【2021年10月】楽天モバイルおすすめスマホ機種!5G含む20端末で人気は?

楽天モバイルのおすすめスマホ端末について解説!楽天モバイルでは様々なスマホが発売されていますが、どの端末がいいのか迷ってしまいますよね。この記事ではニーズに合わせて、コスパに優れたスマホ・ハイスペックなスマホにわけて紹介し、あなたにぴったりの1台を提案します。
  • 2021年10月5日
  • by.a-sato

楽天モバイル スマホ端末 おすすめ

楽天モバイルは今なら3ヶ月無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

楽天モバイルでは現在20機種のスマホが販売されています。

今回は、楽天モバイルで取り扱われているスマホの中で特におすすめな機種を、目的別に紹介していきます。

これから乗り換えやスマホの買い替えを検討している人は、是非参考にしてください。

楽天モバイルで自分に合うスマホを選ぼう
  • 現在全20機種が発売されている
  • iPhone 13の取り扱いもスタート
  • キャンペーン中で対象のAndroidスマホを購入すると最大25,000ポイント還元
  • 対象のiPhoneを購入しても最大22,000円割引
今なら1回線目のプラン料金が3ヶ月無料!

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

※本記事中の価格は総額表示

楽天モバイルで購入できるスマホ端末は全20機種

Rakuten Hand

画像引用元:Rakuten Hand | スマートフォン | 楽天モバイル

現在、楽天モバイルで購入することが可能なスマホは全20機種です。

楽天モバイルで発売されているスマホ20機種

機種一括価格分割価格
(24回)
iPhone 13 Pro Max128GB:134,800円
256GB:146,800円
512GB:170,800円
1TB:194,800円
128GB: 5,616円×24回
256GB: 6,116円×24回
512GB:7,116円×24回
1TB:8,116円×24回
iPhone 13 Pro128GB:122,800円
256GB:134,800円
512GB:158,800円
1TB:182,800円
128GB:5,116円×24回
256GB:5,616円×24回
512GB:6,616円×24回
1TB:7,616円×24回
iPhone 13128GB:98,800円
256GB:110,800円
512GB:134,800円
128GB: 4,116円×24回
256GB:4,616円×24回
512GB: 5,616円×24回
iPhone 13 mini128GB:86,780円
256GB:98,800円
512GB:122,800円
128GB:3,615円×24回
256GB: 4,116円×24回
512GB:5,116円×24回
iPhone 12 Pro Max128GB:122,800円
256GB:137,800円
512GB:159,800円
128GB:5,116円×24回
256GB:5,741円×24回
512GB: 6,658円×24回
iPhone 12 Pro128GB:112,800円
256GB:122,800円
512GB:149,800円
128GB:4,700円×24回
256GB:5,116円×24回
512GB:6,241円×24回
iPhone 1264GB:79,800円
128GB:84,800円
256GB:94,800円
64GB:3,325円×24回
128GB:3,533円×24回
256GB:3,950円×24回
iPhone 12 mini64GB:69,800円
128GB:74,800円
256GB:84,800円
64GB:2,908円×24回
128GB: 3,116円×24回
256GB:3,533円×24回
iPhone SE(第2世代)64GB:44,800円
128GB:49,800円
256GB:62,800円
64GB:1,866円×24回
128GB:2,075円×24回
256GB:2,616円×24回
Rakuten BIG s50,980円2,124円×24回
Rakuten BIG49,800円2,075円×24回
Rakuten Hand20,000円832円×24回
OPPO Reno5 A42,980円1,790円×24回
OPPO Reno3 A26,980円1,124円×24回
OPPO A7325,001円1,041円×24回
AQUOS sense4 lite25,001円1,041円×24回
AQUOS sense4 plus43,800円1,824円×24回
AQUOS R5G128,800円5,365円×24回
Xperia 10 Ⅲ Lite46,800円1,950円×24回
Galaxy S1071,980円2,999円×24回
詳細楽天モバイル公式サイト

iPhone 13シリーズ発売に伴い、iPhone 12以前の機種の価格が値下げされています。

最新のiPhone 13シリーズを購入するのも良いですが、コストを抑えたい人はiPhone 12シリーズやiPhone SE(第2世代)を狙うのも良いかもしれませんね。

目的別にチェック

▲目次に戻る

コスパの良い楽天モバイルのおすすめ端末

まず、楽天モバイルでコスパの良いおすすめのスマホ見ていきましょう。

それぞれの性能や特長について詳しく解説していきます。

OPPO A73

OPPO A73

画像引用元:OPPO A73 有機ELになった。 全身、美しくなった。 | オウガ・ジャパン

OPPO A73は2020年12月に発売されました。

OPPO A73のスペック
サイズ 縦: 約159.8mm
横: 約72.9mm
厚さ: 約7.45mm
重さ約162g
カラーネービー ブルー
ダイナミック オレンジ
メモリ
(RAM)
4GB
ストレージ
(ROM)
64GB
ディスプレイ6.44 インチ
有機EL
アウトカメラメイン:1600万画素
超広角:800万画素
モノクロ:200万画素
ポートレート:200万画素
インカメラ1600万画素
CPUQualcomm® Snapdragon™ 662
GPU
(オクタコア)
4×2.0GHz+4×1.8GHz
GPUAdreno 610
バッテリー4,000mAh
生体認証ディスプレイ指紋認証
顔認証
詳細OPPO A73実機レビュー

価格が25,001円の格安スマホでありながら、クアッドカメラ搭載・6.44インチの大画面有機ELディスプレイなど魅力的な機能が多数搭載されています。

筆者も実際に使ってみましたが、言われるまで2万円台のスマホとはわからないくらい機能が充実しています。

性能に特別な拘りがない限りは快適に使うことができるでしょう。

コスパを重視したい人は是非チェックしてみてくださいね。

OPPO A73のポイント
  • 価格は税込で25,001円ととてもリーズナブル
  • eSIM対応
  • 6.44インチの大画面有機ELディスプレイ
  • クアッドカメラ搭載

AQUOS sense4 lite

楽天モバイルのAQUOS sense4 lite

画像引用元:AQUOS sense4 lite | スマートフォン | 楽天モバイル

AQUOS sense4 liteは楽天モバイルの専売モデルとして発売された機種です。

まず、AQUOS sense4 liteのスペックを見ていきましょう。

AQUOS sense4 lite
画面サイズ約5.8インチ
本体サイズ高さ:148mm
幅:71mm
厚さ:8.9mm
重さ約176g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ800万画素
バッテリー4,570mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 720G
OSAndroid 10
認証顔・指紋
防水IPX5/IPX8
カラーライトカッパー・ブラック・
シルバー

