【2022年】4インチ台の小さいスマホおすすめ4選|価格・スペックは?

  • 2022年1月24日
  • by.affiprecious

iPhone SEのホームボタン

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

大画面スマホが流行している昨今、片手で操作できる小さいスマホを探すのは難しくなっています。

大画面スマホのほうがスペックが高い傾向にあり、快適な動画の視聴を実現するため人気が高いです。

とはいえ、片手での操作が難しく落としやすい、重いといったデメリットがありますよね。

しかし、4インチ台の扱いやすい小型のスマホにも、大画面スマホと変わらないスペックを持っているスマホがあります。

そこでこの記事では、小型スマホに絞ったおすすめの機種をランキング形式で紹介しています。

2022年の最新情報ですので、ぜひ参考にしてみてください!

画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

小さいスマホを選ぶポイント

iPhone 12 mini

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 miniを購入 – Apple(日本)

小さいスマホを選ぶ際には、どうような点に注意して選べばいいのでしょうか。

ここでは、小さいスマホを選ぶ際のポイントを紹介していきます。

小さいスマホを選ぶポイント
  • ディスプレイのサイズ
  • 用途に合わせたスペックを備えているか
  • 防水・防塵、FeliCa対応などがされているか

ディスプレイのサイズを確認する

小型サイズのスマホを選ぶ際には、ディスプレイのサイズを確認しましょう。

ディスプレイのサイズは「インチ」で記載されており、どれくらいのサイズまでが小さいのか明確な定義はありません。

とはいえ、5.5インチまでなら手が小さい方でも片手での操作が可能でしょう。

実機を手にし、どれくらいのサイズまでなら片手で操作ができるのか、確認しておく必要があります。

用途に合わせたスペックを備えているかチェックしよう

自分が求めているスペックが備わっているかを確認しましょう。

スペックを確認する際には、以下の3つの点に着目しましょう。

CPU/RAM/ROMを確認しよう
  • CPU・・・人間に例えたら脳にあたる部分で、スマホの処理を行う重要なパーツ
  • RAM・・・データを一時的に保存する場所で、GB数が高いほど読み込みや動作が速くなる
  • ROM・・・画像やアプリを保存する場所で、動画や写真をよく撮る方は64GB以上が好ましい

6インチ以上の大きいスマホと比べると、カメラ性能や処理速度、バッテリー容量などスペックが低い傾向にあります。

そのため、どんな用途で使うのか目的をしっかり決めておけば、小さいサイズのスマホでも快適な操作が可能になりますよ。

日常生活を豊かにする機能を備えているか

防水・防塵機能やおサイフケータイ機能つきなど、日常生活を豊かにする機能が備わっているかを確認しましょう。

大型スマホには防水・防塵、FeliCa対応といった機能は、当たり前のように搭載されています。

しかし、小型スマホには搭載されていない場合があります。

防水・防塵機能があれば、万が一水の中に落としてしまった時に安心です。

また、おサイフケータイ機能が備わっていればSuicaやPASMOを利用できます。

コンビニやスーパーでの買い物、電車の乗り降りも今まで以上に楽になりますよ。

最近のスマホは大型化が主流になっている

新しく発売されるスマホの多くは6インチ以上で、大きいサイズだと7インチ近いサイズのスマホもあります。

スマホが登場した時に比べると、どんどん大きくなってきていますよね。

では、なぜ大型スマホが好まれているのでしょうか。

大型スマホが好まれている理由
  • 画面が大きと文字が打ちやすく操作がしやすい
  • スマホでゲームする人が増え、画面が大きいほうが操作しやすい
  • 解像度が高くなり、撮影した写真や動画が綺麗に見える
  • カメラ性能の需要が高まってきたことで、自然と大型化が進んだ
  • ディスプレイを大きくすれば、バッテリー容量も増やすことができ需要に応えることができる
  • スマホで動画を見る人が増えてきた
  • パソコンの代わりにスマホを使うようになった

また、技術の進歩により、より高性能なカメラ機能や大容量のバッテリーを求める方が増えてきました。

高性能なスマホを作るには、より多くのパーツを使う必要があるため、自然と大きいサイズになってしまいます。

そのため、近年では大型スマホが主流になっています。

小さいスマホおすすめランキング|ドコモ/au/ソフトバンク/楽天

mobilephone-rannking
まずは、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで販売されている人気の小さいスマホをランキング順に4機種紹介します。

それぞれの機種の特徴も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアの小さいスマホおすすめ人気ランキング

第1位:iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)は、2020年4月に発売されたiPhone SEの後継機ですね。

