楽天モバイルの評判・口コミ|電波が悪い評価の真実【2021年最新】

楽天モバイルは3ヶ月無料など独自のキャンペーンで人気ですが、ネット上には様様な口コミがあるようです。そこで今回はネット上の口コミををもとに、楽天モバイルの使い勝手を調査、解説しました。楽天モバイルを契約する前に、ぜひご覧ください。
  • 2021年4月13日
  • by.Iris777

楽天モバイル 評判 口コミ

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

楽天モバイルは2020年4月に独自の回線の取り扱いを開始し、国内4番目のキャリアとして通信サービスを始めました。

割安な料金プランやお得なポイントサービス、豊富なキャンペーンなど魅力的な点が多く、2021年現在も多くの注目を集めています。

人気の一方で、悪い口コミや評判も複数見られます。

「楽天モバイルって本当にお得なのかな?」「楽天モバイルに乗り換えて、つながらなかったらどうしよう」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、楽天モバイルのサービスを紹介しつつ、2021年4月現在の口コミ・評判をまとめてみました。

これらの口コミを総合的にチェックすれば、楽天モバイルが実際にどのような回線なのか理解できるでしょう。

これから楽天モバイルを契約しようと検討している人は、ぜひ参考にしてください。

楽天モバイルの主な口コミ
  • 通信容量が無制限で使い放題な点が気に入っている
  • 通信料金の安さが最大の魅力(20GB超過後はどれだけ使っても3,278円)
  • スマホが本当に毎月無料で使えて驚いている
  • 110円につき1ポイントもらえるので、楽天ポイントがじゃんじゃん貯まる
  • 自社回線エリアが広くないため山間部などつながりにくい地域も多い
今なら3ヶ月無料キャンペーン中

楽天モバイルとは?

楽天モバイル ZERO宣言

画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルはドコモ/au/ソフトバンクに次ぐ4番目のキャリアとして移動体通信を手掛けている会社です。

以前はドコモ/au回線を利用したMVNOとしてサービスを提供していましたが、2021年4月時点では「Rakuten UN-LIMIT VI」と呼ばれるサービスを提供しています。

Rakuten UN-LIMIT VIでは自社回線を使用しますが、まだまだ楽天モバイルは基地局を設置してエリアを拡げている途中です。

自社回線で十分なエリアをカバーできない地域では、auローミングを併用して通信サービスを提供しています。

これから楽天モバイルを契約する人は、自社回線とローミングで通信の仕様や使えるデータ通信量が違うので注意してください。

最後発のキャリアだけあって、新規加入者向けのキャンペーンを数多く行っているのも魅力です。

▲目次に戻る

【総評】楽天モバイルの良い口コミ・評判

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル

今回楽天モバイルの口コミを調べたところ、「楽天モバイルに乗り換えてよかった」との感想が非常に多く見られました。

まずは、楽天モバイルに対する良い口コミや評判について紹介します。

通信容量が無制限で使い放題な点がとても良い!

女性

【39歳・女性】

満足度:★★★★☆

通信量無制限で使えるのが良いです。これまで色々なキャリアでスマホを契約しましたが、無制限で使えるのはかなりポイントが高いです。

楽天モバイルの最大の特徴は、通信容量が無制限で使い放題ということです。

2021年4月現在提供されている「Rakuten UN-LIMIT VI」は、どれだけ通信容量を使っても月額3,278円を超えません(オプション契約時を除く)。

一定の容量超過後は速度制限がかかってしまう他社と比較すると、大変お得な料金プランです。

ただし、実際には通信容量を無制限で使えるわけではなく、10GB/日という制限があるので注意してください。

これを超過すると、翌日まで通信速度が3Mbpsに制限されます。

楽天回線エリア外で使用した場合はauローミングとなり、5GB/月を超過した後はやや遅い最大1Mbpsでの通信となってしまいます。

しかし、動画を見る機会やゲームをプレイする機会が少ない人にとっては、それほど大きなデメリットとはいえないでしょう。

解約金いらずで気軽に始められる

男性

【29歳・男性】

満足度:★★★★★

D社からMNPで乗り換えて使用しているが、今のところ不便を感じない。
通信速度も体感的に変わったとまでは感じないし、料金も安い。余計なオプションサービスの加入が必須ではないことも考慮すると、楽天モバイルに変えてよかったと思う。
また解約金もかからないため、もし他に良いサービスが見つかった時でも気軽に変更できる点も気に入っている。

オプションの料金などにもよりますが、現在ドコモやau、ソフトバンクを利用している場合、楽天モバイルに乗り換えることにより、月額料金が安くなる可能性が非常に高いです。

