM+eSIM契約で端末1台で2回線契約が可能
  • 家族割が全員に適用されるので家族の運用がお得
  • 本人確認書類の提出が不要(※同一名義かつRakuten最強プランの場合のみ)
  • 2回線目でも利用可能な割引やキャンペーンが豊富
目次
この記事を書いた人
ライター歴11年目のフリーランスライター。パソコン・スマホ・格安SIM関連の書籍やWebメディアを多数執筆。iPhoneの可能性に惹かれてこの道に入った、スマホ大好き人間。

楽天モバイルで2回線目の申し込み方法と料金は?

Rakuten最強プラン

画像引用元:Rakuten最強プラン(料金プラン) | 楽天モバイル

最初に、楽天モバイルで2回線目を申し込む方法や料金を解説します。

楽天モバイルは、全国の楽天モバイルショップまたはオンラインで回線申し込みできます。

可能であれば、24時間365日いつでも申し込みできるオンラインでの申し込みがおすすめです。

2回線目の申込み手順は、基本的に1回線目とほぼ同じです。

条件を満たしていれば本人確認書類の提出が省略されるので、とても簡単に申込むことができます。

オンラインで2回線目を申し込む手順は次の通りです。

楽天モバイル2回線目を申し込むときに必要なもの

楽天モバイルで2回線目を申し込む前に、まずは以下のものを準備しておきましょう。

2回線目の契約に必要なもの
  • 本人確認書類
  • クレジットカード・銀行口座など
  • 乗り換えの場合はMNP予約番号
  • 1回線目と同じ楽天会員ID&パスワード

契約のために必要な本人確認書類は、以下のものを使用できます。

使用できる本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 身体障がい者手帳 ※
  • 健康保険証 ※
  • 日本国パスポート ※
  • 住民基本台帳カード ※

※追加で補助書類が必要

外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書が使用可能です。

楽天モバイル2回線目の申し込み手順

楽天モバイルで2回線目を申し込む手順も、1回線目とほぼ同じです。

ここでは、オンラインでの申し込み手順を画像付きで解説します。

オンラインでの申し込みを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

  1. STEP.
    楽天モバイル公式サイトにアクセスし、「お申し込み」をタップ
    楽天モバイル2回線目申し込み手順-1
  2. STEP.
    「プランを選択する」をタップ
    楽天モバイル2回線目申し込み手順-2
  3. STEP.
    各種オプションサービスの有無を選択
    楽天モバイル2回線目申し込み手順-3
  4. STEP.
    SIMタイプを選択
    楽天モバイル2回線目申し込み手順-4
  5. STEP.
    「この内容で申し込む」をタップ
    ※スマホもセット購入する場合は「製品選択へ進む」をタップ
    楽天モバイル2回線目申し込み手順-5
  6. STEP.
    楽天ID・パスワードを入力してログインする
    楽天モバイル2回線目申し込み手順-6
  7. STEP.
    「契約者情報と本人確認書類の情報が一致していることを確認しました」にチェックをつける
    楽天モバイル2回線目申し込み手順-7
  8. STEP.
    本人確認書類の提出方法を選択
    楽天モバイル2回線目申し込み手順-8
  9. STEP.
    本人確認書類をアップロードして「次へ進む」をタップ
    ※「受け取り時に自宅で確認」を選択した場合はアップロード不要
    楽天モバイル2回線目申し込み手順-9
  10. STEP.
    他社からの乗り換えは「他社から乗り換え(MNP)」、新規契約は「選べる電話番号サービス 1,100円」または「新規電話番号を取得」を選択
    楽天モバイル2回線目申し込み手順-10
  11. STEP.
    「次へ進む」をタップ
    楽天モバイル2回線目申し込み手順-11
  12. STEP.
    受取方法や支払方法を選択
    楽天モバイル2回線目申し込み手順-12
  13. STEP.
    楽天ポイント利用を選択し、「申し込む」をタップ
    楽天モバイル2回線目申し込み手順-13
  14. 終了

申し込み手続き後に審査が完了すると、2回線目の契約が完了します。

物理SIMやスマホを申し込んだ場合は自宅に届いてから、eSIMで申し込んだ場合はすぐに開通手続きを行いましょう。

楽天モバイル2回線目の料金

楽天モバイルで2回線運用した場合の料金をまとめると、次の通りです。

楽天モバイルで2回線運用するときの月額料金
  • 最安で月額1,078円~
  • 最大でも月額3,278円
  • 家族割適用なら月額110円割引
  • 22歳以下ならさらに割引適用で月額858円~

