小さいスマホでおすすめの9機種|4インチ台の小型モデル【2020年版】

小さいスマホは一定数の需要があります。iPhone SE2の噂がまことしやかに流れるのは、小さいスマホを待望している人がいることと、無関係ではないでしょう。手が小さい人や、操作を片手で完結させたい人におすすめの、小さいスマホを厳選しました。ご覧ください。

  • 2020年5月2日
  • by 
小さいスマホでおすすめの9機種|4インチ台の小型モデル【2020年版】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

大画面スマホが流行している昨今、4インチ台の小さいスマホを探すのは難しくなっています。

大画面のほうが売上が良いようですね。一方、大画面だと片手操作が困難なことから、小型スマホを求めているコアな層も常に一定数います。

そこでこの記事では、小型スマホに絞ったおすすめの9機種を、ランキング形式で紹介しています。

2020年の最新情報ですので、是非参考にしてください。

トップ画像引用元:シャープ 携帯電話AQUOS 公式サイト

小型スマホを探すのが難しい時代

iPhone SEのホームボタン

画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

一昔前だと、6インチなど画面の大きなスマホは目立つ存在でした。

ちなみにiPhoneシリーズでは、2014年9月発売のiPhone 6 Plusが初の大画面になるのですが、このときのサイズは5.5インチです。

やがて、大画面スマホは小型スマホより売れる傾向にあることがはっきりし始めました。

そこで各メーカーは一斉に大画面スマホの開発に力を入れるようになり、現在に至っています。

今はわざわざ、6インチ程度では大画面だなんて言うことも少なくなりました。もう当たり前だからです。

逆に、5インチを下回るような小型スマホは本当に珍しくなりました

今回9機種を選んでいますが、iPhone SE(第2世代)以外、結構無理して選んでいる部分も否めません。

スペックや機能にも注目して読み進めて頂けたらと思います。

すべて5Gには非対応です。それでは1位から順に紹介します。

1位 iPhone SE(第2世代)

iPhoneSE

画像引用元:iPhone SE – 仕様 – Apple(日本)

1位は、2020年4月24日発売のiPhone SE(第2世代)です。

なお、新型コロナウイルスの影響により、ドコモ・au・ソフトバンクでは5月11日に発売されます。

4インチ台ならこれが断トツのおすすめです。

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー

iPhone SE(第2世代)のおすすめポイントは以下の通りです。

iPhone SE(第2世代)のポイント
  • 4.7インチの液晶ディスプレイ
  • トップクラスの処理能力
  • 防水・防塵
  • FeliCa対応

FeliCaとは、ソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式です。

これにより

  • モバイルSuica
  • ID
  • QUICPay

を使った電子マネー決済ができます。

ずばりApple Payで「おサイフケータイ」のようなことができるわけですが、iPhone 7(2016年9月発売)が出るまで、iPhoneはFeliCaに対応していませんでした。

iPhone 8が最新チップで生まれ変わった

iPhone SE(第2世代)の外観・機能は、2017年9月発売のiPhone 8を受け継いでいます

そのため、iPhone 8のケースをそのまま流用可能です。

では何がiPhone 8と違うのでしょうか。

SoC(≒CPU)、つまり「頭脳」に当たるチップが最新になりました。

iPhone SE(第2世代)に搭載される「A13 Bionic」は、iPhone 11 Proとも同じ最新のものです。

そのため、処理能力が全スマホの中でもトップクラスになりました。

スマホのスペックは、処理能力で9割決まると言っても過言ではありません。

普段の操作性も、ゲーム性能も、カメラ性能も、すべて処理能力に依存するからです。

カメラにはポートレートモードが追加

iPhone SE(第2世代)のカメラはシングルレンズですが、iPhone 8より処理能力が大幅に向上したおかげで、カメラ性能も上がっています。

よりキレイな撮影ができるのはもちろん、ポートレートモードも使えるようになりました。

eSIMとWi-Fi 6にも対応

iPhone SE(第2世代)は、eSIMとWi-Fi 6にも対応しています。

しかし、日本ではまだeSIMで使えるプランは少ないです……。

また、Wi-Fi 6を使うには専用のルーターが必要となります。

Wi-Fi 6は、次世代のWi-Fi規格です。現在のWi-Fi 5と比べて、約1.3倍速度が向上します。

今後のIT文化の発展に期待したいところです。

iPhone 8は存在意義を失った?