例えばドコモの新プランであるahamoは20GB・2,970円で、かけ放題オプションをつけると1,100円/月が追加でかかります(合計4,070円/月)。

しかし楽天モバイルは20GB超過後も3,278円で利用できるだけでなく、国内通話をする場合は専用のアプリを利用して追加料金なしで通話を楽しめます。

また、他社と同様に最低利用期間や契約解除料がないのも楽天モバイルの魅力の1つです。

MNP転出手数料も無料なので、ほかのキャリアにMNPするときに楽天モバイルに支払う費用はありません。

なお、加入時の契約事務手数料も無料なので、余計な費用がかからないのが楽天モバイルのメリットです。

もし楽天モバイルが合わないと感じた場合は、いつでも解約することができます。

乗り換えが面倒だけど、楽天モバイルに乗り換えてよかった!

女性

【34歳・女性】

満足度:★★★★☆

大手キャリアに比べると本当に安くなります。移行が面倒ですし、大手キャリア側にいくらか払う必要があったけど、それさえ乗り越えてしまえば楽でした。家族が大手キャリアと契約している場合は、家族割引などの関係で安易に変えられませんが、1人の場合は変えた方がお得だと思います。

「スマホの乗り換えは面倒だと感じていたが、もっと早く乗り換えればよかったと感じた」といった感想が多く見られました。

スマホの乗り換えを難しそうに感じる人も多いですが、楽天モバイルにはドコモショップのような店舗もあり、店舗に行っての手続きも可能です。

確かに家族割引サービスなどを利用している場合は乗り換えしにくいかもしれません。

しかし、家族割引を適用した後の大手キャリアよりも、楽天モバイルに乗り換えた方がお得になることは多いです。

特に通信容量が多いプランを契約している場合はお得になる可能性が高いので、ぜひ一度計算してみてください。

▲目次に戻る

【総評】楽天モバイルの悪い口コミ・評判

次に、楽天モバイルの悪い口コミや評判を紹介します。

全体的には、「格安SIMほど安くない」「楽天回線エリアが狭い」などの感想が多く見られました。

料金・速度ともに一番優れているわけではない

男性

【48歳・男性】

満足度:★★★☆☆

通信速度はそれ程速くないですが、使用に不便を感じる程ではありません。
もし他格安SIMと同料金で比較するなら、楽天モバイルは負けているかなって思います。
でも私が加入した時は1年間無料キャンペーンがあったので、料金的には他の格安SIMより凄く安いです。
それを考慮するならアリかなって思います。

楽天モバイルの通信速度はドコモやauなどの大手キャリアと比較すると、まだ安定しない場合が多いようです。

また、料金面も格安プランを売りにしている格安SIMと比較すると、それほど安くないと思う人も多いです。

ただし、アップグレード後のRakuten UN-LIMIT VIは1GBまでは0円/月で利用できます(1人1回線に限る)。

3GBまでは1,078円/月で利用でき、通信容量をあまり使わない人にとっては非常にお得な料金設定となっています。

さらに、「Rakuten Linkアプリ」を利用して電話をかけると電話料金を支払わずに済む点も大きいでしょう。

他キャリアのかけ放題オプションに料金を支払っている人にとって、乗り換えることで月額料金が安くなる可能性が高いです。

楽天モバイルの解約手数料は無料なので、「とりあえず」で乗り換えてみるのもおすすめです。

今後サービスが発展するという前提での契約

男性

【43歳・男性】

満足度:★★★☆☆

現状では満足。開始直後の混乱は想定範囲内。あとは楽天のサービスを長く使用しているので、今後の展開に期待しています。

楽天モバイルのサービス提供開始段階では、公式サイトダウン・パートナー回線のギガ数変更などの混乱が発生しました。

そのためサービスの内容を不安視する声も多く見られました。

また楽天モバイルの自社回線エリアはまだ十分広がっていないため、回線エリアに不満を持っている人も多いです。

しかし楽天モバイルは不満を上回るほどの魅力的なキャンペーンや料金プランを提供しています。

それだけでなく、楽天回線エリアは2021年夏頃までに「人口カバー率96%へ拡大予定」であることを発表しています。

大手キャリアと比較すると十分ではない点も多いですが、今後のさらなるサービス展開に期待しましょう。

完全仮想ネットワークなど、ユニークな取り組みをしている楽天モバイルなので、サービスの発展を楽しみながら使いたい人にもおすすめです。

▲目次に戻る

楽天モバイルの「料金」についての口コミ・評判

続いて楽天モバイルの料金についての口コミ・評判を紹介します。

楽天モバイルユーザーの声を参考にして、現在支払っているスマホ料金からどれくらい安くなるか、ぜひ計算してみてください。

楽天モバイルは通信料金の安さが最大の魅力

男性

【30代・男性】

満足度:★★★★★

大手キャリアと比較して、最大の魅力は通信料金の安さです。大手の半分の料金で済んでしまうので、とっても助かります。通話料もアプリを利用したら無料だし、いたれり尽くせりです。

