iPhoneのおすすめ人気機種|コスパ・スペックで選ぶならどれが良い?

【iPhone 12情報も更新!】iPhoneのおすすめ機種についてランキング形式で紹介します。iPhoneは毎年新しいモデルが発売されます。最新のiPhoneじゃなくても人気のモデルはあります。価格とスペックが見合ったおすすめiPhoneをご案内します。
  • 2021年6月7日
  • by.a-sato

iphonese

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

日本ではシェア率1位を誇るiPhoneですが、いざ買おうとするとどれが良いのかわからないという人も多いと思います。

そこで今回は、iPhoneのおすすめ人気機種をコスパやスペック、サイズの点からランキング形式で紹介していきます。

これからiPhoneを購入しようと考えている人は、是非参考にしてください。

iPhoneのおすすめ人気機種
  • 現在販売されているのはiPhone 11シリーズからiPhone 12シリーズまで
  • コスパ重視ならiPhone SE(第2世代)がおすすめ
  • スペック重視ならiPhone 12 Pro Maxがおすすめ
  • 小ささ重視ならiPhone 12 miniがおすすめ

※本記事の価格は全て総額表示

トップ画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

【2021年最新】iPhoneシリーズ一覧

iPhone12 Pro

画像引用元:iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)

2021年現在までに販売されてきたiPhoneシリーズをまとめました。

【2021年最新】iPhoneシリーズ一覧
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 5
  • iPhone 4S
  • iPhone 4
  • iPhone 3GS
  • iPhone 3G
  • iPhone(初代)

現在、キャリアやApple Storeで販売されているのは、iPhone 11以上のシリーズのみです。

その他の機種は中古ショップや格安SIMで取り扱われています。

マニアが伝授するiPhoneの選び方|今買うならどれがおすすめ?

iPhone12

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

次に、iPhoneを選ぶ時のポイントについて解説していきます。

iPhoneの選び方
  • コスパを重視する
  • カメラ性能などのスペックで選ぶ
  • サイズの大小で選ぶ
  • 使える生体認証は「何か?」で選ぶ
  • バッテリー容量で選ぶ

iPhoneは高額なハイエンドモデルというイメージが強いですが、最近は手頃な価格のミドルレンジスペックも登場しており、さまざまな価格帯を選ぶことができるようになりました。

ハイエンドモデルを求めるならiPhone 12、格安モデルを狙うならiPhone SE(第2世代)がおすすめです。

もちろん、価格とスペックの程度は比例するので、自分に見合ったスペックを兼ね備えているかどうかもチェックすることが大切です。

また、サイズの大小や使える生体認証は何なのか、バッテリー容量はどのくらいなのかなど、自分のニーズに合ったものを選ぶようにしましょう。

コスパで選ぶ!iPhoneおすすめ人気機種ランキング

次に、現在発売されているiPhoneの中で、コスパ重視のおすすめ機種を3つ紹介します。

コスパ重視のおすすめiPhoneランキング
  • 第1位:iPhone SE(第2世代)
  • 第2位:iPhone 12 mini
  • 第3位:iPhone 11

下記にて詳しく見ていきましょう。

第1位:iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)は、2020年5月に発売された機種です。

価格は5万円~7万円程度で購入することができる、iPhoneの中でも珍しいミドルレンジモデルです。

スペックに関しては、画面や本体サイズは全てiPhone 8と同じですが、搭載されているチップはiPhone 11と同じA13 Bionicチップです。

まさに、見た目はiPhone 8、中身はiPhone 11といえる機種でしょう。

指紋認証が使えるので、マスク生活で顔認証が不便だと感じている人にもおすすめです。

第2位:iPhone 12 mini

iPhone 12 mini

iPhone 12 miniは2020年11月に発売された、5G対応のiPhone 12シリーズの1つです。

10万円以上は当たり前なiPhone 12シリーズの中で、唯一最安9万台で購入することができます

スペックはiPhone 12とほぼ変わりませんが、画面サイズが小さくなっており、全体的にコンパクトになっています。

第3位:iPhone 11

iPhone 11

もうほとんどのキャリアで販売されていないiPhone 11ですが、ドコモのサブブランドであるahamoでは取り扱いがあります。

2019年のハイエンドモデルですが、ahamoではなんと最安4万円~6万円台で購入できるので、スペックとコスパの両方を重視したい人におすすめです。

スペックで選ぶ!iPhoneおすすめ人気機種ランキング

次に、現在発売されているiPhoneの中で、スペック重視のおすすめ機種を3つ紹介します。

スペック重視のおすすめiPhoneランキング
  • 第1位:iPhone 12 Pro Max
  • 第2位:iPhone 12 Pro
  • 第3位:iPhone 12
機種/CPU・ROMCPUROM
iPhone 12 Pro MaxA14 Bionic128GB・256GB・512GB
iPhone 12 Pro
iPhone 1264GB・128GB・256GB