AQUOS sense4 liteは、AQUOSスマホでお馴染みの省エネ・高画質に定評のあるIGZOディスプレイが搭載されています。

4,570mAhの大容量バッテリーとあわせれば、最長1週間持つというすぐれもの。

充電持ちが気になる人にもおすすめです。

処理速度も前モデルのAQUOS sense3 liteと比べて2.2倍向上しており、よりサクサクと快適に使えます。

指紋センサーを長押しするとスマホ決済アプリが起動されるので、決済アプリをよく利用する人にも便利でおすすめです。

AQUOS sense4 liteのポイント
  • 4,570mAhの大容量バッテリー・IGZOディスプレイ搭載で最長1週間の充電持ち
  • AQUOS sense3 liteと比べて処理性能が約2.2倍向上
  • 指紋センサーを長押ししてスマホ決済アプリをすぐに起動できる「Payトリガー」
  • 文字やアイコンが大きくなる「かんたんモード」

AQUOS sense4 plus

楽天モバイルのAQUOS sense4 plus

画像引用元:AQUOS sense4 plus | スマートフォン | 楽天モバイル

AQUOS sense4 plusは、AQUOSスマホの中で最大サイズのディスプレイが搭載されています。

AQUOS sense 4 Plus
画面サイズ約6.7インチ
本体サイズ高さ:166mm
幅:78mm
厚さ:8.8mm
重さ約198g
アウトカメラ標準:約4,800万画素
広角:約500万画素
マクロ:約190万画素
深度: 約190万画素
インカメラ標準:約800万画素
深度: 約190万画素
バッテリー4,120mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 720G
認証顔・指紋
防水IPX5・IPX8
カラーパープル・ホワイト・
ブラック
詳細楽天モバイル公式サイトへ

AQUOSスマホ史上最大の6.7インチのディスプレイが搭載されており、独自の「リッチカラーテクノロジーモバイル」の技術により、高画質で鮮明な色合いの映像を楽しむことができます。

さらに、高出力のステレオスピーカーを採用しており、大音量でクリアなサウンドも楽しめます。

音質・画質共にとても良いので、動画やゲームを利用する人にもぴったりです。

さらに、暗い場所でも明るい写真が撮れる4,800万画素のカメラや115°の広角カメラなど、4つのカメラが搭載されています。

広角からマクロ撮影まで幅広いシーンで活躍するでしょう。

AQUOS sense4 plusのポイント
  • AQUOSスマホ史上最大の6.7インチディスプレイ
  • 高出力のステレオスピーカー搭載
  • 4,800万画素のカメラをはじめとするクアッドカメラ
  • RAM8GB/ROM128GBの大容量メモリで
  • AQUOS sense3 plusと比べてCPUは1.5倍・GPUは2.8倍向上
コスパの良い楽天モバイルおすすめスマホ
  • OPPO A73
    6.44インチの大画面有機ELディスプレイ・クアッドカメラ
  • AQUOS sense4 lite
    IGZOディスプレイと大容量バッテリーで充電持ちが最長1週間
  • AQUOS sense4 plus
    AQUOSスマホ史上最大の6.7インチディスプレイ&高出力ステレオスピーカー

ハイスペックな楽天モバイルのおすすめ端末

続いて楽天モバイルが取り扱うハイスペックモデルのおすすめ端末を見ていきましょう。

高額モデルも多くなりますが、長く使うならハイスペックモデルから選んでくださいね!

Xperia 10 Ⅲ

Xperia10Ⅲ

画像引用元:Xperia 10 III(エクスペリア テン マークスリー) | Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 10 Ⅲのスペックは下記の通りです。

Xperia 10 III
ディスプレイ6.0インチ
本体サイズ高さ:154mm
幅:68mm
厚さ:8.3mm
重さ169g
アウトカメラ標準:1,200万画素
超広角:800万画素
望遠:800万画素
インカメラ800万画素
RAM6GB
ROM128GB
CPUQualcomm
Snapdragon 690
OSAndroid 11
バッテリー4,500mAh
認証指紋認証
カラーブラック、ホワイト、
ブルー、ピンク、
イエロー(ドコモ限定)
詳細Xperia 10 IIIのレビュー

5G対応であり、大容量4,500mAhのバッテリーとバッテリーの負荷を軽減する「いたわり充電」機能が搭載されていることによって、1日充電を気にせず使うことができます。

さらに、画面比率が21:9と縦長サイズで、片手でも持ちやすいサイズ感となっており、ハイレゾ・ハイレゾ ワイヤレス・DSEE Ultimateに対応しているなど、音質の良さも魅力的です。

カメラも広角・超広角・望遠のトリプルカメラ仕様で、幅広い撮影シーンで活躍するでしょう。

優れた防水性能に、ディスプレイには高強度ガラスが使用されているので安全に利用することができます。

Xperia 10 Ⅲのポイント
  • 4,500mAhのバッテリーといたわり充電で1日充電要らず
  • ハイレゾ・ハイレゾ ワイヤレス・DSEE Ultimateに対応
  • 広角・超広角・望遠のトリプルカメラ
  • IPX5・IPX8の優れた防水性能
  • 高強度ガラス「Corning Gorilla Glass6」を使用

Rakuten BIG s

Rakuten BIG s

画像引用元:Rakuten BIG s(楽天ビッグエス) | スマートフォン | 楽天モバイル

Rakuten BIG sのスペックは下記の通りです。

Rakuten BIG s
ディスプレイサイズ6.4インチ
本体サイズ高さ:約160mm
幅:79mm
厚さ:9mm
重さ約204g
アウトカメラ広角:約4,800万画素
超広角:約800万画素
望遠:約800万画素
深度測位:約200万画素
インカメラ約1,600万画素
バッテリー3,900mAh
RAM6GB
ROM128GB
SoC(≒CPU)Snapdragon™ 765G 5G
OSAndroid 10
防水・防塵IP67
生体認証指紋・顔
カラーホワイト・ブラック・
クリムゾンレッド
詳細楽天モバイル公式サイトへ

Rakuten BIG sは2021年5月13日に発売されたスマホです。

※ブラックは2021年6月以降発売

AI搭載の光学ズーム(2倍)に対応しているクアッドカメラや、Sub6波だけでなくミリ波にも対応している点など非常にスペックの高い機種であることが伺えます。

6.4インチの有機ELディスプレイが搭載されており、よりリアルな色味を表現できる色調豊かな点も魅力です。

顔認証だけでなく指紋認証にも対応しているので、マスク生活でも便利ですね。

Rakuten BIG sのポイント
  • 2021年5月13日発売(ブラックは2021年6月以降)
  • 6.4インチの有機ELディスプレイ
  • 光学ズーム対応のAIクアッドカメラ
  • ミリ波にも対応している5Gスマホ
  • 生体認証は顔・指紋両方に対応