「通信料金の安さが最大の魅力」との口コミです。

確かに通信料金と通話料の双方が安いと、月々のスマホ代をかなり抑えられます。

電話を掛ける機会が多い人でも安心できそうです。

安さだけなら格安SIMの方が安い

男性

【48歳・男性】

満足度:★★☆☆☆

楽天モバイル本来の月額料金は3,278円なので、それ程安いわけではありません。
むしろ高いぐらいです。
この辺りは通信量や無料通話等の条件も関係してくるので一概には言えませんけど、最低でも3,278円支払わないといけないのはデメリットでしょう。

しかし私が加入した時は1年基本料金無料のキャンペーンをしていたので、まあ2年スパンで考えても月額平均は1,600円ぐらいです。
こう考えると他の格安SIMより圧倒的に安いんですよね。
キャンペーンを開催している場合は、楽天モバイルの料金は優れていると思います。

こちらはやや厳しめの意見です。

確かにMVNOであれば、3GBプランを1,000円代で提供している事業者もあります。

しかし、楽天モバイルは1GBまでは0円で利用できますし、20GB超過後も追加料金を支払うことなく3,278円/月で利用できます。

楽天モバイルはMVNOではなくMNOなので設備投資などが必要になり、MVNOほど安く通信を提供するのは難しいものです。

通信品質よりもコストを重視する人ならMVNOを契約するのも1つの選択肢ですが、通信品質とコストのバランスを追求するなら楽天モバイルが有力な選択肢です。

大手キャリアの1/3の料金になった

女性

【34歳歳・女性】

満足度:★★★★★

大手キャリアに比べると格段に安いと感じています。月額料金を約3分の1程度におさえられたことはすごくよかったと思っています。

こちらは今まで使っていたキャリアと比べて、約3分の1に料金を抑えることができたという口コミです。

ドコモ/au/ソフトバンクでは、スマホを使用する機会が少ない人でも、契約によっては月に7,000円~10,000円ほどかかってしまいます。

現在のスマホ料金やプラン内容を確認し、楽天モバイルに乗り換えた場合にどの位安くなるのか、一度計算してみることをおすすめします。

本当に無料で使えている

男性

【43歳・男性】

満足度:★★★★★

現状では事務手数料と Rakuten Link 以外の SMS(開通時の送信?)で料金が発生しただけで、すべて楽天ポイントで相殺しました。

こちらは1年間無料キャンペーン開催期間中に申し込み、最初に発生する事務手数料も楽天ポイントで支払った人の口コミです。

楽天ポイントと現在開催中のキャンペーンを活用することで、楽天モバイルの利用を無料で開始することが可能です。

なお、1年間無料になるキャンペーンは2021年4月7日に終了しました。

現在は3ヶ月無料キャンペーンを開始しています。

契約事務手数料などはかからず、1GB/月までなら無料で利用できるのでやはりお得です。

関連記事

5Gに対応した楽天モバイルは、楽天モバイルに乗り換えることでお得になることもあり話題沸騰中です。 もちろん、まだ対応エリアが狭いなどの欠点も多いですが、データ通信が使い放題・国内通話がかけ放題とコスパは最強クラスと言えます。 ま[…]

楽天モバイル 料金プラン

▲目次に戻る

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」

Rakuten UN-LIMIT VI

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT VI(料金プラン) | 楽天モバイル

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の概要は以下の通りです。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
プラン月額料金~1GB: 0円(※1)
1GB~3GB: 1,078円m
3GB~20GB: 2,178円
20GB~: 3,278円
最低契約期間なし
違約金なし
通信容量楽天回線(4G/5G)使い放題
auローミング5GB
通話Rakuten Link同士0円
Rakuten Linkアプリ利用0円(※2)
通常の電話22円/30秒
オプションデータチャージ550円/GB(※3)
スマホ交換保証プラス715円/月
持ち込みスマホあんしん保証715円/月
ノートンモバイルセキュリティ220円/月
スマホ操作遠隔サポート550円/月
国際通話かけ放題980円/月
楽天モバイルWiFi by エコネクト398円/月
あんしんコントロール by i-フィルター330円/月
選べる電話番号サービス1,100円(※4)
※1 2回線目以降は1,078円/月
※2 一部の番号宛の通話は有料
※3 ローミング通信のみチャージ可
※4 新規契約時のみ