下記にて詳しく見ていきましょう。

第1位:iPhone 12 Pro Max

iPhone 12 Pro Max

iPhone 12の中でも最も性能が高い機種がiPhone 12 Pro Maxです。

最大512GBまで本体容量を選ぶことができ、搭載されているチップはA14 Bionicという5Gにも対応した高性能チップです。

ここまではiPhone 12 Proと同じですが、iPhone 12 Pro Maxはより画面サイズが大きくなっており、さらにカメラ性能も向上しています。

また、画質が劣化しにくい光学ズームレンジが5倍と、遠い場所にいる被写体の撮影もよりしやすくなります。

第2位:iPhone 12 Pro

iPhone 12 Pro

iPhone 12 Proは、iPhone 12 Pro Maxと同じく最大512GBまで本体容量を選ぶことができ、5G対応のA14 Bionicチップが搭載されています。

画面や本体のサイズ・重さは全てiPhone 12と同じですが、光学ズームレンジが最大4倍まで使えます

iPhone 12 Pro Maxと同じく、カメラ性能によりこだわりたい人におすすめです。

第3位:iPhone 12

iPhone 12

iPhone 12はiPhoneで初めて5Gに対応した機種であり、iPhone 12はシリーズの中で最もスタンダードなモデルです。

本体容量は最大256GBまで選ぶことができ、5Gに対応した高性能A14 Bionicチップが搭載されています。

価格はiPhone 12 Pro/12 Pro Maxよりも安いので、スペックを重視しつつコスパにもこだわりたい人におすすめです。

小ささで選ぶ!iPhoneおすすめ人気機種ランキング

次に、現在発売されているiPhoneの中で、小ささ重視のおすすめ機種を3つ紹介します。

小ささ重視のおすすめiPhoneランキング
  • 第1位:iPhone 12 mini
  • 第2位:iPhone SE(第2世代)
  • 第3位:iPhone 12/12 Pro
機種/サイズ・重さ画面サイズサイズ重さ
iPhone 12 mini5.4インチ高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.4mm
133 g
iPhone SE(第2世代)4.7インチ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
148 g
iPhone 12/12 Pro6.1インチ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
162 g

下記にて詳しく見ていきましょう。

第1位:iPhone 12 mini

iPhone 12 mini

画面サイズは5.4インチ、iPhone SE(第2世代)のようにホームボタンもない分、全体的なサイズも1番コンパクトになっています。

重さも133gと、販売中のiPhoneの中でもダントツで軽いです。

手の小さな女性や子どもでも片手で扱いやすいサイズ感なので、コンパクト重視の人はiPhone 12 miniを選ぶことをおすすめします。

第2位:iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

サイズ感はiPhone 8と全く同じなので、以前iPhone 8を使っていた人はイメージしやすいのではないでしょうか。

画面サイズは4.7インチとiPhone 12 miniより小さいですが、ホームボタンが搭載されているのでその分サイズが大きくなっています。

しかし、それでも大半のiPhoneよりコンパクトなので、指紋認証を使いたい人はもちろん、片手でiPhoneを操作したい人にもおすすめです。

第3位:iPhone 12/iPhone 12 Pro

iPhone 12

現在販売されているiPhoneの中では、iPhone SE()第2世代)・iPhone 12 miniに次いでコンパクトです。

画面サイズは6.1インチですが、画面比率が高くフレームも最小限に設計されているので、同じ画面サイズのiPhone 11よりもサイズが小さく軽量になっています。

ただ、女性や子どもの場合片手で扱うのは少々難しいので、6インチ以上のディスプレイを搭載したコンパクトなサイズ感のスマホが欲しい人におすすめです。

iPhoneを買うならどこがおすすめ?