Rakuten BIG

楽天モバイルのRakuten BIG

画像引用元:Rakuten BIG(楽天ビッグ) | スマートフォン | 楽天モバイル

Rakuten BIGのスペックは下記の通りです。

Rakuten BIG
ディスプレイサイズ6.9インチ
本体サイズ高さ:約174mm
幅:80mm
厚さ:9mm
重さ約227g
アウトカメラ広角:約6,400万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約200万画素
深度測位:約200万画素
インカメラ約3,200万画素
バッテリー約4,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
SoC(≒CPU)Snapdragon™ 765G 5G
OSAndroid 10
認証指紋
カラーホワイト・ブラック・
クリムゾンレッド
詳細楽天モバイル公式サイトへ

Rakuten BIGは、5G対応で楽天モバイルが独自で取り扱っているスマホです。

5G対応・クアッドカメラ搭載・ゲームに特化した高性能CPUなど、ハイエンドスマホと同等レベルのスペックがありながら、4万円台で購入できるかなりコスパの良い機種として定評があります。

同じく楽天モバイルで購入できる5G対応のAQUOS R5Gは128,800円なので、それと比較してもかなりリーズナブルであることがわかります。

Rakuten BIGのポイント
  • 4万円台で購入できる5G対応スマホ
  • 4つのレンズが搭載された高性能クアッドカメラ
  • ゲーム性能に特化しているSnapdragon 765G 5G搭載
  • おサイフケータイ・防水防塵対応

OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 A

画像引用元:OPPO Reno5 A | Android | 製品 | 楽天モバイル

OPPO Reno5 Aのスペックは下記の通りです。

OPPO Reno5 A
ディスプレイ6.5インチ
本体サイズ高さ:162
幅:74.6
厚さ:8.2 mm
重さ182g
アウトカメラメイン:約6,400万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約200万画素
モノクロ:約200万画素
インカメラ約1,600万画素
バッテリー約4,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 765G
OSAndroid 11
認証指紋認証・顔認証
カラーアイスブルー / シルバーブラック
詳細OPPO Reno5 A 評価レビュー

OPPO待望の5Gスマホで、圧巻の6,400万画素のカメラを搭載しています。

CPUはSnapdragon 765Gですが、性能としては十分です。

128GBのROMがあれば、写真や動画は相当な量を保存できますね。

多少予算をかけてもカメラにこだわりたい方はぜひチェックしたいスマホと言えます。

OPPO Reno5 Aのポイント
  • 6,400万画素のカメラが搭載された5G対応スマホ
  • ネオンポートレートやAIハイライトビデオで夜景や逆光でもきれいに撮影できる
  • 急速充電できる大容量バッテリー搭載

▲目的別一覧に戻る

AQUOS R5G

楽天モバイル AQUOS R5G

画像引用元:AQUOS R5G | スマートフォン | 楽天モバイル

AQUOS R5Gのスペックは下記の通りです。

AQUOS R5G
ディスプレイ6.5インチ
本体サイズ高さ:162.0
幅:75.0
厚さ:8.9 mm
重さ189g
アウトカメラ超広角:約4,800万画素
広角:約1,220万画素
望遠:約1,220万画素
ToFカメラ
インカメラ1,640万画素
バッテリー3,730mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 865 5G
OSAndroid 10
認証指紋認証・顔認証
カラーBlackRay・Aurora White・
Earth Blue
詳細AQUOS R5G 実機レビュー

AUQOSスマホ初の5G対応機種であり、価格が高い分スペックも非常に高性能です。

10億色の高画質なPro IGZOディスプレイや、8K動画撮影対応など、ハイクオリティな映像体験が可能です。

RAMは12GBとハイエンドクラスであり、楽天モバイルで発売されている機種の中で特にハイスペックな機種だといえます。

AQUOS R5Gのポイント
  • 12GBの大容量RAMと高性能CPUが搭載された5G対応スマホ
  • 10億色の表現力が実現された高画質のPro IGZOディスプレイ搭載
  • 8K動画の撮影に対応

▲目的別一覧に戻る

Galaxy S10

楽天モバイルのGalaxy S10

画像引用元:Galaxy S10 | スマートフォン | 楽天モバイル

Galaxy S10のスペックは下記の通りです。

Galaxy S10
ディスプレイサイズ約6.1インチ
本体サイズ高さ:約150mm
幅:70mm
厚さ:7.8mm
重さ約158g
アウトカメラ広角:約1,200万画素
超広角:約1,600万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ約1,000万画素
バッテリー容量3,300mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 855
OSAndroid 9
認証指紋・顔
カラープリズム ホワイト・プリズム ブラック・プリズム ブルー

湾曲できる有機ELディスプレイが搭載されているGalaxy S10は、スマホの全面隅々までディスプレイ化しています。

まさに没入感にあふれる、フルスクリーン仕様のスマホです。

黒と色彩のコントラストが美しい有機ELディスプレイなので、動画やゲームもより楽しめるでしょう。

また、3つのカメラが搭載されており、望遠やワイド撮影、123°の超広角撮影、昼夜問わず適切な明るさで撮影できる機能など、とても機能に充実した高性能なカメラとなっています。

Galaxy S10のポイント
  • 6.1インチのフルスクリーン仕様の有機ELディスプレイ
  • トリプルカメラ搭載で多彩な機能が備わっている
  • ディスプレイ上でサッと指紋認証ができる
ハイスペックな楽天モバイルおすすめスマホ
  • Xperia 10 Ⅲ
    トリプルカメラ搭載・ハイレゾ対応のXperiaの5Gスマホ
  • Rakuten BIG s
    光学ズーム搭載のクアッドカメラ・ミリ波対応のハイスペック5Gスマホ
  • Rakuten BIG
    5G対応・クアッドカメラ搭載で4万円台の高コスパスマホ
  • AQUOS R5G
    5G対応で最高峰の性能
  • Galaxy S10
    6.1インチ全画面ディスプレイと高性能トリプルカメラが魅力

バッテリー持ち重視の楽天モバイルのおすすめ端末

バッテリー容量の大きなモデルや省電力設計のモデルなら、充電せずに1日ガッツリ使えます。

スペックより電池持ち重視の方は、ここで紹介するモデルから選びましょう!

