楽天モバイルのキャリアメールアドレスの付与や提供はいつからの予定?

  • 2022年6月3日
  • by.annacom14

楽天メール

楽天モバイルはどれだけ使っても3,278円。年会費無料の楽天カードやキャンペーン中の楽天ひかりをセットでご利用がお得。

この記事では、楽天モバイルのキャリアメールアドレスの付与や提供はいつからの予定なのかについて解説しています。

楽天モバイルは、2022年7月1日(金)よりキャリアメールの提供を開始すると発表しました。

これまで2度に渡って延期されたキャリアメールサービスが、いよいよ利用できるようになります。

本記事では、楽天メールの詳細やキャリアメールを使うメリットについても解説していきます。

楽天モバイルのキャリアメール
  • 2022年7月1日から提供開始
  • メールアドレスの持ち運びサービスは8月提供開始予定
  • 独自ドメインは「@rakumail.jp」

トップ画像引用元:2022年7月1日スタート予定!Rakuten UN-LIMIT VII(料金プラン) | 楽天モバイル

楽天モバイルキャリアメールは2022年7月1日から提供開始

Rakuten Link

画像引用元:Rakuten Link_楽天モバイル

楽天モバイルのキャリアメールサービスは、2022年7月1日から提供を開始します。

メールサービスの名称は「楽天メール」。

さまざまなメールフィルター機能が搭載されており、セキュリティ対策が充実しているのが特徴です。

他社が提供するメールサービスと同様、フリーメールとのやり取りや、ネットショッピングなどのメールアドレス設定に利用できます。

フリーメールサービスを登録しなくても、簡単にメッセージや写真・動画の送受信が行えるようになるのもうれしいポイントですね。

なお、楽天メールはRakuten Linkアプリ内で利用できるようになるため、楽天回線契約とRakuten Linkアプリの登録が必須です。

また、対象料金プランは「Rakuten UN-LIMIT VII」なので、MVNOの楽天モバイルを利用している人は利用できません。

MVNOの楽天モバイルを利用している場合は、これまで通り「Rメール(@rakuten.jp)」を利用することになります。

楽天モバイルのキャリアメールの概要
  • ドメイン:@rakumail.jp
  • 受信トレイ容量:1GB
  • 追加料金:不要
  • 対象者:Rakuten UN-LIMIT VII契約者
  • Rakuten Linkアプリ内で利用できる

rakuten.jpはキャリアメールではない?

Rメール

画像引用元:楽天モバイル: Rメール(@rakuten.jp)

楽天モバイルを長く使っているなら、以前「rakuten.jp」というドメインのアドレスが提供されていたことを覚えている人もいるのではないでしょうか?

結論から見ると、このドメインのアドレスは「Rメール」と呼ばれていますが、これから契約することはできません。

RメールはMVNO時代のキャリアメール

Rメールは楽天モバイルがドコモ・auのMVNOとしてサービスを提供していたときのキャリアメールです。

「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」「コミコミプラン」を契約したユーザーが使用できるアドレスですが、MVNOサービスは現在では新規契約はできません。

以前からMVNOを使用しているユーザーの一部が使用できるアドレスと覚えておきましょう。

キャリアメールを使うメリット

メリット

では、キャリアメールを使うメリットには一体どのようなものがあるのでしょうか?

キャリアメールを使うメリット
  • フリーメールよりもセキュリティが高い
  • ガラケーとのメールのやり取りがしやすい
  • キャリアメールの使用を推奨しているサービスがある

