楽天モバイル0円運用ガイド|設定から0円で使う方法や条件まで

  • 2021年9月25日
  • by.haru_11

rakutenmobilezero

楽天モバイルは今なら3ヶ月無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

楽天モバイルはキャンペーンも多く、お得で人気のキャリアです。

今回は楽天モバイを0円で使う方法を紹介します。

設定方法や0円運用する条件を詳しく解説するので、スマホ料金を安くしたい人はぜひ参考にしてください。

楽天モバイル0円運用
  • キャンペーンで月額料金3ヶ月無料
  • 4ヶ月目以降は月1GBに抑えて0円
  • Rakuten Linkで通話料無料
  • 端末も0円・1円で購入可
今なら1回線目のプラン料金が3ヶ月無料!

トップ画像引用元:楽天モバイル

※本記事中の価格は総額表示

楽天モバイルを0円で使う方法

楽天モバイル eSIMキャンペーン

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルでは、スマホにかかるあらゆる料金が0円になる「ZERO宣言」を実施しています。

0円になるのは以下の8項目です。

楽天モバイルで0円になるもの
  • プラン料金
  • 5G通信
  • 国内通話料金
  • 契約事務手数料
  • SIM交換手数料
  • SIM再発行手数料
  • MNP転出手数料
  • 契約解除料

楽天モバイルで用意されている料金プランは「Rakuten UN-LIMIT VI」のみです。

「Rakuten UN-LIMIT VI」の料金体系は以下のようになっています。

Rakuten UN-LIMIT VI
プラン料金1GB未満:0円
1〜3GB:1,078円
3〜20GB:2,178円
20GB〜無制限:3,278円
通信容量楽天回線使い放題
パートナー回線5GB
通話楽天同士0円
Rakuten Link利用0円
通常の電話22円/30秒
国際通話かけ放題1,078円
詳細楽天モバイル公式サイト

プラン料金は1GB未満であればいつでも0円です。

20GB以上使うと3,278円かかりますが、楽天モバイルでは「プラン料金3ヶ月無料キャンペーン」を実施しています。

キャンペーンの適用条件は以下のとおりです。

キャンペーン条件
  • 楽天会員であること
  • 「新規・他社からの乗り換え・他プランから移行」のいずれかで申し込み

このキャンペーンは2021年4月8日から始まって、終了日は未定です。

急にキャンペーンを終了する可能性もあるため、楽天モバイルに申し込みしようと思っている人は早めに契約しましょう。

また「Rakuten UN-LIMIT VI」に申し込みすると、4G通信だけでなく5G通信も追加料金不要で利用できます。

国内通話は「Rakuten Linkアプリ」を利用すれば長電話でも0円です。

「Rakuten Linkアプリ」は、通話相手がアプリを入れていない場合や固定電話にかける場合でも、料金はかかりません。

さらに楽天モバイルでは各種手数料も0円です。

これまで3,000円程度かかっていた契約事務手数料とMNP転出手数料が無料になります。

他社では10,000円以上かかることもある契約解除料も無料なので、気軽にスマホを契約したり乗り換えたりすることができるでしょう。

SIMカードをeSIMに交換する手数料、SIMカードを紛失したときの再発行手数料も0円で、大変お得になっています。

楽天モバイルのエリア確認(楽天回線/パートナー回線)[2021年9月24日]

楽天モバイルを0円運用する方法

楽天モバイル eSIMキャンペーン

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルの「プラン料金3ヶ月無料キャンペーン」を利用すると、使い始めてから3ヶ月間は無料で使うことができます。