これらを踏まえて、楽天モバイルで2回線目を運用する場合の料金シミュレーションを見ていきましょう。

最安で1,936円~/月

楽天モバイル2回線目を最安値で運用する場合の料金シミュレーションは次の通りです。

最安で運用する場合の料金シミュレーション
  • 1回線目のデータ通信を3GB/月未満に抑える(1,078円/月)
  • 2回線目のデータ通信を3GB/月未満に抑える(1,078円/月)
  • 電話・SMSはRakuten Linkを使用する
  • 家族割適用なら1回線あたり110円割引

Rakuten最強プランは、最安値1,078円、家族割適用で968円で利用が可能です。

2回線ともデータ利用量を3GB以下に抑えれば、合計1,936円~2,156円/月で運用できます。

自宅ではWi-Fi、外ではデュアルSIMの切り替えをうまく利用することで、6GB/月までのデータ通信を上記の金額で利用できます。

この場合も、電話・SMSをRakuten Link経由にすることを忘れないようにしましょう。

最高でも7,656円(※通話料除く)

楽天モバイルの2回線それぞれで、データ通信を20GB以上使用するケースを想定した料金シミュレーションは次の通りです。

最高額で運用する場合の料金シミュレーション
  • 1回線目のデータ通信が20GB/月以上(3,278円/月)
  • 2回線目のデータ通信を20GB/月以上(3,278円/月)
  • 電話は「15分通話かけ放題」で1,100円/月
  • 家族割適用なら1回線あたり110円割引

通話は何らかの理由で標準の通話アプリを使用する必要があり、「15分通話かけ放題」に加入することを想定しました。

上記の運用方法でかかるコストは、7,436~7,656円/月です。

データ通信のみで6,336~6,556円/月、それに「15分通話かけ放題」の料金や従量制の対象になった通話料・SMS送信料が加算されます。

こちらはプライベートとビジネスで回線を分ける、片方をモバイルルーターとして使用するといったシーンを想定した利用方法です。

サブ回線をあまり使用しないなら4,136円~

楽天モバイルでデータ通信をメイン回線に集約し、サブ回線をほとんど使用しなかった場合の料金シミュレーションは次の通りです。

最高額で運用する場合の料金シミュレーション
  • 1回線目のデータ通信が20GB/月以上(3,278円/月)
  • 2回線目のデータ通信が3GB/月以下(1,078円/月)
  • 電話・SMSはRakuten Linkを使用する
  • 家族割適用なら1回線あたり110円割引

