【2020年】楽天モバイルおすすめスマホ端末ランキング|自社回線対応の人気機種

  • 2020年3月7日
  • by 
【2020年】楽天モバイルおすすめスマホ端末ランキング|自社回線対応の人気機種

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事では楽天モバイルおすすめスマホ端末ランキングを紹介してきます。

楽天モバイルは人気機種の取り扱いが多く、どのスマホにするか悩んでしまいますよね。

2020年4月から始まる楽天モバイル自社回線に対応したスマホのおすすめを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

トップ画像引用元:楽天モバイル

【2020年】楽天モバイルおすすめスマホ端末ランキング

Rakuten Mini

画像引用元:Rakuten Mini | スマートフォン | 楽天モバイル

今回紹介するスマホはすべて、4月8日から正式にサービスを開始する楽天モバイル(MVO)の回線にも対応しているものです。

機種代金は税込で、新規申し込みは通話SIMとセット時、機種変更はWeb販売価格です。

楽天モバイルおすすめスマホランキング
  1. Galaxy Note10+
  2. Galaxy S10
  3. AQUOS sence3 plus
  4. AQUOS sence3 lite
  5. OPPO A5 2020

1位 Galaxy Note10+

Galaxy Note10+

画像引用元:Galaxy Note10+進化のポイントまとめ&比較! | Explore – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

おすすめ1位はGalaxy Note10+です。

Androidスマホの中でもトップクラスのスペック。

MVNO・格安SIMで取り扱われるのは非常に珍しいスマホです。

機種名Galaxy S10+
OSAndroid 9
SoCSnapdragon 855
本体サイズ約162×77×7.9mm
重量約197g
ディスプレイ約6.8インチ
有機EL
3,040×1,440
アウトカメラ広角:約1,200万画素
F値:1.5
超広角:約1,600万画素
F値:2.2
望遠:約1,200万画素
F値:2.1
インカメラ約1,000万画素
F値:2.2
メモリ(RAM)12GB
内蔵ストレージ(ROM)256GB
外部ストレージmicroSDXC対応
(最大1TB)
バッテリー容量4,300mAh
生体認証指紋認証
顔認証
防水・防塵IP68
おサイフケータイ対応
テレビ-
楽天モバイル
Web販売価格
新規申し込み
126,800円
機種変更
120,459円
楽天モバイル公式ショップ

防水・防塵、おサイフケータイに対応しています。

AnTuTuベンチマークスコアは約46万点

AnTuTuベンチマークスコアとは、端末の総合的な処理能力を示す指標です。

Galaxy Note10+は、AnTuTuベンチマークスコアで約46万点を記録します。

この数字は、数あるAndroidスマホの中でもトップクラス。

重たいゲームも含めて、あらゆる操作が快適に行えます。

カメラ性能も超一流

Galaxy Note10+のカメラ性能は、国内で発売中のスマホの中では現在1位です。

フランスに本社を置く、専門評価サイト「DXOMARK」では117点を獲得。

iPhone 11 Pro Maxと同率です。

Sペンが付属してくる

Galaxy Note10+ スターウォーズ

Galaxy Note10+には、Sペンが付属してきます。

Sペンを使えば、スマホのディスプレイ上でいつでもメモ書きやイラスト作成が可能です。

筆者は実機レビューもさせて頂きましたが、書き心地も自然で、非常にクオリティの高いものでした。

Galaxy Note10+ スターウォーズ

Galaxy Note10+の価格

  • 新規申し込み:126,800円
  • 機種変更:120,459円

2位 Galaxy S10

Galaxy S10

画像引用元:楽天モバイル:Galaxy S10

2位はGalaxy S10です。

Sペンこそ付属していませんが、それ以外はGalaxy Note10+にも食い下がる高スペックです。

機種名Galaxy S10
OSAndroid 9
SoCSnapdragon 855
本体サイズ約150×70×7.8mm
重量約158g
ディスプレイ約6.1インチ
有機EL
3,040×1,440
アウトカメラ広角:約1,200万画素
F値1.5
超広角:約1,600万画素
F値2.2
望遠:約1,200万画素
F値:2.2
インカメラ約1,000万画素
F値1.9
メモリ(RAM)8GB
内蔵ストレージ(ROM)128GB
外部ストレージmicroSDXC対応
(最大512GB)
バッテリー容量3,300mAh
生体認証指紋認証
顔認証
防水・防塵IP68
おサイフケータイ対応
テレビワンセグ
フルセグ
楽天モバイル
Web販売価格
新規申し込み
99,800円
機種変更
94,810円
楽天モバイル公式ショップ