iPhone12 Pro

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

iPhoneを購入できる場所は、大きく分けて4か所あります。

iPhoneを買える場所
  • キャリア
  • Apple Store
  • 家電量販店
  • 中古ショップ

SIMロック端末であればキャリア、SIMフリー端末であればApple Storeで購入するのが定番ですが、家電量販店でポイント還元が利用できたり、中古ショップで通常よりも安価な機種を購入することもできます。

分割契約と機種変更を前提に機種代金の支払いの一部が免除されるキャリアのプログラムを使いたいのであれば、キャリアショップで購入することをおすすめします。

一度他の人の手に渡ったものでも抵抗がないのであれば、中古ショップで新品よりも安い価格で購入するのもお得です。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天のiPhone価格

iPhone 12 Pro

画像引用元:iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)

次に、現在キャリアで販売されているiPhoneの価格を調べました。

下記にて表にまとめているので、是非チェックしてください。

ドコモのiPhoneの価格

ドコモのiPhoneの価格は下記の通りです。

モデル/容量64GB128GB256GB512GB
iPhone 12 Pro Max-142,560円156,024円182,952円
iPhone 12 Pro-129,096円142,560円169,488円
iPhone 12101,376円109,296円123,552円-
iPhone 12 mini87,912円95,832円110,088円-
iPhone SE57,024円62,568円75,240円-
詳細ドコモ公式ショップを見る

ドコモには「スマホおかえしプログラム」があり、36回の分割契約と次回の機種変更、そして機種の回収・査定が条件となりますが、機種代金の支払いが最大12回分免除されます。

2年のスパンでお得にスマホを運用したい人は、スマホおかえしプログラムを適用することをおすすめします。

また、ドコモのサブブランドのahamoではiPhone 11の取り扱いもあります。

項目新規/MNPドコモから移行
iPhone 11 64GB49,390円62,590円
iPhone 11 128GB54,890円68,090円
iPhone 11 256GB66,990円80,190円
詳細ahamo公式サイトを見る

新規・乗り換えであれば、64GBで50,000円以下で購入できるので、よりコスパを重視したい人におすすめです。

auのiPhoneの価格

auのiPhoneの価格は下記の通りです。

モデル/容量64GB128GB256GB512GB
iPhone 12 Pro Max-141,900円155,150円181,540円
iPhone 12 Pro-127,495円140,750円168,170円
iPhone 12103,430円108,260円122,435円-
iPhone 12 mini90,065円95,240円109,305円-
iPhone SE55,270円61,250円75,215円-
iPhone 11 Pro127,440円-144,720円170,640円
詳細auオンラインショップを見る

auにも「かえトクプログラム」と呼ばれるプログラムがあります。

24回の分割払いと23回目の支払いまでに新たに機種変更を行い、機種の回収・査定をすることで、安価な割賦金額で利用することができます。

ソフトバンクのiPhoneの価格

ソフトバンクのiPhoneの価格は下記の通りです。

モデル/容量64GB128GB256GB512GB
iPhone 12 Pro Max-151,920円166,320円194,400円
iPhone 12 Pro-137,520円151,920円180,000円
iPhone 12110,880円116,640円131,040円-
iPhone 12 mini96,480円102,960円116,640円-
iPhone SE57,600円64,080円78,480円-
詳細ソフトバンク(公式)を見る

ソフトバンクにも「トクするサポート」というプログラムがあり、48回の分割契約と次回の機種変更、そして機種の回収と査定をクリアすることで、機種代金の支払いが最大24回分免除されます。

最大で機種代金を半額にすることが可能なので、コストを重視する人は是非プログラムを利用しましょう!

楽天モバイルのiPhoneの価格

楽天モバイルでもiPhoneの取り扱いがスタートしました。

モデル/容量64GB128GB256GB512GB
iPhone 12 Pro Max-141,700円155,050円181,440円
iPhone 12 Pro-127,395円140,650円168,070円
iPhone 12101,176円108,160円122,335円-
iPhone 12 mini87,712円95,140円109,205円-
iPhone SE55,170円61,150円75,115円-
詳細楽天モバイル公式サイトを見る