しかし「Rakuten UN-LIMIT VI」は1GB未満であれば常に0円になるため、3ヶ月無料キャンペーンが終了したあとも0円で運用することが可能です。

ここからはキャンペーンが終わったあとでも0円で使い続ける方法を紹介していきます。

基本料金を0円で使う条件

楽天モバイルの基本料金を0円にするためには、2つの条件があります。

基本料金を0円で使う条件
  • 1ヶ月の高速データ通信量が1GB未満
  • 通常の音声通話・SMSを利用しない

1ヶ月の高速データ通信量が1GB以上になると、料金が発生してしまいます。

そのため1GBを超える前にモバイル通信をオフにしておくなど、事前の対処が必要です。

また、通常の音声通話も料金が発生するため、電話をかけるときは常に「Rakuten Linkアプリ」を利用しなければいけません。

「Rakuten Linkアプリ」にはSMSの機能もあるため、SMSも通常アプリではなく「Rakuten Linkアプリ」を使いましょう。

データ通信量を確認する方法

データ通信量を1GB未満に抑えるためには、通信量の利用状況を把握する必要があります。

データ通信量を確認する方法
  • 「my 楽天モバイル」の利用状況のメニューから確認
  • スマホ本体の「設定」から確認

楽天モバイルを契約すると、契約者専用のアプリ「my 楽天モバイル」を利用できます。

「my 楽天モバイル」では契約内容の確認・変更だけでなく、データ利用状況も確認が可能です。

さらにアプリを使わなくても、スマホ本体の「設定」からもデータ利用量を確認できます。

Androidの場合は、「設定」>「ネットワークとインターネット」>「モバイルネットワーク」>「アプリのデータ使用量」で見ることができます。

iPhoneの場合は、「設定」>「モバイル通信」>モバイルデータ通信の「現在までの合計」に、これまでに使った通信量が表示されています。

iPhoneの場合は今までの累計の通信量が表示されていることがあるため、画面下部にある「統計情報のリセット」をタップして今月分を表示させるようにしてください。

データ通信量を制限する方法

データ通信量が1GB以上にならないように、こまめに確認するのも大切ですが、そもそも1GB以上は通信しないように設定しておくと安心です。

Androidの人は以下のように設定することで、データ通信量が1GBを超えそうになると自動で通信を制限してくれます。

Androidのデータ通信制限
  1. 「設定」アプリをタップ
  2. 「ネットワークとインターネット」をタップ
  3. 「データ使用量」をタップ
  4. 「データの警告と制限」をタップ
  5. 「アプリのデータ使用量のサイクル」をタップ
  6. 毎月のリセット日を「1日」に設定
  7. 「データ上限の設定」をオン
  8. データ上限を「990MB」程度に設定

通信量が1GBに達するとすぐに料金が発生してしまうため、データ上限は少し余裕を持って「990MB」程度に設定するのがおすすめです。

データ上限を設定しておくと、データ通信量が設定した値になったときに自動でモバイルデータ通信がオフになります。

さらに「データ警告」を設定すると、設定値に達したときに通知を受けることができます。

例えば「データ警告」を900MB、「データ上限」を990MBにしておけば、900MB使ったときに警告の通知が出て、990MB使ったときにデータ通信がオフになります。

いきなり通信できなくなると困る場合も多いため、「データ警告」と「データ上限」の両方を設定しておくといいでしょう。

Rakuten Linkだけデータ通信する方法

モバイルデータ通信量を増やさないためには、モバイル通信をオフにするのが確実です。

モバイル通信をオフにしてWi-Fi通信にしておけば、1ヶ月1GB未満で済むでしょう。

しかし、モバイル通信をオフにしてしまうと、Wi-Fi環境がないときに電話を受けられなくなってしまいます。

そのためモバイル通信をオフにするときは、Rakuten Linkだけモバイル通信を許可するように設定を変えるのがおすすめです。

Rakuten Linkだけ許可する方法
  1. 「設定」アプリをタップ
  2. 「ネットワークとインターネット」をタップ
  3. 「データセーバー」をタップ
  4. 「データセーバーを使用」をオンにする
  5. 「無制限のデータアクセス」からRakuten Linkをオン

Rakuten Linkを使った通信は無料になりますが、着信履歴から発信する場合は注意が必要です。

iPhoneなどの機種では、着信履歴の通知がRakuten Linkアプリではなく、スマホ本体に標準搭載されているアプリで表示されることがあります。

着信履歴からそのまま電話をかけると、Rakuten Linkではなく標準搭載されているアプリで電話されてしまいます。

この場合、音声通話料金が発生するので気を付けてください。

Rakuten Handで本体も実質0円!