OPPO Reno3 A

Oppo Reno 3 A

OPPO Reno3 Aのスペックは下記の通りです。

OPPO Reno3 A
ディスプレイ6.44インチ
本体サイズ高さ:160.9 mm
幅:74.1 mm
厚さ:8.2 mm
重さ175 g
アウトカメラ広角レンズ:4,800万画素
超広角レンズ:800万画素
モノクロレンズ:200万画素
ポートレートレンズ:200万画素
インカメラ1,600万画素
バッテリー4,025mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 665
OSAndroid 10
認証指紋・顔
カラーブラック・ホワイト
価格26,980円
詳細OPPO Reno3 A実機レビュー

4,800万画素の標準カメラをはじめとする4つのカメラが搭載されており、暗い場所でも明るく鮮明に撮れるウルトラナイトモードなど、カメラ機能に定評があります。

また、長時間使える4,025mAhのバッテリーが搭載されており、急速充電にも対応しているので充電にかかる時間も短縮できることも魅力です。

OPPO Reno3 A
  • 長時間4,025mAhのバッテリー
  • 急速充電に対応
  • 4,800万画素の標準カメラなど計4つのカメラを搭載

▲目的別一覧に戻る

バッテリー持ちの良い楽天モバイルおすすめスマホ
  • OPPO Reno3 A
    2万円台で4,800万画素のカメラも使える

コンパクトな楽天モバイルのおすすめ端末

続いてコンパクトなおすすめ端末を紹介します。

最近の大型スマホは持ちにくいと感じる方は、コンパクトなスマホから選びましょう。

Rakuten Hand

Rakuten Hand

画像引用元:Rakuten Hand | スマートフォン | 楽天モバイル

2020年9月に発表され、秋の発売予定といわれていたRakuten Handは、2020年12月8日に発売されました。

Rakuten Handのスペックは下記の通りです。

機種名Rakuten Hand
Android OSAndroid 10
SoCSnapdragon 720G
本体サイズ約138×63×9.5
重量約129g
ディスプレイ
(液晶)
5.1インチ
720 × 1,520
メモリ(RAM)4GB
内部ストレージ(ROM)64GB
外部ストレージ-
アウトカメラ約4,800万画素(広角)
200万画素(深度測位)
インカメラ約1,600万画素
バッテリー容量2,750mAh
生体認証顔認証
指紋認証
防水・防塵IPX2・IP5X
おサイフケータイFelica
テレビ-
価格(税込)20,000円
詳細楽天モバイル公式サイトへ

重量は129gでスリムになっているのもあって片手でも持ちやすいでしょう。

認証はディスプレイ指紋認証と顔認証なのでコロナ禍でのマスク生活の中でも不便なく使えますね。

小さいスマホですが、写真撮影ではポートレートやAIシーン認識の機能も充実していて美顔モードやアニメーション効果も多彩です。

Felicaも搭載しているので普段使いなコンパクトスマホとしてこれから人気が出そうです。

2021年9月現在、Rakuten UN-LIMIT Ⅵと同時契約で20,000円のポイント還元キャンペーンが実施されているので実質0円になります!

Rakuten Handのポイント
  • 幅63mm、高さ138mmの5.1インチ有機ELディスプレイ
  • Snapdragon 720G搭載・5Gには対応しない
  • 4,800万画素の広角カメラとポートレートカメラのデュアルカメラ仕様
  • 顔認証と指紋認証が使える
コンパクトな楽天モバイルおすすめスマホ
  • Rakuten Hand
    5.1インチのディスプレイとデュアルカメラ搭載

楽天モバイルでもiPhoneが買えるようになった!

楽天モバイルのiPhone

画像引用元:iPhone発売記念キャンペーン 最大20,000円相当分をポイント還元 | 楽天モバイル

これまで楽天モバイルでiPhoneを使うとなると、他社で購入したものを持ち込んで使うしか方法がありませんでした。

しかし、楽天モバイルでもiPhoneの販売がスタートし、回線との同時購入が可能となったのです。

この章では、楽天モバイルで販売されている5つのiPhoneについて紹介します。

iPhone 13 mini

iPhone13 mini

画像引用元:iPhone 13|Apple(日本)

2021年の最新iPhoneである「iPhone 13シリーズ」もiPhone 12シリーズと同じく、miniからPro Maxまで計4種類のモデルが用意されています。

iPhone 13 miniのスペックは下記の通りです。

iPhone 13 mini
画面サイズ5.4インチ
本体サイズ高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.65mm
重さ140 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラー(PRODUCT RED)・スターライト・
ミッドナイト・ブルー・ピンク
詳細iPhone 13 miniのレビュー

スペックはiPhone 13と変わりませんが、画面サイズが5.4インチと非常に小さくなっています。

片手でも簡単に扱えるサイズなので、コンパクトなスマホが欲しいという人にも向いているでしょう。

Apple曰く「iPhone 13より性能の高いスマホは他にない」と言う程に高性能と名高いA15 Bionicチップは、これまでのiPhoneのチップや他社のプロセッサと比較しても処理速度が格段にアップしていると言われています。

画面が小さい分、他のモデルよりも価格が安くなっているので、なるべくコストを抑えたい人にもおすすめです。

iPhone 13 miniのポイント
  • 5.4インチのコンパクトディスプレイ
  • 最新・高性能なA15 Bionicチップ搭載
  • スペックはほぼiPhone 13と同じ
  • 価格もiPhone 13シリーズ中1番安い

iPhone 13

iPhone 13のラインナップ

画像引用元:Apple公式サイト

iPhone 13は、iPhone 13シリーズの中で最もスタンダードなモデルだといえます。

iPhone 13
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
重さ173 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラー(PRODUCT RED)・スターライト・
ミッドナイト・ブルー・ピンク
詳細iPhone 13の実機レビュー

スペックはiPhone 13 miniの章で解説したものとほぼ同じですが、画面サイズが6.1インチと大きくなっています。

新色ピンクを含む鮮やかな5色のカラーバリエーションも、iPhone 13・iPhone 13 miniの魅力といえるでしょう。

カメラもiPhone 12と同じくデュアルカメラが搭載されており、被写体にフォーカスしたまま撮影できる動画機能「シネマティックモード」など新たな機能も充実しています。

iPhone 13のポイント
  • 6.1インチのディスプレイ
  • 新色ピンクを含む鮮やかなカラーバリエーション
  • デュアルカメラ搭載
  • 「シネマティックモード」など魅力的なカメラ機能が追加

iPhone 13 Pro

iPhone 13のラインナップ

画像引用元:Apple

iPhone 13 Proは、iPhone 13シリーズの上位モデルとなります。

iPhone 13 Pro
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
重さ203 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB・1TB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーグラファイト・ゴールド・
シルバー・シエラブルー
詳細iPhone 13 Proのレビュー

サイズ感はiPhone 13と全く同じですが、搭載されているカメラがトリプルカメラ仕様であることや、光学ズームレンジが6倍であることなど、主にカメラの性能がiPhone 13・iPhone 13 miniより優れている傾向にあります。