Rakuten UN-LIMIT VIでは、楽天回線(自社回線)とau回線(ローミング)が利用できます。

月額3,278円で楽天回線は10GB/日、パートナー回線は5GB/月まで高速データ通信を利用できます。

また、楽天モバイルの専用コミュニケーションアプリである「Rakuten Link」を使えば、オプションに加入しなくても通話料金が無料になります。

他社のスマホや固定電話などに電話をかけても無料になるのは嬉しいポイントです。

ただし、0180/0570から始まるものなど、一部の番号宛の通話はRakuten Linkを利用しても有料なので注意してください。

▲目次に戻る

楽天モバイルの「通信速度」についての口コミ・評判

楽天モバイル

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

次に、楽天モバイルの通信速度についての口コミや評判を紹介します。

通信速度はスマホを使用する上で重要なポイントなので、ぜひチェックしてみてください。

ネット検索やSNS程度なら全然余裕

女性

【34歳・女性・大阪府】

満足度:★★★★★

正直、大手キャリアにかなわない点はここだろうと思って期待していませんでしたが、外では本格的なFPS/TPSゲームをやらないのでまったく問題ないことに気づきました。
YouTubeを見ていても特にストレスを感じることはありません。ネット検索やSNS程度なら全然余裕です。

インターネットやSNSの閲覧など、日常的な使用方法では通信速度が気にならないという意見です。

通信速度を特別重視する人以外は、ストレスなく使用できそうです。

通信速度にムラがあり、バラつきがすごい

男性

【48歳・男性・和歌山県/和歌山市】

満足度:★★★☆☆

通信速度にはムラがありますね。
通信速度の速い時間帯なら下り40m/bps・上り20m/bps以上出る事もあります。
しかし遅い時だと下り10m/bps・上り5m/bpsぐらいとバラツキは凄いです。

幸い遅い時でも動画視聴程度ならできていますね。
ただ大きいファイルをアップロードする時が低速時だったりすると、あれ?まだアップロードしてないの?と感じる時はあります。
とはいえ極端に時間がかかるわけでもないので、それ程不満はありません。

通信速度にバラつきがあるという口コミです。

SNSに画像や動画を投稿するような場合は、時間がかかる場合もあると考えた方がよいかもしれません。

ただ先程の口コミでも分かる通り、ファイルのアップロード時など以外はそこまで気になることは少ないでしょう。

モバイル通信の性質上、使う場所の電波強度や混雑状況によって通信速度に大きな差があります。

状況に応じてWi-Fiと上手に使い分けるのが良いのではないでしょうか?