1回線目は20GB/月を超えるので3,278円/月、2回線目はほとんど使用しないため1,078円/月で使えます。

通話やSMSにRakuten Linkを使用すれば、合計4,136円~4,356円で使用可能です。

2回線の運用で最も現実的なパターンがこの料金となります。

楽天モバイルの2回線目追加のメリット

メリット

次に、楽天モバイルで2回線目を追加するメリットを解説します。

楽天モバイルを2回線契約する主なメリットは、以下のようなものがあります。

それぞれのメリットを詳しくみていきましょう。

キャリア最安値クラスの月額料金で運用可能

楽天モバイルの最大の魅力は、何と言ってもキャリアでも最安値クラスの料金で利用できることでしょう。

楽天モバイルの料金プランは、「Rakuten最強プラン」とデータ通信専用の「Rakuten最強プラン(データタイプ)」の2種類があります。

どちらも料金は月額1,078円と同じで、利用データ量に応じて月額料金が変動する仕組みです。

あまりデータ通信を行わない人も、たっぷりデータ通信を使いたい人も対応できるプランとなっています。

通信量Rakuten最強プラン
0GB~3GB1,078円
3GB超過後~20GB2,178円
20GB超過後3,278円

利用データ量が3GB以下だった場合は、月額1,078円。

20GBを超えた場合でも、最大で月額3,278円で無制限に利用できます。

無制限プランは大手キャリアでも提供していますが、割引を適用しても5,000円以上の月額料金がかかります。

その点、楽天モバイルはキャリアでありながらも、月額3,278円で利用可能。

2台目以降のサブ回線として運用する場合、たくさん使っても6,556円(※オプションや通話料除く)で運用できるのでかなりお得です。

2台目としてタブレットでの運用を検討している人は、「Rakuten最強プラン(データタイプ)」もおすすめですよ。

家族全員に割引が適用される

2024年2月21日から、楽天モバイルでは新たに「最強家族プログラム」の提供を開始しました。

この割引は同じ名字の家族であれば、全員に110円の割引が適用されます。

楽天モバイル唯一の料金プラン「Rakuten最強プラン」は、全キャリアでも最安の月額1,078円~で提供されています。

もちろん割引前の価格も安いのですが、家族割を適用すれば最安で月額968円~、最大でも月額3,168円で利用できるようになるので大変お得です。

また、楽天モバイルの家族割は同一世帯でなくても適用されます。

例えば進学や就職で実家を離れて暮らす子ども、遠方で暮らす祖父母といったように、同じ名字の家族であれば割引の対象になります。

最大20回線まで家族割が適用されるので、積極的に活用しましょう。

2回線目以降も対象のスマホセット購入で割引が適用される

楽天モバイルでは、対象のスマホと回線契約をセット購入すると割引や還元が適用されるキャンペーンを定期的に行っています。

こうしたキャンペーンは2回線目以降は適用されないケースが多いですが、楽天モバイルは2回線目以降も対象となります。

家族での運用はもちろん、2回線目をサブ回線として運用検討している人も、ほしい端末があればぜひ活用してみましょう。

本人確認書類の提出が不要になる

「Rakuten最強プラン」を既に契約しているユーザーは、2回線目以降を申し込むときに本人確認書類の提出が不要です。

本人確認書類が不要になるには、以下の条件を満たす必要があります。

本人確認書類が不要になる条件
  • 楽天モバイルで1回線目(Rakuten最強プラン)を契約していること
  • 1回線目の契約時に使用した楽天会員IDでログインしていること
  • 契約時から配送先や住所などの個人情報に変更がないこと
  • 契約者の年齢が18歳以上であること
  • Rakuten最強プランをオンラインまたはmy楽天モバイルアプリで申し込んでいること

楽天モバイルでの契約時には、本人確認書類のアップロードやeKYCでのオンライン本人確認などが必要なので手間がかかります。

これらの手間を考えると、本人確認の手間をスキップして、2回線目をスムーズに契約できるのはとても便利ですよね。

楽天モバイルの2回線目追加の注意点

デメリット

続いて、楽天モバイルの2回線目を追加する上での注意点を解説します。

前述したように楽天モバイルの2回線契約には多くのメリットがありますが、以下のような注意点もあります。

それぞれの注意点を詳しくみていきましょう。

同一名義は安くならない

楽天モバイルは、デュアルSIMに対応した機種であれば物理SIMとeSIMを組み合わせて1台のスマホで2回線運用することも可能です。

しかし、楽天モバイルの2回線目を同一名義でサブ回線として運用する場合は、家族割が適用されません

2回線目も1回線目と同じ料金が適用されます。

もちろん他社で2回線目を運用することと比較すれば、料金面では十分に安いです。

楽天モバイルで同一名義のサブ回線運用を検討している人は、この点を考慮しておくことが大切です。

「Rakuten最強プラン(データタイプ)」は割引対象外になることが多い

楽天モバイルでは、データ通信専用の「Rakuten最強プラン(データタイプ)」を提供しています。

月額料金は「Rakuten最強プラン」と同じですが、初月実質無料になるキャンペーンや本人確認書類の提出が不要なため、タブレットなど2台目の運用に向いたプランです。

ただし、「Rakuten最強プラン(データタイプ)」では家族割を始め、セット割などのキャンペーンも対象外になることが多いです。

キャンペーンや割引を使って2回線目を運用したい人は、プランの選択に注意しましょう。

通信障害やエリア外のときに使えなくなる

楽天モバイルは、楽天基地局のエリア+パートナー回線(au)エリアで利用できます。

しかし、2回線とも楽天モバイルで運用している場合、通信障害やエリア外になったときに両方とも利用できなくなってしまいます

通信障害やエリア外の対策として2回線目を運用している人は、2回線目を楽天モバイルにすることはおすすめできません。

楽天モバイルで2回線目を回線追加で使えるキャンペーン

キャンペーン

楽天モバイルでは多くのキャンペーンが開催されており、2回線目以降を対象としたものもたくさんあります。

以下に、2024年4月時点で開催されている2回線目でも使えるキャンペーンをまとめました。

各キャンペーンの内容や条件を、詳しく見ていきましょう。

楽天モバイル紹介キャンペーン

楽天モバイル紹介キャンペーン

画像引用元:楽天モバイル紹介キャンペーン!紹介1人につき7,000ポイント、紹介される方も最大13,000ポイントプレゼント!

