楽天カードを最大限利用したら年間5万円もお得になる話

楽天カードを最大限利用したら年間5万円もお得になる話

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

楽天カードはポイント還元率が高いクレジットカードとして人気があります。

また、お得なキャンペーンや空港ラウンジの無料利用、旅行保険サービスなど魅力的なポイントがたくさんあります。

そこで今回は、楽天カードの年会費や締め日などの基本情報からポイント還元率、楽天カードをお得に使うコツまで徹底的に解説していきます。

併せて、実際に楽天カードを普段の生活で使うとどの程度お得になるのかシミュレーションしてみたので、是非参考にしてください。

楽天カードをお得に使う方法
  • 新規入会キャンペーンを利用する
  • SPUでポイント16倍を狙う
  • 普段の買い物でポイント還元率アップできるプログラムを利用する
  • 優待サービスが利用できる飲食店やレジャー施設を活用
  • スマホ料金や公共料金を楽天カードで支払う
  • 支払い方法を楽天銀行へ変更・楽天証券で積立を行う
  • 楽天ふるさと納税を活用する

※本記事中の価格は全て税込み表示

トップ画像引用元:【公式】新規入会&利用でポイントプレゼント

楽天カードの基本情報|ポイント還元率・年会費

楽天カードアメリカンエキスプレス
この章では、楽天カードの基本的なサービス内容について解説していきます。

年会費や締め日・支払日、ポイント還元率について解説していきます。

楽天カードとは?
  • 楽天が取り扱っているクレジットカード
  • 年会費永年無料
  • ポイント還元率は1.0%│楽天市場・楽天ブックス利用で3.0%
  • 締め日は毎月25日・支払いは27日
  • ポイント還元率が高いクレジットカードとして定評がある

楽天カードの基本情報

まず、楽天カードの基本情報を表にまとめてみました。

選べる国際ブランドが多いので、自分の用途に合ったものを選ぶことができます。

楽天カード
年会費永年無料
国際ブランドVISA/MasterCard/AMEX/JCB
ポイント還元率1.0%~3.0%
締め日毎月25日
旅行保険海外:最大2,000万円(利用付帯)
発行会社楽天カード株式会社

楽天カードの年会費は永年無料

楽天カードは年会費永年無料で使えます。

ゴールドやプレミアムカードになると年会費が発生しますが、一般グレードの楽天カードであれば維持費はかかりません

初めてクレジットカードを作る人やポイントがお得なカードを試しに作ってみたい人にもおすすめです。

楽天カードの締め日と支払い日

楽天カードの締め日は毎月25日となっており、支払い日は27日です。

27日が土日祝の場合は翌営業日の引き落としとなります。

ポイント還元率が高いクレジットカードとして定評がある

ポイント還元率は通常1.0%であり、楽天市場・楽天ブックスを利用すると3.0%となります。

クレジットカードが使えるお店であれば最低でも1.0%のポイントが還元されるため、他社のクレジットカードと比較しても還元率が高く、ポイントが貯まりやすいカードだと定評があります。

しかし、楽天カードのお得なポイントはこれだけではありません。

得する方法①SPUでポイント最大16倍を狙おう

楽天カードのSPU

画像引用元:【楽天市場】SPU(スーパーポイントアッププログラム)

