MacBookの中古はコレがおすすめ|歴代モデルと通販サイトを徹底比較

MacBookの中古はコレがおすすめ|歴代モデルと通販サイトを徹底比較

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Appleが販売する『MacBook』は人気も性能も高いパソコンです。

Windowsと異なり製造しているメーカーはAppleだけなのでトラブルに対応しやすく、iPhone等のiOS製品と親和性が高いのが特徴です。

デザインの良さも人気の秘訣ですし、スペックの高さから、学生からデザイナーやノマドワーカー、ブロガーにも人気の高いノートパソコンですが値段が高いのが、玉にきずです。

その為、新品ではなく中古のMacBookを検討される方も多いのですが、MacBookはモデルの種類も多く、どのMacBookを選んだら良いか迷う方も少なくありません。

そこで今回は、

  • おすすめのMacBook
  • どの通販サイトで購入するのが良いか

を紹介していきます。

おすすめ中古MacBookと通販サイト
  • 初めて利用する人は『MacBook Air MQD32J SSD128GB』
  • ガッツリ使い倒すなら『MacBook Pro MR942J SSD512GB』
  • 持ち運びしやすさなら『MacBook MNYH2J SSD256GB』
  • 通販サイトはApple公式か老舗パソコンショップを選ぼう

トップ画像引用元:MacBook – Apple(日本)

1 おすすめの中古MacBookモデルを3種紹介

MacBook

画像引用元:MacBookを購入 – Apple(日本)

2019年5月の時点でMacBookは数多くの種類が発売されています。

MacBookはその中でも大きく分けて、

  • MacBook
  • MacBook Air
  • MacBook Pro

の3種類に分けられます。

スペックの高さと値段の高さで比較するなら『MacBook Pro』が最もスペックと値段が高く、『MacBook』『MacBook Air』の順に並んでいく傾向にあります。

MacBookシリーズは年代が新しくなればなるほどスペックが高くなるので、古いMacBook Proよりも新しいMacBookの方がスペックが上になる事もありますが基本的には上記の通りです。

2019年5月時点で中古でMacBookを購入する場合、極端に古いモデルを除外しておすすめのモデルを3種紹介するなら以下の3つになります。

初めてMacBookを使う人向けは『MacBook Air MQD32J SSD128GB』

MacBook Air

画像引用元:MacBook Air – Apple(日本)

MacBookを初めて使う人やお試しでMacBookを購入して使い心地を試してみたいなら『MacBook Air MQD32J SSD128GB』がおすすめ候補に挙げられます。

このモデルは2018年7月に発売されたモデルで後述するビンテージ製品となりハードウェアサポート対象除外時期が2023年と長く利用できるMacBookになっております。

2019年5月時点で発売されてから1年も経過していないのに中古市場では82,980円と10万円以下で、MacBookの中でも手を出しやすいお手軽さが何よりの魅力です。

保存メモリがSSD128GBなので、たくさんの写真や動画・音楽などの大容量データを取り込むとメモリが一杯になる可能性はありますがガッツリ使う予定でなければ充分です。

10万円以下で購入できて1年以内に発売された新しいMacBookが欲しい人や、MacBookデビューを考えている方には『MacBook Air MQD32J SSD128GB』がおすすめです。

ハイスペックな中古MacBookなら『MacBook Pro MR942J SSD512GB』

MaxBookPro

画像引用元:MacBook Pro – Apple(日本)

MacBook Pro MR942J SSD512GBがおすすめの方
  • 「中古と言えどMacBookを使うならハイスペックなMacBookが欲しい」
  • 「ビジネス用にも使える中古MacBookが欲しい」

という方には『MacBook Pro MR942J SSD512GB』がおすすめです。

『MacBook Pro MR942J SSD512GB』は2018年7月に発売され内蔵メモリが16GB、保存メモリもSSDで512GBなので処理能力も高く保存領域も容量をたっぷり持たせてあるMacBookです。

画面サイズも15.4インチとノートパソコンの中でも大画面となっておりますので、元々のスペックの高さを生かしてデザインやプログラミングも出来るMacBookです。

Proと名がついてある通り、プロフェッショナルやビジネス用にも活用できるMacBookなので腰を据えて使えば良いビジネスパートナーとなってくれるノートパソコンになるでしょう。

もちろんビジネス用でなくて単純にスペックが高いMacBookが欲しい方にもおすすめのモデルです。

取り回しの良さを重視するなら『MacBook MNYH2J SSD256GB』

MaxBook

画像引用元:MacBook – Apple(日本)

MacBookに限らずノートパソコンは自宅から外出先まで持ち運べるのが特徴で、最近では外出先で仕事をするビジネスマンやノマドワーカーも少なくありません。

そんな外出先で仕事をする人たちにおすすめなのが『MacBook MNYH2J SSD256GB』で『MacBook』の中でも0.92gと1kg以下の重量の軽さが最大の特徴です。

前述した2台のMacBookはそれぞれ約1.3kgなので400g近く軽くなっており、非常に取り回しが良くフットワークの軽さを重視するビジネスマンに特に受けているモデルです。

2017年6月に発売されたモデルですが内蔵メモリは8GBで保存メモリ256GBと、2019年Apple Storeで発売されている『MacBook』のエントリーモデルとほぼ同じスペックです。

外出先で仕事をするのに適したMacBookが欲しいなら『MacBook MNYH2J SSD256GB』がおすすめのモデルになります。

Macbook Proレビュー|iPhoneと相性抜群のハイスペックプロ向けPC

次の章では、中古MacBookを購入するときの注意すべき点について紹介します。

2 中古MacBookを購入するときの注意すべき点

注意を促す男性

おすすめの中古MacBook3種を紹介した際に、それぞれ発売時期に言及しておりますがこれは中古MacBookを購入する際に大事なポイントだからです。

MacBookは古いモデルでも高性能なパソコンも多いので、今でも2010年代前半に発売されたモデルを愛用したり中古市場でその年代のモデルを購入する方も少なくありません。