防水・防塵、おサイフケータイに対応しています。

AnTuTuベンチマークスコアは約43万点

Galaxy S10のAnTuTuベンチマークスコアは、約43万点です。

Galaxy Note10+より若干劣りますが、それでもトップクラスと言えます。

重たいゲームも含めて快適に動作するでしょう。

カメラ性能もやはり超一流

Galaxy S10はカメラ性能でもGalaxy Note10+に食い下がっています。

DXOMARKでの点数は116点です。Galaxy Note10+とは1点差しかありません。

スペック表を見る限り、むしろ同点でないのが不思議です。

Galaxy S10の価格

  • 新規申し込み:99,800円
  • 機種変更:94,810円

3位 AQUOS sence3 plus

AQUOS sense3 plus

画像引用元:楽天モバイル:AQUOS sense3 plus

3位はAQUOS sence3 plusです。

処理能力こそ上2つよりだいぶ落ちますが、価格も落ちるので買いやすいです。

機種名AQUOS sense3 Plus
OSAndroid 9
SoC(≒CPU)Snapdragon 636
本体サイズ約160×75×8.7mm
重量約175g
ディスプレイ
(液晶)
6.0インチ
2,220×1,080
メモリ(RAM)6GB
ストレージ(ROM)64GB
外部ストレージmicroSDXC対応
(最大512GB)
アウトカメラ標準:約1,200万画素
F値2.0
超広角:約1,200万画素
F値2.4
インカメラ約800万画素
F値2.2
バッテリー容量4,000mAh
生体認証顔認証
指紋認証
防水・防塵IP68
おサイフケータイ対応
テレビ-
楽天モバイル
Web販売価格
新規申し込み
48,800円
機種変更
43,919円
楽天モバイル公式ショップ

防水・防塵、おサイフケータイに対応しています。

AnTuTuベンチマークスコアは約16万点

AQUOS sence3 plusのAnTuTuベンチマークスコアは、約16万点です。

Galaxy Note10+やGalaxy S10は43万点を超えていますから、それらの4割以下の処理能力となります。

「サクサク動く」とは言い難い数字ですが、普段使いなら問題ありません。

5万円以下でステレオスピーカーは珍しい

AQUOS sence3 plusのスピーカーはステレオです。

Galaxy Note10+のようなハイエンドモデルなら当たり前のことですが、AQUOS sence3 plusのような5万円以下で買える機種では珍しいことです。

比較的安価ながら、動画視聴を十分に楽しめるスマホと言えます。

AQUOS sence3 plusの価格

  • 新規申し込み:48,800円
  • 機種変更:43,919円

4位 AQUOS sence3 lite

AQUOS sense3 lite

画像引用元:楽天モバイル:AQUOS sense3 lite

4位はAQUOS sence3 lite。

低価格・低スペックの、お求めやすいスマホです。

機種名AQUOS sense3 lite
OSAndroid 9
SoC(≒CPU)Snapdragon 630
本体サイズ約147×70×8.9mm
重量約166g
ディスプレイ
(液晶)
5.5インチ
2,160×1,080
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB
外部ストレージmicroSDXC対応
(最大512GB)
アウトカメラ標準:約1,200万画素
F値2.0
インカメラ約800万画素
F値2.2
バッテリー容量4,000mAh
生体認証顔認証
指紋認証
防水・防塵IP68
おサイフケータイ対応
テレビ-
楽天モバイル
Web販売価格
新規申し込み
32,800円
機種変更
29,520円
楽天モバイル公式ショップ

