楽天モバイル(2台目/2台持ち)方法や契約2回線目の申し込み手順|料金は?

  • 2021年9月11日
  • by.baba

楽天モバイル

楽天モバイルは今なら3ヶ月無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

この記事では、楽天モバイルで2台持ちをする方法や申し込み手順について説明します。

ビジネスとプライべート、スマホとタブレットなど、用途によって使い分けるために2台契約したいという方は少なくないでしょう。

楽天モバイルで2台持ちをするにはどうしたら良いのでしょうか。

そのメリットや料金、申し込み手順について詳しくご紹介します。

人気記事

楽天モバイルは2020年4月に独自の回線の取り扱いを開始し、国内4番目のキャリアとして通信サービスを始めました。 割安な料金プランやお得なポイントサービス、豊富なキャンペーンなど魅力的な点が多く、2021年現在も多くの注目を集めていま[…]

楽天モバイル 評判 口コミ
楽天モバイルで2台持ちをするメリット
  • データ通信使い放題なのに安い
  • 2台持ちでもシンプルな料金体系
  • 「Rakuten Link」アプリを使える
今なら1回線目のプラン料金が3ヶ月無料!

※ 価格はすべて税込で、記事執筆当時の情報を表示しています。

トップ画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルで2台持ちをするメリット

楽天モバイル eSIMキャンペーン

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアに次ぐ第4のキャリア。

新興キャリアながら、楽天回線のサービスエリアは人口の96%(2021年内)をカバーする予定となっており、安定した通信が期待されています。

そんな楽天モバイルで2台持ちをするメリットは主に以下の3つです。

楽天モバイルで2台持ちをするメリット
  • データ通信使い放題なのに安い
  • 2台持ちでもシンプルな料金体系
  • 「Rakuten Link」アプリを使える

各メリットについて詳しくみていきましょう。

データ通信使い放題なのに安い

楽天モバイル 料金プラン

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT VI(料金プラン) | 楽天モバイル

現在、楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT VI」の1つのみです。

毎月のデータ使用量によって料金が変動するプランで、データ利用の上限がないのが魅力です。

1GB・3GB・20GB・20GB超過後の4段階で、0円から3,278円(通話料等は除く)まで料金が区切られています。

動画やアプリの使用で通信量が多い方にも、メッセージのやり取り程度の少しの通信しかしない方にも、皆に最適な料金プラン設計になっています。

データ通信無制限ということは、50GB使っても100GB使っても通信料は3,278円のみ

他のキャリアの料金と比べると、非常に経済的で魅力的な料金設定であることがわかります。

2台持ちでもシンプルな料金体系

この料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は2回線目以降にも適用されます。

ただし、0GB~3GBの使用が1,078円の3段階変動制プランとなります(詳しくは後述)。

またこの料金プランは、スマホだけでなくタブレットやルーターにも適応されます。

スマホを2台持っても、スマホとタブレットの組み合わせ、あるいはスマホとルーターという組み合わせでも、料金プランは同じものです。

他キャリアでは、ただでさえ複雑な料金体系が、2台持ちでさらに複雑になることがあります。

しかし、楽天モバイルではシンプルでわかりやすくなっています。

詳しい料金と2台持ちの方法については後ほどシミュレーションします。

「Rakuten Link」アプリを使える

楽天モバイルの強みは、独自のスマホアプリ「Rakuten Link」です。

このアプリを使えば、国内通話がかけ放題。通常の通話料金30秒22円が不要になるのです。

発信先が「Rakuten Link」を使っていないスマホでも大丈夫。国内の固定電話にもかけられます。

さらに、国内にいるときはもちろん、一部のエリアを除いて海外にいるときにも無料発信できます。

嬉しいことに、この「Rakuten Link」アプリ使用の通話やSMSのデータ通信量は、毎月の利用量としてカウントされません。

つまり、通話やSMSは「Rakuten Link」を使い、ほかのデータ通信量を1GB以内に抑えれば、通話とデータ合わせた毎月の料金を0円にすることも可能なのです。

