8インチタブレットおすすめランキング|iPad/Android【2019年】

8インチタブレットおすすめランキング|iPad/Android【2019年】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

昨今、モバイル用のパソコンやスマホの普及著しいですが、それらと同様にタブレットの普及も目を見張るものがあります。

そんなタブレットですが、中でも8インチサイズのタブレットはモバイルに適した機種といえます。

そこで今回は、2019年現在の8インチタブレットおすすめランキングを紹介していきます。

1 ランキングの前に

iPad

タブレットで多数派ともいえるサイズは、主に10インチ前後のサイズです。

今回紹介するサイズはそれよりも小さいサイズの8インチとなりますが、ランキングの前に8インチタブレットのメリットについて紹介します。

タブレット自体のメリットとは、スマホよりも大きくパソコンよりもコンパクトで、なおかつ取り出してすぐに使えるという利便性で、大きなスマホともいえます。

しかし、主流である10インチ以上のタブレットは家の中で操作するのには何処へでも持っていけて便利ですが、いざ外出時に持ち歩くとなるとパソコンほどではありませんがかさばってしまいます。

また、電車で座って使用する場合でも10インチ以上となると、どうしても隣の人を気に掛けなければいけません。

その点8インチタブレットの場合、これらの問題点をほぼクリアできるサイズといえ、まさにモバイルに特化したサイズのタブレットといえます。

それでは次項よりランキングを紹介します。

1位 iPad mini(第5世代)  Wi-Fiモデル 64GB

iPad mini 第5世代

画像引用元:iPad mini – Apple(日本)

iPad mini4の発売以来、いつかいつかと期待されていたNew iPad miniが2019年3月末に発売になりました。

画面サイズは7.9インチそのままですが、中身がこの4年間を一瞬で取り戻したようにパワーアップ。

iOSは最新、そしてCPUはiPhoneXSやiPhone XRと同じA12 Bionicです。

なんといってもうれしいのが、iPad miniでApple Pencilが使えるということです。

メモ書きやちょっとしたイラストなどが思いのままに、思い立ったときにかけるというのがものすごく便利です。

Apple Pencilは第1世代のものしか対応していませんが、それでもいままでのタブレットやiPad miniからすると使えるシチュエーションが大きく広がります。

項目iPad mini (第5世代) Wi-Fiモデル 64GB
OSiOS 12
CPUApple A12 Bionic
重量300.5g
記憶容量64GB
カメラアウト:800万画素
イン:700万画素
価格45,800円
Apple Store

容量は64GBと256GBがありますが、普段使いには64GBでも十分です。

最近はクラウドストレージを利用する方も多くなっているのであまり気にすることもないでしょう。

新型iPad AirとiPad mini登場!3キャリアの予約・発売日と価格を解説

2位 iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GB

iPad mini4

おすすめの8インチタブレット第2位はiPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GBになります。

iPad mini 4のインチサイズは正確には7.9インチとなりますが、ほぼ8インチである上に人気、性能全てにおいて高い満足度です。

New iPad miniが発売される前までは、圧倒的に1位だったほど実力と人気を兼ね備えています。

スペックは以下の表になります。

項目iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GB
OSiOS 12
CPUApple A8
重量300.5g
記憶容量64GB
カメラアウト:800万画素
イン:120万画素
価格76,464円
ドコモ公式ショップ

iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GBが発売されたのは2015年の9月ですが、2019年現在に至るまで高い評価を維持し続け、8インチのタブレットとしては高評価を得ています。

全ての性能において高い水準にあるiPad mini 4ですが、中でもiPhoneユーザーであれば8インチタブレットを選ぶなら間違いのない機種といえます。

また、AndroidユーザーにしてみてもiPhoneと同じインターフェイスを搭載するiPad mini 4はApple製品の入門機としても最適です。

値段の高さが気になるポイント

iPadとApple製品

iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GBはデメリットらしいデメリットもなく多くの面において高い水準を誇っていますが、唯一といって良いほどのデメリットとして価格の高さがあります。

これはiPhoneなどのApple製品全般に言えることですが、Android製品と比較するとどうしても値段の高さが目についてしまいます。

ドコモのiPad/iPad Proの維持費いくら?最安プランをシミュレーション

3位 BLUEDOT BNT-801W

タブレットBLUEDOTのBNT-801W

画像引用元:BNT-801W | BLUEDOT株式会社

おすすめの8インチタブレット第3位は2018年11月に発売されたBLUEDOT BNT-801Wです。

スペックは以下の表になります。

項目BLUEDOT BNT-801W
OSAndroid 8.1
CPUMediaTek MT8163
1.3GHz
重量320g
記憶容量16GB
カメラアウト:200万画素
イン:30万画素

iPad miniと比較した場合、カメラや記憶容量の点でどうしても差が付いてしまいますが、BLUEDOT BNT-801Wの魅力はそれを補って余りあるほどの安さにあります。

公式ストアによる価格が10,980円と他社の追随を許さない安さを誇るBLUEDOT BNT-801Wですが、決して安かろう悪かろうではなく、タブレット入門機としての性能はしっかりと押さえています。

その人気は大手価格比較サイトにも表れていて、2,000機種以上ある商品の中でも高いランキングを誇っています。

時には、iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GBを上回ることもある売れ筋です。

カメラの弱さはデメリットとなり得るか?

