ソフトバンクの料金プラン見直し!料金シミュレーションと変更方法

ソフトバンクの料金プラン見直し!料金シミュレーションと変更方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回は2018年9月より新料金プランを発表したソフトバンクで、料金プランをシミュレーションを交えて紹介します。

新料金プランはデータ定額の「ウルトラギガモンスター」と、使った分だけのデータプラン「ミニモンスター」があります。

それぞれにかかる料金を確認して、プランが最適になっているか見ていきます。

ソフトバンクで機種変更するタイミングや、プランの見直し・変更を考えている人も、まだ考えていない人もぜひ最後まで読んでみてください。

トップ画像引用元:ウルトラギガモンスター+(プラス) | モバイル | ソフトバンク

1 ソフトバンクの新料金プランの基本

ソフトバンクは2018年9月に新料金プランを発表しましたが、今回に限らず新プランの発表があっても正直分かり辛くて、結果としてプランはそのままという人も少なからずいます

これまでのソフトバンクの料金プランは大きく分けて2種類の通話定額プランと1GB、2GB、5GB、20GB、50GBという5種類のデータ定額プランという区分です。

加えて、現状では申込することができなくなっているホワイトプラン(電話は変動制料金、データは7GBまで定額のプラン)も入れて3種類がメインでした。

上記のように旧料金体制は比較的わかりやすかったのですが、新料金プランは少しややこしくなっていて、基本的には下記の3種類の組み合わせによって料金が決まってきます。

  • 通話プラン
  • データプラン
  • その他割引・キャンペーン

それぞれについて詳しく説明していきます。

2 ソフトバンクの通話プランは3種類

ソフトバンクの新料金プランの通話プランは3種類あります。

項目月々料金備考
通話プラン1,200円国内通話 20円/30秒
通話プラン準定額1,700円1回5分以内の国内通話し放題
通話プラン定額2,700円24時間すべての国内通話し放題

もっとも料金が安いのは2年契約で定額ではない基本通話プランの1,200円です。ただし、通話が30秒毎に20円加算されていきます。

これに1回5分以内の通話なら通話し放題の準定額オプション500円を付けると1,700円になります。

そして、基本通話プランに24時間通話し放題の完全定額オプション1,500円を付けると、合計2,700円の通話プランとなっていきます。

そのため完全定額であれば問題はありませんが、1回5分以内の通話し放題の準定額の場合は5分を超えた分は基本通話プランと同じ料金加算がされます。

また、通話プランの区分の中にはどのプランを選択しても一律で加算されるウェブ使用料の月額300円必要となります。

2-1 気をつけておきたい「2年契約の有無」と契約解除料

通話プランの最安値は2年契約が条件の基本通話プランで月額1,200円ですが、2年契約を付けなかった場合は基本通話プランは月額3,900円に跳ね上がります。

これまで継続的にソフトバンクを利用してきている、またはこれから利用していこうと考えている人の場合はあまり関係ないかもしれませんが、中には2年契約をしない人もいます。

2年契約を契約期間満了の翌請求月と翌々請求月以外で解約する場合は契約解除料として9,500円がかかってしまいます。

そのため、仮にキャリア変更の予定がある人からしてみれば、契約解除料を支払わない代わりに高い月額料金を選ぶ場合があるようです。

比較すると実に月額2,700円もの差額ですので4ヶ月もすれば契約解除料を超えてきます。

近々で具体的なキャリア変更予定が入っていない限りは2年契約をしていた方が無難です。

3 ソフトバンクのデータプランは2種類

画像引用元:ウルトラギガモンスター+(プラス) | モバイル | ソフトバンク

新しいデータプランは完全定額の「データ定額50GBプラス(ウルトラギガモンスター+)」と変動制定額の「データ定額ミニモンスター 」の2種類です。

項目月々料金備考
データ定額 50GBプラス「ウルトラギガモンスター+」5,980円対象サービス無制限
データ定額「ミニモンスター 」2,480円~0GB~50GBまでの変動制
最大6,980円/月