便利だとは思いつつも、「2台持ちだと月々の料金がかさむものだ」と思い、躊躇している方は多いでしょう。

確かに、大手キャリアでは1台持ちでも料金が高く、2台持つとかなり高額な請求がくることもあります。

しかし楽天モバイルなら、基本料金がもともと安い上、「Rakuten Link」アプリを使えば通話料金を無料にできます。

そのため2台持ちでも安くて安心です。

楽天モバイルで2台持ちをする方法と料金

楽天モバイルで2台持ちをする方法と、2台分の料金を詳しく見ていきましょう。

楽天モバイルで2台持ちの月額料金は
  • 最安で約1,100円
  • 最高で約6,600円+通話料金など
  • 片方のみの使用なら約3,300円~

楽天モバイルなら、月額料金が2台分あわせてもこんなに安いです。

びっくりですね。

毎月約1,100円(税込)で使う方法

2台持ちでも、使い方によっては月額1,100円程度で使えます。

最も安い場合の内訳
  • 1台目 データ使用量1GBまで→プラン料金0円
  • 2台目 データ使用量3GBまで→プラン料金1,078円
  • ユニバーサルサービス料 3.3円×1台分
  • 電話リレーサービス料 1.1円×1台分

1台目 データ使用量1GBまで→プラン料金0円

1台目の使用料金を0円にするために、データ使用量を控えましょう。

そのためには、上記でご紹介した「Rakuten Link」アプリを使って通話やSMSをすることが重要です。

アプリを介すことで通話料金を0円にしつつ、データの消費もノーカウントにできます。

無料分の1GBでもネットサーフィンくらいはできますが、動画や高画質画像をやりとりするとすぐオーバーしてしまいます。

自宅や公共のWi-Fiをうまく活用し、モバイルネットワーク通信の利用量を節約してください。

2台目 データ使用量3GBまで→プラン料金1,078円

2台目の最安料金は、ご紹介したとおり3GBまでのデータ通信で1,078円です。

そのため、2台目の方が多くデータ通信できます。

あまり使わない方の端末ではなく、よくデータ通信をする方の端末を2回線目として扱うと良いでしょう。

ちなみに、3GBのデータ通信で可能なのは、約9時間分のLINEのビデオ通話、約1時間半〜3時間分のハイビジョン動画などです。

こちらもWi-Fiをうまく活用して、モバイルデータ通信の使用量を抑えれば実現可能でしょう。

その他の料金

他のキャリアと同じように、楽天モバイルでは回線ごとにユニバーサルサービス料3.3円がかかります。

また、電話リレーサービス料も回線ごとに1.1円かかります。

ただし、1回線目の使用量が0円の月は、ユニバーサルサービス料も電話リレーサービス料も請求がありません。

それぞれ2回線目の分のみ請求されます。

ただし、「Rakuten Link」アプリを使わない通話やオプション利用などすると、追加料金が発生しますので注意してください。

2台ともデータ通信をたくさん使う場合

データ通信を多くする場合でも、2台合わせた月額料金は約6,600円+通常通話料金等で済みます。

データ通信を多く使う場合の内訳
  • 1台目 データ使用量20㎇超過→プラン料金3,278円
  • 2台目 データ使用量20㎇超過→プラン料金3,278円
  • ユニバーサルサービス料 3.3円×2台分
  • 電話リレーサービス料 1.1円×2台分
  • 通常通話料金等…かかった分だけ

プラン料金3,278円×2回線分

楽天モバイルの料金プランでは、何回線目かに関わらず、データ通信が20GB超過~無制限の場合の月額料金は上限の3,278円です。

2回線ともデータ通信を多くする場合、各回線で上限の月額料金3,278円がかかります。

その他の料金

回線ごとに、ユニバーサルサービス料3.3円と電話リレーサービス料1.1円がかかります。

2回線分だと、これら合計しても10円未満です。

また、その他に通常の通話料やオプション料金が使った分だけ加算されます。

通話料金を抑えたい場合は、「Rakuten Link」アプリを使うようにしてください。

片方(2台目)のみメインで使う場合

片方をメインで使い、もう片方はほぼ着信しかしないような使い方の場合、月額料金は3,300円程度~です。

この場合、最低利用料金が0円の1回線目をサブ端末とするのをおすすめします。

メインとサブで使い分ける場合の内訳
  • 1台目 データ使用量1GBまで→プラン料金0円
  • 2台目 データ使用量20㎇超過→プラン料金3,278円
  • ユニバーサルサービス料 3.3円×1台分
  • 電話リレーサービス料 1.1円×1台分
  • 通常通話料金等…かかった分だけ