タブレットBLUEDOTのBNT-801W

画像引用元:BNT-801W | BLUEDOT株式会社

最大の魅力は圧倒的な安さですが、どうせ買うならしっかりとしたものを買いたいと感じる人は多く、その点ではどうしてもスペック面の弱さが目立ちます。

中でも記憶容量とカメラが目立ちますが、記憶容量はAndroidタブレットらしく外付けのSDカードで拡張が可能ですので問題はほぼクリアといえます。

残すはカメラですが、スマホにおけるカメラ性能と違って実際にはタブレットにカメラ性能を要求する人は少ないため実害はほぼありません

それよりも、2018年11月発売と比較的新しい機種のためか、現状殆どのAndroid8インチタブレットのOSが7クラスなのに対してBLUEDOT BNT-801WはOS8.1です。

また、充電などに使用するUSB端子には接続時に裏表を気にする必要のないUSB Type-Cを採用しているのも魅力の1つといえます。

【2018-19年冬春版】最新タブレットおすすめランキング|iPad/Android

4位 HUAWEI MediaPad M3 Lite LTEモデル  SIMフリー

HUAWEI MediaPad M3 Lite

画像引用元:HUAWEI MediaPad M3 Lite | HUAWEI Japan

おすすめ8インチタブレットの第4位は、2017年8月に発売されたHUAWEI MediaPad M3 Lite LTEモデル CPN-L09 SIMフリーになります。

スペックは下記の表です。

項目HUAWEI MediaPad M3 Lite LTEモデル CPN-L09 SIMフリー
OSAndroid 7.0
CPUMSM8940
1.4GHz+1.1GHz
重量310 g
記憶容量32GB
カメラアウト:800万画素
イン:800万画素

表を見ると基本的なスペックはインカメラを除くと比較的平均値であるといえますが、この機種の魅力はなんといっても多彩な機能であるといえます。

  • 視力保護モード
  • 画面輝度調整
  • ジェスチャーコントロール
  • マルチウィンドウ
  • キッズモード

など、多彩な機能は他のタブレットではあまり見ないものです。

なお、価格は20,000円台半ばと第3位のBLUEDOT BNT-801Wと比較すると高く感じてしまうかもしれませんが、様々なシーンで活躍する多くの機能を考えると手頃な価格といえます。

自撮りも鮮明なオールインワン機

HUAWEI MediaPad M3 Lite

画像引用元:HUAWEI MediaPad M3 Lite | HUAWEI Japan

第3位のBLUEDOT BNT-801Wの項でタブレットにおけるカメラの立ち位置について触れましたが、インカメラが800万画素もある場合は話が変わってきます

通常の場合、仮にカメラの性能が良くても10インチ以上のタブレットの場合だと取り回し性能が低く、どうしてもスマホにその地位を譲ることとなってしまいます。

しかし、8インチタブレットの場合だと難点である取り回し性能が改善されるため、カメラを使用した自撮りやSNSも存分に楽しむことが可能です。

前項の多彩な機能も相まって、外出する際にはHUAWEI MediaPad M3 Lite LTEモデルを1台持っていけば、様々なシーンで活躍できること間違いなしといえます。

5位 NEC LAVIE Tab E

タブレット LAVIE Tab E

画像引用元:2019年春モデル LAVIE Tab E|NEC LAVIE公式サイト

第5位は2017年8月に発売されたNEC LAVIE Tab Eになります。

スペックは以下の表です。

項目NEC LAVIE Tab E
OSAndroid 7.1
CPUAPQ8017
1.4GHz
重量340 g
記憶容量16GB
カメラアウト:500万画素
イン:200万画素

表を見てみるとこれまで紹介してきたランキング上位の機種と比較するとどうしても見劣りしてしまいますが、NEC LAVIE Tab Eは全体的なバランスを評価して第5位となりました。

中でも価格面においては第3位のBLUEDOT BNT-801Wには及ばないものの、他の多くのタブレットが20,000円を超えていることを考えると20,000円台を切るのは魅力の1つといえます。

臨場感あるサウンド

LAVIE Tab E

画像引用元:2019年春モデル LAVIE Tab E|NEC LAVIE公式サイト

NEC LAVIE Tab Eの最大の魅力は価格とスペックのバランスですが、機能面においての魅力はDolby Atmosと前面ステレオスピーカーによる臨場感のあるサウンドです。