また、本体容量も最大1TBまで選べるようになっており、よりアプリやデータをたくさん保存したい人にもぴったりです。

カラーは新色シエラブルーを含む計4色となっており、どのカラーもiPhone 13と比べて高級感のある上品な色合いになっています。

iPhone 13 Proのポイント
  • iPhone 13の上位モデル
  • サイズ感はiPhone 13とほぼ同じ
  • 本体容量は最大1TB
  • トリプルカメラ搭載
  • 光学ズームレンジは6倍
  • 新色シエラブルーを含む4色のカラーバリエーション

iPhone 13 Pro Max

iPhone13 Max

画像引用元:iPhone 13|Apple(日本)

iPhone 13 Pro Maxは、iPhone 13シリーズの中で最上位モデルとなります。

iPhone 13 Pro Max
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.8mm
幅:78.1mm
厚さ:7.65mm
重さ238 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB・1TB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーグラファイト・ゴールド・シルバー・シエラブルー
詳細iPhone13 Pro Maxのレビュー

スペックはほぼiPhone 13 Proと同じであり、6倍の光学ズームレンジなどカメラの性能に優れています。

本体容量が最大1TBまで選べるという点も、iPhone 13 Proと同じですね。

一方で、画面のサイズが6.7インチと、iPhone 13 Proより大きくなっています

その分価格も高くなっていますが、画面の大きなスマホが欲しい人にもぴったりでしょう。

iPhone 13 Pro Maxのポイント
  • 6.7インチの大画面ディスプレイ
  • スペックはほぼiPhone 13 Proと同じ
  • 価格が1番高い
  • 性能と画面の大きさを重視するユーザーにおすすめ

iPhone 12 mini

iPhone12 mini

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 miniを購入 – Apple(日本)

iPhone 12 miniは2020年11月に発売となったiPhone 12シリーズの機種であり、今回発売されたiPhone 12シリーズの中でも最小サイズであることが特徴です。

iPhone 12 mini
画面サイズ5.4インチ
本体サイズ高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.4mm
重さ133 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーホワイト・ブラック・
(PURODUCT RED)・
グリーン・ブルー・
パープル
詳細iPhone 12 mini評価レビュー

スペックは後述するiPhone 12シリーズのスタンダードモデルであるiPhone 12と同じです。

サイズだけが異なり、片手でも簡単に扱えるコンパクトなサイズ感なので、小さいiPhoneが欲しいという人にもおすすめです。

サイズが1番小さい分、機種代金もiPhone 12シリーズの中で1番リーズナブルなので、安く最新のiPhoneを購入したいという人にも適しているでしょう。

iPhone 12 miniのポイント
  • 画面サイズは5.4インチ
  • iPhone 12シリーズの中で最小サイズ
  • 片手で扱えるコンパクトなサイズ感
  • スペックはiPhone 12と全く同じ

iPhone 12

iPhone 12

iPhone 12は10月に発売され、iPhone 12シリーズの中で最もスタンダードなタイプの機種です。

iPhone 12
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
重さ162 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーホワイト・ブラック・
(PURODUCT RED)・

グリーン・ブルー・
パープル
詳細iPhone 12評価レビュー

iPhone 12は5Gに対応した初めてのiPhoneであり、大容量・高速・低遅延通信の5Gに適したA14 Bionicチップが搭載されています。

また、デュアルカメラが搭載されており、ポートレートなどこれまでのiPhoneでも人気だったカメラ機能が揃っています。

カラーバリエーションは5色であり無難なのはホワイトやブラックですが、ブルーも人気が高いですよ。

iPhone 12のポイント
  • iPhone初の5G対応機種
  • 最新で現在1番性能の高いA14 Bionicチップ搭載
  • デュアルカメラ搭載
  • カラーバリエーションは5色

iPhone 12 Pro

iPhone 12 Pro

iPhone 12 Proは10月に発売された、iPhone 12の上位モデルです。

iPhone 12 Pro
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
重さ187 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーシルバー・ゴールド・
グラファイト・
パシフィックブルー
詳細iPhone 12 Pro評価レビュー

iPhone 12と異なる点はトリプルカメラが搭載されているという点です。

カメラ性能が向上しており、画質を変えずにズームイン・アウトができる光学ズームの範囲は4倍となりました。

つまり写真はとても鮮明で、距離感が近くても遠くても、きれいな写真撮影が可能です。

また、カラーバリエーションは4色となっており、iPhone 12やminiと比べて高級感のある落ち着いたカラーリングであることが特徴です。

iPhone 12 Proのポイント
  • サイズや搭載されているプロセッサなどはiPhone 12と同じ
  • トリプルカメラ仕様で光学ズームレンジは最大4倍
  • カラーバリエーションは4色・iPhone 12と比べてシックで高級感のある色味

iPhone 12 Pro Max

楽天モバイル iPhone12 Pro Max

画像引用元:iPhone 12 Pro Max(5G対応)製品情報・購入 | iPhone | 製品 | 楽天モバイル

iPhone 12 Pro Maxは、iPhone 12シリーズの中で1番性能が高いモデルです。

iPhone 12 Pro Max
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.8mm
幅:78.1mm
厚さ:7.4mm
重さ226 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーシルバー・ゴールド・
グラファイト・
パシフィックブルー
詳細iPhone 12 Pro Max評価レビュー

基本的なスペックはiPhone 12 Proと同じですが、画面サイズが大きく、カメラ性能もさらに進化しています。

1番性能が高い分価格も高額なので、価格よりも性能や画面サイズの大きさを重視したい人におすすめです。

iPhone 12 Pro MaxもiPhone 12 Proと同じくトリプルカメラが搭載されていますが、光学ズームレンジが最大5倍になっています。

基本的なスペックは変わらないので、特にカメラ性能を重視する人にぴったりでしょう。

iPhone 12 Pro Maxのポイント
  • 6.7インチの大画面ディスプレイ
  • トリプルカメラ搭載・光学ズームレンジは最大5倍
  • 主にiPhone 12 Proと異なるのはサイズとカメラ性能
  • iPhone 12シリーズの中で1番性能が高い

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)のスペックは下記の通りです。

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー

iPhone SE(第2世代)は2020年春に発売された機種であり、見た目はiPhone 8と全く同じなので、以前使ったことがある人はイメージしやすいでしょう。

ホームボタンが復活したモデルでもあるので、ホームボタンのあるiPhoneの操作性が好きだったユーザーの間でも大きな話題となりました。

見た目はiPhone 8ですが、搭載されているチップはiPhone 12の前モデルであるiPhone 11と同じものなので、性能も申し分ありません。

iPhone SE(第2世代)のポイント
  • ホームボタン搭載のiPhone
  • サイズ感はiPhone 8と全く同じ
  • 搭載されているチップはiPhone 11と同じ
  • 指紋認証が使える
楽天モバイルで販売されているiPhone一覧
  • iPhone 13 mini
    A15 Bionicチップが搭載された5.4インチのコンパクトiPhone
  • iPhone 13
    新色ピンクを含めた5色のカラーバリエーションが魅力の最新iPhone
  • iPhone 13 Pro
    iPhone 13シリーズの上位モデル│最大1TBの本体容量とトリプルカメラ搭載
  • iPhone 13 Pro Max
    iPhone 13シリーズで最も大きな6.7インチディスプレイ│高性能重視の人に◎
  • iPhone 12 mini
    5.4インチディスプレイ搭載・iPhone 12シリーズの中で最小サイズの機種
  • iPhone 12
    iPhone初の5G対応・A14 Bionicチップ搭載で5色のカラーバリエーションが魅力
  • iPhone 12 Pro
    iPhone 12シリーズの上位モデル・トリプルカメラ搭載で最大4倍の光学ズームレンジ対応
  • iPhone 12 Pro Max
    iPhone 12シリーズの中で1番高性能・最大5倍の光学ズームレンジ対応
  • iPhone SE(第2世代)
    コスパ重視におすすめ!見た目はiPhone 8・中身はiPhone 11のコンパクトモデル