楽天モバイルの加入を検討している人を紹介し、その人が楽天モバイルに加入すると大量の楽天ポイントがもらえるキャンペーンです。

紹介する人は最大7,000円ポイント、紹介された人は最大13,000ポイントがもらえる太っ腹な内容となっています。

紹介する人は家族も対象となっているため、家族で楽天モバイルでの運用を検討している人は、積極的に活用しましょう。

楽天モバイル紹介キャンペーン
  • 期間:2023年2月15日(水)07:00 ~ 終了日未定
  • 特典内容:紹介する人は7,000円ポイント、紹介された人は13,000ポイントがもらえる
  • 条件:
    【紹介する人】LINE・X(旧Twitter)・メールなどで、紹介キャンペーンのURLを送信
    【紹介するされる人】
    ①送信されてきたURLにアクセス
    ②楽天会員にログイン
    ③ログインから翌々月末日までに「Rakuten最強プラン」を申し込み&開通
    ④ログインから翌々月末日までに「Rakuten Link」で10秒以上通話

【楽天市場新生活特集】16,000ポイントプレゼントキャンペーン

【楽天市場新生活特集】16,000ポイントプレゼントキャンペーン

画像引用元:楽天市場の新生活特集連動企画 Rakuten最強プランのお申し込み&期間中に楽天市場で1,000円(税込)以上お買い物で3,000ポイントプレゼントキャンペーン

キャンペーンページから初めて楽天モバイルを申し込むと、楽天ポイントが16,000ポイントもらえるキャンペーンです。

他社からの乗り換えであれば16,000ポイント、新規申し込みでも5,000ポイントが必ずもらえます。

2回線目以降の人も利用できるキャンペーンなので、サブ回線での運用を検討している人はこちらのキャンペーンを利用するとお得です。

【楽天市場新生活特集】16,000ポイントプレゼントキャンペーン
  • 申し込み期間:2024年3月1日(金)10:00~2024年3月29日(金)9:59
  • 特典内容:他社からの乗り換えであれば16,000ポイント、新規申し込み5,000ポイントがもらえる
  • 条件:
    ①期間内に、キャンペーンページの「お申し込みはこちら」から「Rakuten最強プラン」を申し込む
    ②「Rakuten最強プラン」利用開始
    ③「Rakuten Link」で10秒以上通話

楽天モバイルお申し込み&対象製品ご購入で最大26,930円値引き!

楽天モバイルお申し込み&対象製品ご購入で最大26,930円値引き!

画像引用元:楽天モバイルお申し込み&対象製品ご購入で最大26,930円値引き!

オンラインまたは店舗で回線申し込みと対象のスマホを購入すると、最大26,930円の割引が適用されるキャンペーンです。

2024年3月時点での対象製品は次の通りです。

  • Xperia 10 V:32,360円
  • AQUOS wish3:9,700円
  • Galaxy A23 5G:6,400円
  • OPPO Reno9 A:20,700円

対象となっているのは、いずれも人気のスマホばかり。

ほしいスマホが対象になっている場合は、ぜひ活用してみましょう。

楽天モバイルお申し込み&対象製品ご購入で最大26,930円値引き!
  • 期間:
    【Web】2024年2月16日(金)09:00~終了日未定
    【店舗】2024年2月16日(金)~終了日未定
  • 特典内容:対象製品が最大26,930円値引き
  • 条件:
    ・オンラインまたはショップで「Rakuten最強プラン」を申し込み
    ・対象スマホを購入

Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーン

Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーン
Rakuten WiFi Pocket 2Cが楽天モバイルお申し込みで1円

Rakuten WiFi Pocket 2Cと「Rakuten最強プラン」をセット購入すると、本体価格実質1円で購入できるキャンペーンです。

Rakuten WiFi Pocket 2Cとは、最大16台まで同時接続できる楽天製の最新ポケットWi-Fiです。

回線工事不要で楽天回線を利用できるので、自宅や外出先で複数のWi-Fi対応端末を使いたいときに重宝します。

Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーン
  • 期間:
    【Web】2023年4月14日(金)9:00~終了日時未定
    【店舗】2023年4月14日(金)開店~終了日時未定
  • 特典内容:Rakuten WiFi Pocket 2Cが実質1円で購入可能
  • 条件:オンラインまたは店舗でRakuten WiFi Pocket 2Cと「Rakuten最強プラン」をセット購入

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン

画像引用元:iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大33,000円相当おトク!