楽天には、SPU(スーパーポイントアッププログラム)と呼ばれるサービスがあります。

これは、条件をクリアすることによってポイント還元率を上げることができるものです。

対象サービス倍率達成条件
楽天モバイル+1対象サービスを契約
楽天ひかり
楽天カード+2楽天カードで楽天市場で買い物
楽天プレミアムカード
楽天ゴールドカード
対象カードを利用
楽天市場で買い物
楽天銀行+
楽天カード
+1楽天銀行の口座から
楽天カード利用額を引き落とし
楽天の保険+
楽天カード
保険料を楽天カードで支払う
楽天でんき+0.5加入・利用
楽天証券月1回500円以上の
ポイント投資
楽天トラベル月1回5,000円以上予約し対象期間の利用
楽天市場アプリ+0.5楽天市場アプリで買い物
楽天ブックス月1回1注文1,000円以上
楽天kobo月1回1注文1,000円以上
※電子書籍
楽天Pashaトクダネ対象商品の購入&
レシート申請で100ポイント以上獲得
Rakuten Fashion月1回以上買い物
楽天TV・
NBA Rakuten
+1NBA Rakuten
またはRakuten パ・リーグ Special
加入・契約更新
楽天ビューティー月1回3,000円以上

このように、楽天関係のサービスを利用したり契約すると、楽天市場での買い物やカード利用額のポイント還元率が最大16倍になります。

楽天はスマホやでんき、保険、銀行など身近なサービスも手掛けているので、身の回りのものを楽天で統一してみるのも良いかもしれません。

得する方法②豪華キャンペーンを上手に活用しよう

楽天カード

画像引用元:新規入会&利用でポイントプレゼント|楽天カード

楽天カードは、新規入会の特典が充実していることでも知られています。

この章では、常時開催中の新規入会特典をいくつか紹介していきます。

楽天カード新規入会・利用で5,000ポイント

楽天カードに新規で入会して2,000ポイント、期限までに利用して3,000ポイントの計5,000ポイントが付与されます。

利用は申込日の翌月末までに済ませるようにしてください。

こちらのキャンペーンは常時開催です。

さらに、期間中に楽天銀行口座開設+入金で別途1,000ポイントが付与されます。

こちらは口座の申込が7月13日9:59まで、入金が8月31日23:59までと期間が決まっているので注意してください。

楽天カード公式サイトを見る

楽天ゴールドカード新規入会で楽天市場での買い物が最大5倍

楽天ゴールドカードを楽天市場で利用すると、いつでもポイントが最大5倍になります。

ただし、ポイント付与には上限があり、月間5,000ポイントまでとなっています。

また、上記の新規入会キャンペーンとの併用はできません。

楽天ゴールドカードは年会費2,200円と他社のゴールドカードと比べて安く、楽天市場での買い物がよりお得になるので、普段から楽天市場を利用している人におすすめです。

こちらのキャンペーンは常時開催です。

楽天プレミアムカード新規入会・利用で10,000ポイント

新規入会特典で2,000ポイント、申込日の翌月末までに1回利用して3,000ポイント、楽天プレミアムカード特典で5,000ポイントの計10,000ポイントがもらえます。

項目特典ポイント
新規入会2,000
申込日の翌月末までに1回利用3,000
楽天プレミアムカード特典5,000
合計10,000

楽天プレミアムカードは年会費11,000円と高いですが、世界各国の航空会社の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスに無料で申し込むことができるカードです。

普段から旅行や出張で海外に行く人におすすめのクレジットカードです。

楽天ANAマイレージクラブカード新規入会・利用で最大9,000円相当の特典

新規入会特典で2,000ポイント、申込日の翌月末までに利用して3,000ポイントがもらえる他に、ANA楽パック予約時に利用できる4,000円クーポンがもらえます。