楽天モバイルでiPhoneを使う方法

楽天モバイルでiPhoneは使える

画像引用元:楽天モバイル(楽天回線)でiPhoneを使う | お客様サポート | 楽天モバイル

楽天モバイルでもiPhoneが発売されたので、楽天モバイルの回線と端末をセットで購入できるようになりました。

そのため、楽天モバイルへの乗り換えや新規契約と同時に新しいiPhoneが欲しいと考えている人にとって、大変便利になったと思います。

一方で、これまで他社で使っていたiPhoneを使いたいと考えている人も多いはず。

この章では、他社iPhoneを楽天モバイルで使う方法について触れていきます。

楽天モバイルでiPhoneは使える

結論から言うと、楽天モバイルでも他社iPhoneは利用可能です。

しかしながら、楽天モバイル公式ではiPhoneについて「動作保証外となりますので、ご利用はお客様自身のご判断でお願いいたします」としています。

尚、これまで格安SIMとしての楽天モバイル(ドコモ・au回線)を使えていたiPhoneも、「Rakuten UN-LIMIT」では自己責任となります。

楽天モバイルに対応しているiPhone

以前まではeSIM対応のiPhoneしか使うことができませんでしたが、iOS14.4以降を搭載するiPhoneなら使えるようになりました。

利用する際にキャリア設定のアップデートが必要となるので(初期設定時にポップアップが表示されます)忘れないように行いましょう。

楽天モバイル回線に対応しているiPhoneシリーズ一覧
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus

コスパ重視の方には楽天モバイル × iPhone SEは最高の組み合わせだといえます。

楽天モバイルでiPhoneを使う手順

eSIMは物理SIMを入れることなく、サーバー上にあるSIM情報をスマホが読み取ることで回線が使えるので、SIMカードのサイズ変更や故障時の再発行などの手間もありません。

そのため、楽天モバイルでiPhoneを使う際は、eSIMを使用することをおすすめします。

eSIMのスタートガイドに沿ってiPhoneの設定を行う方法について、下記にて解説していきます。

この章の画像引用元:初期設定方法(iPhone・iPad)| 楽天モバイル

手順1:楽天モバイルのeSIMを開通させる

1 スタートガイド裏面のQRコードを読み取る
スタートガイド裏面のQRコードを読み取る

2 my 楽天モバイルにログイン

my 楽天モバイルにログイン

3 申込番号の下にある「>」に進む

申込番号の下にある「>」に進む

4 「楽天回線の開通手続きを行う」に進む
「楽天回線の開通手続き」に進む

5 表示されるQRコード画面を表示したままにする

表示されるQRコード画面を表示したままにする

ここで表示されるQRコードは、iPhoneの設定を行う際に読み取ります。

ここまでの操作を楽天モバイルで使いたいiPhoneで行っている方は、スクリーンショットを撮って他のスマホやパソコンで表示しましょう。

手順2:iPhoneに楽天モバイルのeSIMを設定する

1 設定→モバイル通信を開く

設定→モバイル通信を開く

2 「モバイル通信プランを追加」をタップ

「モバイル通信プランを追加」をタップ

3 楽天モバイルのeSIM開通時のQRコードを読み取る

楽天モバイルのeSIM開通時のQRコードを読み取る

4 「モバイル通信プランを追加」をタップ

「モバイル通信プランを追加」をタップ

5 アクティベーションが終わるのを待つ

アクティベーションが終わるのを待つ

6 「副回線」をタップ

「副回線」をタップ

7 「音声通話とデータ」をタップ

「音声通話とデータ」をタップ

8 「LTE、VoLTEオン」をタップ

「LTE、VoLTEオン」をタップ

9 「OK」をタップ

「OK」をタップ

10 1画面戻って「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ

1画面戻って「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ

11 モバイルデータ通信とインターネット共有の「APN」に「rakuten.jp」と入力
モバイルデータ通信とインターネット共有の「APN」に「rakuten.jp」と入力

これでiPhoneで楽天モバイルを利用する設定は完了です。

なお、楽天モバイル公式でiPhone 12シリーズの動作確認をとっています。

一部の機能は利用できないですが、

  • プラン料金3ヶ月無料
  • 楽天回線エリア高速データ使い放題
  • 国内通話かけ放題

はOKとなっています。

楽天モバイルでiPhoneを使う方法
  • 楽天モバイルでもiPhoneの発売が開始されたので回線との同時購入が可能に
  • 他社iPhoneも使うことは可能だが、楽天モバイル公式では動作保証対象外となっている
  • 他社iPhoneを使う場合は自己責任で!

▲目次に戻る

楽天モバイルでスマホをセット購入する手順

楽天モバイル

次に、スマホと回線をセット購入する手順について解説します。

今回は、オンラインでの購入手順について詳しく説明していきます。

乗り換えする場合は事前にMNP予約番号の発行を行う

今使っている電話番号を引き継ぎたい(乗り換えしたい)場合は、契約中のキャリアや格安SIMでMNP予約番号の発行を行います。

MNP予約番号は、オンライン・店舗・電話で発行できますが、混雑することを考えるとオンラインで手続きするのが1番スピーディーです。

MNP予約番号を発行する際に、乗り換えにかかる手数料や契約の違約金などが表示されるので、必ずチェックしましょう。

MNP予約番号の有効期限は15日間です。

公式サイトまたはアプリで申し込む

MNP予約番号が発行できたら、次に公式サイトまたはmy 楽天モバイルというアプリから申し込み手続きを行います。

楽天モバイルを契約する時の本人確認の方法は、店舗・オンライン・自宅の3つがあります。

店舗に行って本人確認書類を掲示したりSIMや端末が郵送された時に自宅で本人確認を行うことも可能ですが、1番簡単なのは画像をアップロードしてオンラインで本人確認することでしょう。

