楽天モバイルなら3キャリアより2年で50万円以上安くなるので徹底解説

  • 2020年12月29日
  • by.k.fukuoka

楽天モバイル料金

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

楽天モバイルの新しい料金プランであるRakuten UN-LIMIT Vがスマホ業界で注目の的となっています。

CMなどでもよく見かけるようになりましたが、具体的にどんなプランなのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではRakuten UN-LIMIT Vとは何なのか紹介するとともに、お得なキャンペーンについて解説します。

楽天モバイルは非常にお得
  • Rakuten UN-LIMIT Vは新しいキャリアの1つ
  • ドコモ・ソフトバンク・auと比べて約7割安い
  • 通信速度が速く違約金や縛りが無い
  • 新規サービスなので対応エリアが狭い
楽天モバイルが気になるという方は、ぜひ参考にしてください。

トップ画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルの料金プラン~Rakuten UN-LIMIT Vについて

楽天モバイル1年間無料

画像引用元:楽天モバイル

Rakuten UN-LIMIT Vとは、楽天モバイルが2020年4月8日からスタートさせたMNO(移動体通信事業者)です。

MNO(移動体通信事業者)という言葉にはなじみがないかもしれませんが、「キャリア」と呼ばれる通信サービス会社の事です。

今日ではドコモ、ソフトバンク、auが代表的なキャリアとされていて日本3大キャリアとも呼ばれています。

つまりRakuten UN-LIMIT Vは楽天株式会社が本気でドコモ、ソフトバンク、auに割って入ろうと立ち上げたキャリアだという事です。

Rakuten UN-LIMIT Vの特長

Rakuten UN-LIMIT Vには様々な特徴があります。

今までドコモ、ソフトバンク、auを使っていた方が「この部分が不満だ」と感じていたことを解消してくれる様な特徴を盛り込んでいます。

新規サービスであるが故のデメリットもありますが、良い所、悪い所を踏まえた上で特徴を解説します。

月額使用料が安い

とにかく月額料金が安く、キャンペーン無しの通常月額料金が2,980円です。

楽天の回線エリアの範囲内ではありますが、データ容量は無制限に使用する事ができます。

YouTubeもwebサイトも見放題、ゲームもプレイし放題です。

仮に楽天の回線エリア外に出てしまったとしてもパートナー回線エリアを使用する事ができます。(パートナー回線については後述します)

また、Rakuten Linkという通話アプリを使えば他のスマホや家の固定電話にいくらかけても通話料は0円です。

これらのサービス内容は他のキャリアだと最高プランに相当するものであり、まともに契約をしたら月額7,000~9,000円はするでしょう。

通信速度が速い

Rakuten UN-LIMIT Vの特徴の1つが通信速度が速い事です。

目的のお店に行くために開店時間や地図を調べたいのにサイトやアプリがなかなか見られないという経験はないでしょうか。

格安SIMなどの場合はそもそもキャリアの通信速度が遅いのでスマホのスペックが最新でも通信が遅いことがあります。

だからこそ多少価格が高くても今までは通信速度の速いドコモ、ソフトバンク、auを利用する方が多かったのです。

しかし、Rakuten UN-LIMIT Vは安くて速いを実現しています。

SIMロックがかからないので別のキャリアでも使える

Rakuten UN-LIMIT VのスマホはSIMロックがかかっていません。

つまりSIMロックフリーのスマホがあれば何でも使えるという事です。

ドコモ、ソフトバンク、auで契約するスマホには通話、通信、サービスを提供する為にID識別ができるSIMロックがかかっています。

SIMロックがかかっている=別のキャリアでは使用不可能なので、別のキャリアに乗り換える際はスマホごと購入する必要がありました。

しかし、Rakuten UN-LIMIT Vのスマホは他のキャリアのSIMカードを刺せるので、別の回線も利用する事ができます。

楽天モバイルに対応しているスマホなら新しいスマホ本体を買う必要が無い

楽天モバイルではSIMカード単体で購入する事ができるので、持っているスマホがSIMフリー対応していれば新しくスマホを買う必要がありません。

スマホの月額料金が高い原因の1つに「スマホ本体の代金の高さ」があります。

最新のスマホを新品で買えば5万円以上しますから24ヶ月の月割りにしても2,000円近くなるのです。

しかし、SIMロック解除ができるスマホを持っていてRakuten UN-LIMIT Vに乗り換えても今持っているスマホをそのまま使うという方はスマホ代金が0円で済みます。

