楽天モバイルが他キャリア対抗で小容量低価格プランを出すかも!?

  • 2021年1月3日
  • by.Iris777

楽天モバイル UNLIMIT Ⅴ

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

2020年12月にドコモが新料金プラン「ahamo」を発表し、今後多くのキャリアが対抗プランを出すのではないかと予想されています。

楽天モバイルも例外ではなく、小容量低価格プランをリリースする可能性が考えられます。

楽天モバイルのahamo対抗プランが気になる方は、ぜひチェックしてください!

楽天モバイルのポイント
  • 噂される小容量低価格はahamoより容量が多くて安い可能性が高い
  • 回線品質やサービスエリアなどのハードウェア面の急速な強化が必要
  • デメリットを解決すれば十分に戦える

トップ画像引用元:Rakuten UN-LIMIT V(料金プラン) | 楽天モバイル

楽天モバイルが低価格プランを出す予測の根拠~カギはドコモ

Rakuten UN-LIMIT V

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT V(料金プラン) | 楽天モバイル

楽天モバイルが低価格プランを出すと予想される根拠は、ドコモが月額3,278円のプラン「ahamo」を提供すると発表したことです。

ahamoは1ヶ月あたり20GBまでの容量制限がありますが、ドコモのネットワークを利用するので回線品質の良さがメリットです。

楽天モバイルは容量無制限のメリットがあるものの、まだサービスエリアが狭いことがネックのため対抗策が必要になると考えられます。

(楽天モバイル)日本のスマホ代は高すぎる!

楽天モバイルの「日本のスマホ代は高すぎる!」というキャッチフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか?