他のキャリアよりも若干リーズナブルな価格なのが特徴です。

キャンペーンで楽天スーパーポイントが還元されたり、プラン料金が3ヶ月間無料になるなど、お得な特典が利用できるので、是非チェックしてみてください。

iPhoneのメモリ容量(ROM)の選び方

iPhone11

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

次に、iPhoneの本体容量(ROM)の選び方について解説していきます。

現在販売中のiPhoneの本体容量を挙げていき、どんな人におすすめなのか詳しく紹介するので是非チェックしてください。

64GBモデル

64GBは、現在発売されているiPhoneの本体容量の中で最小です。

64GBモデルがあるiPhone(例)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini

本体容量というのは、アプリや写真・動画などのデータをスマホに保存できる容量のことです。

64GBはiPhoneの最小モデルなので、ライトユーザーの人はもちろん、ごく一般的にアプリをインストールしたり写真を撮るという人におすすめです。

動画や音楽を本体に保存しない限り、大抵の人は64GBで充分足りるでしょう。

128GBモデル

128GBモデルは、64GBモデルの約2倍データを本体に保存することが可能です。

128GBモデルがあるiPhone(例)
  • iPhone 11
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

これまで使ってきたスマホの写真を全て本体にバックアップしたい人や、好きな映画やドラマのデータ、音楽を保存したいという人は、64GBでは足りない恐れがあります。

※筆者も64GBモデルを使っていますが、過去5年分の写真を本体にバックアップしたり、スマホゲームをインストールしていたらあっという間になくなってしまいました…。

アプリや写真、動画をたくさん本体に保存したい人におすすめです。

256GBモデル

256GBモデルがあるiPhone機種は下記の通りです。

256GBモデルがあるiPhone(例)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

128GBよりも容量の大きな256GBモデルであれば、過去のデータのバックアップはもちろん、動画・音楽、容量の大きなスマホゲームなどのアプリをたくさん入れてもある程度余裕があります。

ゲームや音楽、動画をたくさんスマホで利用したい人におすすめです。

512GBモデル

512GBは、現在販売中のiPhoneでの最大容量となります。

512GBモデルがあるiPhone(例)
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

512GBとなると、iPhoneの中でも上位モデルにしか取り扱いがありません。

スマホを使う上で、128GB~256GB程度あればヘビーユーザーでも充分足りるでしょう。

512GBは動画や画像、音楽だけでなく文書など、あらゆるデータをスマホに取り込みたい人におすすめです。

また、過去に256GBで容量がパンパンになってしまった人も、512GBを選ぶべきでしょう。

iPhoneのカラーバリエーション

iPhone 12/12mini パープル

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

次に、iPhoneのカラーバリエーションについて紹介します。

現在販売されているiPhone 11からiPhone 12までのカラーバリエーションをまとめ、どのような色味なのか詳しく解説していくので、是非チェックしてください。

ブラック

ブラックはiPhoneの中でもスタンダードなカラーであり、人気が高くすぐに完売してしまう傾向にあります。

色々なケースとも合わせやすく、幅広いシーンで使いやすい色味なので、老若男女問わず人気です。

ホワイト

ホワイトもブラックと同じく、スタンダードな色であり非常に人気が高いです。

こちらも色々なデザインや色味のケースに合わせやすく、使うシーンを選ばないので、色に迷ったらまずはホワイトかブラックを選ぶ人も少なくありません。

(RRODUCT)RED

(PRODUCT)REDは、購入するだけでエイズやコロナなどの支援を行うことができる特殊なカラーバリエーションです。

購入金額がそのままエイズやコロナに対する対策資金へ寄付されるので、iPhoneを購入するだけでチャリティーに参加することができます。

色味はワインレッドに近い、少し暗めの赤です。

イエロー

iPhone 11のみで取り扱われているカラーです。

淡いパステルカラーで、とても可愛らしい雰囲気なので女性にも人気です。

ただ、合わせるケースのデザインや種類が限られていることや、他のスマホにもない珍しい色味なので、扱いが難しいというネックもあります。

グリーン

iPhone 11とiPhone 12で登場したカラーです。

色味はiPhone 11の方が濃く、iPhone 12の方がミントグリーンに近い淡い色味です。

こちらもイエローと同じく扱いが難しい色味ではありますが、個性的なカラーリングのスマホが欲しい人に人気があります。

ブルー

iPhone 12から登場した新色です。

画像上はかなり淡い可愛らしいブルーだったので購入を検討する声も多かったのですが、販売してからいわゆる「スバルブルー」のようなビビッドな青だということがわかり、色々な意味で話題になった色です。