iPhone SE(第2世代)の登場で、iPhone 8はすっかり存在意義を失ってしまいました。

そのためApple Storeでは、すでにiPhone 8は販売打ち切りになっています。

iPhone 8が低価格で投げ売りされるのであれば、また話は違いますが、記事作成時点ではどこもそういった動きは見られません。

よって、今から買うなら絶対iPhone SE(第2世代)です。

iPhone SE(第2世代)の悪いところ

強いて言うなら、認証機能が指紋認証しかなく、顔認証には対応していないことでしょう。

ただ、小型スマホの性質上、この両方に対応しているもののほうが珍しいです。

また、そもそも指紋認証派の方にとっては欠点にならないですよね。

この他にも、有機ELディスプレイではないことや、5G非対応であることなど、ちょっと残念な点はいくつかあります。

しかし、これらの欠点は今回ランキングにあげている他の全機種にも当てはまることです。

そのため、本記事では深く追求しないこととします。

iPhone SE(第2世代)の価格

iPhone SE
(第2世代)
64GB128GB256GB
Apple Store49,280円54,780円66,880円
ドコモ57,024円62,568円75,240円
au55,270円61,250円75,215円
ソフトバンク57,600円64,080円78,480円

Apple Storeの価格が一段と安いですが、すべて税込で計算しています。

ちなみにiPhone 8は、Apple Storeで64GBが58,080円、128GBが63,580円で販売されていました。

スペックが向上しただけでなく、価格もiPhone 8より大幅に下がっていますね。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2位 AQUOS R2 compact

OCNモバイルONEのAQUOS R2 compact

画像引用元:AQUOS R2 compact SH-M09 | goo Simseller

AndroidスマホならまっさきにおすすめしたいのがAQUOS R2 compactです。

2018年のハイエンドモデルに相当するスペックで、今でも十分な処理能力を有しています。

ディスプレイサイズ自体は5.2インチなのですが、本体サイズがiPhone SE(第2世代)より小さくて軽いため選出しました。

AQUOS R2 compact
ディスプレイ5.2インチ
本体サイズ高さ:約131mm
幅:64mm
厚さ:9.3mm
重さ約135g
アウトカメラ約2,260万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー2,500mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm Snapdragon 845
OSAndroid 9
解像度2,280 × 1,080
認証指紋
カラーディープホワイト・ピュアブラック

AQUOS R2 compactのおすすめポイントは以下の通りです。

AQUOS R2 compactのポイント
  • 5.2インチの液晶ディスプレイ
  • 高い処理能力
  • 防水・防塵
  • おサイフケータイ対応
  • 指紋認証・顔認証

本体いっぱいにディスプレイ

AQUOS R2 compactのディスプレイサイズが5.2インチなのは、小さくするのを妥協したからではありません。

約131×64×9.3mmという小さなボディのほぼ全面をディスプレイで占めているためです。重量は135g。

ちなみにiPhone SE(第2世代)は約138.4×67.3×7.3mmの148gです。

SoC(≒CPU)にはSnapdragon 845という、2018年のハイエンドモデルに搭載されていたものを使っており、今でもゲームを含めたほとんどの作業を快適にこなせます。

そして、指紋認証にも顔認証にも対応しています。

AQUOS R2 compactの悪いところ

小型スマホとしては、指摘すべき箇所はありません。

AQUOS R2 compactの価格

AQUOS R2 compactの価格は以下の通りとなっています。

  • ソフトバンク:61,920円
  • ヨドバシカメラ:61,380円
  • ビックカメラ:64,680円

どちらで購入しても基本6万円代で購入できそうですね。

3位 iPhone 7

iPhone 7 ワイモバイル

画像引用元:iPhone 7 を購入|オンラインストア|Y!mobile(ワイモバイル)

スペックなどは全面的にiPhone SE(第2世代)のほうが上ですが、iPhone 7は安く売られていることが多いという特徴があります。

iPhone 7
ディスプレイサイズ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.3mm
幅:67.1mm
厚さ:7.1mm
重さ138g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
インカメラ標準:約700万画素
バッテリー1,960mAh
RAM2GB
ROM32GB/128GB/256GB
CPUA10 Fusion
OSiOS 10
認証指紋
カラーローズゴールド・シルバー・
ゴールド・ブラック・
ジェットブラック

iPhone7のおすすめポイントは以下の通りです。

iPhone7のポイント
  • 4.7インチの液晶ディスプレイ
  • まだ現役の処理能力
  • 防水・防塵
  • FeliCa対応
  • 指紋認証

処理能力的に、重たい3Dゲームなどはだいぶ厳しくなってきました。

しかしそれを気にしないなら、普段使いはまだ快適です。

iPhone 7の価格

iPhone 732GB128GB
ドコモ43,560円-
ソフトバンク44,640円-
ワイモバイル
(オンラインストア)
新規・MNP
28,800円~
新規・MNP
39,600円~
機種変更
37,440円
機種変更
48,240円
UQモバイル
(オンラインショップ)
新規・MNP
25,344円
新規・MNP
35,640円
機種変更
33,264円
機種変更
43,560円

