楽天モバイルでiPhone8にRakuten UN-LIMIT VIを設定する手順・注意点

  • 2021年3月18日
  • by.a-sato

iPhone8のサイズ感

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

楽天モバイルは格安料金で通信量を無制限で使うことができ、尚且つ通話も専用のアプリを使えばかけ放題で利用できるので乗り換える人もかなり増えています。

今まで使っていたスマホを楽天モバイルで引き続き使う人も多いですが、iPhone 8のような少し古いiPhoneも楽天モバイルで使うことができるのでしょうか?

結論から言うと、公式サイトではiPhone 8は使えないと明言されていますが、非公式で使えるようにする手段はあるようです。

今回はその非公式の方法について解説しますが、実践する場合は自己責任でお願い致します。

楽天モバイルでiPhone 8を使うための8つの手順
  1. iOSのバージョンをチェック
  2. 「iPhoneを探す」をOFFにする
  3. 楽天モバイルのSIMカードを入れる
  4. PCでiTunesの操作を行う
  5. iTunesに専用のファイルを適用させる
  6. APN設定を行う
  7. Rakuten Linkアプリをインストールする
  8. iOSの自動更新をOFFにする

楽天モバイルでiPhone 8は使えるの?

iPhone 8

結論から言うと、楽天モバイルでiPhone 8を使うことはできません。

公式サイトにて、楽天モバイルで使えるiPhoneはiPhone XS/XR以降の機種といわれています。

しかし、ネット上ではiPhone 8を楽天モバイルで使えるようにできたという声もありました。

方法を調べたところ、パソコンやスマホの知識に自信がない人や操作に慣れていない人にとってはかなりハードルが高いものでしたが、iPhone 8を楽天モバイルで使うのは不可能ではないようです。

ただし、あくまで非公式なので確実に使えるという約束はできませんし、実践して故障などのトラブルが発生したとしても一切責任を負うことはできません。

それでもiPhone 8で楽天モバイルを使いたいという人は、自己責任で行うようにしてください。

楽天モバイルでiPhone 8を使う方法

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ

画像引用元:楽天モバイル

この章では、ネット上で調べた「iPhone 8で楽天モバイルを使う」方法について解説していきます。

前章でも述べましたが、公式サイトで使えないと言われている機種で楽天モバイルの回線を使えるようにする方法なので、完全に非公式のものです。

必ず自己責任で行ってください。

ステップ1:iOSのバージョンをチェック※iOS 14.3以降は使えない

まず、iPhone 8に搭載されているiOSのバージョンをチェックしてください。

  1. 設定を開く
  2. 「一般」をタップ
  3. 「情報」をタップ
  4. 「システムバージョン」を確認する

iOS 14.3以降が搭載されたiPhone 8で楽天モバイルを使う方法はありませんでした

そのため、iOS 14.3以降にアップデートしてしまうと、楽天モバイルは使えなくなってしまいます。

ステップ2:iPhoneを探すをOFFにする

次に、紛失した時などにiPhoneの現在位置を確認できる「iPhoneを探す」機能をOFFにします。

  1. Wi-Fiに接続した状態で「設定」を開く
  2. 最上段にある自分の名前をタップ
  3. 「探す」をタップ
  4. 「iPhoneを探す」をOFFにする

Wi-Fiに繋いでいないとOFFにできないそうなので、Wi-Fi環境がある場所で操作を行いましょう

ステップ3:楽天モバイルのSIMカードを入れる

次に、楽天モバイルのSIMカードを入れます。

故障の原因にもなるので、必ず電源をOFFにした状態で入れるようにしてください。

ステップ4:PCでiTunesの操作を行う

次に、PCでiTunesの操作を行います。

ここからはかなりややこしくなります。

まず、PCにiTunesをインストールしていない人は、iTunesの公式サイトを開いてインストールを行ってください。

次に、コマンドプロンプトの入力を行います。※これはWindowsでの操作方法になります。

  1. 左下のWindowsアイコンを押した時に表示されるメニューから「Windowsシステムツール」を開く、その中から「コマンドプロンプト」を探す
  2. 「“C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps\iTunes.exe” /setPrefInt carrier-testing 1」のコードをコピーする
  3. コマンドプロンプトの「:Usersユーザー名>」の隣に上記のコードを貼り付け、「ユーザー名」の部分を自分のユーザー名に編集する※
  4. 修正後エンターキーを押し、次の行に「:Usersユーザー名>」が表示されたら完了

ステップ5:iTunesに専用のファイルを適用

次に、専用のファイルをPCにダウンロードします。

ネット上に有志が作成したものがあるので、自分のiPhone 8に搭載されているiOSのバージョンに合ったものを選んでください。

現在はiOS13.7・14.0・14.1・14.2専用のファイルが用意されています。

ダウンロードが完了したらiTunesを開き、iPhoneとPCをUSBで繋ぎます。

iTunesに表示されたスマホのアイコンをクリックしてください。

ここでシフトキーを押しながら「iPhoneを復元」をクリックします。

次に、先ほどダウンロードしたファイルを取り込みます。

その際に、必ずファイル形式を「ipcc」に変更してください。

拡張子を変更しないとファイルが表示されないようです。

正しく取り込みができたら、iPhoneとPCの接続を解除してiPhoneを再起動してください。

ステップ6:APN設定を行う

次に、iPhoneでネットを使えるようにするためのAPN設定を行います。

  1. 設定を開く
  2. 「モバイル通信」をタップ
  3. 「モバイルデータ通信とネットワーク」をタップ
  4. 最上段のAPN欄に「rakuten.jp」と入力
  5. MMSC・MMSプロキシに入力されている文字列を消して半角スペースを入れる
  6. インターネット共有欄に「rakuten.jp」と入力
  7. 完了

ステップ7:Rakuten Linkアプリをインストールする

次に、Rakuten  Linkアプリをインストールします。

Rakuten  Linkアプリを使って通話をすれば国内通話が無制限かけ放題となるので、是非利用することをおすすめします

また、キャンペーンの適用条件にRakuten Linkアプリを使うという項目があるので、キャンペーンを使って契約をした人は忘れないようにしましょう。

ステップ8:iOSの自動更新をOFFにする

前述の通り、iOS 14.3以降にアップデートしてしまうと楽天モバイルが使えなくなってしまいます。

そこで、最後にiOSの自動更新を行わないように設定しましょう。

  1. 「設定」を開く
  2. 「一般」を開く
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  4. 「自動アップデートをカスタマイズ」をタップ
  5. 「iOSアップデートをインストール」をOFFにする

楽天モバイルでiPhone 8を使うのは不可能ではないが自己責任で!

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル

最後に、楽天モバイルでiPhone 8を使う8つの手順についてまとめます。

楽天モバイルでiPhone 8を使う8つの手順
  1. iOSのバージョンをチェック
  2. 「iPhoneを探す」をOFFにする
  3. 楽天モバイルのSIMカードを入れる
  4. PCでiTunesの操作を行う
  5. iTunesに専用のファイルを適用させる
  6. APN設定を行う
  7. Rakuten Linkアプリをインストールする
  8. iOSの自動更新をOFFにする

楽天モバイルでiPhone 8は使えないといわれていますが、非公式の方法であれば不可能ではありません。

あくまで非公式なので、必ず成功すると保証されているわけではありませんし、万が一トラブルが発生したとしても自己責任となります。

リスクが高い方法ではあるので、実践する際は慎重に操作するようにしてください。

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。