楽天モバイルからの乗り換え先でおすすめは?MNP転出方法や注意点も

  • 2022年6月1日
  • by.nuko

楽天モバイル

楽天モバイルはどれだけ使っても3,278円。年会費無料の楽天カードやキャンペーン中の楽天ひかりをセットでご利用がお得。

この記事では、楽天モバイルから乗り換えるのにおすすめの格安プラン・格安SIMを紹介します。

楽天モバイルは今まで0円運用できることで、メイン回線・サブ回線問わず人気があります。

しかし、2022年7月から0円運用できなくなることで、楽天モバイルから乗り換える方が増えています。

楽天モバイルから乗り換えて7月以降もお得に使いたい方は、ぜひここで紹介する格安プラン・格安SIMを検討してください。

楽天モバイルからのおすすめ乗り換え先
  • LINEMO
    3GB月額990円でLINE使い放題
  • povo
    0円運用可能で必要に応じて都度課金スタイル
  • OCN モバイル ONE
    500MBが550円で超ライトユーザーにおすすめ
  • mineo
    最大1.5Mbpsの無制限プランでたっぷり使う方におすすめ

トップ画像引用元:楽天モバイル

楽天モバイルからの乗り換え先おすすめ

楽天モバイルキャンペーン

画像引用元:他社から乗り換え(MNP)限定!iPhone SE(第3世代)発売記念キャンペーン | キャンペーン・特典 | 楽天モバイル

さっそく楽天モバイルからおすすめの乗り換え先を見ていきましょう。

楽天モバイルをどういった目的・使い方をしているかによって、おすすめの乗り換え先は変わります。

しかし、多くの方は次の4社に乗り換えれば、楽天モバイルのまま7月を迎えるよりお得になるでしょう。

楽天モバイルからのおすすめ乗り換え先
  • LINEMO
    3GB月額990円でLINE使い放題
  • povo
    0円運用可能で必要に応じて都度課金スタイル
  • OCN モバイル ONE
    500MBが550円で超ライトユーザーにおすすめ
  • mineo
    最大1.5Mbpsの無制限プランでたっぷり使う方におすすめ

LINEMO

LINEMO

画像引用元:LINEMOの料金プラン|【公式】LINEMO – ラインモ|格安SIM

LINEMOは、ソフトバンクが提供する格安プランです。

サービス開始当初は20GBプランのみでしたが、3GBプランが登場したことでライトユーザーに特に人気があります。

LINEMOのポイント
  • LINEギガフリーでトークも通話も使い放題
  • 3GBが990円と格安SIM並の安さ
  • ソフトバンク回線で通信速度が快適
項目ミニプランスマホプラン
月額料金990円2,728円
通信容量3GB
LINEギガフリー
20GB
LINEギガフリー
速度制限時300Kbps1Mbps
音声通話22円/30秒
通話オプション
通話準定額:月額550円
通話定額:月額1,650円
ネットワーク4G/5G
手続き方法オンラインのみ
新規契約事務手数料無料
詳細LINEMO(公式サイト)LINEMO

LINEMOは3GBプランがある格安プランです。

ソフトバンク品質の快適な通信速度と格安SIMの安さを両立していることで、非常に人気が出ています。

「楽天モバイルが0円じゃなくなるならLINEMO」という方が多く、今乗り換えユーザーが増えています。

そんなLINEMOの最大の特徴は、LINEのデータ消費が無くなることです。

LINEトークはもちろん、音声通話・ビデオ通話もデータ消費がないため、連絡で使うデータ量がほとんど必要なくなります。

ミニプランが半年間実質無料!

LINEMOは2022年5月20日から、ミニプランへの乗り換えで半年間実質無料になるキャンペーンを開催しています。

キャンペーン概要
  • 終了時期未定
  • ミニプランへの乗り換え・新規契約が対象
  • 6ヶ月間PayPayポイント990円相当還元

今までのミニプランを対象としたキャンペーンの中でも群を抜いてお得なので、楽天モバイルから乗り換えるなら今が大チャンスです。

LINEMOをおすすめできる人

LINEMOは先にお伝えした特徴から、次のような方が楽天モバイルから乗り換えるのにおすすめです。

  • 毎月3GBあれば十分な方
  • 毎日LINEで通話したい方
  • 通信速度が速い方がいい方

毎月3GB以下のユーザーは約6割と言われています。

そのため、LINEMOなら多くの方が月額990円で快適に使えるでしょう。

LINEMOをおすすめできない人

LINEMOはオンライン契約専用のプランなので、次のような方にはおすすめできません。

  • 契約・プラン変更をスマホで手続きするのが不安な方
  • 故障・トラブルがあった時にショップに行きたい方
  • スマホの操作に不安がある方やショップのサポートを受けたい方