パープル

iPhone 11とiPhone 12で取り扱われているカラーです。

淡い色味の可愛らしいカラーリングで、iPhone 12でもパープルが新たに販売されると発表された時は、ネット上でもかなり好評でした。

シルバー

iPhone 11 Pro/11 Pro MaxとiPhone 12 Pro/12 Pro Maxで取り扱われているカラーです。

シルバーとはありますがパールホワイトに近い光沢のある白で、とても高級感があります。

iPhone 11とiPhone 12でそこまで色味は変わりません。

ゴールド

iPhone 11 Pro/11 Pro MaxとiPhone 12 Pro/12 Pro Maxで取り扱われているカラーです。

iPhone 11/11 Pro Maxの方はピンクが強く、iPhone 6sなどにあったローズゴールドに近い色味となっています。

一方で、iPhone 12 Pro/12 Pro Maxのゴールドは赤みの少ないシャンパンゴールドのような色味で、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxよりも使いやすい色になっています。

グラファイト

iPhone 12 Pro/12 Pro Maxで取り扱われているカラーです。

聞き慣れない名前だと思いますが、簡単に言うとほぼ黒です。

シルバーと同じように扱いやすい色味だといえるでしょう。

パシフィックブルー

iPhone 12 Pro/12 Pro Maxで取り扱われているカラーです。

iPhone 12のブルーよりも色味は淡いですが、少しくすみがあり落ち着いたカラーリングとなっています。

iPhone 12よりも扱いやすい色味なので、さまざまなケースにも合わせやすいでしょう。

スペースグレイ

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxで取り扱われているカラーです。

スペースグレイはこれまでのiPhoneシリーズでも出てきた色ですが、グレイという割にはほぼ黒に近いカラーリングだといえるでしょう。

ミッドナイトグリーン

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxで取り扱われているカラーです。

iPhone 11のグリーンよりも深くマットな色味で、とても高級感がある上品なカラーリングです。

iPhone 12シリーズの色は全10種!mini・Pro・Pro Maxで人気カラーは?

iPhoneを買い替える目安は?

iphone11

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

定期的にスマホを買える人は多いと思いますが、具体的にiPhoneはどのくらいの頻度で買い替えるべきなのでしょうか。

使用頻度や程度によって異なりますが、一般的なスマホの寿命は2年~3年程度だといわれています。

iPhoneは部品やシステムを全て自社開発しているので、比較的古い機種でも最新OSのアップデートをし続けられるなど、長く安定したスペックで快適に使えると定評があります。

しかし、バッテリーの消耗が激しくなった・突然電源が切れて再起動するようになったなどの症状の場合は、機種の劣化の可能性があるので、買い替えや修理を検討することをおすすめします。

iPhone13はいつ?どんなスマホになりそう?

iPhone12 カラバリ

画像引用元:Apple Event — October 13

毎年秋に新作iPhoneが発売される傾向にあり、早くも2021年秋に発売されると思われるiPhone 13の最新情報もネットには出回っています。

iPhone 13またはiPhone 12sという名称になる可能性があり、デザインはiPhone 12と同じでモデル数もProやPro Maxを含めた4機種だといわれています。

また、顔認証だけでなく、ディスプレイをタップするだけで認証できる新たな「Touch ID」が登場するという話もあります。

さらに、高リフレッシュレートのディスプレイやiPhone 12 Pro Maxと同じカメラセンサーが搭載されるなど、これまで以上に性能が大幅に向上することが予想されます。

コスパやスペックなど自分に合ったiPhoneを選ぼう!

iPhone 12 Pro

画像引用元:iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)

最後に、iPhoneのおすすめ人気機種についてまとめます。

iPhoneのおすすめ人気機種
  • 現在販売されているのはiPhone 11シリーズからiPhone 12シリーズまで
  • コスパ重視ならiPhone SE(第2世代)がおすすめ
  • スペック重視ならiPhone 12 Pro Maxがおすすめ
  • 小ささ重視ならiPhone 12 miniがおすすめ

iPhoneは機種によって価格もスペックも異なります。

コスパだけでなく、性能の程度や機能、サイズなど色々なポイントを重視し、自分に合ったiPhoneを見つけましょう!

iPhoneの本体だけを購入する方法|Apple Store/キャリア/中古どれがおすすめ?

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
a-sato
ライター歴5年。 iPhoneとXperiaの2台持ちで現在はドコモ。 ライターになる前は3年間携帯ショップの代理店で勤務。 愛猫と戯れるのが最大の癒し。