RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2019年最新版】

  • 2019年10月25日
  • by 
RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2019年最新版】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

5位 AQUOS sense3 Plus

AQUOS sense3 plus

画像引用元:AQUOS sense3 plus | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

AQUOS sense3 Plusは、人気のAQUOSシリーズの廉価版モデルです。

AQUOS sense3より大きい6.0インチのディスプレイと高性能なスピーカーが特徴です。

もちろんAQUOSシリーズなので、水に濡れても問題なく操作可能。

「高性能モデルでなくてもいいけど安心して使いたい」という方におすすめの1台ですよ!

AQUOS sense3 Plusのスペック

項目auソフトバンク
本体サイズ高さ:160 mm
幅:75 mm
厚さ:8.7 mm
重さ175g
SoCSnapdragon 636
1.8GHz+1.6GHz
オクタコア
OSAndroid 9
メモリ6GB
ストレージ64GB128GB
SDカード最大512GB
画面サイズ6.0インチ IGZO
2,220×1,080 Full HD+
メインカメラ12MP+13MP
デュアルカメラ
サブカメラ8MP
バッテリー容量4,000mAh

AQUOS sense3 PlusはSnapdragon 636とRAM6GBを搭載。

フラグシップモデルと比べるとスペックは低くなりますが、ゲームでも重い物でなければサクサクプレイできます。

また、au版は「AQUOS sense3 Plusサウンド」と銘打って音楽機能を推しています。

とはいえ、aptXHD対応の高音質イヤホンが同梱しているだけでスペック自体は同じですね。

また、ストレージはau版が64GB、ソフトバンク版が128GBと分かれています。

AQUOS sense3 Plusのデザインや機能・特徴

AQUOS sense3 Plusは、従来のAQUOS senseシリーズと同じような質感・デザインのまま6.0インチに大型化されています。

1番大きな変更点は、シリーズ初のデュアルカメラを搭載したことでしょう。

残念ながらスマホトレンドの超広角カメラはありませんが、カメラレンズが増えたことで暗い場所や手ぶれ補正の強化に期待できます。

また、AIが自動的に適切な設定にしてくれるので、何気なく撮った写真もバッチリ!

恒例の高精細なIGZOディスプレイで、撮った写真や動画が綺麗に観れますよ。

AQUOS sense3 Plusの価格

AQUOS sense3 Plusは2019年12月発売予定で、現時点で価格情報は公開されていません。

今までの同じスペック帯の価格から、一括払いで6万円前後、アップグレードプログラムDX等の割引を使って3万円前後になると考えられます。

6GBかつコスパ重視で機種変更するなら、AQUOS sense3 Plusも有力な選択肢になそうですね!

AQUOS sense3シリーズ徹底比較!lite・plus・無印正解はどれ?

次のページではGalaxy Foldを紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