ソフトバンクショップでのサポートはなく、契約からオプション加入・解約など、必要な手続きは全てWeb手続きです。

そのため、ショップのサポートが必要な方は、LINEMOへの乗り換えは慎重に検討した方がいいでしょう。

povo

povo2.0

画像引用元:料金プラン詳細|基本料ゼロから始めるau回線のスマホプラン【公式】povo2.0

povoはauが提供する格安プランです。

基本料金0円で、必要に応じてデータ量や通話オプションをトッピング(課金)して利用するスタイルです。

povoのポイント
  • 基本料金0円
  • 3GB/30日が990円で利用可能
  • 1回330円で24時間使い放題
povo2.0
料金0円
データ容量24時間使い放題330円
1GB(7日間)390円
3GB(30日間)990円
20GB(30日間)2,700円
90GB(90日間)6,490円
180GB(180日間)12,980円
通信制限時の速度最大128kbps
通話+550円
かけ放題+1,650円
国際ローミング×(対応予定)
eSIM
5G
詳細povo公式サイト

povoはトッピングで必要な時に課金するスタイルなので、基本料金0円で運用できます。

楽天モバイルでサブ回線を0円運用している方は、povoに乗り換えれば今まで通り0円運用できるでしょう。

また、トッピングしないと最大128kbpsと低速ですが、LINEでテキストメッセージを送るくらいは問題なく利用できます。

povoをおすすめできる人

povoは料金プランの特徴から、次のような方が楽天モバイルから乗り換えるのにおすすめです。

  • 自宅や職場のWi-Fi中心に利用する方
  • モバイル通信ではテキストメッセージ中心の方
  • サブ回線の楽天モバイル乗り換え先を探している方

povoを0円運用目的で乗り換える場合、通信速度がネックになります。

そのため、Wi-Fi中心の生活をしている方やサブ回線に楽天モバイルを使っている方など、通信速度が出なくても十分な使い方にぴったりです。

ただし、povoの0円運用はトッピングなしで180日経過すると利用停止・契約解除されてしまいます。

事前に登録メールアドレスとSMSで通知されますが、放置して自動解約にならないように注意が必要です。

povoをおすすめできない

povoは次のような方にはおすすめできない格安プランです。

  • メイン回線の0円運用目的の方
  • 契約手続きやトラブル時にショップを利用したい方

povoは0円運用での通信速度が超低速なことから、楽天モバイルをメイン回線で0円運用していた方には不向きです。

0円運用はできなくなりますが、OCN モバイル ONEの500MBプランなど、小容量・低価格の格安SIMを検討した方がいいでしょう。

また、povoはオンライン契約専用プランなので、ショップでの手続き・サポートが必要な方にも向きません。

フルプリペイドプランの特性上、スマホの操作や契約変更等の手続きに不安がない方向けのプランとなっています。

OCNモバイルONE

OCN モバイル ONE

画像引用元:OCN モバイル ONE 料金一覧(新コース) | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

OCN モバイル ONEは、通信速度が格安SIMの中でも速いことで人気のサービスです。

「ドコモのエコノミーMVNO」として500MBプランが提供されているため、1GB未満で十分な方におすすめの格安SIMとなります。

OCN モバイル ONEのポイント
  • 500MBなら月額550円
  • 1GBが月額770円
  • その他のデータ量も低価格
  • どの時間帯も比較的快適な速度
音声通話SIM料金
0.5GB550円
1GB770円
3GB990円
6GB1,320円
10GB1,760円
通話料11円/30秒
10分かけ放題935円
トップ3かけ放題
かけ放題ダブル1,430円
詳細OCNモバイルONE公式サイトOCNモバイル