防水・防塵、おサイフケータイに対応しています。

AnTuTuベンチマークスコアは約11万点

AQUOS sence3 liteのAnTuTuベンチマークスコアは約11万点です。

今の基準としては、かなりギリギリの数字と言えます。

遊びなどには使わず、携帯電話として必要十分な機能を備えていれば構わないという方向けです。

その分価格が安くなっています。

AQUOS sence3 liteの価格

  • 新規申し込み:32,800円
  • 機種変更:29,520円

5位 OPPO A5 2020

oppo A5 2020

画像引用元:最新スマホが大特価!14,800円〜|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

5位はOPPO A5 2020です。

今回紹介する中では最安値ながら、処理能力はAQUOS sense3 Plusと同程度。

ただし、防水とおサイフケータイに対応していないため、今回は5位としました。

機種名OPPO A5 2020
OSAndroid 9
SoC(≒CPU)Snapdragon 665
本体サイズ約163.6×75.6×9.1mm
重量約195g
ディスプレイ
(液晶)
6.5インチ
2,160×1,080
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB
外部ストレージmicroSDXC対応
(最大256GB)
アウトカメラ標準:約1,200万画素
F値1.8
超広角:約800万画素
F値2.25
モノクロ:約200万画素
F2.4
ポートレート:約200万画素
F値2.4
インカメラ約1,600万画素
F値2.0
バッテリー容量5,000mAh
生体認証顔認証
指紋認証
防水・防塵IP5X(防水はなし)
おサイフケータイ-
テレビ-
楽天モバイル
Web販売価格
新規申し込み
28,800円
機種変更
25,919円
楽天モバイル公式ショップ

AnTuTuベンチマークスコアは約16万点

OPPO A5 2020のベンチマークスコアは約16万点です。

普段使いなら十分、しかしゲームなどはきついかもしれません。

3位のAQUOS sense3 Plusと同程度で、4位のAQUOS sense3 liteより約5万点高いです。

防水とおサイフケータイに非対応

OPPO A5 2020は、今回紹介する中では唯一、防水とおサイフケータイに対応していません。

そのため5位としましたが、これらを必要としない場合は、非常にコスパの高いスマホとなります。

OPPO A5 2020の価格

  • 新規申し込み:28,800円
  • 機種変更:25,919円

楽天モバイルのiPhone一覧と今後の取り扱いを予想

iPhone 7 iPhone 8

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

楽天モバイルでは現在、iPhoneは取り扱っていません。

そこで、今後扱われることはあるのか、扱われるとしたら時期はいつなのか、3月3日に開催されたプレスカンファレンスの内容も参考に予想します。

今後しばらくiPhoneを扱うことはないと予想

楽天モバイルが近日中にiPhoneを取り扱う可能性は、高くないと思います。

根拠は、MVOの楽天モバイル回線では、iPhoneが使えないからです。

また3月3日のプレスカンファレンスでは、4月8日からサービスを開始するMVO・キャリアとしての内容やビジネス戦略が語られました。

しかし、iPhoneについては一切触れられていません。

楽天モバイルが売りたいのは「Rakuten Mini」

Rakuten Mini

画像引用元:Rakuten Mini | スマートフォン | 楽天モバイル

iPhoneについては触れられませんでしたが、端末の話題は出ました。

Rakuten Miniの新色、クリムゾンレッドが4月30日に登場します。

Rakuten Miniは、楽天モバイルが独自に取り扱うオリジナルのAndroidスマホです。

機種名Rakuten mini
Android OSAndroid 9
SoCSnapdragon 439
本体サイズ約106.2×53.4×8.6
重量約79g
ディスプレイ
(液晶)
3.6インチ
1,280×720
メモリ(RAM)3GB
内部ストレージ(ROM)32GB
外部ストレージ-
アウトカメラ約1,600万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー容量1,250mAh
生体認証顔認証
防水・防塵IP52
おサイフケータイ対応
テレビ-
価格
(税込)
21,800円

楽天モバイルはRakuten Miniに力を入れている一方、楽天回線がiPhoneで使えるようになる目処は立っていなさそうです。

もし使える目処が立っているなら、プレカンファレンスで発表したでしょう。

iPhoneはApple Storeで購入できる

楽天モバイルがiPhoneを今後も取り扱わなかったとしても、実はユーザーが困ることはありません。

iPhoneは、もともとApple Storeで買えるものだからです。

モデル名価格発売年月
iPhone11
Pro MAX
64GB:131,780円
256GB:149,380円
512GB:173,580円
2019年9月
iPhone11
Pro
64GB:117,480円
256GB:135,080円
512GB:159,280円
iPhone1164GB:82,280円
128GB:87,780円
256GB:99,880円
iPhone XR64GB:71,280円
128GB:76,780円
2018年9月
iPhone8
Plus
64GB:69,080円
128GB:74,580円
iPhone864GB:58,080円
128GB:63,580円
2017年9月
購入Apple 公式サイト