サブ機の使い方

サブ機とする1回線目は、着信専用か、「Rakuten Link」アプリを使った通話・SMSとWi-Fi使用のみに抑えましょう。

こうしておくと、月額料金は0円のままです。

この場合、ユニバーサルサービス料と電話リレーサービス料も請求されません。

メイン機の使い方

メインで使う2回線目の端末は、データ通信をいくら行っても月額料金は3,278円です。

これに加えて、ユニバーサルサービス料3.3円と電話リレーサービス料1.1円がかかります。

スマホとモバイルルーターの2台持ちをしたい場合、ルーターを2回線目とし、1回線目のスマホはルーターのWi-Fiで通信します。

すると、この例のように月3,300円程度で済むのでおすすめです。

楽天モバイル2回線目を申し込む方法・手順

複数台のスマホ

楽天モバイルで2回線目を申し込む方法と、その手順についてご紹介します。

楽天モバイルの回線申し込みは、オンラインでもショップでも可能です。

【おすすめ】オンラインで申し込み

オンラインであれば、いつでもどこでも回線契約ができます。

端末の同時購入の有無に関わらず、ネットで申し込みを完了させることができます。

オンラインで契約できるのは1回線ごとです。
1回線目の契約が済み、回線完了したのち2回線目の開通ができるようになります。

契約に必要なもの

契約に必要なもの
  • 本人確認書類
  • クレジットカード・銀行口座など
  • 乗り換えの場合はMNP予約番号
  • 楽天会員ログイン情報

楽天モバイルの申し込みには、楽天会員のログイン情報が必要です。

2回線目申し込みの場合、1回線目と同じユーザIDでログインする必要があります。

また、他社からの乗り換え(MNP)の場合には、MNP予約番号も必要です。

また、契約のためには以下の本人確認書類が必要です。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 身体障がい者手帳 ※
  • 健康保険証 ※
  • 日本国パスポート ※
  • 住民基本台帳カード ※

※ 追加で補助書類が必要です。

外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書が使用可能です。

提出方法は下記の方法が選べます。

提出方法
  • オンライン提出(アップロード)
  • オンライン提出(AIによる審査)
  • 店舗に来店して提出(原本のみ)
  • 受け取りと引き換えに提示

オンラインで提出するためには、書類の画像を申し込みサイトの手順に沿ってアップロードしてください。

運転免許証かマイナンバーカードをお持ちの方は、「AIかんたん本人確認(eKYC)」というシステムが利用可能です。

本人確認の審査がAIによって瞬時に完了し、申し込み手続きがスピーディーになります。

また、お近くの楽天モバイルのショップに来店して提出することもできます。

その場合。コピーや画像では受け付けてもらえません。

必ず書類原本を持っていくようにしてください。

配送してもらう際、本人確認書類の提示と引き換えに受け取りを選択することもできます。

この場合、運転履歴証明書など一部の書類は使用できませんのでご注意ください。

受け取りと引き換えの場合使える本人確認書類
  • 運転免許証 ※
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 日本国パスポート ※
  • 在留カードまたは特別永住者証明書

※ 補助書類必要

※マークの書類以外でも、書類に記載されている住所が最新のものでない場合は追加で補助書類が必要です。

補助書類として使えるものは以下の通りです。

使える補助書類
  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道)
  • 納税証明書
  • 社会保険料の領収証書