OCN モバイル ONEの料金プランは、最大10GBまでと全体的に小容量向けです。

しかし、料金は格安SIMの中でもかなり安い方なので、コスパ重視の方も満足できるでしょう。

また、かけ放題系の通話オプションも安くて豊富なので、通話が多い方も安心して乗り換えられます。

OCNモバイルONEをおすすめできる人

OCN モバイル ONEは、次のような方が楽天モバイルから乗り換えるのにおすすめです。

  • 毎月500MB〜1GBで足りる方
  • 遅い格安SIMは避けたい方

OCN モバイル ONEは500MB月額550円、1GB月額770円で利用できます。

そのため、楽天モバイルが1GB未満も有料になった後の月額1,078円と比較すると、OCN モバイル ONEの方がお得に利用できます。

また、OCN モバイル ONEは通信速度の速さに定評がある格安SIMで、お昼の時間帯も割と快適に使えます。

また、屋内や地方などプラチナバンドが必要な場所でも楽天モバイルより快適なので、格安SIMでも速度を大切にしたい方におすすめです。

OCNモバイルONEをおすすめできない

一方で、OCN モバイル ONEは、次のような方にはおすすめできません。

  • 毎月10GB以上〜無制限で使っていた方
  • 電池持ちが悪くなったスマホを利用している方

OCN モバイル ONEの料金プランは、最大でも10GBまでです。

そのため、楽天モバイルを毎月無制限でたっぷり使っていた方が乗り換えると、データ量が足りずに困ってしまうでしょう。

また、OCN モバイル ONEは通信方式の関係で、電池消費が大きい格安SIMと言われています。

2022年第1四半期中に仕様変更が予定されていて改善される可能性が高いと考えられますが、現時点では電池持ちが悪くなったスマホとの相性が悪い格安SIMです。

乗り換え時にスマホも買い換える方は気にしなくていいでしょうが、端末持ち込みで乗り換える予定の方は注意した方がいいでしょう。

mineo

mineo

画像引用元:サイトのご利用にあたって|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineoは、独自コミュニティやパケット節約につながる独自サービスが豊富で、格安SIM初心者に人気の高いサービスです。

最近、最大1.5Mbps・3Mbpsの無制限サービスをリリースしたことで、たっぷりデータ量を使いたい方にも注目されています。

mineoのポイント
  • 月額385円のパケット放題 Plusが人気
  • お昼に使わないなら低速無制限プラン「マイそく」がお得
  • 困ったことはマイネ王で気軽に聞ける
  • 3ヶ月間1,188円割引キャンペーンでお得に試せる
データ量通常料金割引後
1GB1,298円110円
5GB1,518円330円
10GB1,958円770円
20GB2,178円990円
1.5Mbps990円-
3Mbps2,200円-

mineoの料金プランはデータ量別の「マイピタ」と低速無制限の「マイそく」が用意されています。

マイピタは格安SIMとしては一般的な月額料金ですが、ここに月額385円のパケット放題 Plusを加えることで、好きな時に最大1.5Mbpsでデータ量無制限にできます。

最大1.5Mbpsは遅く感じる方もいますが、Web検索やSNSなら特に問題なく使えて、YouTubeなどの動画も中画質(480p)なら止まることなく視聴できる速度です。

また、マイそくはお昼に32kbpsまで遅くなりますが、その他の時間帯は常に最大1.5Mbps・3Mbpsで使い放題になるプランです。

使い方がぴったりハマれば、マイピタよりお得に無制限になるので、安く無制限にしたい方におすすめです。

mineoをおすすめできる人

mineoは無制限プランがある特徴から、次のような方におすすめです。

  • 楽天モバイルを無制限で使っていた方
  • スマホで動画視聴できる速度があれば十分な方

楽天モバイルは安く無制限で使えることで選んでいた方も多いのではないでしょうか。

そんな方の多くは、mineoの低速無制限プランでも十分満足できる可能性があります。

mineoはキャンペーンで3ヶ月間1,188円割引があるので、パケット放題 Plusを加えても495円から使えます。

低速無制限がどの程度使えるのか気になる方は、お得に始められる今のうちに試してみてください。

mineoをおすすめできない

mineoは最近無制限プランが注目を集めていますが、料金プランとしては決して最安値ではありません。

また、お昼時に遅くなりやすい傾向にあることで、次のような方にはおすすめできません。

  • お昼に使うことが多い方
  • 高速かつ無制限で使いたい方
  • 1GB・3GBなど少量量で安さ重視の方

データ量無制限で、さらにある程度速度が欲しい方は、楽天モバイルのまま継続した方がいいかもしれません。

また、1GB・3GBなど小容量で足りる方も、LINEMOやOCN モバイル ONEなどもっと安い格安SIMがあります。

mineo公式サイト

楽天モバイルを解約しないほうがいい場合も

Rakuten UN-LIMIT VII

画像引用元:2022年7月1日スタート予定!Rakuten UN-LIMIT VII(料金プラン) | Rakuten UN-LIMIT VI(料金プラン) | 楽天モバイル