マイルを貯められる楽天ANAマイレージクラブカードは、普段から飛行機に乗る機会が多い人にぴったりのクレジットカードです。

ポイントだけでなくマイルも貯めたい人は是非チェックしてみてください。

紹介者と入会者にそれぞれ1,000ポイント

LINEやメール、Twitterなどで楽天カードを紹介し、紹介した人が楽天カードに新規加入すると紹介者と入会者にそれぞれ1,000ポイント付与されます。

紹介できる人数は1ヶ月9人までなので、1ヶ月最大9,000ポイントもらうことも夢ではありません。

楽天カード契約を検討している人は、周りに楽天カードを使っている人がいないか確認しましょう。

楽天カードで得する方法
  • SPUの条件クリアで最大ポイント16倍
  • 新規入会キャンペーンを活用してお得にポイントをゲット

楽天カード活用術|普段のお買い物編

楽天カード

画像引用元:役立つサービス

次に、知っておくと便利な楽天カードの活用術について解説していきます。

この章では、普段の買い物で使える楽天カードのサービスを紹介します。

普段のお買い物でのお得ポイント
  • 楽天スーパーセール
  • 楽天ペイ
  • 楽天ポイントカード加盟店
  • お買い物マラソン
  • 5と0のつく日

楽天スーパーセール

楽天スーパーSALE

画像引用元:【楽天市場】楽天スーパーSALE│半額以下アイテム200万点以上!お得いっぱいの150時間!

楽天スーパーセールとは、楽天市場で取り扱っている商品の多くが、かなりのディスカウントで販売される大きなイベントです。

いつも楽天市場で購入している商品が激安で手に入れられるチャンスなので、スーパーセールが開催される時は必ずチェックするようにしましょう。

楽天ペイ

楽天ペイアプリのアイコン

画像引用元:「楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!」をApp Storeで

楽天ペイは楽天が取り扱っているスマホ決済アプリです。

楽天ペイを利用するとポイントが1.0%還元されるので、楽天ペイ対応店舗では積極的に利用することをおすすめします。

さらに、楽天ペイの支払い方法を楽天カードにすれば、楽天カードにもポイントが1.0%還元されるので、計2.0%のポイントをゲットすることができます。

ポイントの二重取りができるので、是非楽天カードと楽天ペイをセットで使うようにしましょう!

楽天ポイントカード加盟店

楽天ポイント加盟店

画像引用元:楽天ポイントカード: 使えるお店

楽天ポイントカードを掲示して楽天カードで支払いをすればポイントを2重でゲットすることができます。

楽天ポイントカード加盟店では、必ず支払い前にポイントカードを掲示するようにしましょう。

楽天ポイントカードはアプリ版とプラスチックカードタイプの2種類があります。

お買い物マラソン

お買い物マラソンとは、定期的に開催されるポイントアップキャンペーンです。

複数の対象店舗で買いまわりすることで、1店舗で1倍、2店舗で倍、3店舗で3倍のように、ポイントがどんどん上がっていくキャンペーンです。

短期で一挙にポイントがたくさん貯まると評判のイベントです。

条件は1店舗あたり最低1,000円以上の買い物をすることであり、最大10倍までポイント還元率を上げることができます。

5と0のつく日

エントリーと楽天カードの利用が条件で、毎月5と0のつく日(5日、10日、15日、20日、25日、30日)は楽天市場でポイントが5倍になります。

楽天ゴールドカードやプレミアムカードならさらに+2倍で7倍になります。

よりお得に楽天市場で買い物をしたいのであれば、5と0のつく日に集中的に買い物することをおすすめします。

楽天カード活用術|娯楽・エンタメ編

楽天カード優待

画像引用元:身近で貯まる!楽天カードの優待|楽天カード

次に、週末や長期休暇などで知っておくと便利な娯楽やエンタメ関係のお得な情報を紹介します。

楽天カードには優待サービスがあり、対象のレジャーや娯楽施設、飲食店などを利用するとお得なクーポンやポイントのプレゼントがあります。

おすすめ楽天サービス

店舗やサービスによって特典の内容が異なるので、是非色々なお店をチェックしてみてくださいね!

