楽天モバイルの料金プランの選び方|プラン変更・確認の方法

楽天モバイルの料金プランの選び方|プラン変更・確認の方法

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモ・au・ソフトバンクなどから通信インフラを借りて、格安の料金で通信サービスを提供するMVNO会社が増えています。

これにより、スマホユーザーは自分に合った携帯会社や料金プランを選びやすくなりました。

MVNO会社は年々増えていますが、その中でも契約者数上位にランクインするのが『楽天モバイル』です。

今回は楽天モバイルを契約するときの、料金プランの選び方を紹介します。

また、プランの確認・変更も合わせて解説するので、楽天モバイルが気になる人はぜひチェックしてください。

トップ画像引用元:楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM

1 はじめに『スーパーホーダイ』か『組み合わせプラン』かを選ぶ

楽天モバイルで料金プランを選ぶ際、まず最初に選択するのが、

  • スーパーホーダイ
  • 組み合わせプラン

のどちらかになります。それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

1-1 楽天モバイルのスーパーホーダイ

画像引用元:楽天モバイル|スーパーホーダイ

スーパーホーダイとは、通話とデータ通信がセットになった、月額1,480円〜契約できる料金プランです。

最低利用期間や楽天会員であるか、そうでないかによって月額料金が変わります。

通話に関しては、国内通話10分かけ放題という、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアのサービスを上回る特徴も持っています。

スーパーホーダイ【3年契約】の料金
プランの種類プランSプランMプランLプランLL
通話国内通話10分かけ放題
(10分以降は30秒10円)
データ通信量2GB6GB14GB24GB
月額基本料金
楽天会員で、ステータスがダイヤモンド会員の人
1年目のみ
980円1,980円3,980円4,980円
月額基本料金
楽天会員の人
2年目まで
1,480円2,480円4,480円5,480円
月額基本料金
楽天非会員
1,980円2,980円4,980円5,980円
月額基本料金
楽天会員・非会員ともに
3年目以降
2,980円3,980円5,980円6,980円
スーパーホーダイ【2年契約】の料金
プランの種類プランSプランMプランLプランLL
通話国内通話10分かけ放題
(10分以降は30秒10円)
データ通信量2GB6GB14GB24GB
月額基本料金
楽天会員で、ステータスがダイヤモンド会員の人
1年目のみ
1,480円2,480円4,480円5,480円
月額基本料金
楽天会員の人
2年目まで
1,980円2,980円4,980円5,980円
月額基本料金
楽天非会員
2,480円3,480円5,480円6,480円
スーパーホーダイ【1年契約】の料金
プランの種類プランSプランMプランLプランLL
通話国内通話10分かけ放題
(10分以降は30秒10円)
データ通信量2GB6GB14GB24GB
月額基本料金
楽天会員で、ステータスがダイヤモンド会員の人
1年目のみ
1,980円2,980円4,980円5,980円
月額基本料金
楽天会員の人
2年目まで
2,480円3,480円5,480円6,480円
月額基本料金
楽天非会員
2,980円3,980円5,980円6,980円

1-1-1 初月はプラン内容に関係なく月額1,480円になる

画像引用元:楽天モバイル|スーパーホーダイ

楽天の会員になっており、初めて楽天モバイルに契約する人で3年契約のスーパーホーダイプランを選ぶと、データ通信量の大きさに関係なく初月は月額1,480円になります。

プランLLで契約しても初月はプランSと同額になるので、月額1,480円でデータ通信が24GBまで使いたい放題なのです。

2017年12月8日(金)から開始しているサービスで、現在は終了期間のアナウンスはありません。

1-1-2 1ヶ月のデータ通信量を超えても1Mbpsで通信できる

スーパーホーダイはプランSやプランMなどデータ通信量に応じて契約します。このときのインターネット速度は通信が混み合っていない状態で4Mbps(高速通信)です。

プランSの場合、毎月2GBまで高速通信でインターネットを利用できますが、万が一このデータ通信量を超えても、インターネットが使えなくなるというわけではありません。

速度が最大1Mbpsに落とされて使い続けることができるのです。

楽天モバイルの調査によると、1Mbpsでもメールやインターネットサーフィンなどの操作は問題なく行えるとのことです。

このサービスは次に紹介する『組み合わせプラン』にはなく、『スーパーホーダイ』特有のサービスです。

1-2 楽天モバイルの組み合わせプランとは

組み合わせプランは、通話の有無、SMSの有無、データ通信のみなど、より自分のライフスタイルに合わせた料金プランを選ぶことができます。

組み合わせプランの料金
SIMの種類通話SIM050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシックプラン
(低速通信で使いたい放題)
1,250円645円525円
3.1GBプラン1,600円1,020円900円
5GBプラン2,150円1,570円1,450円
10GBプラン2,960円2,380円2,260円
20GBプラン4,750円4,170円4,050円
30GBプラン6,150円5,520円5,450円

通話SIM:

スーパーホーダイと同じく、通話とデータ通信がセットになっています。

050データSIM:

050番号が発行され、インターネット回線で発着信が可能。さらに、SMS(電話番号を宛先にしてメッセージの送受信が可能)の利用も可能。

データSIM:

データ通信のみのプラン。電話の通話やSMSは利用できない。

1-2-1 『050データSIM』は通話料が安い

画像引用元:楽天モバイル|050データSIM(SMSあり)

楽天モバイルは他社の050電話の料金と比較すると、安価に設定されています。

楽天モバイルの050番号で電話をする場合、Viberアプリをダウンロードする必要があります。上記の料金はViberアプリで通話したときの金額です。

1-2-2 『050データSIM』と『データSIM』は最低利用期間が設定されていない

ガラケーやスマホを契約するときによく耳にする言葉に『2年縛り』があります。これは、2年間契約することを条件に、月額料金がやすくなるというシステムです。

ドコモ・au・ソフトバンクなどが採用しているシステムですが、格安SIMを提供している携帯会社でも目にすることがあります。

しかし、楽天モバイルは『組み合わせプラン』の050データSIMとデータSIMに最低利用期間を設けておらず、いつ解約しても解約料などが発生しません

※『組み合わせプラン』の「通話SIM」は1年間の最低利用期間が設定されています。

楽天モバイルへ機種変更|気になる料金プランとお得なMNPの方法|格安SIM

次のページでは、『スーパーホーダイ』と『組み合わせプラン』どちらを選ぶべきなのかを詳しく解説します。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
sunsun
sunsun
高校の頃からdocomoユーザー。スマホは電子マネーが使えるSHARP、SONYと渡り歩き、現在は片手で持てるSONYのXperia Compactシリーズを愛用。なのにPCはMacBook Airを活用しているのでスマホとPCに互換性がなく、接続時のトラブルによく遭遇している。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