また、AIかんたん本人確認(eKYC)のアプリを使えば、my 楽天モバイルから申し込むことでその場で本人確認を終わらせることができるので大変便利です。

※eKYCは運転免許証のみ使用可能です。

今回は、スマホ上で申し込む方法について解説していきます。

手順1:公式サイトから「新規/乗り換え(MNP)お申し込み」を選択

楽天モバイル申し込み

手順2:楽天モバイルと楽天カード・楽天銀行を一緒に申し込むかどうか選ぶ

楽天モバイル申し込み

手順3:「プランを選択する」を選ぶ

楽天モバイル申し込み

手順4:オプションを選ぶ※任意

楽天モバイル申し込み

手順5:SIMカードタイプを選ぶ

楽天モバイル申し込み

手順6:「製品選択へ進む」をタップし、購入するスマホを選ぶ

楽天モバイル申し込み

手順7:楽天会員IDでログイン

楽天モバイル申し込み

手順8:契約者情報に間違いがないかチェックする

楽天モバイル申し込み

手順9:本人確認方法を選ぶ

楽天モバイル申し込み

手順10:本人確認の注意点をチェックし「次へ進む」

楽天モバイル申し込み

手順11:電話番号の選択を行う※今回は新規電話番号を選択

楽天モバイル申し込み

手順12:3つの中から電話番号を選んだら「次へ進む」

楽天モバイル申し込み

手順13:受け取り方法を選び、住所に間違いがないか確認する

楽天モバイル申し込み

手順14:お届け希望日と時間、連絡先を入力

楽天モバイル申し込み

手順15:支払い方法を選ぶ

楽天モバイル申し込み

手順16:ポイントを使うかどうか選ぶ

楽天モバイル申し込み

手順17:メルマガ設定を行い「申し込む」をタップ

楽天モバイル申し込み

受け取ったスマホとSIMカードの初期設定を行う

申し込み後、最短2日で購入したSIMカードや端末が自宅に届きます。

受け取ったら、まず端末にSIMカードを入れ(eSIMの場合はスタートガイドに従ってWi-Fiに接続して開通手続きを行う)初期設定を行ってください。

楽天モバイルで購入したスマホであれば、他社スマホのようなAPN設定の必要はありません

楽天モバイルでスマホを購入する方法
  1. 乗り換える場合はMNP予約番号の発行を行う
  2. 公式サイトまたはアプリで申し込む
  3. 受け取ったスマホとSIMカードの初期設定を行う

▲目次に戻る

楽天モバイルで機種変更する方法

楽天モバイル 機種変更

次に、楽天モバイルで機種変更をする手順について解説していきます。

楽天モバイルで機種変更をするには、SIM交換の申し込みをして自分でSIM交換を行うことになります。

楽天モバイルでの機種変更
  1. 機種変更する前後の機種を確認する
  2. my 楽天モバイルでSIM交換の申し込みをする
  3. 物理SIMが届くあるいはeSIMの情報がメールに届く
  4. スマホでSIMの設定を行う

さらに、SIM交換の申し込み方法は機種変更前後のスマホによって手順が若干異なるので注意が必要となります。

下記で詳しくみていきましょう。

楽天モバイルの機種変更はスマホによって違う
  • 通常の機種変更の場合(Rakutenスマホ(Mini/Rakuten BIG/Rakuten Hand)以外)
  • eSIM対応スマホ⇔他機種の場合
  • Rakutenスマホ(Mini/BIG/Hand)⇔他製品

通常の機種変更の場合

物理SIM対応の機種間での機種変更の手順は下記の通りです。

  1. my 楽天モバイルにアクセス
  2. 画面右上の横三本線メニューをタップ
  3. 「契約プラン」をタップ
  4. 「各種手続き」をタップ
    楽天モバイルのSIM交換手続き
  5. SIM交換をタップ
    楽天モバイルのSIM交換手続き
  6. 理由を「その他の理由」でSIMタイプ(nanoSIMかeSIM)を選択
    楽天モバイルのSIM交換手続き
  7. 「再発行する」をタップ、申し込みを完了させる
    楽天モバイルのSIM交換手続き
  8. 数日後端末が自宅宛に届くので、SIMカードを差し替えて初期設定を行う
  9. 完了

ここで注意したいのは、機種変更先のスマホのSIMカードのタイプを間違えないようにすることです。

物理SIMであるnanoSIMかeSIMかを間違えないようにしましょう。

eSIM対応スマホ⇔他機種の場合

eSIM対応の機種と物理SIM対応の機種の間で変更手続きを行う場合の手順は下記の通りです。

  1. my 楽天モバイルでログイン
  2. 「契約プラン」をタップ
  3. 「各種手続き」をタップ
  4. 「SIM交換」をタップ
  5. 「その他」を選択後に「nanoSIM」または「eSIM」のいずれかを選ぶ
  6. 申し込み内容の確認画面が表示されるので、「確定するボタン」をタップする
  7. SIMカードが届く・eSIMが発行されるまで待つ

別途、機種変更したいスマホの購入手続きも忘れないようにしてください。

eSIMから物理SIM、またはその逆の変更をしたい場合も、SIM交換の手続きが必要となります。

必ず忘れないようにしましょう。

Rakutenスマホ(Mini/BIG/Hand)⇔他製品

Rakuten Mini/BIG/HandのいわゆるRakutenスマホに関わる機種変更も基本的には「my 楽天モバイル」というスマホアプリから行います。

それぞれ手順を簡単にみていきましょう。

楽天スマホから他製品への機種変更

  1. my楽天モバイルアプリをインストール
  2. アプリを起動後、楽天会員のID、パスワードでログイン
  3. 契約プランをタップ
  4. 各種手続きをタップ
  5. SIM交換を選択
  6. SIM交換・再発行の理由を「その他」を選択し、SIMタイプを選択
  7. 確認画面で内容を確認したら「確定する」を選択
  8. 再発行の手続きは完了し、SIMカードの到着を待つ

では、他製品からRakutenスマホへの機種変更の手順をみていきましょう。

この作業は、Rakutenスマホが届いてから行ってください。

手続きをすると、利用しているSIMが無効になるので電話はもちろん、インターネット接続ができなくなってしまうからです。

なお、「my 楽天モバイル」はスマホアプリでもWeb版でもOKです。

他製品から楽天スマホへの機種変更

  1. my 楽天モバイルのアプリで楽天会員のID・パスワードでログイン
  2. 契約プランをタップ
  3. 各種手続きをタップ
  4. SIM交換を選択
  5. SIM交換・再発行の理由を「その他」を選択し、SIMタイプはeSIMを選択
  6. 確認画面で内容を確認したら「確定する」を選択
  7. 再発行の手続きは完了し、eSIMの情報がメールで到着する
  8. eSIMの設定を行う

Rakutenスマホは3種類とも物理SIMではなくeSIMとなるので間違えないようにしましょう。

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」

楽天アンリミット6

画像引用元:楽天モバイル、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表

4月からの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は、これまでの「Rakuten UN-LIMIT V」のプラン内容に加え、より多くの幅広いユーザーがお得に使える仕様となりました。