多くの人がタブレットの利用方法として挙げている動画視聴や音楽鑑賞などはやはり音響というものが重要で、このモデルの特徴であるフロントスピーカーはとても優秀といえます。

また安価な海外勢の機種が目立つ中で、国産メーカーにこだわりたい人にもぜひおすすめです。

6位 ASUS ZenPad 8.0 Z380M

タブレット ASUS ZenPad 8.0 Z380M

画像引用元:ASUS ZenPad 8.0 (Z380M) | タブレット | ASUS 日本

第6位はロングヒットを続けている2016年7月に発売されたASUS ZenPad 8.0 Z380Mになります。

スペックは以下の表です。

項目ASUS ZenPad 8.0 Z380M
OSAndroid 6.0
CPUMediaTek MT8163
1.3GHz
重量350 g
記憶容量16GB
カメラアウト:500万画素
イン:200万画素

表を見てみるとわかる通り、OSこそAndroid 6.0ではありますがその他のスペックにおいて1年後に発売されている第5位のNEC LAVIE Tab Eと大きく差がありません。

加えて、タブレットの場合はスマホと比較するとカラーバリエーションに乏しいですが、ASUS ZenPad 8.0 Z380Mはタブレットにしては珍しく3つのカラーがあるのも特徴です。

また、価格面においても最安値で20,000円を切っていますので、購入のタイミングとしては今がベストではないでしょうか。

イヤフォンで光るバーチャルサラウンドサウンド

タブレット ASUS ZenPad 8.0 Z380M

画像引用元:ASUS ZenPad 8.0 (Z380M) | タブレット | ASUS 日本

タブレットの利用方法として多くの人が動画視聴や音楽鑑賞を挙げているというのを触れましたが、利便性に優れた8インチタブレットの場合は外出時の利用も考えなければいけません。

外出時にはイヤフォンやヘッドフォンなどを使用しますが、ASUS ZenPad 8.0 Z380Mのサウンドシステムはこの時にこそ光ります。

ASUS ZenPad 8.0 Z380MはDTS Headphone:Xに対応していて、イヤフォンやヘッドフォンを使用時には7.1chのバーチャルサラウンドサウンドを楽しむことが出来ます。

まるで映画館やライブハウスにいるような立体的な音響は、外出先での音楽や動画の楽しみをより一層高めてくれます。

また、8インチという利便性も重なり外出時には常にカバンに入れておきたい機種といえます。

2 安さと利便性の両立は8インチのタブレットで

タブレットで電話をする男性

8インチタブレットおすすめランキングを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

数多くあるタブレットの中でも8インチタブレット自体が少ないため、以前発売されて現在に至るまでロングヒットしている機種が目立ちました。

8インチタブレットは高い利便性が魅力の1つですが、その他にも値段の手軽さというのも魅力の1つです。

手頃な価格からタブレット入門機としても優秀ですので、ぜひこの機会に8インチタブレットを購入してみてはいかがでしょうか。

8インチタブレットおすすめランキング

  • 第1位 iPad mini (第5世代) Wi-Fiモデル 64GB
  • 第2位 iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GB
  • 第3位 BLUEDOT BNT-801W
  • 第4位 HUAWEI MediaPad M3 Lite LTEモデル CPN-L09 SIMフリー
  • 第5位 NEC LAVIE Tab E
  • 第6位 ASUS ZenPad 8.0 Z380M
高性能Androidタブレットおすすめランキング【2018-19冬春】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

SIMフリースマホ最新おすすめランキング【2019夏モデル】... 格安SIMの人気が高まるにつれ、SIMフリースマホもラインナップが豊富になってきました。 格安SIMとSIMフリースマホの組み合わせはキャリアのスマホと比較すると、月額料金が格安になるのでおすすめです。 また、SIMフリースマホ...
RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2019年最新版】... 2019年も様々なスマホが登場し、特にフラグシップモデルは最新Snapdragon 855でさらに性能が上がりました。 ただ、高性能なスマホの機種が増えると、どうしても機種選びに悩んでしまいますよね。 そこで今回は2019年夏モ...
ドコモおすすめ最新スマホ機種ランキング【2019夏モデル】... NTTドコモは、2019年夏の新商品ラインナップとして、 ドコモスマートフォン:10機種 ドコモケータイ:2機種 データ通信製品(モバイルWi-Fiルーター):1機種 以上の計13機種を発表しました。 さら...
【2019年夏版】最新スマホおすすめランキング|全キャリアまとめ... 2019年夏の最新スマホおすすめランキングを作りました! ドコモ・au・ソフトバンクから発売されたスマホ、SIMフリースマホの全部の中から最強のスマホはいったいどの機種なのか? まずはランキング形式で最新スマホの特徴や価格を紹介...