楽天カード活用術|水道・ガス・電気・家賃編

楽天カード公共料金

画像引用元:公共料金などのお支払い|楽天カード

楽天カードは、水道代や電気代、ガス、家賃などの公共料金の支払いが可能です。

もし、家賃のクレジットカード払いがOKであれば、楽天カードを利用しましょう。

ポイント還元率は1.0%です。

毎月の固定費を楽天カードで支払うことになるので、まとまったポイントを効率良く貯めることができます。

尚、SPUの章にもあったように楽天では「楽天でんき」の取り扱いもあり、SPU対象となっているので、楽天カードに合わせて契約する電気会社を決めるのもおすすめです。

楽天カード活用術|スマホ代金編

楽天モバイル UN-LIMIT

画像引用元:楽天モバイル

スマホの料金も楽天カードで支払えます。

どのキャリアも対応していますが、楽天カードを使う上でおすすめしたいのは「楽天モバイル」です。

SPU対象であり、尚且つ楽天モバイルのRakuten UN-LIMITは、月額3,000円程度で楽天回線エリア内なら通信量使い放題という非常にお得な通信サービスです。

Rakuten UN-LIMIT
プラン料金3,278円
契約期間なし
違約金なし
通信容量楽天回線使い放題
パートナー回線5GB
通話楽天同士0円
Rakuten Link利用0円
通常の電話22円/30秒
オプションデータチャージ550円/GB
スマホ交換保証プラス715円
マカフィー
モバイルセキュリティ
Android版
220円
スマホ操作遠隔サポート550円
国際通話かけ放題1,078円

スマホを安くしたい、ポイントをお得に貯めたい人は是非乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

楽天カード活用術|銀行・証券編

楽天カード投信積立

画像引用元:楽天カードクレジット決済で投信積立

楽天には銀行と証券のサービスもあります。

特に、楽天カードの支払い先を楽天銀行に設定することでポイント還元率がアップします。

楽天カードを利用している人は、楽天銀行の口座開設を検討することをおすすめします。

楽天銀行でお得に運用
  • 楽天銀行の口座開設・支払い方法変更で最大300ポイントゲット
  • 楽天銀行はSPU対象│さらに翌月の金利が2倍に
  • 投信積立でポイントが貯まる

楽天銀行の口座開設・支払い方法変更で最大300ポイントゲット

楽天口座をまだ持っていない人が口座を開設し、楽天カードの支払いを楽天銀行に設定すると300ポイントが付与されます。

既に楽天銀行の口座を持っている人で、楽天カードの支払い先を楽天銀行に設定すると200ポイントもらえます。

このプログラムは事前エントリーが必要なので、忘れないようにしましょう。

楽天銀行はSPU対象│さらに翌月の金利が2倍に

楽天カードの支払い先を楽天銀行にすると、SPU+1倍の対象になります。

さらに、大手銀行よりも20倍金利が高いと評判の楽天銀行ですが、楽天カードの引き落としがあった月の翌月はさらに金利が2倍になります。

ただし、これは27日に引き落としされることが条件なので、支払い日に間に合わなかった場合は適用対象になりません。

投信積立でポイントが貯まる

楽天証券の投信積立では、毎月上限50,000円までクレジットカード決済で積立が可能です。

また、積立額にポイントを使用することもできます。

さらに、楽天カード決済額に応じて1.0%のポイントが付与されるので、よりお得に積立したい人にもおすすめです。

楽天カード活用術|ふるさと納税編

楽天ふるさと納税

画像引用元:【楽天市場】ふるさと納税|はじめての方でも簡単!

自分で納税先を選び、その土地の特産品を返礼品として受け取ることができるのが「ふるさと納税」です。

既にふるさと納税を利用している人もかなり多いのではないでしょうか?

楽天には独自のふるさと納税のサービスがあり、SPU対象なのでポイントがお得に貯まります

対象地域が限られているというデメリットはありますが、ふるさと納税をしている・しようと考えている人で楽天カードを持っている人は、是非一度チェックしてみてください。

楽天カード活用術一覧
  • SPUでポイント16倍を狙う
  • 新規入会キャンペーンを利用する
  • 普段の買い物でポイント還元率アップ可能なプログラムを利用する
  • 楽天カードで優待対象となっているレジャーやグルメのサービスを利用する
  • 公共料金やスマホの料金を楽天カードで支払う
  • 楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に変更する
  • 楽天証券で積立をする
  • 楽天ふるさと納税を利用する