RakutenHandが実質0円のキャンペーン実施中

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルの各種手数料や月額料金が0円になるとしても、スマホ本体を新しくしようとすると端末料金がかかります。

端末もお得に購入したい人は、楽天モバイルから発売されている「Rakuten Hand」にするのがおすすめです。

Rakuten Handなら実質0円で買うことができます。

Rakuten Handの料金

Rakuten Handの製品価格は20,000円ですが、キャンペーンを利用することで実質0円になります。

利用できるキャンペーンは以下2つです。

楽天モバイルキャンペーン
  • 楽天モバイル申し込み:5,000ポイント
  • Rakuten Hand購入:19,999ポイント

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI(SIM)」を初めて申し込む場合、楽天ポイントが5,000ポイント付与されます。

さらにRakuten Handを同日購入すると19,999ポイントもらえるので、あわせて24,999円相当のポイントが還元されて大変お得です。

Rakuten Handの製品価格は20,000円なので、端末が実質0円になるだけでなく、4,999ポイントもプラスでもらえます。

キャンペーンへの参加方法は以下の通りです。

キャンペーン参加方法
  1. 楽天モバイルに申し込む
  2. Rakuten Handを購入
  3. 製品の初期設定を行なう
  4. Rakuten Linkアプリを利用

このキャンペーンは2021年1月7日から始まり、終了日は未定となっています。

キャンペーンをねらっている人は早めに申し込みましょう。

Rakuten Handのスペック

Rakuten Handは元々の価格が20,000円と、スマホにしてはとても安価です。

安いとスペックの悪さが心配になりますが、Rakuten Handは価格以上のスペックを持っています。

Rakuten Hand
Android OSAndroid 10
SoCSnapdragon 720G
本体サイズ約138×63×9.5
重量約129g
ディスプレイ
(液晶)
5.1インチ
720 × 1,520
メモリ(RAM)4GB
内部ストレージ(ROM)64GB
外部ストレージ-
アウトカメラ約4,800万画素(広角)
200万画素(深度測位)
インカメラ約1,600万画素
バッテリー容量2,750mAh
生体認証顔認証
指紋認証
防水・防塵IPX2・IP5X
おサイフケータイFelica
テレビ-

片手で操作しやすいサイズ感、顔認証と指紋認証に対応、有機ELディスプレイで発色の良い画面など、20,000円のスマホとは思えない製品です。

CPUは「Snapdragon 720G」で、シャープ発売の人気スマホ「AQUOS sense4」と同じものです。

重たいゲームを頻繁にする人は物足りないかもしれませんが、SNSや通話、検索エンジンで調べものをするぶんには十分のスペックと言えるでしょう。

キャンペーンでほぼ0円で買えるスマホも

楽天モバイル お乗り換えが超おトク

画像引用元:楽天モバイル

Rakuten Handは大人気商品ということもあり、2021年9月後半の時点で在庫が無く「入荷待ち」になっています。

そこでRakuten Hand以外の機種で、実質1円で購入できる端末を紹介します。

電池が1週間もつスマホ「AQUOS sense4 lite」

シャープ発売の「AQUOS sense4 lite」は製品価格25,001円のスマホです。

しかし、キャンペーンを利用することで25,000円相当のポイントがもらえるため、実質1円で購入できます。

AQUOS sense4 liteのスペックは以下の通りです。

AQUOS sense4 lite
ディスプレイ約5.8インチ
本体サイズ高さ:約148mm
幅:約71mm
厚さ:約8.9mm
重さ約176g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ800万画素
バッテリー4,570mAh
メモリ
(RAM)
4GB
ストレージ
(ROM)
64GB
CPUSnapdragon 720G
OSAndroid 10
生体認証指紋認証
顔認証
防水IPX5/IPX8
カラーライトカッパー
ブラック
シルバー

