ワイモバイルの料金をリアルにシミュレーション!どのくらい安くなる?

  • 2019年11月25日
  • by 
ワイモバイルの料金をリアルにシミュレーション!どのくらい安くなる?

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルはソフトバンク系の格安SIMであり、安くて快適にネットが使える通信事業者として非常に高い評価を得ています。

キャリアから格安SIMに乗り換えを検討する人は、まずワイモバイルを候補に挙げるのではないでしょうか。

取り扱い機種にもiPhoneやXperiaがあるので、キャリアからの乗り換えも比較的しやすく、初めて格安SIMを使うという人にもぴったりです。

では、実際にキャリアからワイモバイルへ乗り換えると、どのくらい安くなるのでしょうか。

本記事では、ワイモバイルの料金プランやオプションについて詳しく解説したあと、実際にキャリアからワイモバイルに乗り換えることを想定した料金シミュレーションをします。

具体的にキャリアからワイモバイルに乗り換えてどの程度安くなるのか、2年間使うと総額いくらになるのか、徹底的に検証していくので是非参考にしてください。

ワイモバイルに契約するとどのくらい安くなるの?
  • 基本料金の最安値は4GB使えて7ヶ月は1,480円
  • 取り扱っているスマホの機種代金の分割も月々1,500円~2,000円程度
  • 基本料金に10分間かけ放題のオプションが含まれている
  • 最低限の料金に抑えれば、キャリアの半額以下にすることも可能
  • 3つのシチュエーションに分けてシミュレーション

トップ画像引用元:10月1日から2年縛りなし解除料なし|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルの料金プラン・オプションを徹底解説

ワイモバイルのXperia

画像引用元:XPERIA ついにワイモバから出た。 | Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

料金のシミュレーションをする前に、まずはワイモバイルの料金プランについて詳しく見ていきましょう。

ワイモバイルの料金プランは他の格安SIMに比べるとやや高めだといわれていますが、

  • ネットをある程度たくさん使いたい
  • 通話をよく使う

という人には非常におすすめのプランです。

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルの料金プランを簡単に表にしてみました。

項目スマホプランSスマホプランMスマホプランL
基本料金2,680円3,680円4,680円
データ通信量3GB→4GB9GB→12GB14GB→17GB
国内通話10分以内
無料
新規割
(6ヶ月間のみ)
-700円
おうち割 光セット(A)
または
家族割引サービス(2回線目以降)
-500円
6ヶ月間の月額料金1,480円2,480円3,480円
7ヶ月目からの月額料金2,180円3,180円4,180円
データ増量オプション
(25ヶ月間無料)
500円
3年目以降の月額料金2,680円3,680円4,680円

ワイモバイルの料金は全て定額制となっています。

キャリアでも最安値1,980円で使えるプランがありますが、従量制プランなので使ったら使っただけお金がかかります。

つまり、必ずしも最低料金を実現できるかどうかわかりません。

しかし、ワイモバイルならプランのデータ通信量に達したら通信速度が低速化するだけで、それ以上お金がかかることはありません。

そして、7ヶ月間は通常料金から700円割引が適用されます。

さらに2年間はデータ通信量が増量した状態で利用できます。

ただし、3年目以降は500円のオプション料金がかかるので気をつけてください。

あまりデータ通信量は要らないということであれば、無料期間が終わるタイミングでオプションを外すことをおすすめします。

料金プランの中に10分間通話し放題が含まれている

基本料金の中には、通話定額のオプション料金も含まれています。

1回10分間以内の電話がかけ放題となるので、キャリアの5分通話し放題よりも時間が長く、料金も安く利用できます。

10分かけ放題の対象は国内通話のみであり、その中でも無料対象外の電話番号がいくつかあります。(ナビダイヤルなど)

基本的に、電話をした時に「通話が有料になる」とアナウンスされるものに関しては通話料がかかると思ってください。

2年契約・解除料は一切ない

2019年10月1日から、ワイモバイルの契約内容はガラリと変わりました。

その中で1番大きな変更点は、「2年契約と契約解除料の廃止」です。

これまでワイモバイルでは、2年契約で自動更新があり、契約更新月以外に解約や他社へ乗り換えをすると9,500円の契約解除料が発生していました。

ほぼキャリアと同じ2年縛りがあったのです。

しかし、10月に廃止となったため、これまでよりも気軽に契約することができ、合わないと感じたら解約や他社への乗り換えがしやすくなりました。

ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」の概要と旧プランとの違い

ワイモバイルのオプションサービス

ワイモバイルにはいくつかオプションサービスがありますが、この章ではその中でもメインとなる2つのオプションサービスについて解説します。

メインとなる2つのオプション
  • スーパーだれとでも定額
  • 故障安心パックプラス

多くの人が加入を迷うオプションは上記の2つだと思われます。

スーパーだれとでも定額

『スーパーだれとでも定額』とは、基本料金に含まれている10分かけ放題を無制限かけ放題にすることができるオプション機能です。

料金は1,000円。

何時間通話しても通話料金は一切発生しないので、長電話をする機会が多い人や、仕事の連絡でよく自分のスマホを利用している人にもおすすめです。

対象は国内通話であり、前述の10分かけ放題と同じく無料対象外となる番号もあるので気をつけてください。

ほとんどの人が加入する必要がないと感じるかもしれませんが、継続的に『スーパーだれとでも定額』なしで通話料が1,000円を超える場合は加入した方がお得になります。

故障安心パックプラス

『故障安心パックプラス』は、スマホの故障や紛失時に安く、または無償修理ができる・会員価格で新品のスマホを購入することができる保証オプションです。

項目料金
故障無料
同一機種に交換7,500円~
水濡れ・全損5,000円
外装交換1,500円
紛失・盗難会員価格にて対応

月額料金は690円であり、基本的に無償で修理が可能です。

しかし、水濡れや全損の場合は5,000円かかります。

それでも保証オプションなしで修理するよりも確実に安いです。

外装交換に関しては1,500円で修理ができます。

新品との交換もできますが、最低でも7,500円かかりますし、機種によって価格が異なるので注意してください。

紛失の場合は、会員価格(30%~50%OFF程度)でスマホが購入できます。

スマホをよく壊してしまう人や、紛失などの経験がある人は念のために加入することをおすすめします。

家族割引サービスとは?

『家族割引サービス』とは、1回線目を親回線として2回線目以降の子回線から割引が適用されるサービスです。

子回線であれば1台あたり500円の割引が適用され、最大9回線まで利用することができます。

親回線と子回線のグループから外れない限り、永年割引が適用されます。

契約時だけでなく、後から割引の手続きをすることも可能です。

おうち割 光セット(A)との併用は不可

ワイモバイルには、光回線であるソフトバンク光とセットで利用することで500円の割引が適用される『おうち割 光セット(A)』があります。

『家族割引サービス』と併用すれば「1,000円の割引となるのでは?」と期待したくなりますが、残念ながら併用はできません

どちらか片方のみとなるので気をつけてください。

ワイモバイルの料金プランとオプション
  • 6ヶ月間は700円割引で利用できる
  • 2年間はデータ通信量を無料で増量した状態で使うことができる
  • 基本料金に10分間かけ放題の通話オプションがついている
  • 家族割引サービスで、親回線を除く子回線最大9回線が500円割引になる

次のページでは、より具体的にモデルケースごとにワイモバイルの月額料金をシミュレーションしてみます。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