キャッチフレーズの通り、楽天は他社より大幅に安くすることをアピール材料にしています。

したがってドコモのahamoが登場した以上、何らかの対抗策が必要です。

ドコモの新料金プラン「ahamo」で日本のスマホ代が安くなる

ahamo

画像引用元:ahamo | アハモ

ドコモが発表した「ahamo」は1ヶ月あたり20GB、月額3,278円で、これまでの料金と比較すると破格のプランです。

他キャリアもこれに追随すれば日本のスマホ代は大幅に安くなるでしょう。

今後は、各キャリアがどのようなプランで出すと予想されるため、動向には要注目です。

またahamoは追加料金不要で5Gのネットワークを利用できます。

5Gの追加料金が無料なことは楽天モバイルのアピールポイントでしたが、ahamo登場により楽天の強みが失われました。

日本のスマホ代が高いと言えなくなる楽天モバイル

楽天モバイルは、MNOサービスインからこれまで他社より大幅に安いことをアピール材料にしてきました。

しかしahamoの登場で安さをアピールできなくなり、これまでのキャッチコピー「日本のスマホ代は高すぎる!」が使えなくなります。

楽天モバイルが安さをアピールするのであれば、ahamoより安くてインパクトがあるプランをリリースする必要があります。

もし楽天モバイルが新しいプランを出すのであれば、ahamoに対抗するために20GB/月程度の容量のものを出す可能性が考えられます。

しかし、価格でアピールする戦略を続けるなら、20GB/月を超える容量のプランを月額2,000円台前半まででリリースしなければインパクトがありません。

楽天モバイルが小容量低価格プランを出さない可能性

楽天モバイル データ量無制限

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT V(料金プラン) | 楽天モバイル

ここまで考察したように楽天モバイルが小容量低価格プランをリリースする可能性が考えられます。

しかしハード面での整備を重視することで品質を向上させ、新たなプランを出さない可能性も捨てきれません。

では小容量低価格プランを出さない場合、どのような動きをするのかを予想していきましょう。

楽天モバイルはシンプルな1プラン戦略をとってきた

楽天モバイルは、MNOのサービスを開始してからこれまでプランを1つに絞る戦略を展開してきました。

4G通信だけを提供していたときは「Rakuten UN-LIMIT 2.0」、5Gに対応してからは「Rakuten UN-LIMIT V」の1プランです。

5Gサービスイン後はすべての契約がRakuten UN-LIMIT Vに切り替わり、旧プランは提供されていません。

シンプルな1プラン戦略が楽天モバイルの魅力の1つです。

ただ、この1プラン戦略が崩れてしまうことを楽天モバイルが懸念しているとも思われます。

2つ目の料金プランを出したくない可能性

楽天モバイルはわかりやすさを重視した1プラン戦略を取っていることから、2つ目の料金プランを出したくないのが本音かもしれません。

というのも、プランが増えればユーザーにはわかりにくくなり、わかりやすさ重視の戦略に反するからです。

もし2つ目の料金プランを出さないとしたら、以下解説する大規模な設備増強が必要になるでしょう。

1プラン戦略を継続するなら回線品質の向上と大幅なエリア拡大は必須

楽天モバイルがこれまで通りの1プラン戦略を継続するなら、回線品質を向上してエリアを急速に拡大しなければなりません。

なぜそのようにいえるのかをチェックします。

楽天モバイルにはプラチナバンドがない

2020年12月時点で、楽天モバイルにはプラチナバンドが割り当てられていません。

Band 3のみでサービスを提供しているため、楽天モバイルには通信品質が安定しづらいというデメリットがあります。

しかし、総務省はドコモ、au、ソフトバンクに割り当てているプラチナバンドを整理して、もう1キャリアに割り当てる方針です。

近いうちに楽天モバイルにプラチナバンドが割り当てられれば、通信品質が変わるでしょう。

サービスエリア外では5GB/月の制限がかかる

自社回線エリア以外はauローミングで通信サービスを提供しており、多くのエリアで問題なく通信可能です。

しかし、auローミングエリアは5GB/月の制限がかかるため、20GB/月のahamoと比べると見劣りします。

そのため、1プラン戦略で戦うならここを何とかしたいところです。

ただし楽天モバイルが負担するコストを考えると、auローミングの容量を増やすのは現実的ではありません。

そのため楽天モバイルは急いで自社回線エリアを広げるしかないと考えられます。

デメリットを解決すれば1プラン戦略でも十分に戦える

楽天モバイルは自社回線エリアがまだ狭いという難点があるものの、エリア問題が解決すれば1プラン戦略でも戦えると思われます。

あらためて、楽天モバイルのメリットを挙げると以下のとおりです。

楽天モバイルのメリット
  • 高速データ通信容量が280GB/月~310GB/月と大容量
  • Rakuten Link経由で通話料が時間無制限で無料
  • 料金プランがシンプルでわかりやすい
  • 余計な手数料がかからない

容量あたりのデータ通信料や通話料など、料金面で楽天モバイルはまだお得です。

現行プランでもahamoと同額であることを考えると、回線品質とサービスエリアの問題さえ解決すれば十分に対抗プランになり得るでしょう。

楽天モバイルは2021年8月までに人口カバー率96%を目標にしています。

今後の動向には要注目ですね。

楽天モバイルを検討しているなら今後の動きに要注目!

楽天モバイル ゼロ宣言

画像引用元:ZERO宣言 | 楽天モバイル

楽天モバイルは2020年3月にサービスインし、Rakuten UN-LIMIT Vのみというわかりやすい料金プランが魅力です。

しかし、ドコモの新料金プラン「ahamo」のリリースを受けて、小容量低価格プランで対抗してくる可能性が考えらます。

今後考えられる動きをまとめると以下の通りです。

小容量低価格プランを出す場合
  • ahamoより容量が多く、料金を安くしないと競争力が弱い
  • シンプルに料金プランは1つのままとする可能性も捨てきれない
小容量低価格プランを出さない場合
  • プラチナバンドが割り当てられれば回線が増強される
  • 回線が増強されれば十分に戦える

短期的にahamoに対抗するなら小容量低価格プランをリリースするのも有効です。

継続的に利用してもらうことを考えると回線品質やサービスエリアを改善したいところです。

ハード面の整備が完了するまでのつなぎとして、期間限定で小容量低価格プランをリリースする可能性もあります。

かなり悩ましいですが、楽天モバイルの契約を検討している人は今後の動きをチェックしましょう。

まだまだデメリットが多い楽天モバイルですが、ahamoが起爆剤となって急ピッチで整備が進めばさらに成長する可能性大です。

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