この章では、そんな「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のプラン内容について詳しく紹介します。

料金は最大3,278円!データ利用量に合わせて4段階変動する

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」では料金が3,278円でデータ使い放題という点は変わりませんが、20GB以下の利用量の場合料金が変動する仕組みとなっています。

通信量月額料金
0~1GB0円
1~3GB1,078円
3~20GB2,178円
20GB~無制限3,278円

そのため、毎月使うデータ量にバラつきがある人や、20GB以下のライトユーザーの人もよりお得に使えるようになりました。

これまでと同じように4G・5G両方使うことができ、パートナー回線について5GBまで使用可能です。

その他のサービスは「Rakuten UN-LIMIT V」と同じ

Rakuten Linkアプリを使えば国内通話がかけ放題になる点や、契約の縛りが一切ない点など、全体的なプラン内容はこれまでのものと変わりません。

これまでのプラン内容に従量制の料金形態が追加されたものが「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」だと思ってください。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の特徴
  • 0円から3,278円まで4段階料金が変動する
  • その他のプラン内容は「Rakuten UN-LIMIT V」と同じ

楽天モバイルで現在開催中のキャンペーン

楽天モバイル 3ヶ月無料キャンペーン

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT VI(料金プラン) | 楽天モバイル

楽天モバイルの利用料金はお得ですが、さらにいろいろなキャンペーンを実施しています。

プラン料金が3ヶ月間無料になったり、端末購入で楽天ポイントの還元があったりととてもお得です。

詳しく見ていきましょう。

プラン料金3ヶ月間無料

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」を申し込むことによって、プラン料金(最大3,278円)が3ヶ月間無料になります。

最大9,834円お得になるので、是非活用しましょう!

終了日未定で、新規契約・他社からの乗り換えはもちろん、格安SIMの楽天モバイルからプラン変更する人も対象となっています。

Rakuten UN-LIMIT V申し込みで誰でも5,000ポイントプレゼント

楽天モバイルに申し込むことで、楽天スーパーポイントが5,000ポイント付与されます。

キャンペーンの適用条件は下記の通りです。

5,000ポイント還元キャンペーンの適用条件<常時開催>
  • キャンペーン期間中に楽天モバイルに申し込む
  • 製品の初期設定を完了させる
  • 申し込み翌月末までにRakuten LINKアプリで10秒以上の通話と1回以上メッセージの送信を行う

いままではキャンペーン期限を設けながら開催でしたが、この5,000ポイント還元は常時開催となっています。

また、機種とセットで申し込む予定の人は、下記のキャンペーンも確認してください。

スマホ本体を同時購入で最大20,000ポイント還元

スマホとセットで購入する場合、対象機種によって最大20,000ポイント還元されます。

尚、こちらのキャンペーンと前述した5,000ポイント還元キャンペーンは併用可能なので、最大25,000ポイントもらうことができます。

対象機種は下記の通りです。

20,000ポイントの対象機種
  • Rakuten BIG
  • OPPO A73
  • AQUOS sense4 lite
  • OPPO Reno3 A
15,000ポイントの対象機種
  • Rakuten BIG s
  • Rakuten Hand
  • AQUOS R5G
  • Galaxy S10
  • OPPO Reno5 A
  • AQUOS sense4 plus
  • Xperia 10 III Lite

こちらも同様に、キャンペーン期間中に申し込み、翌月末までにRakuten Linkアプリを使用することが条件です。

全ての機種が対象ではないので気をつけてください。

また、在庫などの販売状況によってはキャンペーン内容が変更となる可能性があります。

対象のiPhone購入で最大22,000円割引

他社からの乗り換えでiPhone 12シリーズまたはiPhone SE(第2世代)を購入すると、機種代金から最大22,000円割引されます。

※iPhone 13シリーズは対象外なので注意してください。

これは24回払いまたは一括で購入した場合であり、2年ごとに買い替える前提で機種代金がお得になる「iPhoneアップグレードプログラム」を利用する場合は20,000ポイントが還元されます。

また、新規の場合は15,000ポイント還元される仕様となっています。

▲目次に戻る

楽天モバイルのおすすめ端末について、よくある質問

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめ端末について、よくある質問に回答しました。

楽天モバイルのおすすめの端末を知りたい

楽天モバイルでは、現在20種類の端末が発売されています。

本記事では目的別(コスパが良い、ハイスペック、バッテリー持ち重視、コンパクトなど)におすすめ端末を厳選紹介しています。

記事をぜひご覧ください。

楽天モバイルでコスパの良い端末はどれか

本記事ではコスパの良い端末として「OPPO Reno A 128GB」と「AQUOS sense3 lite」を紹介しました。

それぞれ大容量で30,000円台を実現、IGZOディスプレイを搭載など、お得感のある端末です。

詳細は記事をご覧ください。

楽天モバイルでiPhoneは使えるのか

楽天モバイルではiPhoneを使えます。

なお対応しているiPhoneは記事中に記載しました。

iPhoneSE(第2世代)も使えるため、楽天モバイルと組み合わせると最強コスパで運用できるでしょう。

iPhoneを使う手順も解説しましたので、ぜひ記事をご覧ください。

また、楽天モバイルではiPhoneの発売もスタートしています。

最大20,000ポイント還元のお得なキャンペーンも開催しているので、是非チェックしてみてください。

楽天モバイルで実施しているキャンペーン

3ヶ月プラン料金無料や楽天スーパーポイントが最大25,000ポイント還元されるキャンペーンを実施しています。

また、前述の通りiPhone購入で最大20,000ポイント還元のキャンペーンも行っています。

詳細は記事をご覧ください。

▲目次に戻る

自分に合ったスマホを選んで楽天モバイルを契約しよう!

楽天モバイル
最後に、楽天モバイルのポイントについてまとめます。

楽天モバイルで自分に合うスマホを選ぼう
  • 現在全20機種が発売されている
  • iPhone 13の取り扱いもスタート
  • キャンペーン中で対象のAndroidスマホを購入すると最大25,000ポイント還元
  • 対象のiPhoneを購入しても最大22,000円割引

どの機種も価格や性能が大きく異なるので、どのような使い方をしたいのかよく考えた上で選びましょう。

楽天モバイルには5G対応プランもあるので、iPhone 12シリーズを使うこともおすすめです。

今ならお得なキャンペーンもたくさんあります。

是非この機会に契約を検討してみてはいかがでしょうか。

楽天モバイルは今なら3ヶ月無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

この記事を書いた人
a-sato
ライター歴5年。 iPhoneとXperiaの2台持ちで現在はドコモ。 ライターになる前は3年間携帯ショップの代理店で勤務。 愛猫と戯れるのが最大の癒し。