対象のiPhoneと「Rakuten最強プラン」をセット購入すると、楽天ポイントが最大33,000ポイント還元されるキャンペーンです。

2024年3月時点での対象iPhoneは次の通りです。

  • iPhone 15 Pro Max
  • iPhone 15 Pro
  • iPhone 15 Plus
  • iPhone 15
  • iPhone 14
  • iPhone 14 Plus
  • iPhone 13
  • iPhone SE(第3世代)

同キャンペーンでは、最新のiPhone 15シリーズも対象になっています。

Apple公式や他キャリアよりも大幅に安い価格で購入できるので、楽天モバイルでiPhoneを運用したい人は活用してみましょう。

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン
  • 期間:2024年2月21日(水)9:00~終了日未定
  • 特典内容:楽天ポイントが最大33,000ポイント還元
  • 条件:
    ・対象のiPhoneを購入
    ・新規申し込みまたは他社乗り換え(2回線目も対象)
    ・製品到着または店頭購入日の翌月末日23:59までにプランを利用開始
    ・「Rakuten Link」で10秒以上通話

最強青春プログラムU22

最強青春プログラムU22

画像引用元:最強青春プログラム 22歳までずっとおトクに利用できる!

22歳以下のユーザーの「Rakuten最強プラン」の月額料金が、実質110円安くなるキャンペーンです。

「最強家族プログラム」と併用すれば、キャリア最安値の月額料金858円~で運用可能です。

自動的には適用されず、キャンペーンページからのエントリーが必要となります。

最強青春プログラムU22
  • 期間:2024年3月12日(火)9:00 ~終了日未定
  • 特典内容:22歳以下のユーザーの月額料金が実質110円安くなる
  • 条件:
    ・22歳以下
    ・Rakuten最強プランを契約している
    ・キャンペーンページからエントリーする

楽天モバイルの2回線目を回線追加する際のよくある質問

よくある質問

最後に、楽天モバイルの2回線目を回線追加する際のよくある質問に回答します。

楽天モバイルで2回線目の運用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

楽天モバイルの2回線目は家族が使うことができる?

2回線目といえばサブ回線での運用というイメージが強いですが、楽天モバイルの2回線目は家族が使うことも可能です。

家族割も適用されるので、家族みんなでお得に運用することができますよ。

ただし、同一名義で2回線目を申し込むと家族割は適用されないので注意しましょう。

楽天モバイルの2回線目は1円で契約できる?

楽天モバイルの2回線目は、残念ながら1円で契約することは不可能です。

以前はまったく運用しない場合は月額料金が無料になっていた時期ありましたが、現在はまったく運用しない場合でも月額料金が発生します。

同一名義であれば1回線目と同じ月額1,078円~の料金、家族名義であれば2回線目以降は月額968円~の料金が適用されます。

楽天モバイルの2回線目はすぐに解約できる?

楽天モバイルは、「Rakuten最強プラン」と「Rakuten最強プラン(データタイプ)」の2種類のプランを提供しています。

いずれも最低利用期間はないので、2回線目が不要になったらすぐに解約できます

解約による違約金もありません。

ただし、月の途中で解約した場合はデータ通信の利用量に応じて料金が請求されるため、日割にはなりません。

お得に2回線運用したいなら楽天モバイルが最適!

楽天モバイル まとめ

今回は、楽天モバイルで2回線目を契約する方法やメリットなどを解説してきました。

楽天モバイルで2回線目を追加するメリット
  • キャリア最安値クラスの料金で運用できる
  • 物理SIM+eSIM契約で端末1台で2回線契約が可能
  • 家族割が全員に適用されるので家族の運用がお得
  • 本人確認書類の提出が不要(※同一名義かつRakuten最強プランの場合のみ)
  • 2回線目でも利用可能な割引やキャンペーンが豊富

キャリア最安値クラスの月額1,078円~で利用できる楽天モバイルは、2回線目以降もお得に運用することができます。

楽天モバイルでの2回線運用なら最安値2,156円、たくさん使っても6,556円で運用することができます(※通話料やオプション料金は除く)。

また、条件を満たせば本人確認書類の提出も不要になりますし、2回線目以降も利用可能な割引やキャンペーンも豊富にあるなど、メリットもたくさんあります。

仕事とプライベートで回線を分けて使いたい人やスマホとタブレットの2台持ちで運用したい人は、ぜひ2回線追加がお得な楽天モバイルを検討してみてくださいね。