AQUOS sense4 liteは「ライトカッパー」「シルバー」「ブラック」の3色展開ですが、2021年9月後半の時点で全て在庫は残っています。

有機ELディスプレイ搭載スマホ「OPPO A73」

OPPO発売の「OPPO A73」は製品価格25,001円のスマホです。

しかし、AQUOS sense4 liteと同様に、キャンペーンを利用することで25,000円相当のポイントがもらえるため、実質1円で購入できます。

OPPO A73のスペックは以下の通りです。

OPPO A73
ディスプレイ6.44インチ
有機EL
本体サイズ高さ: 約159.8mm
幅:約72.9mm
厚さ::約7.45mm
重さ約162g
アウトカメラメイン:1600万画素
超広角:800万画素
モノクロ:200万画素
ポートレート:200万画素
インカメラ1600万画素
バッテリー4,000mAh
メモリ
(RAM)
4GB
ストレージ
(ROM)
64GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 662
GPU
(オクタコア)
4×2.0GHz+4×1.8GHz
OSAndroid 10
生体認証指紋認証
顔認証
防水非対応
カラーネービーブルー
ダイナミックオレンジ

OPPO A73は「ネービーブルー」「ダイナミックオレンジ」の2色展開ですが、2021年9月後半の時点でどちらも在庫は残っています。

実質1円で購入できるキャンペーン内容

AQUOS sense4 liteとOPPO A73を実質1円で購入するためには、2つのキャンペーンを利用する必要があります。

キャンペーン内容
  • 楽天モバイル申し込み:5,000ポイント
  • 製品購入でポイント還元:20,000ポイント

キャンペーンの1つは「【Rakuten UN-LIMIT VIお申し込み特典】だれでも5,000ポイントプレゼント」です。

Rakuten UN-LIMIT VIに「新規申し込み・他社からの乗り換え・楽天モバイルの別プランからプラン変更」のいずれかで申し込むことで、誰でも5,000ポイントが付与されます。

キャンペーンの2つめは「Rakuten UN-LIMIT VI+製品購入でポイント還元キャンペーン」です。

特定の製品、今回の場合は「AQUOS sense4 lite」または「OPPO A73」を購入し、さらに「Rakuten Link」アプリを使用することで20,000ポイントが付与されます。

「Rakuten Link」アプリは楽天モバイルを0円運用するうえでも必須のツールとなるため、忘れないよう注意しましょう。

楽天モバイルは0円で運用可能!

楽天モバイルのiPhone13発売

画像引用元:iPhone一覧 | 製品 | 楽天モバイル

今回は楽天モバイルを0円で運用するための設定方法や条件を解説しました。

楽天モバイルは月額料金が安価で、さらにキャンペーンが豊富にあるため、0円で使うことができます。

スマホ料金をなるべく安くしたいと思っている人は、ぜひ楽天モバイルを検討してみてください。

楽天モバイル0円運用
  • キャンペーンで月額料金3ヶ月無料
  • 4ヶ月目以降は月1GBに抑えて0円
  • Rakuten Linkで通話料無料
  • 端末も0円・1円で購入可
[2021年10月]楽天モバイルのお得キャンペーン[乗り換え(MNP)/機種変更]

楽天モバイルは今なら3ヶ月無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

この記事を書いた人
haru_11
ライター歴3年のフリーランス。格安SIM・Wi-Fi・スマホ・アプリなどの記事を執筆。au歴18年からmineoに乗り換えて1年。スマホはXperia。パソコンはWindows派(FUJITSU・ASUS・DELL)。東京都出身の元システムエンジニア(応用情報技術者は取得済み)。