大手キャリアと比較してほとんど遜色ない

男性

【30代・男性・東京都/墨田区】

満足度:★★★★★

以前利用していた大手キャリアと比較してもほとんど遜色はありません。特に都内は通信制限なしだし、都内でダウンロードするスピードは楽天モバイルの方が早い。

それまで使っていた大手キャリアと比べ、通信速度に大きな違いはないという意見です。

楽天モバイル回線が提供されている地域はまだ限られています。

しかし、利用する地域や回線の混雑具合によっては、大手キャリアと同程度の通信速度も出ると考えられます。

5G通信に対応しているエリアならさらに高速な通信を利用でき、大容量ファイルをダウンロードするときもストレスを感じません。

▲目次に戻る

楽天モバイルの通信速度を解説

楽天モバイルの通信速度に関して、公式サイトでは具体的な数値は公表されていません。

しかしブログを運営している方が楽天モバイル運営に問い合わせたところ「150Mbps」という回答があったようです。

なので、ここでは楽天回線の通信速度を最大で150Mbpsだと仮定して話を進めます。

150Mbpsというのはあくまで最高の条件が揃った場合の数値です。

実効速度としては20Mbps~30Mbps程度出ていれば快適に使えるのではないでしょうか。

なお楽天モバイルの回線エリア外であるパートナー回線で5GBを使い切った場合、通信速度は1Mbpsに低速化します。

他のキャリアで通信容量を使い切った後は128Kbpsまで低速化してしまうので、楽天モバイルはパートナー回線でも十分に使用できると言えるでしょう。

実際に楽天モバイルのスピードテストをしてみた@大阪編

大阪梅田

2020年7月15日にbitWave編集部員のまつおがJR大阪駅やJR天満駅の周辺でスピードテストをしてみました。

JR大阪駅周辺:10Mbps

平日なのにさすがにJR大阪駅周辺は人通りが多いですね。

SNSをみたり、情報検索をしている若い世代が多い印象でしたが、このスピードは期待はずれ。

ただ、ライトな使い方だったらOK。

JR天満駅周辺:90Mbsp

21時30分頃のJR天満駅の周辺でチェックすると80~90Mbspがでています。

飲食店が多く、人もある程度いるようなのですが、このスピードが出てれば十分に速いですね。

YouTubeで動画を観たりといった普段使いでも十分ですね。

ただ、楽天モバイルの電波は屋内だと掴みづらいという印象・経験があるため、その点は注意が必要です。

実際に楽天モバイルのスピードテストをしてみた@東京編

2021年4月6日~2021年4月7日に東京都内の2箇所でもスピードテストを実施したので、その結果も併せてお伝えします。

これから契約しようと考えている人は、ぜひこちらも参考にしてください。

港区高輪3丁目付近(4G回線): 50Mbps程度

楽天モバイル 4G

こちらは4月7日 18:00頃に実施した4G回線のスピードテストです。

上下共に50Mbps~60Mbps程度の速度が出ており、実用性の面で問題ないことがわかります。

この程度の速度であれば、動画鑑賞やゲームプレイにも支障は出ません。

pingが20ms以上なので、FPSなどのシューティングゲームをプレイする場合は遅延を感じる可能性があります。

なお、路上でスピードテストを行った後に自宅マンション内に入ると、一時的に圏外になりました。

「楽天モバイルはバンドの関係で屋内の電波が弱い」という致命的な欠点があるので注意してください。

ローミング提供エリア外の場合、au回線に切り替わらずそのまま圏外になります。

世田谷区玉川2丁目付近(5G回線): 300Mbps程度

楽天モバイルの5G

2021年4月6日には5Gエリア内でもスピードテストを実施しました。

5G回線でスピードテストアプリを使用すると、なぜか数値が途中で表示されなくなるという不具合がありましたが、概ね300Mbps程度出ています。

エリア内に入るとアンテナピクトに4G/5Gといった回線種別の表示がなくなって判別できなくなるアクシデントがありました。

しかし、4Gの最大速度が150Mbpsということを考えると、この速度は5G回線に繋がっているものと考えられます。

ただし、上りが計測できないなどの不具合があったので参考程度とお考えください。

▲目次に戻る

楽天モバイルの「エリア」についての口コミ・評判

楽天モバイル

画像引用元:通信・エリア | 楽天モバイル

次に、楽天モバイルが利用できるエリアについての口コミ・評判を紹介します。

楽天モバイルの自社回線エリアは限られていますが、パートナー回線(auローミングエリア)を含めれば広いエリアで利用できます。

ここではパートナー回線を使用している人の口コミも紹介するので、契約前の参考にしてください。

自社回線エリアは広くないが、繋がりやすさは問題ない

男性

【29歳・男性・宮城県/仙台市】

満足度:★★★☆☆

まだ決まったエリアしか対応しておらず、それ以外はパートナー回線となってしまうのが難点だが、現在、地方で使っている限りでは繋がりにくいということはない。

楽天モバイルの自社回線エリアはまだあまり広くないという口コミです。

自社回線エリア以外(パートナー回線)を使用している場合、月に5GBを超えると速度制限がかかってしまいます。

しかし、特に繋がりにくいといったことはなさそうです。

都内なら全く問題なし

男性

【30代・男性・東京都/墨田区】

満足度:★★★★★

都内在住なので、対応エリアは問題なし。むしろ満足です。繋がりにくいと感じたことはありません。

楽天モバイルの自社回線提供エリアは年々拡大しており、東京都内は2021年3月までにほぼ自社回線を提供できる見通しであると発表しています。

なお自分が住んでいるエリアが自社回線対象かどうかは、こちらのページで簡単に確認できます。

2021年3月末で一部エリアのauローミングが打ち切られ、自社回線のみの提供になったところがあります。

auローミングの提供状況については、KDDIの公式サイトでご確認ください。

山間部・離島を除く東京都全域、埼玉県さいたま市全域、神奈川県川崎市・横浜市の一部ではローミング自体を提供していません。

自社回線のみの接続となるため、回線種別を気にすることなく10GB/日まで利用可能です。

ドコモで使ってたときより繋がらない

女性

【37歳・女性・愛知県/知多郡】

満足度:★★☆☆☆

つながりやすさはいまいちだと思います。
ドコモだったら繋がっていたのになと思うことが多く、もっと頑張ってほしい部分でもあります。

山間部に強いドコモと比較すると、楽天モバイルは現状では繋がりにくい地域があるようです。

自社回線エリアは拡大していく予定ですが、山間部などに住んでいる場合は対象エリアを確認しておくことをおすすめします。

自社回線エリアを使おうとすると難しい

男性

【28歳・男性・愛媛県/松山市】

満足度:★★☆☆☆

愛媛県松山市でもつながる地域がありますが、全体的につながりにくいです。
自社回線につながる地域に行ってみましたが、その地域から少しでも出るとパートナーエリアに切り替わってしまいます。
パートナーエリアは、とてもつながりやすいです。