まずは、iPhone SE(第2世代)のスペックを確認していきましょう。

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー

従来のiPhoneシリーズとは少し毛色が異なり、コスパを追求したiPhone SEシリーズの新作です。

iPhone SE(第2世代)の特徴
  • 4.7インチの液晶ディスプレイ
  • トップクラスの処理能力
  • IP67の防水・防塵に対応
  • FeliCa対応

iPhone SE(第2世代)は基本性能が高く、価格も安いためコスパの高いiPhoneです。

iPhone 11シリーズと同じ処理性能を持っており、日常生活を豊かにするFeliCa機能、防水・防塵機能を備えています。

また、ホームボタンを搭載しており、現在も継続して販売されているのはiPhone SE(第2世代)のみです。

ホームボタンありで高性能、しかも小型で価格が安いiPhoneを求めている方におすすめです。

iPhone SE(第2世代)の価格

Apple Storeの価格が一段と安いですが、すべて税込で計算しています。

iPhone 11シリーズとほぼ同等の処理性能でこの価格ですから、コスパは抜群です。

iPhone SE(第2世代)64GB128GB256GB
ドコモ通常57,024円62,568円75,240円
スマホおかえしプログラム38,016円41,712円50,160円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常55,270円61,250円75,215円
スマホトクするプログラム28,750円31,970円39,215円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常57,600円64,080円78,480円
トクするサポート+(特典A)28,800円32,040円39,240円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常44,800円49,800円62,800円
アップグレードプログラム22,392円24,888円31,392円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常49,800円55,800円取扱なし
詳細Apple 公式サイトを見るApple 公式サイト

第2位:BALMUDA Phone

BALMUDA Phone

画像引用元:“ソフトバンク”、バルミューダ初のスマホ「BALMUDA Phone」を11月26日に発売 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

BALMUDA Phoneは2021年11月26日に発売された最新スマホです。

デザイン家電で有名なBALMUDAが初めて手掛けたスマホで、発表時にかなりの注目を集めました。

では、BALMUDA Phoneのスペックを見ていきましょう。

BALMUDA Phone
チップSnapdragon 765
5G対応
画面サイズ4.9インチ
本体サイズ高さ:123mm
横幅:69mm
厚さ:13.7mm
重さ138g
アウトカメラ約4,800万画素
インカメラ約800万画素
RAM6GB
ROM128GB
バッテリー容量2,500mAh
生体認証指紋
防水IPX4
FeliCa対応
ワイヤレス充電非対応
カラーブラック・ホワイト
詳細BALMUDA Phone レビュー
BALMUDA Phoneの特徴
  • 4.9インチの小型ディスプレイ
  • バルミューダ独自のアプリ
  • 手で持ちやすい独特のフォルム

「直線がない唯一無二のスマートフォン」で、手で持ちやすい独特なデザインが特徴です。

ディスプレイサイズが4.9インチと非常に小さく、持ち運びやすいスマホに仕上がっています。

本体価格が14万円台と高価なので、ハイスペックを期待してしまいそうですが、実際のスペックはハイミドルクラスです。

搭載されているチップはハイミドルクラスの「Snapdragon 765」で、メモリやストレージもハイスペックとは言えません。

デザインは非常に良いのですが、購入する際は価格と性能が比例していないスマホであることをしっかり認識しておきましょう。

BALMUDA Phoneの本体価格

BALMUDA Phoneは、価格はハイスペックスマホ並みです。

iPhoneでいえばiPhone 13 Proに並びます。購入の際は割引プログラムを利用するのがおすすめです。

キャリア機種代金割引適用時※購入
ソフトバンク143,280円71,640円公式サイト

第3位:iPhone 8

アイフォンエイトプラス

画像引用元:iPhone 8またはiPhone 8 Plusを購入する – Apple(日本)

iPhone 8は2017年9月に発売された機種です。

もう4年以上経ちますが、まだ使える小型スマホとして支持されています。

iPhone 8
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4mm
幅:67.3mm
厚さ:7.3mm
重さ約148g
アウトカメラメイン:約1,200万画素
インカメラサブ:約700万画素
ROM64/128GB
RAM非公開
CPUA11 bionicチップ
OSiOS 11
バッテリー非公開
解像度1,334 × 750
認証指紋
カラーゴールド・シルバー・スペースグレイ
iPhone 8の特徴
  • 4.7インチの小型ディスプレイ
  • 約148gの軽いボディ

