楽天モバイルの口コミ|店舗・料金プラン・端末から評判を探ってみた

楽天モバイルの口コミ|店舗・料金プラン・端末から評判を探ってみた

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

大人気の芸能人を起用したCMで一躍有名になった楽天モバイル。

楽天モバイルでは、楽天モバイルならではの魅力がたくさんあります。

格安SIMは今ではかなりの数が存在しているため、一体どの格安SIMを利用したら良いのかと頭を悩ませるところです。

そういった時に役に立つのが、格安SIMに寄せられている口コミや評判です。

楽天モバイルでは、魅力的な料金プランや取り扱っている端末についてや店舗についてなど、あらゆる口コミや評判が寄せられています。

そこで今回は、楽天モバイルの料金プランを徹底解説し、さらに楽天モバイルに寄せられている口コミや評判などから楽天モバイルのメリット・デメリットについて紹介します。


楽天モバイル公式サイトを見る

画像引用元:楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM

1 楽天モバイルについて徹底解説!


まずは、楽天モバイルの料金プランや取り扱い端末についてなどから紹介します。

格安SIMに限らず、スマホを使う上で重要となってくるのは月々の料金や通信事業者の料金体系です。

楽天モバイルでは、利用スタイルに応じて様々な組み合わせを行えるような料金プランとなっています。

また、楽天モバイルでは取り扱っている端末の種類が多いという特徴もあります。

料金プランについては特に評判が良いため、詳しい内容を見ていきましょう。

1-1 楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの料金プランは、大きく分けて2種類あります。

  • 組み合わせプラン
  • スーパーホーダイ

組み合わせプランとは、自分の利用スタイルに合わせてデータ容量を最大30GBまで設定できます。

もう1つは、データ容量を超過しても1MBという高速な速度制限がかかり10分かけ放題もセットになった「スーパーホーダイ」。

どちらの料金プランも魅力的で、それぞれに異なった特徴があります。

さらに詳しく説明します。

1-1-1 組み合わせプラン


画像引用元:楽天モバイル:組み合わせプランページ

初めに、「組み合わせプラン」から紹介します。

組み合わせプランでは、ベーシックプランから30GBというかなり大きなデータ容量を誇る料金プランまで多数展開されています。

ベーシックプランは、データ容量の制限はないものの通信速度が200Kbpsに制限されるため、あまりモバイル通信を行わない方におすすめな料金プランです。

データ容量は最大5回線までデータ容量をシェアすることが出来たり、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことが出来たりします。

こうしたデータ容量への工夫は、キャリアとも肩を並べるレベルです。

通話料金に関しては、30秒あたり20円という一般的な通話料金となっています。

料金体系は、

  • 通話SIM
  • 050データSIM(SMSあり)
  • データSIM(SMSなし)

の3つのタイプから選ぶことが可能です。

そのため、データSIMを選ぶことでスマホだけでなくタブレットやモバイルルーターでも楽天モバイルのSIMカードを使えるようになります。

格安にできる範囲が広がるため、月々の通信費をかなり抑えることが可能となります。

以下に、月額料金をまとめます。

楽天モバイル:組み合わせプラン
SIMの種類通話SIM050データSIM(SMSあり)データSIM(SMSなし)
ベーシックプラン1,250円645円525円
3.1GB1,600円1,020円900円
5GB2,150円1,570円1,450円
10GB2,960円2,380円2,260円
20GB4,750円4,170円4,050円
30GB6,150円5,520円5,450円

1-1-2 スーパーホーダイ

次に紹介する「スーパーホーダイ」は、「組み合わせプラン」と比べると選べるデータ容量の範囲は狭いものの、使い勝手が良い料金プランです。

こちらの料金プランのスゴイところは、通信制限を受けても通信速度が他の事業者や料金プランよりも高速であるという点です。

キャリアや格安SIMの多くでは、通信速度制限を受けると最大通信速度がおおよそ128Kbps程度となります。

ですが、楽天モバイルの「スーパーホーダイ」なら最大通信速度制限1Mbpsでそのまま利用を続けることが可能です。

通話も充実

さらに、「スーパーホーダイ」は通話に関しても充実していて、楽天でんわというアプリから発信することで10分以内の国内通話であれば何度でもかけ放題となります。

通話料金は、10分を超過した時点で30秒あたり10円の通話料金が発生します。

「組み合わせプラン」の場合、楽天でんわアプリを使うためには月額850円を支払う必要があります。

ですが、「スーパーホーダイ」にはその料金も含まれているため、モバイル通信も通話もどちらも頻繁に利用するという方にかなりおすすめの料金プランとなっています。

楽天会員割と長期割の併用が可能

さらに、現在は楽天会員割と長期割を併せて利用することが出来ます。

楽天会員であれば2年間ずっと毎月500円の割引が入ります。

さらに2年契約をすると2年間ずっと毎月500円の割引、3年契約であれば2年間ずっと毎月1,000円の割引が入ります。

そのため、初めの2年間は最大で毎月1,500円も割引されることになります。

使い勝手が良くてかつお得な「スーパーホーダイ」は、スマホを毎日使用する方の強い味方となります。

以下に月額料金をまとめます。

楽天モバイル:スーパーホーダイ
料金プランプランSプランMプランLプランLL
データ容量2GB6GB14GB24GB
通話10以内の通話であれば何回でも国内通話かけ放題
月額料金1,480円2,480円4,480円5,480円

月額料金の表では、楽天会員割や長期割といった割引が入る前の料金を記載しています。

1-2 取り扱ってるのはスマホだけじゃない

楽天モバイルで取り扱われているスマホはかなり多いほうですが、取り扱っているのはスマホだけではありません。

タブレットは7.0インチサイズの端末から10.1インチサイズの端末まで取り揃えられていて、折りたたみ式のフィーチャーフォンも端末の取り扱いがあります。

また、モバイルルーターも超小型の端末からハイスペックな端末まで取り扱われています。

1-2-1 楽天モバイルで進む格安IoT


画像引用元:楽天モバイル:製品ページ

「IoT(インターネット・オブ・シングス)」とは、家電製品や身に付けるアイテムまでインターネットに接続していこうという試みのことを言います。

楽天モバイルでは、これを実現させるかのようにこれまでの通信端末だけでなく、

  • ドローン
  • DJIゴーグル
  • スマートウォッチ

まで取り扱っています。

DJIゴーグルは、ドローンと一緒に活用することでドローンで撮影している映像をそのまま臨場感あふれる映像を体感することが可能です。

スマートウォッチはGalaxy GearシリーズとHUAWEI WATCHシリーズの2タイプを取り扱っています。

どちらも話しかけるだけで通話を行うことが出来たり通話に出る事が出来たりと、通信機器がより身近で肌に近いものとなっています。

これらの端末を楽天モバイルで購入することが出来て、楽天モバイルのSIMカードやスマホとSIMカードのセットと一緒に購入することで通常よりもお安く購入できます。


楽天モバイル公式サイトを見る

次のページでは、楽天モバイルの口コミや評判からみるメリットとデメリットを紹介します。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