下記にて詳しく解説していきます。

用途によってはキャリアメールがなくても全く困らないので、自身の利用スタイルをよく考えて必要かどうか判断しましょう。

フリーメールよりもセキュリティが高い

キャリアメールとは、各キャリアが契約者向けに専用ドメインで提供しているメールアドレスです。

有料のキャリアメール持ち運びサービスを使用しない限り、当該キャリアの回線を契約しているユーザーしか使えません。

その特性上、フリーメールよりもセキュリティが高いとされており、情報漏洩などを防ぎやすいといわれています。

とはいえ、迷惑メールやフィッシングメールはキャリアメールでも存在するため、必ずしもセキュリティ強化に役立つとは限りません。

キャリアメールユーザーの中にはフリーメールが届かない機種もある

キャリアメールをメインで使用しているユーザーの場合、フリーメールから送信したメールを受信できないケースがあります。

その理由は、迷惑メール対策としてフリーメールから送信されてくるメールを受信しない設定しない設定にしているユーザーが存在するためです。

キャリアメールをメインで使用しているユーザーとやり取りするなら、こちらもキャリアメールを使用したほうがスムーズになるでしょう。

なお、受信側の設定を変更すればフリーメールでのやり取りも可能になります。

楽天モバイルにMNPする場合は、事前に相手に伝えて設定を確認・変更してもらいましょう。

キャリアメールの使用を推奨しているサービスがある

一部のサービスでは、登録するメールアドレスをフリーメールにするかキャリアメールにするかで利便性が異なります。

ゆうちょ銀行のオンラインバンキングがその一例で、キャリアメールを登録したユーザーのみできる手続きがあります。

このようなサービスを利用している場合、普段は使わなくてもキャリアメールがあったほうが便利です。

楽天モバイルでキャリアメールは本当に必要?

スマホを操作

ここまでキャリアメールのメリットについて解説しました。

では、楽天モバイルでキャリアメールは本当に必要なのでしょうか?

解約した時に持ち運び手数料がかかる

利用中のキャリアから他社に乗り換える場合、引継ぎできるのは電話番号のみで、そのままではキャリアメールは継続利用できません。

他社に乗り換えても利用していたメールアドレスを使うには、有料サービスの「メールアドレス持ち運びサービス」の申し込みが必要です。

ドコモ・au・ソフトバンクではすでに提供を開始しており、ドコモとauは月額330円、ソフトバンクは年額3,300円で利用できます。

楽天モバイルでも、同様のサービスを2022年8月から提供開始予定です。

現時点で詳細は発表されていませんが、他キャリアと同様、有料での提供になると予想されます。

したがって、2022年8月以降、楽天モバイルから他社に乗り換えてもメールアドレスを継続利用はできますが、費用がかかる点に注意してください。

アプリやWebサイト側がすぐに対応するわけではない

キャリアメールを推奨しているアプリやWebサイトについても、楽天モバイルのドメインは新しいものになるので、対応するようになるまで多少の時間はかかると思われます。

このデメリットはサービス側が対応するまでの一時的なものですが、提供開始後にすぐに切り替えたいと思っているなら注意しましょう。

これらのデメリットを考えると、キャリアメールは必ずしも必要なものとはいえません。

楽天モバイルはキャリアメール提供開始でさらに便利に!

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル

今回は、楽天モバイルのキャリアメールの付与や提供はいつからの予定なのかについて解説してきました。

楽天モバイルのキャリアメールは、2022年7月1日から提供開始予定です。

Rakuten Linkアプリ内で利用するサービスとなるため、楽天回線契約とRakuten Linkアプリの登録が必須となる点に注意してください。

楽天メールは無料で利用することができ、他社メールとのやり取りや、ショッピングサイトのメールアドレス設定にも利用が可能です。

セキュリティ対策も充実しているので、フリーメールよりも安全・快適に利用することができます。

提供が開始後は、自分の好きなアドレス名に変更してから利用しましょう。

楽天モバイルのキャリアメール
  • 2022年7月1日から提供開始
  • メールアドレスの持ち運びサービスは8月提供開始予定
  • 独自ドメインは「@rakumail.jp」

楽天モバイルはどれだけ使っても3,278円。年会費無料の楽天カードやキャンペーン中の楽天ひかりをセットでご利用がお得。

この記事を書いた人
宮城県出身の元キャリアショップ店員。ドコモ・au・ソフトバンクでの勤務経験があり、その知識を活かしウェブライターに転身。 契約中のキャリアはドコモ。スマホはiPhone、タブレットはiPadを使用。 漫画やアニメを観るのが毎日の楽しみ。ダイエッターでもあり、3ヶ月で10kgの減量に成功。美ボディを目指して奮闘中!