自社回線エリアとパートナー回線エリアの境界部分で利用しようとすると、ややつながりにくい場合があるようです。

住んでいる地域の中で自社回線エリアとパートナー回線エリアが分かれている場合は、うまく切り替わらない可能性があります。

手動でバンドを固定できるスマホなら固定すれば問題ありませんが、できない場合は繋がりにくくなったときに再起動するのがおすすめです。

▲目次に戻る

楽天モバイルの対応エリアを解説

楽天モバイルのエリア

画像引用元:通信・エリア | 楽天モバイル

「楽天モバイルの対応エリアがよく分からない」と感じている人に向けて、自社回線エリアについて簡単に説明します。

先述の通り、楽天モバイルでは楽天回線とパートナー回線の2つの回線が提供されています。

楽天モバイルの自社回線では通信容量が10GB/日に達するまで使い放題なのに対し、パートナー回線では5GB/月を超えると自動的に速度制限がかかります。

当然、パートナー回線よりも楽天モバイルの自社回線を利用したいと感じるのではないでしょうか?

楽天回線エリアは主要都市付近がメイン

肝心な楽天回線の対応エリアは、東京・横浜・名古屋・札幌・京都・大阪・兵庫の主要都市付近に集中しており、まだまだ対応エリアが狭い状態です。

2021年4月現在は各都道府県庁所在地の都市や中核市なども楽天回線エリアに加わっていますが、対象外の地域もまだ多く存在します。

こちらのページを開き、地図が紫で塗られている地域に住んでいる場合は、今後自社回線の対象となる予定です。

しかしその他の地域はいつ頃自社回線の提供が開始されるか不明です。

そのため楽天モバイル契約後はau回線を使用することになります。

この場合は5GB超過後に速度制限がかかってしまい、期待しているような使い勝手が実現されない可能性があるので注意してください。

5Gサービスも提供開始

楽天モバイルの5Gサービスは、2020年9月30日より提供が開始されました。

5Gが提供されているのはまだ一部のエリアに限られてしまいますが、今後の展開に期待できそうです。

5G提供エリアについてはこちらから確認してください。

▲目次に戻る

楽天モバイルの「ポイント」についての口コミ・評判

楽天モバイル

画像引用元:SPU(スーパーポイントアップ) | 楽天モバイル

次に、楽天モバイルのポイントについての口コミ・レビューを紹介します。

楽天市場をはじめとした楽天グループが提供しているサービスは、何と言ってもポイントの貯まりやすさが魅力です。

普段楽天ポイントをメインで貯めている人は、ぜひ参考にしてください。

ポイントがじゃんじゃん貯まる

男性

【30歳・男性】

満足度:★★★★★

楽天ポイントが知らないうちにじゃんじゃん貯まります。スマホ代は毎月必ずかかる固定費だから、おまけとしてポイントがつけばお得感がある。

楽天には「SPU(楽天スーパーポイントアップ)」と呼ばれる、楽天のサービスを使うほどポイントが貯まるプログラムが用意されています。

楽天モバイルもそのSPUの適用サービスの1つです。

楽天モバイルに加入すると、楽天市場で買い物をした際のポイント還元率が+1倍になります。

毎月の獲得上限ポイントは5,000ポイントと決められています。

それでも、楽天市場で買い物をする機会が多い人にとっては、とてもお得な制度だと言えるでしょう。

SPUは楽天カードやインターネットなど他の楽天サービスを利用することでもアップします。

楽天のサービスをよく利用する人は、楽天モバイルを契約するとさらにお得です。

キャンペーンにより無料になった1年間は、ポイントが貯まることはない

男性

【43歳・男性】

満足度:★★★★★

1年は無料なので、楽天ポイントの付与が発生するのは無料期間が終わって 1年3,278円の請求量が発生してからとなります。1年経過しても引き続き使用するなら、楽天カードか楽天銀行デビットカードでの支払いにしておくのがよろしいかと思います。