楽天カードでお得になる金額をシミュレーション

クレジットカード

次に、実際に毎日の生活費や固定費を楽天カードで支払うと年間いくらお得になるのか計算してみました。

今回は、下記の条件のもと獲得ポイント数をシミュレーションしています。

シミュレーションの前提条件
  • 1人暮らし
  • 楽天カードユーザー
  • 楽天モバイル利用中
  • 引き落とし口座は楽天銀行
  • 楽天でんき加入
  • 楽天市場アプリ・楽天ブックス・楽天Kobo・楽天Pasha・Rakuten Fashion利用
  • 美容院は楽天ビューティーで予約
  • 楽天ふるさと納税利用
  • SPUは15倍

シミュレーションの結果は下記の通りです。

1人暮らしの場合金額
※1ヶ月あたり
ポイント
(年間ポイント数)
新規入会特典
(紹介あり)
-6,000
スマホ代
(楽天モバイル)
5,000円50
(600)
光熱費10,000円100
(1,200)
家賃50,000円500
(6,000)
食費30,000円300
(3,600)
日用品
(楽天市場アプリ利用)
10,000円1,500
(18,000)
交際費20,000円200
(2,400)
美容院
※楽天ビューティー利用
10,000円100
(1,200)
ふるさと納税10,000円1,500
(18,000)
総額・総ポイント数145,000円4,250
※特典付与月は10,250
(57,000)

上記の条件をまとめるとSPUは15倍となり、楽天市場で買い物をした分についてはポイントが15倍となります。

もちろん固定費の金額や毎月美容院に行くかどうかなど個人差はありますが、今回の条件で計算した結果、年間約50,000円相当の得をするということがわかりました。

この条件にはお買い物マラソンや5と0のつく日などのキャンペーンは未適用です。

また、楽天ペイを使っているわけでもないので、使い方によってはさらにお得になるかもしれません。

楽天カードの種類

楽天ゴールドカード

画像引用元:楽天ゴールドカード さらにお得な一枚|楽天カード

楽天カードでは、年会費永年無料のスタンダードなカードだけではありません。

ゴールドやプレミアムなどさまざまな種類のクレジットカードを取り扱っています。

楽天カードの種類は下記の通りです。

楽天カード一覧

楽天カードの種類は全部で9種類あります。

楽天カードの種類
  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天銀行カード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天カード アカデミー
  • アルペングループ 楽天カード
  • 楽天カード みちのく銀行デザイン

スタンダードな楽天カードの他に、女性向けサービスが充実した楽天PINKカードやハイグレードなゴールド・プレミアムカード、楽天銀行と提携しているカードなど、たくさんの種類が取り扱われています。