全ての人ができる訳ではありませんが、SIMロックがしっかりとかかっているドコモ、ソフトバンク、auと比べれば安く済む環境が揃っています。

テザリングが使いやすい

Rakuten UN-LIMIT Vのデータ使い放題は全てのデータに対応しています。

容量制限が無いので容量を使い切ってデータ通信が遅くなるという事がありません。

ポケットWi-Fiのような使い方ができるので非常にお得です。

特におすすめなのが外で仕事をする方です。

ノートPCを使って移動中にファイルを送信したり、iPadを使ってプレゼンテーション資料を作成して上司に送信する事もスムーズにできます。

屋外でインターネットを使わなければならないという全ての方におすすめできます。

違約金や利用期間の縛りが無い

多くの方が一度は体験したであろう契約期間の縛りがRakuten UN-LIMIT Vにはありません。

いつ解約しても違約金が発生しないので気軽に契約する事ができます。

もし使っていて「自分には合わないな」と感じたらすぐに他のキャリアと契約する事ができるのでフットワークが軽いです。

au回線が月間5GB利用できる

後述しますが楽天モバイルのデメリットの1つが対応エリアの狭さです。

その狭さをカバーする為にau回線をサポート回線として利用できます。

3大キャリアの1つだけあってカバーしているエリアは広く、余程の山奥でも無い限り使えないという事がありません。

使えるデータ容量は5GBもある為、臨時の回線としては十分すぎるほどのデータ容量です。

海外でも月間2GB利用可能

楽天モバイルは世界規模で事業展開している為、海外でも利用する事ができます。

ドコモ、ソフトバンク、auの回線エリアは基本的に日本国内のみなので、海外で利用しようとしたら専用のプランに申し込む必要があります。

つまりサービス範囲外なので海外用のプランに申し込まないとパケット定額が適用されずとんでもない通信料が請求されます。

しかし、楽天モバイルは海外でも手続き無しで使えるので、そのまま海外に持っていっても2GBまでなら利用できます。

ただし、2GBは海外で情報を確認しながら使うには足りない容量なので、基本は海外用のポケットWi-Fiを利用してサブ的に使うことをおすすめします。

まだまだ対応機種が少ない

Rakuten UN-LIMIT Vは2020年4月にスタートしたばかりのサービスなのでまだ対応機種が少ないのが欠点です。

対応しているスマホは楽天モバイルの公式サイトを確認する事ができます。

⇒楽天モバイル対応機種一覧

ただし、生まれたばかりのサービスであるが故のデメリットなので今後、対応機種は増えていく事でしょう。

利用エリアがまだ普及していない

Rakuten UN-LIMIT Vの利用エリアはまだ狭く、全国を網羅している訳ではありません。

2020年9月時点では大都市しか使うことができず、使えないエリアの方が多いくらいです。

ただし、この通信エリアはどんどん拡大していくよていです。

「2021年3月までには人口カバー率70%を達成する」と楽天の社長である三木谷浩史氏が宣言しています。

利用エリアの狭さはいずれデメリットで無くなるでしょう。

それに今現在カバーできていないエリアもその多くはauの通信エリアが5GB使えるので、今までauを使っていたという方であれば違和感なく利用できます。

今現在の楽天モバイルの通信エリアを確認したい方は公式サイトを確認して下さい。

⇒楽天モバイル通信エリアを確認する

店舗数が少ない

ドコモ、ソフトバンク、auの店舗は街に1つはあるくらいに普及していますが、楽天モバイルの店舗はそれほど多くありません。

従って楽天モバイルを契約しようと思ったら必然的にwebサイトからの申し込みになります。

webサイトからの申し込みは一見すると難しく思えますが、実はカンタンです。

必要事項を入力して申し込みをするだけで済みます。

キャンペーンも豊富に展開してくれているので人によっては店舗が少ない事をデメリットに感じることは無いでしょう。

不安定さが残る

「安くて速い」が特徴のRakuten UN-LIMIT Vですが、まだまだ通信速度が不安定な部分があります。

公式サイトを見ると以下の様な記述があります。

完全使い放題は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行うことあり。

つまり、状況によっては通信速度が遅くなる可能性があるということです。

これは通信エリアや対応機種等を含めてまだまだ発展途上のサービスであるが故のデメリットです。

これから徐々に改善されていく事でしょう。

Rakuten UN-LIMIT Vの料金

プラン料金月額2,980円(税別)
契約事務手数料3,300円(税込み)

基本の料金だけでも他社を圧倒する程安い料金なのですが、更にキャンペーンを適用する事で安くなります。

スマホの本体を購入したりSIMカードを購入した場合は上記の料金に上乗せされた料金を支払う事になります。

また、通話料については以下のようになります。

 通常時Rakuten Link利用時
通話料金20円/30秒0円
SMS料金3円/70文字0円

Rakuten Linkを使えば海外での利用を除いて通話やSMSは全て0円です。

楽天モバイルのキャンペーン

楽天モバイルの他社との比較

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルはキャンペーンを行っており、それを利用すればただでさえ安い利用料がさらに安くなります。

キャンペーンは2つありますが、どちらも非常にお得な内容となっています。

楽天モバイルのキャンペーン
  • 新規契約、乗り換えで料金プラン2,980円が1年間無料になる
  • 申し込み後3ヶ月以内にRakuten Linkを使えば事務手数料が楽天ポイントに還元される