発売当時はトップクラスの性能を誇っていましたが、今ではさすがにミドルクラス並みの性能です。

最新のゲームアプリを快適に遊ぶのは難しいものの、普段使いなら問題のない性能を持っています。

まだまだマスクが必要な今日、指紋認証に対応しているのは嬉しいポイントですね。

iPhone 8の本体価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ソフトバンク58,320円29,160円公式サイト

キャリアで取り扱っているのはソフトバンクのみです。

本体価格は約6万円と少々高め。割引プログラムの利用を検討しましょう。

第4位:らくらくスマートフォン F-42A

rakuraku

画像引用元:らくらくスマートフォン F-42A | らくらくスマートフォン | 製品 | NTTドコモ

らくらくスマートフォン F-42Aは、2020年9月に発売された機種です。

らくらくスマートフォン F-42A
画面サイズ約4.7インチ
本体サイズ高さ:143mm
幅:70mm
厚さ:9.3mm
重さ143g
アウトカメラ約1,310万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー2,110mAh
RAM3GB
ROM32GB
CPUSnapdragon 450
認証なし
防水IPX5/8
カラーピンク・ホワイト・
ネイビー
詳細ドコモドコモ公式ショップを見る
らくらくスマートフォン F-42Aの特徴
  • 4.7インチの小型ディスプレイ
  • 143gの軽さ
  • 初心者向けのスマホ
  • 防水・防塵・おサイフケータイ対応

スマホ初心者向けのスマホです。

エントリークラスの性能なので、重いゲームアプリをプレイするのは難しいでしょう。

しかし、普段使い用としては十分です。防塵・防水にも対応しています。

また、おサイフケータイにも対応しているため、キャッシュレス決済もOK。

文字が普通のスマホより大きく、ホーム画面も見やすく整理されています。

らくらくスマートフォン F-42Aの本体価格

らくらくスマートフォン F-42Aの価格
端末代金41,976円
月額(36回払い)1,166円
詳細ドコモドコモ公式ショップを見る

スペックに反して、価格はそこまで安くありません。

スマホ初心者で小型スマホが欲しい方にはおすすめの機種です。

小さいスマホ|SIMフリー

simfree-sumartphone

次は、SIMフリーで購入できる画面サイズが4インチ台の小さいスマホを紹介します。

2022年1月現在、該当するものは1機種のみです。小型スマホの数の少なさを物語っていますね。

iPhone 7

ドコモiPhone 7

画像引用元:iPhone 7 32GB

iPhone 7は、2016年に発売された機種です。

まずはiPhone 7のスペックを見ていきましょう。

iPhone 7
ディスプレイサイズ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.3mm
幅:67.1mm
厚さ:7.1mm
重さ138g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
インカメラ標準:約700万画素
バッテリー1,960mAh
RAM2GB
ROM32GB/128GB/256GB
CPUA10 Fusion
OSiOS 10
※iOS 14対応
認証指紋
カラーローズゴールド・シルバー・
ゴールド・ブラック・
ジェットブラック
iPhone 7の特徴
  • 4.7インチの液晶ディスプレイ
  • 重さが138gと軽い

iPhoneとはいえ5年以上前の機種なので、スペックは最新スマホのエントリー~ミドルクラス程度です。

また、メモリが2GBしかないため、1GB以上のアップデートは難しいでしょう。

SIMフリーでは3万円台で売られていることが多いようです。

小型スマホは2022年の今は貴重

この記事では、キャリアで購入できるおすすめスマホ4機種+SIMフリーの1機種を紹介しました。

キャリアの小さいスマホおすすめ人気ランキング
  1. iPhone SE(第2世代)
  2. BALMUDA Phone
  3. iPhone 8
  4. らくらくスマートフォン F-42A
SIMフリーで販売中の小さいスマホ
  • iPhone 7

ここ数年はスマホの大型化がどんどん進んでいましたが、最近はその動きが鈍くなっているようです。6インチ後半で打ち止めという印象を受けます。

とはいえ、販売中のスマホは5インチ以上の機種が圧倒的に多く、4インチ台のものは本当にごくわずかです。

最近では「BALMUDA Phone」が発売されましたが、次に小さいスマホが登場するのは、まだまだ先のことになるかもしれません。

ただ、小型スマホにも一定の需要はあります。

近年の大型スマホにはない、小型だからこその持ち運びやすさは魅力的な特長です。「携帯電話は4インチくらいが使いやすい」という意見もちらほら聞きます。

小型サイズのスマホを求めている方は、ぜひ購入を検討してみてください。

大型サイズのスマホを使った後だと、より小型スマホの快適な操作性に驚くことでしょう。

【2022年5月】スマホおすすめランキング|人気Androidの性能・価格を徹底比較!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。