しかしMacBookに限らずApple販売製品は、極端に古い年代物の購入は避けた方が無難です。

2-1 極端に古いMacBookはハードウェアサポートを受けられない

Appleが販売している製品は発売から5年が経過するとビンテージ製品、発売から7年が経過するとオブソリート製品扱いになります。

『ビンテージ』と聞くと「衣服やお酒を思い浮かべて価値のある年代物!」と思う方もいますがApple製品の場合は『古すぎてハードウェアサポートが受けられない製品』になります。

購入した国や地域によってはサポートを受けられなくもないですが、基本的に日本では発売から5年が経過したApple製品はハードウェアサポート対象外となります。

その為、中古MacBookを購入する時は販売された時期にも注目する必要があるのです。

2-2 販売時期は型番や通販サイトの表記を見よう

チェックリスト

「販売時期はどこを見て判断すぺきか?」、これは通販サイトや型番表記に注目すると分かります。

通販サイトで購入するなら『20○○年○○月発売』と表記されてあれば、そこから5年間がハードウェアサポート対象期間というのが分かります。

通販サイトでは型番を記載している所も多いです。

例として『MacBook Air(13-inch・Mid 2012)MD231J/A』と記載されている時に見るべきポイントは『Mid 2012』と記載されている個所です。

これは2012年中期に発売されたモデルを表しており、2019年時点でオブソリート製品、つまりAppleのハードウェアサポート対象外製品というのが分かります。

型番と通販サイトの販売時期でハードウェアサポート対象か否かが分かりますが、逆にいえば型番も販売時期も記載していない通販サイトは避けた方が無難、とも言える訳です。

3 中古MacBookを購入するのにおすすめの通販サイト3つ紹介

中古MacBookは金額も人気も高く、取り扱っている通販サイトも多いのでどこから入手すべきか迷ってしまいます。

型番と販売時期を明記していないサイトを避けるのはもちろんですが、もしどこから入手したら良いか迷ったり比較しても分からないなら以下3つのサイトがおすすめです。

3-1 Appleオンラインストア『Apple認定済み製品』

Apple certified Products

画像引用元:認定整備済製品 – Apple(日本)

MacBookを販売するAppleは、公式アウトレット製品を『Apple認定済み製品』としてApple Storeで取り扱っています

Apple公式が取り扱っているので新品のApple製品と同様の機能と基準を満たすよう審査をしています。

更に最大15%の値引きもされていて、お得に中古MacBookを入手できます。

1年間のハードウェア製品限定補償と90日間の無償テクニカルサポートのApple Careにも対応しており、中古品にも購入後のサポート体制や品質は安定しております。

3-2 ソフマップの運営する『リコレ!』

リコレ!

画像引用元:ご利用ガイド一覧 | リコレ! | ソフマップの中古通販

パソコン関連製品を販売しているソフマップは中古商品専門店『リコレ!』を運営しています。

ここでは、ソフマップ全店の中古商品を取り扱っているのでMacBook以外の周辺機器も取り扱っております。

『リコレ!』は中古商品を360度回転する画像と虫眼鏡による拡大が可能なので、MacBookの本体に細かい傷や色が変わっていないのか商品状態が確認しやすいのが特徴です。

支払いも代金引換や現金支払いの他、クレジットカード、デビットカード、銀行振り込みなど様々な支払い方法に対応している通販サイトとなっております。

10日間の返品保証がついており初期不良にも対応、上位機種との差額を支払う事で上位機種に交換も出来るのも『リコレ!』のセールスポイントとなっております。

3-3 中古パソコンの老舗『パソコン工房』

パソコン工房

画像引用元:令和元年!スタートダッシュキャンペーン | パソコン工房【公式通販】

中古パソコンを長年取り扱っている老舗『パソコン工房』も、中古MacBookを入手する通販サイトとしておすすめの1つに挙げられます。

動作不良品をジャンク品と明記しており、ジャンク品以外は整備・清掃済みの安心保証付き製品なので購入する際は安心して購入できるのがポイントです。

何よりパソコン工房の最大の売りは毎月5の付く日と土日祝を『中古の日』と称して、新品よりも安い中古品を更に安く入手できるチャンスがある点は見逃せません。

中古MacBookが対象商品になる事もあるので、格安で手に入れたい人はパソコン工房は要チェックです。

MacBookは性能が良いので中古品をお得に入手し活用しよう

パソコンを触る女性

MacBookは発売されてから1~2年程度の型落ち製品は数年間現役で利用する事が出来るハイスペックさが売りで、中古でも人気が高く多くの品が取引される定番商品です。

ただオークションサイトではジャンク品や不動品を良品と称して販売する悪質な業者や販売者も少なくなく、トラブルの絶えない商品の1つという側面ももっております。

その為、中古MacBookを入手するならオークションサイトよりも、Apple公式や長く中古パソコンを取り扱っている専門店の通販サイトがおすすめです。

中古MacBookは中古品と言えども決して安くは無く、大事に使えばビジネスや学業、趣味にも役立つノートパソコンですので今回の記事を参考に購入も是非検討してみて下さい。

おすすめ中古MacBookと通販サイト
  • 初めて利用する人は『MacBook Air MQD32J SSD128GB』
  • ガッツリ使い倒すなら『MacBook Pro MR942J SSD512GB』
  • 持ち運びしやすさなら『MacBook MNYH2J SSD256GB』
  • 通販サイトはApple公式か老舗パソコンショップを選ぼう
MacBook比較|2019最新モデルのAir/Proはどう違ってどれがおすすめか

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