いずれも発行から3カ月以内で、氏名・住所が申込内容と同一のものであることが条件です。

契約の手順

楽天モバイルの契約手順は非常に簡単です。

回線契約のみか、回線契約と同時に端末を購入するかで手順が少し異なります。

回線契約のみ
  1. 楽天モバイルのHPから「申し込み」を選択
  2. Rakuten UN-LIMIT VI をカートに追加(「プランを選択する」)
  3. 必要なオプションがあれば選択する
  4. SIMの種類を選ぶ
  5. これまでの選択内容を確認し「この内容で申し込む」を選択
  6. 楽天会員ログイン
  7. 契約者情報を入力する
  8. 本人確認書類をアップロードする
  9. 「他社から乗り換え(MNP)」「選べる電話番号サービス」「新規電話番号を取得」から該当するものを選ぶ
  10. 配送先と支払方法を選択
  11. 申込内容を確認・規約等に同意
回線と同時に端末を購入
  1. 楽天モバイルのHPから「申し込み」を選択
  2. Rakuten UN-LIMIT VI をカートに追加(「プランを選択する」)
  3. 必要なオプションがあれば選択する
  4. SIMの種類を選ぶ
  5. これまでの選択内容を確認し「製品選択へ進む」
  6. 購入したい端末を選択する(「製品を選ぶ」)
  7. カラーや容量・支払い回数などを選択し「カートに追加する」
  8. 必要な場合はログインする
  9. 製品保証や付属品が必要ならカートに入れる(「購入する」)
  10. 「この内容で申し込む」を選択
  11. 楽天会員ログイン
  12. 契約者情報を入力する
  13. 本人確認書類をアップロードする
  14. 「他社から乗り換え(MNP)」「選べる電話番号サービス」「新規電話番号を取得」から該当するものを選ぶ
  15. 配送先と支払方法を選択
  16. 申込内容を確認・規約等に同意

以上で申し込みは完了です。お手元に届くのが待ち遠しいですね。

申し込み履歴は「my 楽天モバイル」から確認できます。

ショップ(店舗)で申し込み

2回線目の申し込みは、楽天モバイルショップ(家電量販店などを含む)で申し込むこともできます。

楽天モバイルのホームぺージからショップを探し、来店予約をすると便利です。

店舗によって購入できる端末が異なるため、注意してください。

ショップでの契約に必要なもの

来店時用意するもの
  • 本人確認書類
  • クレジットカードまたは銀行口座情報
  • 乗り換えの場合はMNP予約番号
  • 楽天会員ログイン情報(ユーザIDとパスワード)

楽天モバイルの契約には楽天会員のログイン情報が必要です。

2回線目を申し込む際には、1回線目と同じユーザーのログイン情報を使いましょう。

毎月の支払いで使うクレジットカードや銀行口座の情報も忘れず持参しましょう。

また、他社からの乗り換え(MNP)の場合には、MNP予約番号も必要です。

契約に使える本人確認書類は以下の通りです。原本でないと受け付けてもらえませんので注意してください。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 身体障がい者手帳 ※
  • 健康保険証 ※
  • 日本国パスポート ※
  • 住民基本台帳カード ※

※ 補助書類が必要

申込内容と本人確認書類の内容が一致しない場合には、申し込みできませんので注意してください。

楽天モバイルでお得に2台持ちをしよう

2台持ちをするなら月額料金がお得な楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルで2台持ちをするメリット
  • データ通信使い放題なのに安い
  • 2台持ちでもシンプルな料金体系
  • 「Rakuten Link」アプリを使える
今なら1回線目のプラン料金が3ヶ月無料!

ビジネス用スマホとプライベート用スマホ、スマホとタブレットなど、2台持ちのバリエーションはさまざま。

どんな使い方をしてもお得な楽天モバイルで、便利な2台持ちデビューをしてみませんか?

楽天モバイルは今なら3ヶ月無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

この記事を書いた人
baba
95年生まれ。大学時代、バイト代わりに始めたライティングで今も生活中。家電量販店で勤務経験有り。スマホはずっとXperia一択、ヘッドホンもスピーカーも全てSony。タブレットPCはSurface proでパソコンはHP Probook。Appleへの改宗は長らく検討中。