特にワイモバイルとUQモバイルでは、iPhone SE(第2世代)よりもうんと安いです。

この他、格安SIMでもiPhone 7を取り扱っているところは多いです。

4位 Xperia Ace

エクスペリアエース

画像引用元:Xperia Ace SO-02L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Xperia Aceは5.0インチなのですが、4インチ台のスマホが少ないので選出しました。

Snapdragon 630なので処理能力は低いですが、それ以外は防水・防塵におサイフケータイ対応と、手堅いスペックです。

Xperia Ace
ディスプレイサイズ5インチ
本体サイズ高さ:140mm
幅:67mm
厚さ:9.3mm
重さ154g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
インカメラ超広角:約800万画素
バッテリー2,700 mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon630
OSAndroid 9
認証指紋
カラーパープル・ホワイト・ブラック
詳細Xperia Ace 実機レビュー

Xperia Aceの注目ポイントは以下の通りです。

Xperia Aceのポイント
  • 5.0インチの液晶ディスプレイ
  • 処理能力は低い
  • 防水・防塵
  • FeliCa対応
  • 指紋認証

Xperia Aceの価格

Xperia Ace64GB
ドコモ49,896円
楽天モバイル54,800円

処理能力が低い割には少々高いです。

ただ、これより高スペックの小型Androidスマホは、AQUOS R2 compact(6万円超)になってしまいます。

5位 Rakuten Mini

Rakuten Mini

画像引用元:Rakuten Mini | スマートフォン | 楽天モバイル

楽天モバイルでは、ちょうどRakuten Miniという3.6インチの超小型スマホが発売中です。

Rakuten Mini
ディスプレイ3.6インチ
本体サイズ高さ:106.2mm
幅:53.4mm
厚さ:8.6mm
重さ79g
アウトカメラ約1,600万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー1,250mAh
RAM3GB
ROM32GB
CPUSnapdragon 439
OSAndroid 9
認証顔認証
カラーナイトブラック・クールホワイト・
クリムゾンレッド

Rakuten Miniの注目ポイントは以下の通りです。

Rakuten Miniのポイント
  • 3.6インチの液晶ディスプレイ
  • 処理能力はかなり低い
  • 防水ではない
  • おサイフケータイ対応
  • 顔認証

処理能力はかなり低いですが、おサイフケータイには対応しています。

「携帯電話」としては十分というイメージです。

またeSIMにも対応しており、楽天モバイルのプランはeSIMでも利用可能なため、SIMカードなしで使うこともできます。

Rakuten Miniの価格

楽天モバイルから21,800円で発売中です。

ちなみにSIMロックはかかっていません。

6位 Palm Phone

Palm Phone

画像引用元:Palm | Smartphone

ここから先は、もうスペックは気にしていられません。それだけ候補が不足しているためです。

小型であることと、日本での現在の入手しやすさを優先しています。また型落ちモデルは省きました。

スペックは全部低く、変わり種なスマホが多いです。

そんなわけで6位のPalm Phoneは、3.3インチの超小型スマホです。

日本での発売日は2019年4月24日です。

Palm Phoneのスペック
ディスプレイ3.3インチ
CPUSnapdragon 435
メモリ3GB
内蔵ストレージ32GB
重量62.5g
カメラ性能アウトカメラ:1,200万画素
インカメラ:800万画素
防水・防塵IP68
バッテリー容量800mAh
購入Palm公式サイト

Palm Phoneの注目ポイントは以下の通りです。

Palm Phoneのポイント
  • 3.3インチの液晶ディスプレイ
  • 処理能力はかなり低い
  • 防水・防塵
  • おサイフケータイには対応していない
  • 顔認証

Palm Phoneの価格

  • ヨドバシカメラ:44,800円
  • ビックカメラ:44,800円

7位 Unihertz Atom

Unihertz Atom

画像引用元:Atom | Unihertz

Unihertz Atomは、2.45インチという小型過ぎるスマホです。

もともとクラウドファンディングで出資を募り開発したという経緯のスマホで、出資者には2018年10月頃に手元に届きました。

防水・防塵に耐衝撃まで加わった、アウトドア用のタフネススマホでもあります。

Unihertz Atom
ディスプレイ2.45インチ
本体サイズ高さ:96mm
幅:45mm
厚さ:18mm
重さ108g
アウトカメラ約1,600万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー2,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUMediaTek
(オクタコア)
OSAndroid 8.1
認証指紋認証

Unihertz Atomの注目ポイントは以下の通りです。

Unihertz Atomのポイント
  • 2.45インチの液晶ディスプレイ
  • 処理能力はかなり低い
  • 防水・防塵
  • おサイフケータイには対応していない
  • 指紋認証

Unihertz Atomの価格

  • ヨドバシカメラ:29,030円
  • ビックカメラ:29,030円

7位 BlackBerry KEY2

BlackBerry KEY2

画像引用元:BlackBerry|2018 KEY2 SPECIAL SITE FOX.INC JAPAN.