無料で使用できるキャンペーンに加入していると、最初の1年間は支払いそのものがありません。

そのため、楽天モバイルの利用によりポイントが貯まることはありません

ただ、先程紹介したSPUのポイントアップは適用になるため安心してください。

楽天モバイルの支払い時は110円につき1ポイントが貯まります。

利用代金は楽天カードで支払って、更にお得にポイントを貯めてみてください。

▲目次に戻る

楽天モバイルのポイントの貯まりやすさを解説

楽天ポイントカード

画像引用元:楽天ポイントカード: 街でも楽天ポイントが使える・貯まる

多くのポイントがもらえると言っても、楽天サービスに馴染みがない人には、少し分かりにくいかもしれません。

楽天モバイルの利用により貯まるポイントは、「楽天スーパーポイント」と呼ばれる楽天グループで使用できるポイントです。

貯まったポイントは楽天市場などの支払いに利用できるだけでなく、楽天ペイなどを利用すれば、コンビニなどでの日々の買い物の支払いにも利用可能です。

楽天では入会時にポイントが付与されるキャンペーンを多く開催しています。

さらに、先述の「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」により、楽天モバイルを利用しているだけでポイントが貯まりやすくなります。

楽天モバイルは、楽天ポイントをメインポイントとして貯めたい人にぴったりなキャリアと言えるでしょう。

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

楽天モバイルの「テザリング利用」についての口コミ・評判

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル

続いて、楽天モバイルのテザリングについての口コミ・評判を紹介します。

テザリングに関する情報は公式サイトにあまり掲載されていないため、口コミを確認するのがおすすめです。

自社回線エリアは非常におすすめ

男性

【43歳・男性・OPPO A5 2020】

満足度:★★★★★

パートナー回線(au 回線)でも5GBまで使用できて、その後は1Mbpsなので、それでもメリットがある人はいるかと思います。楽天回線でつながるところであれば、テザリング利用前提での契約はおすすめの使い方です。自分はバッテリーの大きいOPPO A5 2020にして、テザリングも長時間使用できるように考慮しました。

楽天の自社回線エリアであれば、テザリングも無制限で使用可能です。

この口コミのようにバッテリーが大きい端末を購入すれば、モバイルルーターの代わりとしても使用できます。

他の格安SIMより使えた

女性

【39歳・女性・社会保険労務士】

満足度:★★★★★

テザリングの利用ですが、普通にテザリングの利用をする分には特に不便はないと思いました。
以前別の格安SIMでテザリングを利用していたのですが、そこよりもずっと快適に使えてます。

「テザリング性能は他の格安SIMと比較しても満足がいく」との声が多く聞かれました。

普通のスマホとしての使用方法はもちろん、Wi-Fiルーター代わりに使うのも、楽天モバイルの賢い使い方ですね。

大手キャリアのテザリングよりお得

男性

【30代・男性・AQUOS sense3 plus】

満足度:★★★★★

大手キャリアならテザリングは有料オプションの場合も多いです。月額数百円支払った場合のみ使用可能というケースが多いですが、楽天モバイルはコストなしでテザリングが使えるので大満足です。

大手キャリアの場合、テザリングは有料オプションとして追加料金が発生することがあります。

しかし楽天モバイルなら無料でテザリングを使用可能です。

複数台スマホを持っている方や、タブレット・PCを外出先で使いたい方にも楽天モバイルはぴったりです。

設定も難しくなくスムーズだった

男性

【48歳・男性・OPPO RENO 3A】

満足度:★★★★☆

問題なくデザリング出できます。
スマートフォンで設定しないといけませんが、それ程難しいわけではありません。
ただ試しに一度利用しただけなので、ずっと使ってると不具合を感じるかもしれませんね。

設定で手間取ることはなく、問題なく使用できたという口コミです。

普段使用しているスマホで簡単にテザリングができ、Wi-Fiルーターをレンタルする必要がない点も楽天モバイルのメリットの1つです。

▲目次に戻る

楽天モバイルのテザリングを解説

楽天モバイルでは、オプション料金不要でテザリングを利用できます。

Wi-Fiテザリングはもちろん、USBやBluetoothによるテザリングにも対応。

さまざまなデバイスとを接続することが可能です。

ただし、機種によってはテザリングが使えない可能性もあります。

取扱説明書などを確認し、事前に自分の使っているスマホが対応しているかどうかチェックすることをおすすめします。

また楽天モバイルでは楽天回線とパートナー回線の2種類が利用可能です。

それぞれのエリアをまたぐ際にタイムラグが発生する可能性があるので、テザリングを利用する際は注意してください。

一部のデバイスを使用している場合、楽天モバイルが公開しているAPN設定ではテザリングを使用できないことがあります。

この場合はAPNタイプに「dun」を追加すると利用できることが多いので、試してみてください。

▲目次に戻る

楽天モバイルのおすすめポイントをチェック

楽天モバイル

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

次に、楽天モバイルのおすすめポイントを紹介します。

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 料金が安い
  • 楽天回線(自社回線)は速度制限なしでネット使い放題
  • GalaxyやXperiaなどの人気機種を販売している
  • 楽天モバイルに対応しているスマホなら乗り換えても使い続けられる
  • プラン料金1年無料など充実したキャンペーンを複数開催