また、ポイントだけでなくマイルに対応している「楽天ANAマイレージクラブカード」もあるので、自分の用途やニーズに合ったものを選ぶことができます。

付帯カード一覧

上記のメインのクレジットカードに付帯できるカードは下記の通りです。

付帯カード

  • 楽天ビジネスカード
  • 楽天ETCカード
  • 家族カード

楽天プレミアムカードに付帯できる経理などの処理をスムーズにできるビジネスカードや他社でもお馴染みのETCカード・家族カードがあります。

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

楽天カードの4つのメリット

楽天カード

画像引用元:楽天ポイント ザクザク貯まって使える|楽天カード

ここまで楽天カードのサービスやポイントについて詳しく見ていきましたが、実際に楽天カードを利用するメリットとは一体何なのでしょうか。

楽天カードのメリット
  • 年会費が無料
  • ポイント還元率が高い
  • 海外旅行保険が付帯
  • ハワイの空港ラウンジが利用できる

詳しく説明していきます。

年会費が無料

ゴールドやプレミアムカードは別ですが、通常の楽天カードであれば年会費は一切かかりません。

初年度無料のように一時的にかからないのではなく永年無料なので、例え使わなかったとしても維持費がかからない点が魅力です。

クレジットカード初心者やお試しで楽天カードを使ってみたい人にもおすすめです。

ポイント還元率が高い

最低でも1.0%のポイントが還元される高還元率クレジットカードとしても有名な楽天カード。

SPUやポイントアップキャンペーンを加えると、その還元率の高さは他社を圧倒しています。

「ポイント還元率を重視するなら楽天カードが1番」と言われるほどなので、ポイントを効率良く貯めたい人にもぴったりなクレジットカードといえるでしょう。

海外旅行保険が付帯

旅行保険が付帯されているクレジットカードは珍しくありませんが、大体はゴールド以上のグレードのクレジットカードです。

しかし、楽天カードは年会費永年無料でありながら、最大2,000万円の海外旅行保険が付帯(※利用付帯)されています。

そのため、旅行中の万が一のトラブルにも安心です。

年会費が無料で保険が付帯されているクレジットカードはかなり貴重なので、普段から海外へ行く機会が多い人にもおすすめです。

ハワイの空港ラウンジが利用できる

雑誌を読んだりソフトドリンクを飲みながら搭乗時間まで過ごすことができる空港ラウンジが利用できるのも、基本的にゴールド以上のクレジットカードを持つ人の特権です。

しかし、楽天カードでは年会費永年無料でもハワイの空港ラウンジが無料で使えるので、ハワイに旅行へ行った時には搭乗までの長い時間をゆったりとラウンジで過ごせます。

ただし、国内の空港ラウンジは利用できないので注意してください。

楽天カードの3つのデメリット

クレジットカード

これまで楽天カードのメリットを解説しましたが、デメリットが一切ないというわけではありません。

楽天カードのデメリット
  • ハイステータスのクレジットカードではない
  • DMが多い
  • コールセンターの対応が悪い

この章では、楽天カードのデメリットについて触れていきます。

ハイステータスのクレジットカードではない

クレジットカードを持っていることで、社会的な地位や信頼性を証明する機会もあります。

ブラックカードを持っている人を見て「この人すごいお金持ちだ!何をしている人なんだろう」と思うように、持っているクレジットカードである程度自分や相手のステータスがわかる場合もあります。

楽天カードは、「普通のステータス」のクレジットカードというイメージです。

ゴールドカードやブラックカードのような社会的にハイステータスを証明するクレジットカードではありません。

ただし、ポイント還元率のことを考えるととても使えるカードです。

DMが多い

楽天カードを申し込む時にメールアドレスを入力しますが、かなり頻繁にDMが届いて鬱陶しいという声もあります。

DMに関しては後から受信しないように設定することも可能なので、今メールがたくさん届いて迷惑だと感じている人はすぐに設定を変更することをおすすめします。

コールセンターの対応が悪い

住所の変更や支払いについてなど、何かあった時にコールセンターを利用する人も多いでしょう。

楽天カードの口コミの中には「コールセンターのオペレーターの態度が悪い」「すごく愛想が悪かった」「不快な思いをした」という声もありました。

楽天カードだけでなく、年会費が安い・無料のクレジットカードのコールセンターの対応はどこもそんなに変わらないと思った方が良いかもしれません。

楽天カードの作り方・申込方法

楽天カード入会方法

画像引用元:お申込の流れ|楽天カード

次に、楽天カードの申込方法について解説していきます。

楽天カードの申込
  1. 楽天カード公式サイトへアクセス
  2. 公式サイトの「カンタン申込」を選択
  3. ブランド・カードのデザイン・その他基本情報を入力
  4. 勤務先情報を入力
  5. 楽天会員情報を入力
  6. 契約内容・注意事項の確認・同意を行う
  7. 申込完了
  8. 最短当日に審査結果が出るのでWEB上で確認する
  9. 楽天カードを受け取る