BlackBerryは、物理キーボードを搭載していることで有名なシリーズです。

そのため本体サイズはそこまで小さくありません。

アメリカのバラク・オバマ前大統領がBlackBerry愛用者ということで、アメリカでは大きな話題になりました。

日本での発売日は2018年9月7日です。

BlackBerry KEY2のスペック
ディスプレイ4.5インチ
CPUSnapdragon SD660
メモリ6GB
内蔵ストレージ64GB、128GB
重量160g
カメラ性能アウトカメラ:1,200万画素×2
インカメラ:800万画素
防水・防塵-
バッテリー容量3500mAh
購入BlackBerry|公式サイト

BlackBerry KEY2の注目ポイントは以下の通りです。

BlackBerry KEY2のポイント
  • 4.5インチの液晶ディスプレイ
  • 処理能力はかなり低い
  • 防水・防塵ではない
  • おサイフケータイには対応していない
  • 指紋認証

BlackBerry KEY2の価格

ビックカメラから78,870円で発売中です。

ヨドバシカメラでは販売終了してしまいました。

9位 Anica K-Touch i9

Anica K-Touch i9

画像引用元: 3.5インチスマホ「K-Touch i9S」 – ヴェルテ

Anica K-Touch i9は2019年3月頃に発売された、3.5インチの縦長スマホです。

中国のAnicaテクノロジーという企業が作りました。

ANICA K-touch i9
ディスプレイ3.5インチ
本体サイズ高さ:101.6mm
幅:44mm
厚さ:8.1mm
重さ100g
アウトカメラ約800万画素
インカメラ約500万画素
バッテリー2,000mAh
RAM3GB
ROM32GB
CPUMediaTek
(クアッドコア)
OSAndroid 8.1
認証顔認証

Anica K-Touch i9の注目ポイントは以下の通りです。

Anica K-Touch i9のポイント
  • 3.5インチの液晶ディスプレイ
  • 処理能力はかなり低い
  • 防水・防塵ではない
  • おサイフケータイには対応していない
  • 顔認証

Anica K-Touch i9の価格

Amazonで販売していた時期がありましたが、現在はページごと削除されています。

そのため、おすすめはできないのですが、「こういうスマホも世界にはある」という例としてご紹介しました。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

おすすめの小さいスマホについて、よくある質問

おすすめの小さいスマホについて、よくある質問に回答しました。

小さいスマホでスペックが高いものはあるか

一部機種はスペックが高いですが、現在は6インチサイズを超えるスマホが主流です。

本記事では色々なスペックの機種を紹介しています。

Androidでおすすめの小さいスマホを教えて欲しい

AQUOS R2 compactは2018年当時のハイスペックモデルで、今でも十分使えます。

詳細は記事をご覧ください。

iPhoneSE(第2世代)とiPhone7ではどちらが良いか

スペックはiPhoneSE(第2世代)のほうが圧倒的に上ですが、価格の安さを考えるとiPhone7の選択肢も残ります。

iPhone8について

iPhone8は販売が打ち切られています。

iPhoneSE(第2世代)とサイズが変わらず、スペックは大きく向上しましたので、今からはiPhoneSE(第2世代)がおすすめです。

4インチ台の小型モデルは本当に選択肢が少ない

Rakuten Mini

画像引用元:Rakuten Mini | スマートフォン | 楽天モバイル

以上、2020年版のおすすめ小型スマホでした。

小型スマホおすすめランキング
  • 1位 iPhone SE(第2世代)
  • 2位 AQUOS R2 compact
  • 3位 iPhone 7
  • 4位 Xperia Ace
  • 5位 Rakuten Mini
  • 6位 Palm Phone
  • 7位 Unihertz Atom
  • 8位 BlackBerry KEY2
  • 9位 Anica K-Touch i9

今回9機種選出するのにあたり、本当に小型スマホの選択肢の少なさを実感しました。

多くのメーカーで開発が止まっているため、スペックが低かったり、日本では馴染みのないメーカーだったりするものが多いですね。

そんな中現れたiPhone SE(第2世代)はあまりにも貴重です。

ただ、そんなiPhone SEも第1世代は4.0インチでしたが、今年登場した第2世代では4.7インチに大型化しています。

次にSEが出る時は、iPhone 11の型を使った6.1インチになるかもしれません。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