Rakuten UN-LIMIT V、プラン料金1年無料

元々、月額料金が2,980円(税別)と安いRakuten UN-LIMIT Vですが、キャンペーン利用で1年間無料になります。

特典の対象となるのは以下の通りです。

  • 新規申し込み
  • 他社からの乗り換え(電話番号はそのまま)
  • 楽天モバイル(ドコモ、au回線)からの移行
  • 無料サポータープログラム「100GB無料プラン」からのプラン変更

基本的に新しくRakuten UN-LIMIT Vにする方が対象と考えて頂ければ分かりやすいでしょう。

終了日は未定ですが、いつ終わってもおかしくはないので、気になる方は契約する事をおすすめします。

事務契約手数料は全額ポイント還元

契約時の事務手数料は一旦契約時に支払うのですが、Rakuten Linkを利用する事で楽天ポイントとして還元されます。

申し込み月の3ヶ月後までにRakuten Linkを使って発信して10秒以上通話するか、メッセージ送信を1回行うかすれば条件をクリアできます。

ただし、期限は申し込み月の3ヶ月後となっているので、いつ申し込んだかは確認しておいて下さい。

どちらもRakuten Linkであれば利用料は無料ですし、たった10秒電話するだけで3,300円分のポイントがもらえるのでやっておく事をおすすめします。

楽天モバイルなら約7割安くなる!

Rakuten NU-LIMIT V

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルを利用すれば約7割安くなります。

上で解説した通りRakuten UN-LIMIT Vはドコモ、ソフトバンク、auの最高プランのサービス内容とほぼ同等です。

 最高プラン料金Rakuten UN-LIMITとの比較
Rakuten UN-LIMIT2,980円0%
ドコモ8,680円約66%
ソフトバンク9,280円約68%
au9,280円約68%

ドコモ、ソフトバンク、auの価格はRakuten UN-LIMIT Vの条件と同じになる様に「かけ放題」のサービスも含めた金額で記載しています。

キャンペーンを無視してもこれだけの価格差になるのでRakuten UN-LIMIT Vだけで月々の出費を大きく抑えることができます。

家族4人で楽天モバイルを利用すると2年で50万円以上安くなる!

楽天モバイル家族比較

画像引用元:楽天モバイル

家族4人の場合、楽天モバイルに乗り換えるだけで2年で50万円以上出費を抑えられます。

たった1人だけでも約7割も安くなるのですから人数が多くなればなるほど安さの恩恵受けられます。

ドコモ、au、ソフトバンクとそれぞれ比較してみましょう。

楽天モバイルと格キャリアとの価格差
  • ドコモと比較すると570,240円の差がある
  • auと比較すると529,920円の差がある
  • ソフトバンクと比較すると531,840円の差がある

ドコモと比較

 家族4人の総額差額
Rakuten UN-LIMIT143,040円0円
ドコモ713,280円570,240円

ドコモの価格は以下のプランを適用した家族4人で2年使った場合の総額です。

  • ギガホ+かけ放題オプション
  • みんなドコモ割×3回線以上
  • ギガホ割

3大キャリアの中では最も料金が高くなりますが、60万円近い差になっている事が分かります。

auと比較

 家族4人の総額差額
Rakuten UN-LIMIT143,040円0円
au672,960円529,920円

auの価格は以下のプランを適用した家族4人で2年使った場合の総額です。

  • データMAX 4G LTE
  • 通話定額2
  • 家族割プラス4人以上
  • スマホ応援割Ⅱ

約53万円の差となります。ドコモと比べればまだ安いですが、楽天とは比較にならない程の差があります。

ソフトバンクと比較

 家族4人の総額差額
Rakuten UN-LIMIT143,040円0円
ソフトバンク674,880円531,840円

ソフトバンクの価格は以下のプランを適用した家族4人で2年使った場合の総額です。

  • メリハリプラン
  • 定額オプション+
  • みんな家族割+4人以上
  • 半年おトク割

ソフトバンクはauとほぼ同じ金額なので、楽天とは約53万円の差があります。

しかも半年おトク割は半年しかないので6ヵ月後には+1,000円されます。

キャンペーン中にRakuten UN-LIMIT Vに乗り換えよう

楽天ポイント還元

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みキャンペーン 最大25,000円相当分をポイント還元 | 楽天モバイル

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vの特徴やキャンペーンについて解説してきました。

多少のデメリットはあるものの、それらはすべて楽天の営業努力によってこれから解決されるものばかりです。

キャンペーンがいつまで行っているかはわかりませんから今のうちに楽天モバイルに乗り換えましょう。

楽天モバイルは非常にお得
  • Rakuten UN-LIMIT Vは新しいキャリアの1つ
  • ドコモ・ソフトバンク・auと比べて約7割安い
  • 通信速度が速く違約金や縛りが無い
  • 新規サービスなので対応エリアが狭い

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。