電話確認がある可能性を考えて正しく勤務先を入力しよう

申込を行うと多くの会社では、オペレーターが勤務先に電話をかけて在籍確認を行います。

虚偽の申告をしていないか、しっかりと勤務先で働いているのかどうか確認するためです。

楽天カードの場合は在籍確認がなかったという声もありますが、念の為に電話で確認されることを想定しておきましょう。

楽天カードを作るには楽天会員になる必要がある

楽天カードを作る際に、楽天会員のIDとパスワードでログインする必要があります。

既に会員である人は問題ありませんが、楽天会員でない人はその場で会員登録する流れとなります。

入会審査・カード発行状況はWEB上で確認可能

申込後、登録したメールアドレス宛に申込完了メールが送られてきます。

そのメールに添付されているURLにアクセスすると入会審査やカード発行状況が確認できるので、審査が遅い・カードが届かないと思った時はWEBでチェックするようにしましょう。

カード受け取り時に本人確認を行う

カードを受け取る際、免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類を掲示して、カードを受け取るのが契約者本人であることを証明する必要があります。

上記のWEBサイトでカードが発送されたことを確認したら、いつでも書類を出せる状態にしておきましょう。

尚、何らかの事情でカードを受け取れなかった場合は、楽天カードのコールセンターに連絡するようにしてください。

申込からカード発行まで1週間から10日程度かかる

楽天カードは、申込からカード発行まで最短1週間程度、長くて10日かかります。

カード発行を急いでいる人にはあまりおすすめできません。

急ぎでクレジットカードが欲しい人は、最短即日発行ができるクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

楽天カード申込時のポイント
  • 電話確認があることを想定して勤務先を正しく入力する
  • 楽天会員にならないと楽天カードが作れない
  • 入会審査・カードの発行状況はWEBで確認できる
  • カード受け取り時に本人確認が必要
  • 申込から発行まで1週間から10日程度

楽天カードの審査は厳しい?

考える男性

クレジットカードには必ず審査があります。

この審査は、支払い能力があるか・安定した職に就いているのか・借金や滞納の履歴がないかなどが見られます。

審査の程度はクレジットカードによって異なりますが、楽天カードはどうなのでしょうか。

「比較的作りやすい」といわれている

楽天カードは「比較的作りやすい」といわれています。

定期的・安定した収入のあるパートやバイトなどの申込でも審査に通ったという経験はSNSでみかけます。

もちろん、落ちてしまう可能性もありますが、比較的作りやすいクレジットカードでしょう。

ゴールド・プレミアムカードの審査は厳しい

ゴールドやプレミアムカードのようなグレードの高いクレジットカードの場合、一般グレードのカードよりも審査は厳しくなります。

楽天カードも同様に、楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードはより審査が厳しくなるので、落ちる可能性が高くなると思ってください。

楽天カードからゴールドやプレミアムカードにグレードアップすることもできるので、不安な人は最初楽天カードを申し込むことをおすすめします。

楽天カードはポイント還元率重視の人におすすめ!

楽天カード

画像引用元:クレジットカードのお申込|楽天カード

最後に、楽天カードをお得に活用するコツについてまとめます。

楽天カードをお得に活用するには?
  • 新規入会キャンペーンを利用する
  • SPUでポイント16倍を狙う
  • 普段の買い物でポイント還元率アップできるプログラムを利用する
  • 優待サービスが利用できる飲食店やレジャー施設を活用
  • スマホ料金や公共料金を楽天カードで支払う
  • 支払い方法を楽天銀行へ変更・楽天証券で積立を行う
  • 楽天ふるさと納税を活用する

楽天カードは数あるクレジットカードの中でも還元率が高いと評判のカードであり、ポイントをお得に貯めたい人におすすめです。

一方で、ステータスはあまり高くないため、社会的な信頼性や立場を証明するクレジットカードとしては不向きです。

年会費は永年無料なので、とりあえずポイント還元率を重視したクレジットカードが欲しいという人も是非一度作ってみてはいかがでしょうか。

特に楽天のサービスを頻繁に利用する人にぴったりです。

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