そして繰り返しになりますが、iPhoneを買っても楽天モバイル(MVO)の回線では現在使えません。

楽天モバイルでお得にスマホを購入する方法

楽天カード アカデミー

画像引用元: 楽天カード アカデミー | 楽天カード

一番おすすめの支払い方法は、楽天カードを利用することです。

現在、楽天モバイルはクレジットカード払いのみ対応しています。

楽天カードで支払いをすれば、100円(税込)につき1ポイントの還元を受けられるのでお得です。

また、楽天カードなら分割手数料もかかりません。

楽天モバイルを利用するなら、同時に楽天カードも契約するのがおすすめです。

他のカードだと分割手数料がかかる

他のクレジットカードで分割払いする場合、分割手数料がかかります。

手数料は、楽天モバイルが決めるわけではなく、クレジットカード会社が決めるものであるため、クレジットカードごとに額が異なります。

もっとも、分割払いではなく一括払いであれば、他のクレジットカードでも手数料はかかりません。

楽天カード作るなら必読!選ぶべき種類とポイントキャンペーンを解説

楽天モバイルの料金プラン

スーパーホーダイ

画像引用元:楽天モバイル:スーパーホーダイ

楽天モバイルの料金プランを、2020年3月現在のものと、4月8日からスタートするものに分けて、それぞれ紹介します。

なお、楽天モバイルも分離プランですので、プランによって機種代金が変わることはありません。

MVNO・格安SIMとしての料金プラン

音声通話付きプラン月額
ベーシックプラン
(低速通信が使い放題)
1,250円
3.1GBプラン1,600円
5GBプラン2,150円
10GBプラン2,960円
20GBプラン4,750円
30GBプラン6,150円
スーパーホーダイプラン
(10分以内の国内通話無料)
2GB:2,980円
楽天会員なら
1年間-1,500円
6GB:4,480円
楽天会員なら
1年間-1,500円
14GB:5,980円
楽天会員なら
1年間-1,500円
24GB:6,980円
楽天会員なら
1年間-1,500円

MVNO・格安SIMの新規受付は4月7日終了

楽天モバイルは2020年4月7日に、MVNO・格安SIMの新規受付を終了します。

新規受付終了後も、当面はMVNO・格安SIMとしてのサービスも継続する意向とのことです。

ただ、あくまで「移行してもらうまでの期間を設ける」という意味での事業継続となります。

いつまで継続するのか、正確な時期は未発表です。

MVO・キャリアとしての料金プラン

楽天モバイル

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

プラン名Rakuten UN-LIMIT
プラン料金1年目無料
(300万名対象)
2年目以降2,980円(税別)
データ通信楽天回線エリア完全データ
使い放題
パートナーエリア2GB
Rakuten Link通話(国内)国内通話かけ放題
通話(海外)海外→国内はかけ放題

国内→海外は月額980円
SMS国内・海外使い放題
事務手数料3,300円(税込)
R SPU!楽天スーパーポイントプログラム+1倍

MVO・キャリアとして新規受付中

楽天モバイルは2020年3月3日から、MVO・キャリアとして新規受付を開始しています。

ただし、他社からの乗り換え(MNP)と楽天モバイル(MVNO)からの移行は、4月8日からの受付です。

楽天モバイルで実施中のキャンペーン

楽天モバイルで現在実施中の、新規申し込みと機種変更に関するキャンペーンを紹介します。

Web限定!機種変更が特別価格

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル: 春の新生活応援 機種変更大特価 キャンペーン

楽天モバイル会員向けのキャンペーンです。

楽天モバイルメンバーズステーションの「機種変更」で対象機種を購入すると、特別価格になります。

終了日は未定です。

対象機種は20機種で、今回紹介したスマホは全部対象となっています。

Web限定 そのまま乗り換えで3,500ポイントプレゼント

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル:お使いのスマホそのまま乗り換えで最大3,500ポイントプレゼント!

楽天モバイルでスマホを買わずに、楽天モバイルの通話SIMのみで契約すると、3,500円相当の楽天スーパーポイントがプレゼントされます。

期間は2020年3月31日9:59まで。

エントリーページから要エントリーです。

スマホ下取りサービス

スマホ下取り

画像引用元:楽天モバイル: スマホ下取りサービス

他社のスマホを下取りに出すと、端末ごとに設定された楽天キャッシュがもらえます。

下取り一例
  • ドコモのiPhone XS Max 512GB:76,400円
  • au ・ソフトバンクのiPhone XS Max 512GB:67,200円
  • ドコモのAQUOS R3 128GB:36,800円
  • auのAQUOS R3 128GB:35,100円