楽天モバイルの最大の魅力は料金の安さです。

通信料金が安いだけではなく、Rakuten Linkを使えば追加料金なしで通話料金やSMS送信料も無料になるのが他のキャリアと違います。

他にも、GalaxyやXperia、AQUOSなどの人気機種を多数取り揃えている点も嬉しいポイントです。

また大変お得なキャンペーンを複数開催している点も見逃せません。

スマホ料金を安くしたい・大容量通信を利用したい・楽天ポイントをお得に貯めたいと考えている人は、ぜひ楽天モバイルの契約を検討してみてください。

▲目次に戻る

楽天モバイルについてよくある質問

楽天モバイル
最後に、楽天モバイルに関してよくある質問に回答します。

今回チェックする質問は以下の5つです。

楽天モバイルについてよくある質問
  • 本当に無料で使えるのか
  • 楽天モバイルは問題なく繋がるのか
  • 楽天ポイントが貯まるのは本当か
  • デザリングの使い勝手はどうか
  • エリアマップは正確なのか

本当に無料で使えるのか

以下の条件をすべて満たしていれば、無料で利用できます。

楽天モバイルを無料で使う条件
  • 月間データ通信量が1GB以下
  • 有料となる通話/SMSを利用していない
  • 有料オプションを契約していない
  • 1契約者につき1回線のみ契約している

契約時に事務手数料等を取られることもないので、上記の条件を満たせば完全無料で利用できます。

楽天モバイルは問題なく繋がるのか

都内での利用は全く問題がないとの口コミがありました。

また自社回線エリア以外ではパートナー回線となってしまうものの、問題なく使用できているとの口コミも複数見られました。

楽天回線エリア・auローミングエリアのいずれかに含まれていれば、問題なく繋がります。

楽天ポイントが貯まるのは本当か

楽天モバイルの利用代金を支払うと110円につき1ポイントが貯まります。

また、SPUの対象サービスの1つとなっているため、よりお得に楽天ポイントを貯められるのがメリットです。

ただし1年間無料キャンペーンが適用されている場合、無料期間はポイントが貯まらない点には注意してください。

デザリングの使い勝手はどうか

楽天モバイルではオプション料金を支払うことなくテザリングを利用できるため、便利だとの口コミが多く見られました。

またパートナー回線を使用した場合、5GBを超えても速度制限は1Mbpsのため、問題なく使用できるとのことです。

なお、自社回線エリアで10GB/日を超過した場合の速度は3Mbpsです。

▲目次に戻る

料金が安くお得に使えるのは楽天モバイル!

楽天モバイル
この記事では、楽天モバイルの口コミ・評判について紹介しました。

エリアや通信速度に関してはマイナスな口コミも見られましたが、料金の安さや料金プランについては好意的な口コミが多い印象でした。

楽天モバイルの良い口コミ
  • 通信容量が無制限で使い放題な点が気に入っている
  • 通信料金の安さが最大の魅力(20GB超過後はどれだけ使っても3,278円)
  • スマホが本当に毎月無料で使えて驚いている
  • 税抜100円で1ポイントもらえるので、楽天ポイントがじゃんじゃん貯まる
楽天モバイルの悪い口コミ
  • 自社回線エリアが広くないため山間部などつながりにくい地域も多い
  • 通信速度が安定しないことがある

最後に、楽天モバイルのおすすめポイントについてまとめます。

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 新プラン「Rakuten UN-LIMITⅥ」は最高でも3,278円で使い放題
  • 楽天回線は使い放題・パートナー回線は5GB超過後に速度制限あり
  • 楽天回線の対応エリアは現在東京付近や名古屋・大阪付近の主要都市に集中しているが、順次拡大中
  • キャンペーンのポイント付与・SPU対象で楽天市場での買い物がさらにお得に
  • 対応機種であればテザリングが無料で使える

楽天モバイルは大手キャリアと比較するとサービス提供開始から日が浅く、自社回線が使用できるエリアもそれほど広くありません。

しかし料金プランについて言えば、非常にリーズナブルでお得なキャリアだと言えます。

また楽天の自社回線エリアは今後さらに拡大していく予定です。

現在はパートナー回線を使用している地域でも、近いうちに楽天回線が利用できるようになる可能性があります。

月々のスマホ料金を抑えつつ通信品質を確保したい人は、ぜひ楽天モバイルの利用を検討してみてください。

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。
ArrayArray