ここまで楽天モバイルからおすすめの乗り換え先を紹介しましたが、次のような方は楽天モバイルのまま利用した方がいいかもしれません。

楽天モバイルのままがいいケース
  • データ量無制限が魅力で楽天モバイルを使っていた方
  • Rakuten Linkの無料通話をフル活用している方

データ量無制限が魅力で楽天モバイルを使っていた方

楽天モバイルは7月から新たなプランが登場し、1GB未満の0円運用ができなくなります。

しかし、毎月20GB以上利用してデータ量無制限になっている場合、新プランも従来プランも同じ利用料金です。

そのため、データ量無制限で楽天モバイルを使っている方は、そのまま継続利用した方がいいでしょう。

Rakuten Linkの無料通話をフル活用している方

楽天モバイルでRakuten Linkの国内通話かけ放題を活用している方は、楽天モバイルを継続した方がいいかもしれません。

7月から楽天モバイルは1GB未満でも月額1,078円かかりますが、基本料金を支払っていればRakuten Linkの無料通話はそのまま利用できます。

他社の通話オプションでかけ放題にするには、月額1,300〜1,600円ほどかかります。

つまり、通話中心で利用するなら、楽天モバイルが最安値で使えることに変わりないということです。

楽天モバイルからMNP転出する方法

iPhone SE3 グリップ

最後に、楽天モバイルから格安SIM・格安プランにMNP転出する手順を見ていきましょう。

楽天モバイルからMNP転出する手順
  1. 乗り換え先で今のスマホが使えるかチェック
  2. 楽天モバイルからMNP予約番号を取得
  3. 乗り換え先の公式サイトから申し込む
  4. SIMカードを入れてスマホの初期設定

手順1:乗り換え先で今のスマホが使えるかチェック

楽天モバイルから他社に端末持ち込みで乗り換える際は、乗り換え先の格安SIM・格安プランで今のスマホが使えるか確認しましょう。

特に楽天モバイルのオリジナルモデルの場合、スマホの周波数が乗り換え先に非対応ということもあります。

格安SIM各社は動作確認一覧を公開しているので、乗り換え前にお使いのスマホが掲載されているか確認してください。

手順2:楽天モバイルからMNP予約番号を取得

スマホの動作確認が取れたら、続いてMNP予約番号を取得しましょう。

MNP予約番号は、my 楽天モバイルからすぐ発行できます。

以下、楽天モバイルでMNP予約番号を取得する手順です。

手順画像引用元:MNP予約番号の発行方法や他社へ転出する際の注意点 | お客様サポート | 楽天モバイル

手順1:my 楽天モバイルにアクセスしてメニューをタップ

my 楽天モバイルにアクセスしてメニューをタップ

手順2:「契約プラン」をタップ

メニューから「契約プラン」をタップ

手順3:「その他のお手続き」の「手続きへ進む」をタップ

「その他のお手続き」の「手続きへ進む」をタップ

手順4:「他社へのお乗り換え(MNP)」をタップ

「他社へのお乗り換え(MNP)」をタップ

手順5:アンケートに回答して「MNP予約番号を発行する」をタップ

アンケートに回答して「MNP予約番号を発行する」をタップ

なお、MNP予約番号の有効期限は15日間ですが、乗り換え先によっては10日以上残っていないと申し込めない場合があります。

MNP予約番号を取得したら、すぐ乗り換え先に申し込みましょう。

手順3:乗り換え先の公式サイトから申し込む

MNP予約番号が取得できたら、乗り換え先の格安SIM・格安プランに申し込みましょう。

おすすめ格安SIM

申し込み手順は乗り換え先によって異なりますが、基本的に画面に従って入力していくだけです。

手順4:SIMカードを入れてスマホの初期設定

格安SIM・格安プランのSIMカードが届いたら、スマホの初期設定を行います。

すでに利用中のスマホを乗り換え先でも使う場合は、APN設定を変えるだけでOKです。

具体的な設定手順は、次の記事をチェックしてください。

楽天モバイルからの乗り換え先おすすめまとめ

楽天モバイルオリジナルモデル比較

画像引用元:Rakuten BIG s(楽天ビッグエス) | スマートフォン | 楽天モバイル

今回は、楽天モバイルから乗り換えるのにおすすめの格安プラン・格安SIMを紹介しました。

楽天モバイルからのおすすめ乗り換え先
  • LINEMO
    3GB月額990円でLINE使い放題
  • povo
    0円運用可能で必要に応じて都度課金スタイル
  • OCN モバイル ONE
    500MBが550円で超ライトユーザーにおすすめ
  • mineo
    最大1.5Mbpsの無制限プランでたっぷり使う方におすすめ

楽天モバイルは今まで0円運用できましたが、2022年7月からは1GB未満でも月額1,078円かかるようになります。

そのため、「月額0円だから使っていた」という方の多くは、使い方に合わせて格安SIMや格安プランへの乗り換えが必要です。

今回紹介した格安SIM・格安プランは、楽天モバイルの新プラン発表で今申し込みが激増している人気サービスです。

ぜひ使い方にあった乗り換え先を見つけて、7月以降もスマホ料金を最安値で使ってください。

楽天モバイルはどれだけ使っても3,278円。年会費無料の楽天カードやキャンペーン中の楽天ひかりをセットでご利用がお得。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!