初月は「スーパーホーダイプラン」全プラン1,480円

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル:初月は全プラン1,480円

今なら楽天モバイルの「スーパーホーダイプラン」のM・L・LLどれを選んでも、初月はSと同じ1,480円(楽天会員の場合)になります。

スーパーホーダイプランは、10分以内の国内通話無料のプランです。

スーパーホーダイプラン(楽天会員の場合)
  • S:2GB 1,480円
  • M:6GB 2980円
  • L:14GB:4,480円
  • LL:24GB:5,480円

2年目以降は+1,500円になります。

しかし、4月8日からMVO・キャリアとして正式にサービスを開始するため、この「スーパーホーダイプラン」が1年以上続くのかは不透明です。

楽天モバイルのキャンペーン情報
  • Web限定!機種変更が特別価格
  • Web限定 そのまま乗り換えで3,500ポイントプレゼント
  • スマホ下取りサービス
  • 初月は「スーパーホーダイプラン」全プラン1,480円

楽天モバイルと格安SIM他社をスマホラインナップで比較

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルのスマホラインアップは、他社MVNO・格安SIMと比較すると、下記のような特徴があります。

楽天モバイルのスマホラインナップの特徴
  • Galaxyのハイエンドモデルを取り扱っている
  • iPhoneは取り扱っていない

Galaxyのハイエンドモデルを取り扱っているMVNO・格安SIMは、楽天モバイルだけです。

それ以外は似たりよったりとなります。

また、iPhoneはApple Storeで買えるものなので、取り扱っていなくても問題ありません。

しかし、Galaxyのハイエンドモデルは、ドコモ・au・楽天モバイルでしか購入できないのが現状で、非常に貴重です。

ワイモバイルの場合

Y!mobile ロゴ

画像引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルでは、iPhone 7とiPhone 6sを取り扱っています。

一方、Galaxyは取り扱っていません。

UQモバイルの場合

uq mobile ロゴ

画像引用元:【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ

UQモバイルでは、iPhone 7とiPhone 6sを取り扱っています。

一方、Galaxyは「Galaxy A20」や「Galaxy A30」のようなローエンドモデルを取り扱っているに留まります。

mineo(マイネオ)の場合

マイネオ

画像引用元:格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineo(マイネオ)では、iPhone XS Max、iPhone XS、iPhone XR、iPhone 8を取り扱っています。

一方、Galaxyは取り扱っていません。

IIJmio(みおふぉん)の場合

IIJmio

画像引用元:取り扱い店舗|格安SIM/格安スマホのIIJmio

IIJmio(みおふぉん)では、iPhone XS、iPhone XR、iPhone 8、iPhone 7を取り扱っています。全部中古品です。

一方、Galaxyは取り扱っていません。

BIGLOBEモバイルの場合

BIGLOBEモバイル

画像引用元:料金プラン|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでは、iPhoneもGalaxyも取り扱っていません。

LINEモバイルの場合

LINEモバイル

画像引用元:【LINEモバイル】 格安スマホ/格安SIM 月額基本料5ヶ月間半額キャンペーン実施中!

LINEモバイルでは、iPhone 7とiPhone 6sを取り扱っています。

一方、Galaxyは取り扱っていません。

イオンモバイルの場合

イオンモバイル

画像引用元:業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

イオンモバイルでは、iPhoneもGalaxyも取り扱っていません。

楽天モバイルのスマホは性能もスペックも種類豊富!

以上、楽天モバイルのおすすめ最新スマホ端末ランキングでした。

楽天モバイルおすすめランキング
  • 1位 Galaxy Note10+
  • 2位 Galaxy S10
  • 3位 AQUOS sence3 plus
  • 4位 AQUOS sence3 lite
  • 5位 OPPO A5 2020

4月8日からMVO・キャリアとして正式にサービス開始する楽天モバイル。

現時点でも、ハイエンドモデルを含む豊富なラインナップが揃っています。

楽天モバイルは、何と言ってもGalaxyのハイエンドモデルを取り扱っているのが特徴です。

Galaxyのハイエンドモデルを取り扱っているのは、他にはドコモとauしかありません。

iPhoneの取り扱いはありませんが、Apple Storeで買えるものなので、大きな問題はないでしょう。

ただし、MVOの楽天モバイル回線では、iPhoneは現在使えないので注意してください。

失敗しない!楽天モバイルでお得に機種変更する手順5ステップ

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