中でも、ある意味でデータ定額50GBプラスの『対象サービス無制限』こそが新料金プランの最大の目玉ともいうべきポイントで、以下8つの対象サービスが無制限になります。

  • YouTube
  • Abema TV
  • TVer
  • GYAO!
  • Hulu
  • LINE
  • Instagram
  • Facebook

これは50GBのデータ量とは別に対象サービスの使用が無制限になるというもので、これまでデータ容量消費の上位にいたサービスが多いだけに破格のプランといえます。

とはいえ、対象サービスのすべてのデータ量無制限というわけではなく、例えばLINE通話のデータ量は対象外であったりするなど細かい条件があるようです。

また、料金も一方の変動制データ定額と比較すると倍以上となりますので、月のデータ量が一定量で収まっている場合は割高と感じてしまうこともあります。

3-1 wi-fiメインなら変動制データ定額『ミニモンスター』がおすすめ

「データ定額50GBプラス」はYouTubeなどのデータ量の大きなサービスのデータ通信が無制限になる破格なプランです。

しかし、これはあくまでwi-fiを利用しない人にとっての破格になります。

近年のデータ使用量の増加から、スマホを利用する中でもwi-fiを併用して利用している人は少なからずいます。

その場合、wi-fiメインの人ならもう一方の変動制データ定額『ミニモンスター』の方がお得となります。

データ定額『ミニモンスター』の月額費用は以下となります。

データ使用量月額費用
~1GB2,480円
~2GB4,480円
~5GB5,980円
5GB以上6,980円

つまり、

  • データ使用量1GB未満であればデータ定額ミニモンスターの方がお得
  • データ使用量2GB以上であればデータ定額50GBプラスがお得

になります。

ソフトバンクのミニモンスターの全て|対象機種・月額料金のまとめ

ソフトバンク × Yahoo! Japanカード(ヤフーカード)の組み合わせはお得!

ソフトバンクユーザーやソフトバンクへのりかえを考えているならYahoo! Japanカードがオススメです。

入会審査が最短3分、年会費無料のうえ、ソフトバンクの通話通信の利用料金(税込)1,000円につきTポイントが5ポイント、クレジット利用ポイントで100円につき1ポイント貯まります。

Tポイントは、ソフトバンクの支払いにも使えるので、ソフトバンクユーザーにとってオススメのカードです。

話題のPayPay連携で入会キャンペーンやポイント還元が効果的なのも特長です。

▽【年会費無料】入会特典はこちら

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

携帯料金の平均っていくら?スマホとガラケーで月額は結構違う【2019】... スマホなどのモバイル機器を利用している限り毎月のように支払っている携帯料金。 「思ったより安い」と感じる人もいれば、「なんか高いような気がする」と感じている人もいるかもしれません。 また、「携帯料金の平均ってどれくらいなんだろう」と...
携帯キャリア「分離プラン」は何がどう変わるの?今までとの違いは何?... 皆さんは「分離プラン」というものをご存知でしょうか? 分離プランとは、早ければ2019年夏に各大手キャリアに対して義務付けられる料金プランのことであり、月額料金を毎月払う我々の生活にも大きな影響を与えます。 特に、機種代金に与え...
ソフトバンクオンラインショップ限定|iPhone SEが10,800円で購入可能!... ソフトバンクのスペシャルフェアでiPhone SEをはじめとした人気機種が格安価格で提供されています。 iPhone SEはドコモでもauでも2019/3/22現在取り扱いがありません。つまりソフトバンクだけです。 Androi...
新型iPad AirとiPad mini登場!3キャリアの予約・発売日と価格を解説... 米アップルは2019年3月18日に「iPad Air」「iPad mini」の新型をこっそりと発表しました(発表会などなく、いきなり登場のパターン)。 iPadファンにとってはある意味サプライズだったかもしれません。 というのも...